野菜を家庭で育てるためには、家庭菜園用の土やプランターを用意する必要があります。
しかし、水耕栽培にすれば土を使うことなく好みの野菜を育てることが可能です。
その手軽さから、いま家庭で水耕栽培する方が増えてきています。
出荷用の野菜を育てる農家でも、水耕栽培を選択するところが増えつつあります。
「でも、水耕栽培は土壌栽培に比べてどんな利点があるの?」
そんな疑問を解決するために、水耕栽培の利点を解説してみました。
今から家庭で野菜を育ててみたい方は、ぜひ参考になさってください。

続きを読む


いまや街の至るところに店を構えるスターバックスコーヒー。
お店を利用する人の中には、テイクアウトをする方も多いことでしょう。

そこで今回は、オフィスに持ち帰ったスタバの容器を簡単、そしておしゃれにリユースするアイディアをご紹介!

続きを読む


植木鉢に比べて大きさのあるプランターは、寄せ植えを作るのにぴったりです。
また、冬は寒くて植物の育成には不向きのように思えますが、寒さに強い植物も少なくありません。
さらに、花の持ちがよいので長期間楽しめるでしょう。
そこで、今回はプランターで上手に寄せ植えを作るコツをご紹介します。
園芸店やホームセンターにいくと、この時期はお正月用に華やかな寄せ植えを売っているでしょう。
それを自分で作ってみると、より好みのものができます。
また、できあがった寄せ植えを長持ちさせる方法もご紹介しましょう。
寄せ植えにチャレンジしてみたいという方は必見ですよ。

続きを読む


人生設計において目標や夢に向かって進むには、たくさんの努力や決断を要します。
無事にゴールに到達するために、準備してきた資金やその運用方法に間違いがあってはなりませんね。
そんな時に役立つ専門家がファイナンシャルプランナーです。
本日は、ファイナンシャルプランナーの具体的な活かし方をご紹介したいと思います。

続きを読む


近年、住宅(マイホーム)購入の際の新しい選択肢として、中古住宅を選ぶ人が増えています。イギリスやドイツなどの欧米では、中古住宅を選択する人の割合が日本の倍以上になっており、その流れは今後の日本でも広がっていくことが確実視されているのです。
しかし、市場が広がれば問題点が顕在化していくことも当然あります。
住宅購入は、人生を左右する非常に重要な問題です。

今回は、そんな中古住宅購入時の注意点や、購入する際のポイントをお伝えしていこうと思います。

続きを読む


一般的に家を借りるときは敷金や礼金が必要です。
物件によってその額は異なりますが、合わせて家賃の2ヶ月~4ヶ月分が必要といわれています。
しかし今、不動産屋のHPを見ると敷金0、礼金0のいわゆるゼロゼロ物件が多数紹介されています。
これらは本当にお得なのでしょうか?
何か気をつけなければいけないことはないのでしょうか?

続きを読む


車庫のシャッターが重くなると使いづらくなります。開け閉めするのが面倒、毎日車庫を使うのが大変と感じるのも時間の問題です。

そこで、シャッターが重くなる原因やシャッターの動きをスムーズにする方法、シャッターのメンテナンスについて詳しく説明します。シャッターが重い…と感じている人は、ぜひ参考にしてください。

  1. シャッターが重くなる原因
  2. シャッターの動きをスムーズにする方法
  3. シャッターのメンテナンス法

続きを読む


新築で家を建てる時やリフォームする際に「シックハウス症候群が心配」という人は多いでしょう。
シックハウスとは住宅を建てる時に使用する建材から発生する化学物質などが原因で起こるさまざまな健康障害の総称のことです。
発症のメカニズムについてはまだはっきりと解明されていませんが、実際にその症状に悩まされている人はたくさんいます。

  • シックハウスの症状にはどのようなものがあるのか知りたい
  • もともとアレルギー体質なので家を建てるとシックハウスになるのではないか
  • シックハウスは換気することで予防できるのか?

そんな悩みを解決するために、シックハウス対策についてまとめてみたいと思います。

続きを読む


庭の雑草に悩む人必見! 草むしりを徹底的に楽にするポイントは?

「庭の雑草に困っている」という悩み、よく分かります。草むしりは手間と時間がかかるため、なかなか重い腰が上がらないという人も多いでしょう。しかし、放置していると庭の見た目が悪くなってしまいます。できるだけ楽に草むしりをするには、一体どうしたらよいのでしょうか。この記事では、庭の草むしりのタイミングや手順・便利なグッズなどをまとめてご紹介します。

  1. 庭の草むしりを行うタイミングは?
  2. 庭の草むしりを始めよう
  3. 庭の草むしりを徹底的に楽にする方法
  4. 庭の草むしりに関するよくある質問

この記事を読むことで、庭の草むしりに必要な道具や楽に草むしりをする方法などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

続きを読む


水滴ができてしまう結露には、2種類あります。
“表面結露”と“内部結露”です。
表面結露は自分の目で確認できますが、内部結露は壁内や床下など目の見えない場所で結露が起こってしまいます。
壁内結露は、壁の中に結露ができる“内部結露”の1つです。
なぜ、壁内結露ができてしまうのか原因と対策、対処法について説明しましょう。
自宅の壁内結露で悩んでいる人は、ぜひチェックしてくださいね。

続きを読む