実家の片付けが大変なのはなぜ!? コツを知ってスムーズに!

実家の片付けに頭を抱えている人は、実は意外と多いものです。近年、実家がゴミ屋敷になり、その片付けを背負うことになった子供が増えていると言われています。なぜ、親の家がゴミ屋敷になってしまったのか、なぜ不用品が増えてしまったのか、知りたいと思う人は多いでしょう。この記事では、実家の片付け問題について詳しくご紹介します。

この記事を読むことで、実家を片付けるタイミングや方法などが分かるはずです。ぜひ参考にして、問題を解決してください。

1.実家の片付け問題とは?

実家の片付け問題についてまとめました。

1-1.実家の片付け問題、その現状

親元を離れて暮らす人が、久しぶりに帰った実家を見て愕然(がくぜん)とするケースは少なくありません。自分が暮らしていたころはきれいな家だったのに「なぜこんなことになったのか」と疑問に思う人は多いでしょう。そのまま親が亡くなった場合、ゴミ屋敷化した実家を片付けなければならないのは自分たちです。そうなる前に何とかする方法を考えるのは当然のことでしょう。

1-2.なぜ発生するのか?

なぜ、このような問題が発生するのでしょうか。そこには、さまざまな原因や背景があります。まず、親が高齢になって片付ける体力や気力がなくなったことが挙げられるでしょう。現在は核家族化がすすみ、高齢者の一人暮らしが増加しています。一人だとなおさら片付けることが難しくなり、実家にはどんどん不用品がたまっていってしまうのです。

1-3.片付けられない親について

前述したとおり、人は高齢になると体力や判断力が低下するため、一人で家を片付けるのが困難になってきます。同時に、現在の高齢者には「もったいない精神」が強い人が多いと言われているのです。使わないものでも「もったいない」「いつか使う」「せっかくもらったものだから」という理由でものを捨てられません。不要なものを「不要なものだ」と判断できなくなってしまうのです。

2.実家を片付ける必要性

では、実家を片付ける必要性について解説します。

2-1.片付けの必要性

実家が散らかっていくのを放置していると、いずれゴミ屋敷になってしまいます。ますます掃除がしにくい環境になり、家の中でものを失くす、転んでケガをするなどの問題が発生するでしょう。悪臭などが原因でご近所トラブルに発展するケースも少なくありません。万が一そうなったとき、判断力を失った親の代わりに責任を取るのは自分です。

2-2.どんなときに片付けが必要なのか?

実家の片付けが必要になるのは、親が福祉施設などに入居するときや亡くなったときなどです。不用品があまりにも多い場合、片付けには相当な時間と労力が必要になります。賃貸の引き渡し期限がある場合など、慌てて片付けをする必要も出てくるでしょう。

2-3.始める時期とタイミング

実家が散らかってきていることに気づいたときが、片付けを始めるタイミングでしょう。早めに手をつけておくに越したことはありません。ある程度不用品を処分して片付いた状態にしておけば、急に片付けが必要になったときなどに慌てることはないでしょう。

2-4.遺品整理ついて

問題は、遺品整理と同時に実家の片付けをしなければならないケースです。残すものと捨てるもの、形見分けするものなど、考えながら作業することになるため、膨大な時間がかかります。自分だけでは判断するのが難しく、親族トラブルが発生してしまうこともあるのです。

3.実家の片付け方

実家の片付け方についてご紹介しましょう。

3-1.実家の掃除に必要なもの

長年蓄積された汚れを落とすためにも、万全の準備をして臨みましょう。片付けの前に準備しておくべきものは、以下のとおりです。

  • 不用品を入れるゴミ袋やダンボール
  • 掃除機とほうき、ちりとり
  • 雑巾
  • マスクと手袋
  • 消臭剤や殺虫剤

3-2.必要な心構え

実家の片付けを始める前に、準備しておく心構えがいくつかあります。

  • 途中でやめないこと
  • 不用品は自治体のルールを守って分別すること
  • 必要なものと不要なものをしっかりと仕分けすること
  • 親の希望を無視しないこと

特に、親が生きているうちに一緒に片付けをする場合、ケンカになってしまいがちです。自分にとってはゴミ同然のものでも、親にとっては大切にしたいものもあるでしょう。ある程度は親の意志や希望も聞き入れ、スムーズに片付けをしてください。

3-3.コツやポイント、注意点

まず、ゴールを設定することです。明け渡しなどで期限が決められていないなら、ゆっくりとすすめて問題ありません。しかし、いつまでに片付けを終わらせるか決めておくことは大切です。親と共有できるゴールを設定し、その目標に向かって努力することが成功のコツと言えるでしょう。また、あくまでも実家は「親の家」であるということを忘れないでください。親の習慣を優先した片付けを目指すようにしましょう。

3-4.NG行為

ものが捨てられない親に対して、責めるようなことはしないでください。自分が一緒に暮らしていたころとは違い、親は確実に年老いているのです。体力はもちろんのこと、気力や判断力が衰えているのは当然のことでしょう。そのことを理解した上で、あくまでも敬意を払いながら片付けをすすめてください。

4.実家の片付けにかんするよくある質問

「実家の片付けに困っている」という人が感じる疑問とその回答をまとめてみました。

4-1.親がなかなか片付けようとしません。うまく説得する方法はありますか?

A.断捨離が流行(りゅうこう)していること、片付けないと危険であることなど、親が納得できる理由を並べて説得してみてください。頭ごなしに説教するのは逆効果です。

4-2.親がものを捨てるのを嫌がります。捨てる以外の処分方法にはどのようなものがありますか?

A.状態によってはリサイクルに出す方法がおすすめです。捨てるわけではないため、親御さんとしても手放しやすいでしょう。

4-3.不用品をリサイクルに出す方法は?

A.リサイクルショップや不用品回収・買い取り業者に買い取りしてもらう方法があります。回収と買い取りを同時に行っている業者なら、状態のよいものは買い取り、悪いものは回収という形で引き取ってくれるため、確実に処分できておすすめです。

4-4.生前整理とは何ですか?

A.生きているうちに遺品や財産などを整理しておくことです。亡くなってから遺族が行う遺品整理とは異なります。

4-5.実家の片付けが難しい理由にはどのようなものがありますか?

A.ものが多すぎること、思い出の品が多いこと、親の許可が必要なことなどが挙げられます。本人が納得できるように家族が勝手に片付けるのは至難の業でしょう。

まとめ

いかがでしたか? 実家の片付けにかんする問題点や解決法などをまとめてご紹介しました。実家の片付け問題で悩んでいる人が増えている今、どうすればスムーズに実家を片付けることができるのか、よく考えなければなりません。ぜひこの記事を参考にして、実家の片付けが難しい理由や片付けに必要な心構えなどを知ってください。