かさばるタッパーの収納方法は? 収納時のアイデアやコツをご紹介

タッパーは形や深さがまちまちで、収納に困ることが多いものです。キッチンの収納スペースは限られているため、すっきり収納する方法を覚えておくことが、収納を圧迫しない大切なポイントになります。また、タッパーはふたがなくなる・本体がなくなる・数が合わないなどの不都合が起こるでしょう。似たようなものが多いため、同じ形・大きさのものをそろえにくいのも特徴です。タッパーの収納をもっとシンプルにし、うっかりなくしてしまうことがないようにしましょう。本記事では、タッパーの収納方法についてご紹介します。

  1. タッパーの収納について
  2. タッパーの収納方法
  3. タッパーの収納でよくある質問

この記事を読むことで、タッパーの収納方法がよく分かります。 かさばることが多いため、収納の仕方やアイデアをしっかり理解し、効率の良い収納方法を覚えておきましょう。タッパーの収納やキッチンの環境改善でお困りの方は必見です。

1.タッパーの収納について

まず、タッパーにはどのような種類があるのか、タッパーに関する困りごとなどを見ていきましょう。

1-1.タッパーについて

タッパーとは、食品などを密閉して保存するプラスチック製容器です。持ち運びにも便利で、弁当箱の代用品として使用するケースもあるでしょう。食事の作り置きを保存するにも役立ち、食品の小分けができるのがメリットです。また、汁物もこぼれないように設計されているものが多いため、多くの家庭で幅広く利用されているでしょう。プラスチック製のものが主流ですが、インテリアとしても楽しめるガラス製のものもあります。大きさはまちまちで、少量用の小さなものから、深くて大きなサイズまであるのが特徴です。用途に合わせて選ばれており、カラーバリエーションも豊富になっています。近年では、100円ショップでもタッパーが市販されていて、より気軽に利用できるようになりました。

1-2.タッパーに関する困りごと

タッパーは、食品保存以外では小物収納などにも役立つ便利なアイテムです。ところが、必要に応じて買い足しているうちに数が増え、収納を圧迫してしまうという悩みが出てきます。また、タッパーのサイズや形はそれぞれ異なるため、かさばるのが難点でしょう。大きさが統一されていて、重ねて収納できるものもあります。しかし、タッパーは、用途に合わせて購入することがほとんどです。そのため、購入後は、タッパーをうまく収納する方法を考えなければ、かさばって保管する場所がないという事態を招いてしまうでしょう。タッパーでよくあるトラブルは、ふたがなくなる・本体だけが残ってしまったというものです。しかし、何かに使うだろうと目的が不明確なまま保管しているケースも目立ちます。タッパーがかさばる原因の1つですから、整理して不要なものは処分するようにしましょう。

2.タッパーの収納方法

キッチンの収納スペースに余裕がなければ、整理整頓してきちんと収納することが大切です。使いやすさを意識した収納を目指すため、タッパーのしまい方を考えていきましょう。

2-1.どこに収納すべきか?

タッパーを食器棚にしまう方もいれば、引き出しに入れる方もいます。シンク下はデッドスペースになりがちです。普段使わないタッパーは、重ねてシンク下に収納する方法がいいでしょう。シンク下なら、普段は目に触れることがないため、ごちゃごちゃした印象になるのを防ぐことができます。また、引き出しやラックなどを活用すれば、出し入れしやすい状態を生み出すことも可能です。

2-2.タッパーを収納するコツ

タッパーは、収納することを予測して購入を考えたほうがいいでしょう。サイズが合わず、収納に苦戦するようではいけません。同じシリーズのものを購入すれば、重ねることができる・統一感があって見た目もすっきりするなどのメリットが得られるでしょう。また、タッパーがキッチンに出しっぱなしになっているだけで、片づいていない印象を与えます。キッチンの環境改善を考えている方は、タッパーは必要な数だけを出して使い終わったら片付ける習慣を実践してみてください。

2-3.収納の仕方・コツ

タッパーには重ねにくいものもあります。丸みがあるものや四角いものなど、形状に違いがあるからです。また、ふたをつけた状態で収納した場合、重ねることができないため、空間の無駄が生まれてしまいます。ふたは取り外し、本体と分けて保管する方法がおすすめです。ふたを収納するときは、横に並べるより立てて収納したほうが空間を活用でき場所を取りません。タッパー本体は同じ大きさのものを重ね、大きいものの中に小さいものを重ねて入れるなど、省スペースで収納できるように工夫してみてください。

2-4.便利な道具

タッパーの収納に便利なのは、100円ショップでも販売されている引き出しトレーです。シンク下に収納スペースを設ける場合、奥のものが出しにくいという問題が新たに生まれます。引き出しトレーを活用すれば、奥のものも引き出すだけで簡単に取り出すことができるでしょう。引き出しに収納する場合は、DVD用のスタンドなどを使う方法が便利です。タッパーのふたを立てて収納することができ、バラバラになるのを防いでくれます。

2-5.タッパーの数を増やさないことも大切

タッパーの収納方法を見直すことで、ある程度の環境改善はできます。しかし、タッパーは場所を取るため、むやみに数を増やさないことが大切です。また、購入するときは収納時のことを考え、なるべくサイズにバラつきが出ないように注意しましょう。

3.タッパーの収納でよくある質問

タッパーの収納で多い悩みや疑問を集めました。ご一読ください。

Q.タッパーをしまうのに、バスケットなどを利用してもいいのか?
A.はい、問題ありません。しかし、丸みのあるバスケットは避けてください。丸い部分が邪魔をして、バスケット内を十分に使うことができず、無駄な空間が生まれるためです。丸みがあるバスケットは可愛(かわい)らしい見た目ですが、タッパーの収まりが悪いため、なるべく四角い形状のものを選ぶようにしましょう。

Q.キッチンの高い場所にタッパーをしまいたいときはどうすればいい?
A.ハンドルつきの収納ケースを利用しましょう。ハンドル部分を持って取り出すことができ、奥のものも利用しやすくなります。収納ケースの深さがあるほうが、容量の大きなものも収納しやすいでしょう。引き出すときにタッパーが落ちてくるのを防ぐ効果もあります。

Q.既存の引き出しを活用して収納したい場合はどうすべきか?
A.仕切りを設ける方法が最も手軽です。ブックスタンドやプラスチック製の仕切り板などを活用してみてください。仕切りがふたの偏りを防ぎ、コンパクトに収納することができます。

Q.食器棚のデッドスペースを活用する方法はないか?
A.食器棚は、棚の下にゆとりがある場合があります。棚板に引っかけるタイプのラックが便利です。棚下にふたを重ねてしまうことができます。デッドスペースを活用し、収納の無駄を省きましょう。

Q.ふたを立てて収納するときのポイントは?
A.タッパー本体と同様に、ふたのサイズもバラバラです。立てて収納すればすっきり見えるわけではありません。大きさを意識し、小さいものから大きいものへと順番に並べていく方法がおすすめです。見栄えもよく、何がどこに入っているのかが一目で分かります。

まとめ

いかがでしたか? タッパーは知らぬ間に数が増え、収納を圧迫することがあります。また、サイズや形がまちまちで、重ねて収納するのが難しいケースもあるでしょう。なるべくサイズや形を統一するように意識して購入することが大切です。また、収納するときは、シンク下や食器棚の棚下などデッドスペースを活用することも考えてみてください。引き出しケースやハンドルつきの収納ケースに収納すれば、奥のものも取り出しやすくなります。タッパーは食品保存に便利なアイテムなので、使いやすい収納方法を覚え、存分に活用してください。