扇風機を処分するには? コストのかからない扇風機の捨て方とは?

夏の省エネに貢献する扇風機ですが、処分方法となるとあまり知られていないというのが現状といえるでしょう。新しい扇風機の購入を検討していても処分方法が分からず、古いものを使っているというのもよくあることです。しかし、最近では省エネ性能を強化したものやデザイン性を高めたものなど、さまざまな扇風機が販売されています。買い替えを検討しているという場合には、古い扇風機の処分方法について知ることも大切なのです。最近では、ゴミの分別が難しくなっています。しかし、分別や処分の難しいものを捨てるための選択肢も増えているのです。リサイクルや業者による回収など、扇風機の上手な捨て方について詳しくご紹介しましょう。

自治体のゴミ回収で処分する方法や不用品回収業者に依頼する方法など、目的や状況に合わせた扇風機の処分方法について詳しくご紹介しましょう。

1.扇風機の処分方法とは?

1-1.扇風機は不燃ゴミ?粗大ゴミ?

扇風機の処分方法は各自治体によって異なりますが、ほとんどの場合には“粗大ゴミ(大型ゴミ)”として処分します。地域によって分別方法が異なるため、事前に自治体ホームページなどで確認してみましょう。

1-1-1.粗大ゴミの処分方法とは

粗大ゴミは通常のゴミ回収と処分方法が異なり、申し込みが必要です。自治体によって多少方法は異なりますが、一般的な流れについてご紹介しましょう。

粗大ゴミ処分の申し込み

粗大ゴミの処分の申し込みは電話やインターネットで受け付けています。各自治体のホームページを確認してみましょう。処分申し込み後に、収集日・収集場所・手数料が通知されます。通知内容と異なる場合、回収されない可能性もあるので注意しましょう。

粗大ゴミ処理手数料の納付

粗大ゴミの処理手数料は“粗大ゴミ処理券”によって納付します。各自治体の指定する郵便局、金融機関、コンビニなどで購入可能です。粗大ゴミ処理券はシールになっているため、対象の粗大ゴミに貼り付けて処分します。処理券が見えない場所に貼り付けられている、収集前にはがれてしまっているなどの場合には収集されない場合もあるため、しっかりと貼り付けましょう。

収集場所までの運搬

粗大ゴミの処分では、収集場所までの運搬を自分でおこなう必要があります。通常のゴミ同様に翌朝に指定された収集場所に出しましょう。

1-1-2.ゴミ処理施設への直接持ち込み

粗大ゴミは、処理施設や収集拠点への直接持ち込みによっても処分可能です。各自治体によって対応が異なるため、以下のポイントを確認して利用しましょう。

  • 収集拠点の場所
  • 事前の申し込みの有無
  • 身分証明などの必要性

1-1-3.小型家電リサイクル法

平成25年に施行された小型家電リサイクル法によって、家庭で使用した家電の処分方法が変わっている自治体もあります。小型家電リサイクル法は小型家電を資源に再利用することを目的とした法律です。

自治体によって小型家電の処分方法は異なりますが、“小型家電回収ボックス”や“拠点回収”などを利用して処分できます。ほとんどの場所で無料で回収しているので、自治体の処分方法について詳細を確認してみましょう。

1-2.大型、業務用扇風機の処分方法

業務用扇風機などの大型扇風機に関しても自治体の粗大ゴミで処分可能です。ただ、自治体のゴミ処分は“家庭で出たゴミ処分”なので会社や事務所などで不要になった扇風機などは処分できません。大型の扇風機の場合、回収料金が異なる可能性もあります。申し込みの際に扇風機のサイズを知らせることも大切です。

2.扇風機を自治体の回収で処分する

2-1.自治体回収のメリット・デメリット

2-1-1.自治体回収のメリットとは?

扇風機を自治体回収ので処分する最大のメリットは、廃棄コストが安いという点にあります。自治体によって料金は異なりますが、300~500円程度で処分可能です。自治体による粗大ゴミ回収はコスト面では最も安く処分できる方法といえるでしょう。

2-1-2.自治体回収のデメリットとは?

自治体による粗大ゴミの回収は、回収場所までの運搬や申し込みが必要になります。処分の負担が大きいというのが自治体回収のデメリットです。

2-2.扇風機を分解して処分

粗大ゴミを分解して普通ゴミとして処分するという方法は扇風機にも応用できます。30cm角以下に分解し分解し素材ごとに分別しましょう。分解した扇風機の分別方法について簡単にご紹介します。

プラスチック

扇風機の羽や本体などは主にプラスチックでできています。金属を含まないプラスチック部品であれば“その他のプラスチック”として分別可能です。地域によって燃えるゴミ、燃えないゴミと分別は異なります。

小さな金属類

モーターや配線、基盤などは“小さな金属類”や“不燃物”に分別します。地域によって分別方法が異なるため確認しましょう。

2-2-1.扇風機分解に関する注意点

扇風機は家電の中でも簡単な構造で作られています。分解に関して注意するポイントは少ないのですが、パーツの飛散などに注意して分解しましょう。

分解した電化製品は、しっかりと分別して処分することが大切です。自治体のゴミ分別表などを確認して分別をしましょう。自分では判断できない場合には自治体の窓口などに相談することも大切です。

3.扇風機を販売業者の引取りサービスで処分する

3-1.販売業者の引き取り、下取りはできるか

家電の買い替えの際に“引き取り”や“下取りの”などのサービスを利用して扇風機の処分が可能です。販売業者による扇風機の処分の特徴についてご紹介しましょう。

3-1-1.引き取り・下取りのメリット

引き取りや下取りのメリットは買い替えの際に、処分を同時におこなえる点にあります。購入の際に販売店へ持ち込むだけで簡単に処分できるというのが最大のメリットといえるでしょう。

3-1-2.引き取り・下取りのデメリット

サービスを提供している販売業者から新しく商品を購入する必要があります。すべての販売店で利用できないという点がデメリットといえるでしょう。

3-2.通販業者の場合

通販でも引き取りや下取りサービスを利用できる業者もあります。店舗に持ち込むことはできないため、扇風機を送付しなければなりません。送料の負担に関しては業者によっても異なるため購入前に確認しましょう。

3-3.方法、手数料などについて

引き取りや下取りのサービス内容は業者によって異なる点に注意が必要です。サービスの利用に手数料が必要な販売業者もあります。利用前にサービス利用の方法を調べておきましょう。

4.不用品回収業者に扇風機の処分を依頼する

業者に扇風機の処分を依頼するというのも一つの選択肢です。不用品回収業者には家電から日用品までさまざまなものの処分を依頼することができます。不用品回収業者の利用方法についてご紹介しましょう。

4-1.回収方法

不用品回収業者では、状況に応じていくつかの回収方法を利用することができます。回収の方法と特徴について簡単にご紹介しましょう。

  • 出張回収

業者が自宅まで訪問する回収方法です。扇風機複合機のような運搬の難しいものの処分に向いていいます。業者が自宅まで出張するため回収のための費用が必要です。

  • 宅配回収

宅配サービスを利用して不用品を回収する方法です。この処分方法は小型の電化製品などの処分に向いています。不用品回収サービスのなかでも費用が安いというのが特徴です。

4-1-1.メリット

不用品回収業者に依頼するメリットは、手間をかけずに処分できるという点です。専門業者に依頼することで処分のための負担を大幅に軽減できます。運搬などの問題で処分できずに困っているという場合には、不用品回収を利用してみるのもよいでしょう。

4-1-2.デメリット

不用品回収では、自治体の処分よりも費用がかかってしまうデメリットがあります。不用品回収の費用負担を軽減するためには、複数の不用品の処分を依頼することです。扇風機のついでに処分できるものを複数用意することで、ひとつあたりの処分費用を軽減できます。

4-2.リサイクルについて

不要な扇風機でも動くものであればリサイクル可能な場合があります。リサイクル可能なものは不用品買い取りサービスなどを利用できるので、買取査定を受けてみるのもよいでしょう。

4-3.費用・注意点など

不用品回収では出張費用や回収費用などが必要になります。扇風機単品の回収を依頼する場合、費用負担が大きくなってしまうという点に注意が必要です。動くものであれば処分よりも不用品買い取りを利用した方が費用負担は少なくなります。状況に合わせて適切に処分するのが扇風機処分の大切なポイントといえるでしょう。

5.扇風機をリサイクルで処分する

5-1.リサイクルのメリット

費用のかかってしまうものでもリサイクルすれば、費用の負担なく処分できます。必要なく不要な扇風機をリサイクルすることは、処分費用の節約につながるのです。リサイクルやリユースを利用して、不要な電化製品をお金に変えるのも一つの選択肢といえるでしょう。

5-2.リサイクルできるものとは

リサイクル可能な扇風機は、多くの電気製品同様に製造から5年以内のものが目安になります。製造から5年以内であっても、壊れているものや汚れの多いものは買い取りできないため注意が必要です。

5-2-1.高額査定のポイント注意点

扇風機の査定は外見も需要なポイントです。本体の黄ばみなは査定結果に影響がでます。使用の際には直射日光を避けることも大切です。査定の際にはほこりを取り除き綺麗な状態で査定を受けましょう。

高額査定の対象になる扇風機についてご紹介します。

  • 羽なし扇風機:羽がなく安全に使用できるため最近人気が高い
  • DCモーター扇風機:DCモーターを搭載し節電効果が高い

販売価格の高い高機能モデル扇風機は高額査定の可能性があります。高機能モデルであっても外見などの状態も重要なポイントになるので、簡単にクリーニングしてから査定を受けましょう。

5-3.リサイクルできるところ

扇風機のリサイクルできる場所はリサイクルショップやネットオークション、フリーマーケットなどがあります。それぞれの方法と特徴についてご紹介しましょう。

5-3-1.リサイクルショップ

中古品の買取・販売をおこなうリサイクルショップは簡単にリサイクル可能です。ほとんどのリサイクルショップでは、持ち込みによる買取を行っています。自分で持ち込む必要があるという点に注意しましょう。

5-3-2.ネットなどのリセール

ネットオークションやフリマアプリなどインターネットを利用したリセールでは、発送などの手続きを自分でおこなう必要があります。売却の値段も自分で決定できますが、需要によっては買い手がつかない場合もあるため注意が必要です。

最近では不用品をネットでリセールするというのも一般化していますが、トラブルなども増加傾向にあります。ネットを利用してリセールする際には責任をもって利用することが大切です。

6.扇風機の処分、業者選びの方法とは?

不用品の処分では、近年多くのトラブルが報告されています。上手に買い取り業者を選ぶための方法についてご紹介しましょう。

6-1.選び方のポイント

不用品の回収や買い取りサービスを利用する際に、料金相場に関して気を遣う方も多いことででしょう。しかし、料金設定に関しては非常に複雑で比較が難しい傾向にあります。出張費用や回収料金など必要な費用を合計して選ぶことが大切です。

6-1-1.相談窓口を利用しよう

回収業者を選ぶ際には、相談窓口や無料査定などを積極的に利用してみましょう。

「回収可能な扇風機の種類」や「複数の扇風機を回収可能か?」など分からないことがあれば相談してみましょう。

6-2.無料回収業者について

無料回収業者によるトラブルが近年増加傾向にあります。

  • 無料回収といって客を集め回収当日になって料金を請求する
  • 必要なものを強引に回収する

特に上記のようなトラブルは社会問題にもなっています。不用品の回収を依頼する場合には、信頼できる業者を選ぶことが身を守るための方法です。業者選びの際には、無料相談や無料査定などを利用し業者の対応を確認してみるのもよいでしょう。

7.扇風機処分でよくある質問

Q:扇風機の分別方法はどこで確認できる?

A:ゴミの分別方法は自治体の広報やホームページで確認可能です。また、ゴミ処理施設やクリーンセンターでも問い合わせできます。

Q:古い扇風機は危険なの?

A:モーターのコイルなどが劣化することで発火する可能性があるのです。古い扇風機による発火事故も多く報告されています。古くなった扇風機の使用には注意が必要です。

Q:扇風機の分解に必要な工具などはありますか?

A:ドライバー1本でほとんどの扇風機は分解可能です。最近ではネジなどを使わず、はめ込みや溶着などによって組み立てている場合もあるので強引な作業が必要な場合もあります。分解の際にはブラスチックと金属など可能な限り分別するようにしましょう。

Q:扇風機の処分にリサイクル料金はかかりますか?

A:扇風機は家電リサイクル法の対象ではないため、リサイクル料金を負担する必要はありません。しかし、小型家電リサイクル法によって自治体ごとで処分方法が異なるため、適切な処分を心がけましょう。

Q:古い扇風機は売ることができない?

A:古い電気製品は近年インテリアとして注目を集めています。昭和中期までの家電は昭和レトロとして需要があるため売れる可能性もあるのです。インテリアとして利用するため壊れているものであっても買取の対象になります。

8.まとめ

夏に活躍する扇風機ですが、故障してしまうと処分の難しい家電の一つです。扇風機の処分方法のポイントについてまとめてみましょう。

扇風機を粗大ゴミとして処分する場合には、申し込み・処理券の購入・回収場所までの運搬が必要です。自治体の粗大ゴミは処分費用が安いという特徴があります。自治体によって指定された日時に出さなければなりません。自治体の回収は家庭ゴミを対象にしているため、会社や事務所で不要になったものは回収しないという点に注意が必要です。粗大ゴミで捨てられない利場合には、他のの処分方法を検討してみましょう。

リサイクル・リユース可能な扇風機であれば、リサイクルショップやネットを利用してお金に変えるという選択肢もあります。売ることのできる家電の目安は“製造から5年以内で状態の良いもの”です。最近ではレトロ家電などにも注目が集まっており、古いものは不動であっても買い取り可能なケースもあります。リサイクル・リセールは需要や状態によって買取不可能な場合もあるため注意が必要です。

業務用扇風機など運搬の難しいものを処分する場合や自分ではどうしても処分できない場合には不用品回収業者に処分を依頼するのもよいでしょう。不用品回収業者を利用する際には、無料相談や無料査定を利用して信頼のできる業者に依頼することが大切です。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!