オキシクリーンの使い方を紹介!家中をピカピカにする掃除方法は?

「どんな汚れも落とす」と評判のオキシクリーンは、洗濯や掃除に大活躍する万能洗剤です。特に掃除においては、水に弱い場所以外はどこにでも使用できることから、一家に1つあると非常に重宝します。掃除をしてもなかなか落ちない汚れや、掃除が面倒な場所も、オキシクリーンがあればとても簡単です。

ぜひこの記事を参考にして、オキシクリーンの正しい使い⽅を把握してください。ほかにも、オキシクリーンを購入できる場所や使用する際の注意点などもまとめています。

  1. オキシクリーンとは?
  2. オキシクリーンの基本的な使い方
  3. オキシクリーンを使った掃除方法
  4. オキシクリーンに関するよくある質問

この記事を読むことで、オキシクリーンの魅力が分かるはずです。ぜひ掃除に使用して家中をピカピカにしてください。

1.オキシクリーンとは?

まずは、オキシクリーンの成分や効果、メリット・デメリットなどをご紹介しましょう。

1-1.どんな汚れも落とす酸素系漂白剤

オキシクリーンとは、過炭酸ナトリウムや炭酸ナトリウムなどを主な成分とした酸素系漂白剤です。過炭酸ナトリウムは水に溶けると酸素・水・炭酸ソーダに分解されるため、環境にやさしいという特徴があります。強力な洗浄力と消臭力を持つオキシクリーンには、さまざまな汚れを落とす効果があり、家中の掃除に活用可能です。

1-2.日本製とアメリカ製がある

実際に販売されているオキシクリーンには、大きく分けて日本製のものとアメリカ製のものがあります。この2つの大きな違いは、成分です。アメリカ製のオキシクリーンには含まれている界面活性剤が、日本製のものには含まれていません。そのため、アメリカ製のオキシクリーンを使用すると泡が発生しますが、日本製のオキシクリーンは泡が発生しないのです。界面活性剤が含まれているか含まれていないかで、洗浄力に大きな違いはありません。界面活性剤が含まれていない分、日本製のオキシクリーンのほうが環境への負担が少ないのが特徴です。

1-3.家中の掃除に使える!

オキシクリーンはもともと洗濯用漂白剤として発売されたものですが、家中の掃除にも使えることで大変注目を集めています。たとえば、床や壁の拭き掃除や、浴室・トイレ・洗面所・キッチンなどの水回り、エアコンや空気清浄機のフィルターなど、家中のあらゆる場所をピカピカにすることができるのです。また、消臭効果もあるため、臭いが気になる配管や靴箱の掃除などにも使用できます。

1-4.メリットとデメリットとは?

オキシクリーンを使う前に、メリットとデメリットを把握しておきましょう。

【メリット】

  • 自然由来なので安心して使える
  • 家中のたいていの場所に使える
  • 色落ちの心配がない
  • 環境にやさしい
  • 小さな子どもがいる家庭でも安心
  • 頑固な汚れも落とすことができる

【デメリット】

  • 塩素系漂白剤に比べて値段が高い
  • お湯で溶かして使用する必要があるため、手間がかかる
  • 素材によっては変色やはがれを起こすものもある

1-5.コストコ以外の購入先とは?

オキシクリーンはコストコで購入できることで知られていますが、最近はドラッグストアやホームセンターなどでも取り扱っているところが増えてきています。コストコで販売されているのはアメリカ製のオキシクリーンですが、ドラッグストアやホームセンターでは日本製のものも販売しているため、チェックしてみてください。確実に購入したい場合は、楽天やAmazonなどの通販サイトで購入するのもおすすめです。

1-6.塗装やコーティングが施してあるものは注意が必要

塗装やコーティングが施してあるものをオキシクリーンにつけ置きすると、変色やはがれの原因になることがあります。特に、換気扇やコンロの五徳などは注意が必要です。キッチンのシンクも、フッ素コーティングが施されている場合は変色してしまう可能性があります。使用する前に、必ず注意書きを確認するようにしましょう。

2.オキシクリーンの基本的な使い方

オキシクリーンで掃除を開始する前に、基本的な使い方を把握しておきましょう。

2-1.用意するもの

オキシクリーンを使って掃除をする際は、以下のものを用意しておくとよいでしょう。

  • ゴム手袋
  • オキシクリーン溶液を作る容器
  • スポンジ・ブラシ

オキシクリーンは肌にもやさしい漂白剤ですが、肌の弱い人が直接触れると手荒れを起こす可能性もあります。掃除をする際はゴム手袋を着用するようにしましょう。

2-2.使用量は掃除箇所と汚れの度合いによって調整が必要

オキシクリーンを使って掃除をする場合は、どこを掃除するのか、どの程度の汚れがあるのかによって使用量を調整しましょう。目安は以下のとおりです。

  • 洗濯槽:水60Lに対してカップ5杯
  • お風呂の配管:浴槽半分ほどの水量に対してカップ2~3杯
  • 布巾の漂白や鍋のこげ落とし:4Lの水量に対してカップ1杯
  • トイレタンクや便器の黄ばみ:2Lの水量に対してカップ1杯
  • 床・壁・窓:4Lの水量に対して大さじ1杯以下

3.オキシクリーンを使った掃除方法

オキシクリーンを使った掃除方法を、掃除する箇所別にご紹介します。

3-1.キッチン

食品を扱うキッチンは特に清潔にしておきたい場所ですが、油汚れや水アカで汚れやすい場所でもあります。オキシクリーンを使って安全で簡単に掃除をしましょう。キッチンは、オキシクリーンでつけ置きができる絶好の場所です。まず、シンクの排水溝に栓をしてシンク自体を大きなバケツに見立ててください。40~50℃のお湯を蛇口から出してシンクの半分程度までため、オキシクリーンを溶かしましょう。そこに、コンロの五徳や焦げついた鍋など、きれいにしたいものをすべてつけ置きします。2~6時間ほどつけ置きしたら、1つ1つを丁寧にすすいでください。シンク内のお湯を流し、シンクもスポンジでこすり洗いし、きれいな水で流して完了です。

3-2.玄関・ベランダ

玄関やベランダも、オキシクリーンを使って簡単に掃除が可能です。まず、ほうきとちりとりで大きなゴミを取り除き、オキシクリーンを粉のまままきます。その上に、40~50℃のお湯を少しずつかけていってください。ブラシでこすって床になじませてから、30分ほど放置しましょう。放置後、デッキブラシなどでこすり洗いし、ぞうきんで水気を拭き取って完了です。

3-3.風呂

お風呂場を掃除する際も、キッチンのシンクと同じように浴槽を大きなバケツに見立て、きれいにしたいものをつけ置きする方法がおすすめです。残り湯を使って掃除ができるため、経済的な方法ともいえます。まず、残り湯を浴槽の半分まで減らし、オキシクリーンを入れて溶かしてください。そこに、洗面器や椅子・お風呂の蓋・子どものおもちゃなどをすべて2~6時間ほど放置しましょう。放置後、1つ1つスポンジでこすり洗いし、ぬめりを完全に取り除いてください。浴槽のお湯を抜き、浴槽もスポンジで洗って完了です。

3-4.トイレ

トイレをオキシクリーンで掃除する場合は、1Lのお湯に大さじ1杯ほどのオキシクリーンを入れて、洗浄液を作っておきましょう。便器内やタンク内などに洗浄液をかけ、2~6時間ほど放置してから水で流してください。便器内の黄ばみや黒ずみがきれいに落ち、タンク内の除菌もできます。

3-5.リビング

オキシクリーンは、リビングの床や壁・家具などについた手アカやヤニ汚れにも効果的です。トイレ掃除で作ったのと同様にオキシクリーン洗浄液を作り、ぞうきんを浸(ひた)してよく絞ったもので床や壁・家具などを拭いてください。黒ずみなどの汚れがすっきりと落ち、除菌もできるため、快適なリビングを取り戻すことができるはずです。

3-6.注意点

オキシクリーンの洗浄効果は長持ちしないため、注意が必要です。水に溶けてから6時間で洗浄効果がなくなるといわれています。そのため、洗浄液を作り置きしておくことはできないということを覚えておきましょう。使用する際に、その都度作るようにしてください。

4.オキシクリーンに関するよくある質問

「オキシクリーンで掃除をしたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.オキシクリーンは洋服のシミ落としにも効果があるのでしょうか?
A.あります。1Lのお湯に15gのオキシクリーンを溶かしたものに、1時間ほどつけ置きしてみてください。その後、通常どおり洗濯をするとシミが落ちるはずです。

Q.オキシクリーンによる洗濯機の掃除は、どのくらいの頻度で行えばよいでしょうか?
A.掃除サイクルの目安は、1~3か月に1回といわれています。梅雨時期などはカビ対策のために1か月に1回の頻度で掃除をしておくとよいでしょう。

Q.キッチンのシンクでオキシクリーンのつけ置きをしたいのですが、栓がないので水をためることができません。どうすればよいでしょうか?
A.100円ショップやホームセンターにも止水蓋が販売されていますが、排水溝にビニール袋をはめて栓にすることも可能です。ぜひ試してみてください。

Q.オキシクリーンを保管する際の注意点はありますか?
A.別の容器に詰め替えて使いやすくするのがおすすめです。ただし、オキシクリーンは保管している間も常に微量の酸素を放出しています。そのため、完全に密封しないタイプの容器を選ぶようにしましょう。

Q.オキシクリーンを使った後、手がぬるぬるしてなかなか取れません。どうしたらよいでしょうか?
A.石けんで洗っても落ちない場合は酢やクエン酸を手に少量振りかけてなじませてみてください。

まとめ

いかがでしたか? オキシクリーンの基本的な使い方や掃除方法について、詳しくご紹介しました。オキシクリーンは「万能洗剤」として注目されており、さまざまなシーンで大活躍するはずです。1つあれば家中をピカピカにすることができるため、掃除がもっと楽しいものになるのではないでしょうか。ぜひこの記事を参考にして、オキシクリーンを使った掃除を実践してみてください。