地震に強い家を作るポイントは? リフォームするならこの方法で!

日本は世界有数の地震大国です。特にここ20年の間は、阪神淡路大震災と東日本大震災という2度の大きな地震にみまわれました。
人々の地震対策に対する関心も高まっています。
そこで今回は、地震に強い家を作りにはどうしたらよいかを、ご紹介します。
一口に耐震住宅といっても、その種類はいろいろあります。
地震に強い家を建てたいという方や、リフォームして震災対策をしたいという方は、ぜひ読んでみてくださいね。

1 地震に強い家とはどのようなものか?

この項では、地震に強い家とはどのようなものかをご紹介します。
現在は、耐震強度を高めるための工事法がいろいろとあります。
その工事法が最も効果があるのでしょうか?

耐震住宅

これは最もオーソドックスな地震に強い家のことです。
現在の建築基準法では、「震度6の地震に一度耐えきる強さ」の家を建てなければなりません。
その為に、壁や柱を強くし、地震に耐えられる強度を備えた住宅が、耐震住宅です。こ
れは2×4建築などで壁を家の支えとする工法で、日本古来の柱や梁(はり)で支えるより、耐震強度が高くなります。
また、壁が頑丈ですから、台風などの自然災害にも強い家になります。

免震住宅

免震住宅とは、最も新しい工法で建てられた地震に強い家です。
これは土台と家の間に揺れを吸収する素材を挟むことで、土台と建物を切りはなし、地震の揺れが建物に伝わらないようにします。
現在、都市部には20階、30階の高層マンションがたくさん建っています。
このような高層の建物は、上階に行くほど揺れが大きく伝わりやすいという特徴があります。
しかし、免震構造にすることで1階と最上階の揺れをほとんど同じくらいにすることが可能になりました。
また、一戸建ての住宅でも免震構造にすると建物に伝わる揺れは実際の震度の半分程度になります。

制震住宅

制震住宅とは聞きなれない名前ですが、これは壁の四隅や筋交いに「制震ダンバー」という装置を取り付けることで、地震の揺れを装置が吸収し、建物の被害を食い止める工事です。
知名度こそ低いものの低価格で行える耐震工事としてとくにリフォーム工事に餅られることが多いです。
また、他の2つと違って、家の土台に直接手を加えることはありません。ですから工事期間が短いというメリットもあります。

2 地震対策に完璧はない?

さて、こうしてみると現在の日本にはさまざまな震災対策を施した家が建てられることがわかります。
しかし、こうした地震対策には、残念ながら完璧はありません。そこでこの項では、現在の耐震工事が抱える問題点をご紹介します。

工事に時間がかかる

耐震強度が高い家=頑丈な家ということです。
ですから、耐震強度を高めるほど工事に時間がかかります。
工事に時間がかかるということは、その間に大工などの職人に払う手間賃も払わなければなりません。
つまり、工事費が高くなります。

他の自然災害に弱くなる

免震工事は、土台から建物が切り離されています。
建物の土台というのは、家自体の強度を高めるものでもあります。
それが切り離されているということは、たとえば台風などの強風を伴う災害が起きた場合、建物が横倒しになったり、傾いたりする可能性があります。最近は竜巻など強風による災害も増えてきました。
台風が直撃しやすい地方は、むやみに免震工事を行うと、危険な場合もあるでしょう。

工事ができる業者が少ない

最新式の耐震工事や免震工事は、まだまだ施工できる業者が少ないのが現状です。
しかし、中にはいい加減な工事をしている業者もゼロではありません。
信頼できる施工業者を選ぶところから始めると、本当に効果のある耐震工事はとても手間がかかるでしょう。

新築にしか行えない?

耐震工事も免震工事も土台に手を加えたり、壁の強度を強くする必要があります。
ですから、行えるのは新築か、大規模リフォームに限られてしまいます。
しかし、現在の日本は耐震強度が弱い建物がたくさんあります。
特に1981年(昭和56年)以前に建てられた住宅は、現在の耐震強度が適応されていないため、震度6強の地震が着た場合に倒れる可能性が高い、と言われています。
それらすべての建物に耐震工事や免震工事を施すのはとても大変です。
また、建物によっては土台まで壊してしまうと、現在の法律によって以前のような家が建てられなくなる可能性もあります。
また、大規模リフォームになると、新築と変わらないくらいのお金がかかるので、「とても行えない」という人も多いでしょう。

3 制震ダンバーMAK-1を取り付けてみよう

リフォーム工事や、費用をかけない耐震工事の材料として需要が高まっているのが、制震ダンバーです。
そこでこの項では、制震ダンバーMAK-1の特徴やメリットをご紹介します。

MAK-1の特徴とは?

MAK-1の最大の特徴は復元力です。MAK-1は地震が起きるとまずは地震のエネルギーを吸収して、建物への損害を防ぎます。
その後、MAK-1が元に戻ろうとする反発力を利用して、建物の歪みを防ぐのです。
古い家屋ほど、地震が起きた際歪みやすくなります。しかしMAK-1を取り付けていれば、大切な自宅を倒壊や歪みから守ってくれるでしょう。従来の制震ダンバーはこの復元力が弱い、という弱点がありました。
しかし、MAK-1はそれを解消、余震が来ても建物が壊れる可能性は限りなく低くなります。

MAK-1なら取り付けが短期間で行える。

耐震工事は時間がかかるし、大掛かりなものになるというのが従来の常識でした。
しかし、MAK-1の取り付け工事は3~4日もあれば完了します。
制震ダンパーの取り付け工事は、壁の一部をはがして行うのですが、MAK-1は小型のため、取り壊す壁の範囲は最小限で済みます。
ですから、施主は家に住みながら工事を行っていくこともできます。
家具の移動も最小限で済みますので、お年寄りやひとり暮らしの方も安心です。

低価格でメンテナンスも不要

MAK-1の取り付け工事は、耐震工事の2分の1程度の費用で行うことができます。
ですから、低予算で地震に強い家を作ることが可能です。予算の面で耐震工事を行えなかったという方はぜひ無料相談を行ってみてください。また、MAK-1はメンテナンスは特に必要ありません。
効果は半永久的に持続します。大きな地震が起きた後でも取り換えの必要はありません。まずは無料相談をご利用ください。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
今回は地震に強い家を作る方法をご紹介しました。
まとめると

  • 地震に強い絵を作る方法はひとつではない
  • 耐震工事・免震工事は新築や大規模リフォーム向けの工事
  • 制震ダンバーを取り付ける制震工事はリフォームや安価で耐震工事を行いたい人向け
  • 制震工事をお考えの方はMAK-1をぜひご利用ください

ということです。
阪神淡路大震災では倒壊した家屋の下敷きとなり、多くの方が犠牲になりました。
「強い地震が来たら、耐震工事も役に立たない」という意見ももちろんあります。
しかし、最初の大きな揺れを耐えきることができれば、安全な場所に避難することは可能です。
ですから、どのような形であれ耐震工事をしておくことは無駄ではありません。
特に昭和56年以前に建てた古い家に住んでいるという方は、耐震基準が満たされておらず非常に危険です。
現在は南海トラフ大地震の発生の危険性も高まっているといわれていますので、ぜひ制震ダンバー取り付けの無料相談をしてみませんか?