自分の好きなキャラクターを持ち歩くことが出来る、ぬいぐるみストラップ。
子供っぽいとはわかっていても、いくつになっても可愛いものは可愛い。
ついつい携帯電話や自宅の鍵に付けてしまいますよね。
そんなぬいぐるみストラップの大敵が、黒ずみ。
大事に使っているつもりでも、何故かどんどん汚れてしまいます。
そんな、ストラップの「汚れ」を綺麗にする方法を、本日はご紹介したいと思います!

ストラップの汚れは悪印象だった?!

お気に入りのストラップが汚れてしまっているのは、毎日見ていれば見ているほど、自分では気がつきにくいものです。しかし、他人は汚れにしっかり気が付いているみたいです。
とあるニュースサイトの『【女性編】携帯電話でダサイと思うことランキング』では、第4位に「ストラップが古く、汚れている」が25.1%でランクイン。
その理由も「汚れているものをずっとつけているのはだらしない感じがする」など、かなりの辛口です。
自分のためにも、そしてストラップのためにも、汚れを綺麗にしてあげましょう!

やっぱりもみ洗いが一番!

時間がないめんどくさがり屋さんは、洗濯ネットにストラップを入れ、洗濯機に放り込んでしまうのもひとつの手かもしれません。
しかし、作りによっては、型崩れをおこしてしまい、せっかくのお気に入りのぬいぐるみが可愛くなくなってしまうことも。
きちんと汚れを落とすためにも、手間は掛かれど、手でもみ洗いをしてあげましょう。
セーターなどに使う中性洗剤を用いて、素材の中の汚れまでしっかりと洗い落としてやります。
すすぎが終わった後は、ギュギュッと絞りすぎずに、日のあたる乾燥した場所に干してあげましょう。

頑固な汚れの場合は、つけ置き洗い!

それでも落ちないしつこい汚れは、つけ置き洗いを試してみましょう。
洗面器などにお湯を張り、洗剤を入れたところにぬいぐるみストラップを入れ、しばらく置いておきます。
繊細な作りのぬいぐるみの場合は、もみ洗いよりも素材に優しく、しっかりと汚れを落とすことが出来ます。
洗剤を洗い落としたあとはタオルで叩くように脱水し、こちらもやはり日のあたる乾燥した場所に干します。

いかがでしたか?
汚れてしまったからといって、ぬいぐるみストラップを捨ててしまう必要はありません。
丁寧に洗っているうちに、ますますストラップに対する愛着もわくはず。
大事に使っていけるように、しっかりとケアをしてあげましょう♪


土を使わずに野菜を育てられるとして、衛生的にも安心な水耕栽培という方法が、現在は人気です。しかし、気をつけなくてはいけないのはカビです。土で栽培する場合は風通しのいいところで育てるのでカビの心配をする必要はなかったのですが、水耕栽培の場合は適切なカビ対策を行わないと、せっかく育ててもカビが出来てしまったら台無しです。

今回は水耕栽培カビ対策の方法をご紹介します。

  1. 栽培用ランプは適切に使用する
  2. 空気の流れを良くする
  3. 水をやりすぎない
  4. 本格的な水耕栽培システムを取り入れる

続きを読む


土を使わないことで手軽にはじめられる水耕栽培ですが、手軽と言っても、管理は必要です。管理するときに大切な要素の一つが「水温」です。土を使わない水耕栽培において、植物が健康に育ってくれる培養温度は22度前後です。しかし、真夏の炎天下・真冬のベランダではこの水温に保てない場合もありそうです。

では、どうやって水温を保てばいいのでしょうか? ここでは水耕栽培の温度管理についてご紹介しましょう。自宅の水耕栽培がどうもうまくいかない・・・そんな方はぜひ温度管理の仕方を見直してみてください。

  1. 水耕栽培で最適な水温(培養液の温度)
  2. 適温管理の仕方

続きを読む


スポーツやアウトドアが趣味、という方は少なくありません。
しかし、ライフスタイルが変わったり、ある程度年齢があがるとかつて愛用していた道具も収納スペースにしまいっぱなしという人も多いでしょう。そんな方はスポーツ用品を売ってみませんか?ものによっては、一定の値段で引き取ってもらえることもあるのです。
そこで今回はスポーツ用品やアウトドア用品を買い取ってもらう方法をご紹介します。
愛着があるから、手放したくないという気持ちもわかりますが、買い取ってもらえればまた誰かの役に立つかもしれません。
不要になったスポーツ用品を売却したいという方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


携帯電話やスマホの買取は当たり前になってきた、といっても過言ではないでしょう。急速に普及しただけでなく、買い替える機会も増えてきました。使わなくなった携帯電話やスマホが家に眠ったままになっていませんか?
売れないと思っていても、必要としている人は意外といるものです。買取サービスをうまく活用していきましょう。

続きを読む


水耕栽培、というと大規模な工場な場所で行っているイメージがありますが、今は一般家庭でも手軽に行うことができます。
そんな水耕栽培になくてはならないのが植物活力剤(液肥)です。
今回は植物活力剤の種類や与え方をご紹介します。
土を使わない分、植物活力剤の使い方で、植物が元気になったり枯れたりしてしまうこともありますよ。
水耕栽培を行っているという方や、水耕栽培を始めてみたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

続きを読む


農業の形態は近年で劇的に進歩している分野です。農業というと太陽の下で広大な土地を使用しておこなうというイメージですが、近年では“野菜工場”“植物工場”“植物プラント”というような工場化が進んでいます。衛生的な野菜を徹底した管理の下に生産する植物工場は、食の安全が重要視される中で注目されている分野なのです。

植物工場への参入というのはさまざまな企業が名乗りを上げており、国や地方自治体も植物工場の普及拡大に向けて補助金制度を導入しています。植物工場普及のために農林水産省が行なう、平成26年度の補助金制度についてご紹介しましょう。

続きを読む


壊れたり不要となったりしたドライヤーは、どのように処分していますか?
ドライヤーのような小型の家電製品というのは案外きちんとした捨て方が分からないことが多くあります。
ここでは、もう使わなくなったドライヤーを処分する方法をいくつかご紹介します。

続きを読む