子育て環境を良くするために知っておきたい3つのポイント

子供がすくすくと伸びやかに成長するためには、子育て環境について考えることが欠かせません。
ですが、どのような子育て環境を整えればいいのかがわからず、悩んでいるという人もいるでしょう。

自分では良いと思って選んだ環境が子どもにとって良いものではなかったということもあるかもしれません。
そうならないように、子育て環境について知っておきたい3つの情報を紹介します。

子育て環境についてだけでなく、住まい選びや間取りについての情報も紹介するので、参考にしてみてください。

1.子育て環境の重要性

1-1.安全性の問題

地域によってはお店や街灯が整備されておらず、人気のない道が多い街もありますよね。
こういった環境は、子育てにとって良いとは言えません。
やはり、まずは安全性について考えるべきでしょう。

地域によって、子どもの安全や防犯対策にどれくらい力を入れているかというのは違ってきます。
これらの情報については自治体のホームページ上で取り組みをチェックできるので、引っ越しを考えている場合は事前に確認しておいたほうがいいでしょう。

小学校や中学校が行っている取り組みについて知りたいならば、教育委員会のサイトをチェックするのがおすすめです。
それと、教育環境について確認することも大切ですが、女性向けの支援がしっかり整っているかもチェックしておきましょう。

1-2.子育てのしやすさについて

子育て環境について考える際には、子育てがしやすい環境であるかもよく考える必要があります。

例えば、子ども用品を販売しているお店が近くになかったり、小児科がない地域は不便ですよね。

それから、子どもを遊ばせることができる施設についてもチェックしておきましょう。
特に小さい子どもがいる場合、一日中家の中で遊ばせるわけにはいきません。
ちょっとした遊び場が近所にあるのとないのとでは、大きな違いがあるでしょう。

1-3.子どもが持つ可能性を左右する

子育て環境は、子どもが持つ可能性を大きく左右すると言われています。
例えば、いろいろな習い事をさせたいと思っていたとしても、近くに子ども向けの教室がないところでは難しくなってしまうでしょう。

小さいうちにいろいろなことに触れた子どもは学ぶ力を身に付けられますが、周辺の環境が良くない場合には学べることも少なくなってしまいます。

もちろん、周辺の環境が子どもの全てを決めるわけではありません。
ですが、子どもにとっても親にとっても暮らしやすい環境を選べば、充実した毎日を送れるのではないでしょうか。

2.子育てに適した環境とは?

2-1.「公園が近いほうがいい」は間違い?

子育てに適した環境といえば、公園が近いところを想像する人も多いのではないでしょうか。
公園といえば、子ども同士だけでなくママ達の交流の場にもなります。

ですが、ただ公園が近ければいいという基準で住まいを探すのはおすすめできません。

子どもがたくさん集まって遊べる公園は魅力がありますが、公園に集まる子どもたちの甲高い笑い声や話し声にストレスを感じ、すぐに引っ越してしまったという人もいます。

また、街頭が少なく夜間に真っ暗になるような公園では、防犯面での心配もあるでしょう。

2-2.子育てガイドブックをチェック

自治体によっては、市役所などで子育てガイドブックを無料配布しているところがあります。
子育てをする際に知っておきたいサービスや支援、役立つ情報がまとめて掲載されているので、市役所をのぞいてみてはどうでしょうか?

子育てガイドブックを発行している自治体ではインターネット上からも閲覧できることが多いのですが、ガイドブックだと手軽に見られるのが魅力です。

2-3.子育てにいい街について

子育てにいい街は、全国にたくさんあります。
ですが、○○市がいいらしいと言われたとしてもそこに引っ越すのは難しいのではないでしょうか?

ということで、子育てにいい街の特徴をいくつか紹介したいと思います。

まず、街がキレイであるかどうかは必ずチェックしておきたいポイントです。
繁華街が近く、街が汚れている場合、子育てに適した環境とは言えません。

街中のゴミ箱も常にキレイに使われているような街は、周辺に暮らしている人達がしっかり街を見ているということですよね。
小さな子どもがいる場合、安全性や防犯を重視して街選びをする人も多いと思いますが、ゴミが散乱するような街は防犯上もおすすめできません。

次に、自治体の取り組みも確認しておきましょう。
子育てにいい街は、自治体が積極的に子育て応援プロジェクトを実施しています。
また、子どもを保育園に預けることを考えているのであれば、認可保育所の定員数が十分であるかという点も確認しておかなければなりません。
引っ越してみたものの保育所が不足していて働きに出れなかったとなると大変ですよね。

3.子育てにいい住まい選びのポイント

3-1.子育てと住まいの関係

子育て環境について考える際に、周辺の環境ばかりを重視するのはよくありません。
子どもが最も長い時間を過ごす場所といえば家ですよね。

そのため、住まいの環境を良くすることは非常に大切です。
周辺環境をよくチェックして安全な街に家を建てたものの、家の中に子どもがけがをしてしまうような危険が潜んでいたりしたら意味がありません。

子供にとって住みやすい環境と大人にとって住みやすい環境は異なるので、その点もよく理解しておくことが重要です。

ただ、大人目線で考えても子どもにとってどのような住まいが良いのかわからないこともあるでしょう。
そこで、子育て環境にこだわって設計された住宅を選ぶことをおすすめします。
そういった住宅であれば、安心して子育てができるはずです。

住宅は長く住むものなので、数十年後を見据えた住宅選びをしなければなりません。
成長の変化に応じた問題も出てくるので、しっかりとした基準を持って子育てしやすい住宅作りをしている物件を選びましょう。

3-2.子育てに最適な住宅と間取り

新築で家を購入する際には住宅設備や外観についても考えなければなりませんが、間取りについてもよく検討しましょう。
子どもの成長に合わせて間取りをリフォームするという手もありますが、どうしてもお金がかかってしまいますよね。

子どもが何人かいる場合、成長した時のことを考えてそれぞれ自分の部屋を持たせてあげるような間取りを考えるのがおすすめです。

それと、オープンキッチンのほうが台所作業中にも子どもを見守りやすいので、リビング・ダイニングの間取りについてもよく話し合いましょう。

3-3.親にとっても過ごしやすい住宅であることが大事

子育てにいい住宅ということを重視しすぎて、親にとって過ごしにくい住宅を選んでしまう人もいます。
近年はイクメンとして子育てに参加する男性も増えてきていますが、子育て環境だけを重視した住宅だと男性にとって過ごしにくい環境になってしまうこともあるようです。

そのため、住宅を選ぶ際には、家族みんなにとって過ごしやすいかどうかチェックしなければなりません。

周辺の環境についても、求人情報がほとんどなく転職や就職がしにくい環境だったり、駅が遠い、日々の買い物をするお店がないといったことにあとから気付くことがないよう、事前によくリサーチしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

  • 子育て環境はどのような重要性をもっているか?
  • 子育てに適した環境について
  • 子育てにいい住宅を選ぶ時のポイント

以上について紹介しました。
子どもが健やかに育つためにも子育て環境について考えることはとても大切なことです。

住宅を選ぶ際にも、今回ご紹介した内容を参考にしながら家族にとって過ごしやすい家選びをしてみてくださいね。