プリンタの調子が悪い人必見!「寿命」の判断材料はずばりコレ!

最近プリンタの調子が悪い、買ったのはそんなに前のことじゃない気がするけど…という方のために、プリンタの寿命についての話をご紹介します。プリンタの寿命が近いと思われる故障内容・その処分方法などについても触れましょう。

以下の3つのポイントをおさえれば、プリンタの故障にもあわてずに対処できるでしょう。早速紹介します。

1.プリンタの寿命は何年?

プリンタの寿命は、メーカーは3年から5年を想定している場合が多いです。製品サポートも、5年を目安に終わらせるメーカーが多数。後に述べる「ヘッド」などの部品交換も、買ってから5年でできなくなることが多いのです。プリンタの寿命は、「5年」と考えておくのがよいでしょう。もちろん、5年たっても問題なく使える場合もあります。なぜ寿命に差があるのでしょうか。それは、使う頻度などに差があるからです。

2.プリンタの寿命が来たときってどうなるの?

プリンタの調子がおかしいとき。「これって自分でどうにかできるのか」「それとも修理に出した方がいいのか」「買い換えの時期なのか」という疑問を持たれる方は多いでしょう。寿命がきたら、プリンタはどうなるのか、一つ一つ見ていくことにします。

2-1.寿命を左右するのは「ヘッド」

まず多い不具合が、印字したものの「字がかすれる」「字が印刷できない」「色合いがおかしい」「白いすじが出る」などのトラブルでしょう。これは、「ヘッド」と呼ばれる部品が消耗してしまうために起こります。「ヘッド」とは、インクカートリッジをセットするところにあり、用紙に文字などを付けるための部分です。つまり、インクをはき出す部分。これが消耗してしまって、文字のかすれやすじの入りが起こるのです。プリンタには、「ヘッドクリーニング」という機能が付いていますが、これをすることにより、改善する場合があるでしょう。それでもだめな場合、メーカーにヘッドの交換を依頼することに。また、ヘッドクリーニングは大量にインクを消費するため、何回もやらない方がいいと言われています。2~3回やってもだめな場合、ヘッドの交換を考えましょう。
ヘッドは、実はプリンタを使う頻度が低すぎても、だめになってしまいます。長い間使わないことによって、インクが固まってしまうことが原因でしょう。プリンタを長く使い続けたい場合は、定期的に印刷するのがよいのです。ヤフーのトップページなど、色が均一に使われているようなページを印刷するとよいでしょう。しかし、年賀状ぐらいにしかプリンタを使わないという方は、プリンタを持つのをやめてもよいという意見があります。インク代も高いので、使う頻度が少ない人は検討してみるのもよいでしょう。

2-2.サポート期間が過ぎてしまい修理できない場合

ヘッドの交換は、できる場合とできない場合があります。できるのは、メーカーのサポート期間が過ぎてない場合。それは約3年~5年です。つまり、それを過ぎてしまうと、ヘッドの交換はできないので、プリンタの寿命がきたと考えてください。もちろん、買ったときから5年たっても正常に動いているプリンタはあります。寿命に差があるのは、定期的に印刷しているかどうかなど、使い方に差があるから。5年たっても使える場合は使い続けてよいでしょう。

2-3.その他の不具合

ヘッドの消耗以外に、「ヘッドが動かない」というトラブルもあり得ます。この場合、メーカーへ修理の依頼をするか、買い換えを考える必要が。ヘッドのベルトが外れただけの場合、簡単に修理できます。この場合も、メーカーのサポート期間が終わってしまっていたら、買い換えを検討する必要がある、つまりプリンタの寿命が来たと言えるでしょう。
そして、注意してほしいのがプリンタからの異音。無理やり動いているような音がする場合は、ヘッドの劣化が考えられます。
また、電源が入らなくなったという場合、それはプリンタの寿命。買い換えを検討しましょう。
また、意外な原因として、ドライバーが新しいOSのバージョンに適応できなくなったために使えなくなるということがあります。この場合も、買い換えが必要でしょう。

3.プリンタの処分方法って?

プリンタが寿命を迎えたのは分かったけれども、どうやって捨てたらいいの?という疑問をお持ちの方も多いでしょう。ここではプリンタの処分方法についてご紹介します。

3-1. 粗大ゴミとして市町村の回収に出す

プリンタは、自治体が定めているゴミの回収日に捨てることが可能な場合が多いでしょう。市町村によって、何ゴミになるのかは違います。自治体に問い合わせるなど確認が必要でしょう。粗大ゴミとして捨てるとき、粗大ゴミシールが必要な場合もあります。料金もかかるかもしれません。それも確認しておきましょう。

3-2. 新品を購入する店やメーカーで処分してもらう

新しいプリンタを買う店で、古いプリンタを回収してくれる場合もあります。この場合も、手数料がいくらかかるか確認しましょう。また、メーカーも古いプリンタを引き取ってくれる可能性が高いです。この場合も費用を確認しましょう。

3-3. 不用品回収業者に引き取ってもらう

世の中には、家庭から出る大量のゴミなどを引き取ってくれる業者が存在します。そういう業者に、無料で引き取ってもらえるかもしれません。または、買い取りもやってくれるところがあるでしょう。なぜなら、プリンタが寿命を迎えても部品が使えることがあるからです。インターネットでも探せますので、そういうところを利用するのもよいでしょう。近くにあれば、お得に回収してもらえる可能性が高いです。ぜひ考えてみてください。

まとめ

いかがでしたか。この記事では、プリンタの寿命や、捨てる方法についてご紹介しました。

  1. プリンタの寿命は何年?
  2. プリンタの寿命が来たときってどうなるの?
  3. プリンタの処分方法って?

以上の3点をおさえておけば、プリンタを買い換えるべきかどうか分かるでしょう。プリンタは、寿命がきたかどうかの判断が難しい機械です。パソコンのように高くないプリンタですが、故障やトラブルが多いと言えるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!