地震の被害を未然に防ぐ、制振工法で家を建てよう!

日本は地震の多い国というのは、近年増加する地震で実感できます。地震に対して強い家を建てるのは、日本に住む上で必要なことといえるでしょう。地震に強い家を作る方法には“免震”“耐震”“制振”などの方法があります。それぞれ地震に対する考え方が異なるのですが、近年では戸建てに対する制振工法も注目を集めている地震対策です。

これから家を建てようと考えている人のために、制振工法の特徴や有効性などについて詳しくご紹介します。

1.  制振工法とは?

1-1.制振工法は地震を抑制する技術

地震の揺れを建物の構造によって吸収するのが、制振工法の基本的な考え方です。

制振工法は、主にビルなどの大きな建築物に採用されていた地震対策なのですが、最近では戸建て住宅にも効果のある工法として多くのハウスメーカーで採用されてします。

建物に“制振装置”“制振ダンパー”と呼ばれる地震のエネルギーを吸収する装置を組み込むことで地震の影響を最小限に抑える工法です。

免震工法と比較されることもありますが、制振工法はコストが低く導入することのできる技術としてメリットがあります。

1-2.制振装置・ダンパーとは?

制振工法で最も重要な役割を持っているのが“制振装置”や“制振ダンパー”と呼ばれている制振装置です。

この装置は地震による揺れを吸収する装置で、制振の仕組みによって複数の種類があります。

一般的な制振装置と特徴についてご紹介しましょう。

パッシブ制振装置

“電力を使用しない制振装置”のがパッシブ制振装置です。

電気配線が不要なので、施工も比較的に簡単で低コストで導入することができるという特徴があります。

パッシブ制振装置は“金属ダンパー”“オイルダンパー”“ウレタンゴムダンパー”などの種類があり、それぞれメンテナンス性や施工の方法などが異なるので注意が必要です。

アクティブ制振装置

アクティブ制振装置は電力によって揺れを制御する制振装置です。

主にビルなどの大型建造物に使用されるタイプの制振装置で、個人住宅に使用されることは殆どありません。

無停電電源装置の導入や定期的なメンテナンスなど、アクティブ制振装置の導入には非常に多くの設置コストが必要です。

2. 免震・耐震との違いとは?

2-1.免震とは?

地面から伝わる地震のエネルギーを、建物に伝えないことを目的にするのが免震の基本的な考え方です。

免震工法は建物の基礎部分に衝撃を吸収する“アイソレーター”や“ダンパー”など装置を使い地震の揺れが建物に伝わらないようにします。

基礎に大掛かりな工事をする必要があるので、主に大型建造物や新築戸建てに対しておこなわれる工法です。

免震は設置コストが高く、地下室などを備える住宅や軟弱な地盤では設置できないこともあります。

2-2.制振と免震の違い

制振と免震は任意でおこなう地震対策です。

地震対策という面では同じですが、それぞれの地震対策は、下記のような違いがあります。

  • 制振は建物に伝わった揺れを吸収する工法。
  • 免震は揺れを建物に伝えない工法。

どちらが地震に対して効果的かは、様々な見解があり難しい問題ですが、コスト面と施工面で制振工法は優れています。

制振工事はリフォームでも施工可能な地震対策という特徴があります。

2-3.耐震とは?

耐震は地震で建物が倒壊しない強度にする工法です。

住宅の耐震強度は法律によっても定められており、一定の基準以下の住宅は建てることができません。

耐震は地震対策でも最も一般的で欠かすことのできない対策という特徴があります。

これから住宅を建てるという場合には、設計段階で耐震強度を満たしているので、あまり気にする必要は無いと考えて良いでしょう。

3. 制振工法のメリットとは?

3-1.施工コストが安い

制振工法のメリットとして注目を集める理由が“施工コストの安さ”にあります。

建物の地震対策にかかる費用の負担の少ない制振工法は、特に戸建て住宅に向いている地震対策といえるでしょう。

3-2.どんな家にでも施工できる

制振工法は、制振装置を設置する地震対策なので、どのような家にでも設置可能というメリットがあります。

基礎の形状や住宅の設計などの制約を受けず、どのような住宅にも採用できる地震対策です。

工務店やハウスメーカーなど様々な住宅メーカーで取り扱うことができます。

3-3.リフォームでの導入も可能

リフォームで本格的な地震対策をおこなうのは難しいのですが、制振工法ではたの地震対策に比べて簡単に導入できるという特徴があります。

壁の一部を剥がすだけで施工可能で、短い期間でリフォームを終えることが可能です。

耐震リフォームというと大掛かりな工事のイメージがありますが、制振工法は比較的に簡単な施工だけで地震対策を行うことができます。

4. 制振ダンパー「MAK-1」のメリット

4−1.制振ダンパー「MAK-1」とは?

制振ダンパー「MAK-1」は地震の揺れを吸収する制振装置です。

ほかの制振装置にはない復元力を備えている制振装置で、地震による建物の歪みを元に戻すという機能があります。

地震による住宅のダメージを防ぐと同時に地震による歪みを抑制というのは、地震後の生活を安心して利用できる嬉しい機能といえるでしょう。

4-2.メンテナンスコストがかからない

油圧ダンパーや金属ダンパーなどにはメンテナンスが必要になります。

油圧ダンパーはオイルシールの劣化などから、ほとんどの製品は10~20年程度でメンテナンスが必要です。

金属ダンパーは一度の地震で変形してしまうことも多く、地震後には取り外し新たな金属ダンパーを取り付ける必要があります。

一方で制振ダンパー「MAK-1」はメンテナンスフリーで複数の地震に耐えられる設計であるためメンテナンスコストがかからないという特徴があります。

半永久的に利用できる制振装置なので劣化、メンテナンスの心配は殆ど無いというのが制振ダンパー「MAK-1」のメリットといえるでしょう。

4-3.施工が簡単

制振ダンパーは、他の地震対策に比べて施工しやすいのですが、中でも制振ダンパー「MAK-1」はより施工が簡単という特徴があります。

他の制振ダンパーに比べ小型で、設置の目安としては105mm以上の柱と梁であれば設置可能です。

“木造軸組工法(在来工法)”“2×4工法”“プレハブ工法”などのほとんどの住宅で設置することができます。

まとめ

地震に強い家を作るということは、地震対策を知ることが重要です。

地震対策となる住宅設備の特徴についてまとめてみましょう。

  • 免震工法…地震に対する機能は高いが、コストが高く状況によっては利用できないケースもある。
  • 耐震工法…法律で定められているため、適正な住宅であれば必ず行われている。
  • 制振工法…低コストで導入できる地震対策で、さまざまな住宅で導入できる。

地震対策には上記のような特徴があります。

メリット・デメリットに加えて、住宅に対して採用可能であるかというのも大切な判断材料です。

設置に関しては新築やリフォームを依頼している工務店に制振装置の提案・相談することで計画を進めることができるので、一度工務店に相談してみましょう。