パッシブ住宅とはどのようなもの? パッシブ住宅のメリットや特徴について

環境に考慮した住宅建築が注目されていますが、1991年にドイツで確立された省エネ住宅を知っているでしょうか。
その省エネ住宅は「パッシブ住宅」と呼ばれています。
名前を一度は聞いたことがある人も多いでしょう。
パッシブ住宅とはどのような住宅なのか、パッシブデザインやパッシブ換気システム、パッシブ建築など詳しくみていきたいと思います。
パッシブ住宅について気になっている人は要チェックです!

1.パッシブ住宅とは?

そもそも“パッシブ住宅”とはどのような住宅なのでしょうか。
これから一軒家を建てようかな…と考えている人はいろいろな建築様式をチェックしておくと良いでしょう。
環境にやさしい住宅としてさまざまなメディアからも注目されているパッシブ住宅について一緒に学んでいきたいと思います。

1-1 パッシブ=太陽エネルギーの活用

地球温暖化や汚染が地球全体の問題となっているため、家電や商品、ガソリン燃料など環境にやさしいものが注目されはじめています。
パッシブ住宅もその中のひとつです。
パッシブは太陽エネルギーを活用するという意味が込められています。
太陽エネルギーだけでなく、風や地熱、空気と自然の恵みをおおいに活用していく手法になるでしょう。
自然の恵みを利用して住宅を快適な環境に変えていく、パッシブ住宅にはこのような意味が含まれていることを覚えておいてください。
日本には四季があり、それぞれの季節によって快適に過ごせるように設計されることになります。

1-2 パッシブデザインとは?

パッシブの意味がわかったところで次はパッシブデザインについてみていきたいと思います。
パッシブデザインは難しくありません。
パッシブ=パッシブデザインと思ってください。
つまり、設備・機械に頼らないで自然の力を最大限に活用した設計のことを指しています。
パッシブ住宅を建設する土地にもよりますが、春・夏・秋・冬とそれぞれどのような環境になるのか調査し、季節ごとにいかに自然の力を活かして生活していけるのか考えたうえで家の設計をすることになるでしょう。
普通の設計よりも高い技術が必要だと言われています。
機械を使わないということはそれだけ自然の恵みを受けなければならないということであり、最大限自然の力を引き出すための計算をしていかなければなりません。
パッシブデザインが高いかどうかで住宅環境も変わってくるでしょう。それほど、とても大切なポイントなのです。

1-3 季節によって変わるパッシブ住宅

パッシブ住宅は自然の恵みを活用することが目的です。
夏のパッシブ住宅をみてみると、普通の建築様式よりもとても涼しいのが特徴的。
基本的にパッシブ住宅における夏は、強い太陽の日差しをカットし、通風計画を立てることが第一とされています。建築場所によって日照時間、風向きが変わってくるため、家を建てるまえにしっかり調査し、室内から熱い空気を逃がす設計をしなければなりません。窓は縦すべり対策・ルーパーを用意し、暑さ対策をすることになるでしょう。
そしてパッシブ住宅の冬は夏と間逆で、太陽光を利用して住宅を暖めなければなりません。
断熱性能を上げて寒さ対策をおこなっていかなければならないのです。
春や秋は比較的過ごしやすい時期となるためさほど問題はありませんが、夏・冬は厳しくなるため要注意です。

2.パッシブ住宅のメリット

2-1 “環境にやさしい”ことが1番のメリット

パッシブ住宅のメリットとして最初に挙げられるのは、“環境にやさしい”ことではないのでしょうか。
自然の力を最大限引き出す設計となっているため、エアコンや暖房といった機器の設置を控えめにできます。
エコ設備が整えられるため環境にやさしく、常に自然の空気を取り入れて空気環境が清潔にできるため、エコ住宅と言えるでしょう。
パッシブ住宅こそ「エコ」という言葉が1番合っていると思います。
とても高い技術が必要なのでなかなか上手く設計できないという弱点があったのですが、注目されはじめ技術も向上しています。

2-2 消費エネルギーの削減

私たちが生活するにあたり、エアコンや暖房で電力を消耗するのは当たり前のことです。
寒い冬や暑い夏が長く続けば続くほど消費エネルギーも多くなってしまいます。
しかし、パッシブ住宅は自然の力を取り入れて活用する住宅なのでムダな消費エネルギーを抑えることができるでしょう。これは大きなメリットになるのではないのでしょうか。
つい使ってしまう電力を抑えることができ、消費エネルギーの削減につなげていきましょう。
環境にもやさしいですし、費用もあまりかかりません。
固定費の節約になるのでオススメですよ。

2-3 耐震性・耐久性に優れている

パッシブデザインを基本としたパッシブ建築は非常に耐震性・耐久性が優れています。
ずっと暮らし続けていく家になるため、安心して暮らしていきたいですよね。
パッシブ住宅は自然の力を活用するので耐震性だけでなく、耐久性に優れるメリットがあります。
また、機械・設備を設置する必要もないので長持ちするのです。
長期的に耐久性・耐震性が高いところはパッシブ住宅の大きなポイントになるのではないのでしょうか。

3.パッシブ住宅の性能基準について

3-1 知っておきたいパッシブ住宅の条件

パッシブ住宅にするためにはさまざまな性能基準をクリアしておかなければなりません。

  • 一次エネルギーの消費量が120kwh/㎡以下
  • 冷暖房負荷が各15kwh/㎡以下
  • 50Paの加圧時の漏気回数が0.6回以下の気密性能
  • 省エネルギー照明・家電製品の導入
  • 太陽熱の取り入れ
  • 再生・自然エネルギーの活用
  • 壁や屋根の外皮U値は0.15W/m2K以内
  • 窓のU値は0.8W/m2K以下、太陽熱取得率は50%前後
  • 熱交換換気システムの熱交換率は80%以上

主に、以上のような条件がパッシブ住宅の条件となっています。
パッシブ住宅を考えている方はぜひチェックしてくださいね。
項目がたくさんあって大変…と思うかもしれませんが、世界視野でみてみると海外の方がもっと省エネ基準が細かく、厳しくなっているのです。

3-2 パッシブ換気システムについて

パッシブ住宅で欠かせないものが、「パッシブ換気システム」です。
パッシブ換気システムとは、機械や設置に頼らず、自然な空気を取り入れ、全室換気をおこなっていく自然を活用した換気技術のこと。
パッシブ換気システムを上手に取り入れることでより住みやすい住宅にすることができるでしょう。
24時間省電力で働くため、とても高性能な換気システムとなっています。
換気したいときに換気でき、外気を中に入れたくないときは換気をする必要はありません。自由に換気できる非常に便利なシステムなのです。
ウエストで取り扱っている換気システムは、高性能な熱交換換気システムであるREC Temovexを利用しているのでぜひチェックしてください。

まとめ

パッシブ住宅について詳しく説明してきましたがいかがでしたでしょうか。
非常にエコな住宅として注目されているパッシブ住宅の正しい知識・情報を身につけ、素敵な家を建てていきましょう。
もし、もっと詳しく知りたい!パッシブ住宅にしたい!と思うなれば一度、気になっている業者に資料請求をしてください。
資料請求はインターネットでも簡単に申し込めます。

  • 自然の恵みを最大限活用したパッシブ住宅
  • パッシブデザインはパッシブ建築でもっとも大切なポイント
  • 夏は涼しく、冬は暖かい
  • 環境にやさしく、エネルギー削減になる
  • 耐久性、耐震性に優れている
  • パッシブ住宅にはクリアしなければならない性能条件がある
  • 24時間機能するパッシブ換気システム

パッシブ住宅はとても高い技術が必要とされますが、メリットもたくさんあります。
一度、家族で話し合い、検討してみてはいかがでしょうか。