プリンターの買い替え時期っていつ? 知って得するプリンター知識!

プリンターは安いものなら数千円で購入できるようになったこともあり、比較的買い替えのスパンが短い家電製品といわれています。そのため、処分方法に困っている方も非常に多いはずです。適当に処分をすると損をしたりいらぬ手間がかかったりします。今回ご紹介する情報をもとに、お得でスピーディーに処分をしましょう!

この記事を読むことでプリンターの処分方法やお得な情報・注意点などについて知ることが可能です。

1.プリンターの買い替えについて

1-1.プリンターの買い替え時期とは?

最適なのは壊れたタイミングで買い替えることです。しかし、毎日の仕事でプリンターが欠かせない人などは、壊れてから買い替えるのでは遅く、困ってしまうこともあるでしょう。そのような場合には、5年を目安に買い替えるのがおすすめです。
意外に思われるかも知れませんが、プリンターの寿命は5年を想定しているメーカーが多いとされています。サポートや交換部品の製造なども、5年を目安に打ち切られることが多いでしょう。これは、国が定めた減価償却(耐用年数)が5年であることをメーカーが基準にしているからです。そのため、5年を過ぎたプリンターは修理が難しくなったりできなくなったりするので、買い替えるのが無難でしょう。
また、パソコンを新しくした場合も買い替えどきです。プリンターの種類によっては、新しいOSに対応していないことがあります。OSに不対応の場合は使用できません。

1-2.よくある故障

最もよく発生する故障といえば「印刷できない」というものでしょう。いくつか原因が考えられますが、最も多いのはインク切れと紙詰まりです。インクを補充したり紙詰まりを解消したりすれば治ります。また、ドライバーの不具合によって印刷できないこともあるでしょう。パソコンを更新したり違うOSに変えたりするときによく発生します。説明書を参考にドライバーを再インストールしてみましょう。ほかにも、部品が破損したり劣化したりして印刷できないこともあります。たとえば、廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達していると印刷ができません。

1-3.寿命はどのぐらい?

国が定める耐用年数では、プリンターは5年です。また、メーカーも5年を基準に交換部品の生産や保管を行います。そのため、基本的には5年を寿命と考えると良いでしょう。もちろん、使用頻度などによって寿命は大きく変わります。めったに使わないのであれば、10年以上持つこともあるでしょう。

1-4.修理と買い替え、どっちを選べばいいの?

前述したように、修理部品の生産や保管は5年をめどに打ち切られます。また、修理サポートなども終わってしまうことがあるでしょう。ですから、5年以内であれば修理、5年を超えるようであれば買い替えというスタンスを取るのがおすすめです。

2.プリンターの買い替え方法とは?

2-1.買い替えの流れ

まずは購入方法を決めましょう。購入方法は販売店で直接購入する方法と、インターネット購入する方法があります。販売店で購入する場合、補償や特典が得られるほか、古いプリンターの下取りや引き取りなども行ってくれるのがメリットです。インターネットは非常に安く購入できますが、補償や特典の面で劣る傾向にあります。また、下取りや引き取りも行っていないことがほとんどなので、自分で処分しなければいけません。自分にあったほうを選びましょう。
購入方法を決めたら、処分の方法を決めてください。処分方法は大きく分けて5つあります。後述する処分方法の中から一番好みのものを選び、処分をしてください。

2-2.プリンターの処分について

2-2-1.自治体の回収

家電製品の処分というと家電リサイクル法が思い浮かびますが、プリンターは家電リサイクル法の対象ではありません。そのため、ゴミとして処分できます。基本的には粗大ゴミですが、自治体によっては不燃ゴミの場合もあるので注意しましょう。粗大ゴミとして捨てる場合は、ネット、もしくは電話から申し込みをします。後は、指定の日時に集積場所に運び出し、回収してもらう際に料金を支払うだけです。ただし、一部の地域では事前に粗大ゴミ処理券を購入する必要があります。粗大ゴミ処理券はコンビニなどの「処理券取扱所」で購入してください。

2-2-2.家電量販店

前述したように、家電量販店で処分することもできます。ただし、家電量販店では新しい製品を購入することが大前提です。そのため、その店で購入せず、処分だけを依頼するようなことはできません。とはいえ、購入と同時に回収してもらえるため、一石二鳥の便利な処分方法といえます。

2-2-3.メーカー

メーカーが回収を行っていることもあるでしょう。メーカー回収の場合は、宅配で古いものをメーカーに送り処分します。ただし、基本的には有料です。

2-2-4.不用品回収業者

不用品回収業者を利用して処分することもできます。不用品回収業者のメリットは利便性と安さです。宅配で処分ができるうえ、高性能ゲーム機やパソコンなど、一部の製品と一緒に処分することで無料で処分してくれる業者もあります。さらに、状態のいいものであれば、買い取りを行っている業者もあるのでとてもお得です。

2-2-5.リサイクルショップ

状態がいいプリンターであれば、リサイクルショップで買い取ってもらうこともできます。ただし、正常に作動することが大前提ですので、壊れているものは取り引きできません。また、正常に作動しても表面が破れていたり極端に汚れていたりするものも買い取りを拒否されることがあります。

2-3.周辺部品は何ゴミ?

ほとんどの周辺機器は不燃ゴミとして出すことができます。ただし、トナーカートリッジに関しては不燃ゴミで出すことはできません。トナーの中に残っている微粒子が火花などと反応して粉じん爆発をするおそれがあるからです。必ず、産業廃棄物処理業者かメーカーに回収を依頼しましょう。また、インクカートリッジに関しては不燃ゴミなどとして出す以外に、主要プリンターメーカー5社が協力して設置した回収ボックスを利用して処分することも可能です。全国の郵便局・一部自治体施設などに設置してあります。

3.プリンターの買い替え時には残ったデータにご注意を!

3-1.データの残るプリンターもある

高性能プリンターに多いのですが、どのようなプリントをしたのか履歴を残していることがあります。そのため、データをしっかりと消去しておくことが大切です。

3-2.削除の必要性

不用意に処分してしまうと、第三者によってデータを暴かれてしまうリスクがあります。そのため、特に企業や役所などで使っているプリンターの場合はデータを削除することが非常に重要です。

3-3.削除方法

基本的にはパソコン上で操作を行います。詳しい削除方法はプリンターの機種によって違うので、説明書を参照してください。

3-4.印刷物、トナーカートリッジなどもチェック

たまに、中に印刷したものが入ったまま処分してしまう方がいます。残っていた印刷物が会社などの文書だと大きな問題となるので、必ずチェックしましょう。また、前述したようにトナーカートリッジは粉じん爆発のリスクがあるので、事前に取り外して別途処分するようにしてくださいね。

4.プリンター処分、回収業者に頼む場合

4-1.回収業者選びのポイント

業者選びのポイントは以下のとおりです。

  • 複数社から見積もりを取って比較する
  • 許認可を取得しているか
  • 実績は十分か
  • 料金体系が明確か
  • 丁寧な対応をしてくれるか

特にこの中でも許認可の有無は非常に重要です。古物商許可や一般廃棄物処理業許可などがあるか、会社ホームページから確認しておきましょう。

4-2.メリット、デメリット

メリットは手間を最小限に抑えられるという点です。たとえば、粗大ゴミとして処分する場合には粗大ゴミ処理券を購入したり、回収場所まで持ち運んだりする手間があります。しかし、不用品回収業者は宅配で送ることが可能ですし、場合によっては自宅まで出張回収してくれるので手間いらずです。また、自治体は夜遅くや休日などには回収してくれません。しかし、回収業者は年中無休で夜の時間帯にも対応していることが多いので、都合を合わせやすいのも大きな利点です。
デメリットは悪徳業者の存在でしょう。不用品回収業者は比較的始めやすい業種のため、知識もないような不良業者や、詐欺などの犯罪を行う違法業者が紛れています。十分に注意しましょう。

4-3.料金体系

不用品回収業者の料金体系は「品目ごとの単価+オプション料」か「基本料+品目ごとの単価+オプション料」という2つのどちらかを採用していることが多いでしょう。一見すると前者のほうがお得のように見えますが、基本料の分だけ単価やオプション料が高くなっている場合があります。逆に後者は基本料がある代わりにその他の料金が安い傾向にあるのです。このことから、少ない数を処分するのであれば前者、大量に処分するのであれば後者のほうがお得になります。業者ホームページから、どちらの料金体系に属しているのか確認しましょう。

4-4.回収方法

回収方法は宅配回収と出張回収が基本です。業者によっては持ち込み回収にも対応していることがあります。

4-5.悪徳業者について注意点

前述したように不用品回収業者の中には悪徳業者が紛れていますので注意してください。悪徳業者の特徴は以下のとおりです。

  • 突然、自宅に訪問営業をかけてくる
  • 「完全無料」と言い張る
  • ホームページの作りが雑
  • 電話の対応が悪い
  • 口コミサイトなどで評判が悪い

特に、完全無料と言い張ってくる業者は要注意です。ただし、高性能ゲーム機やスマートフォンなど、価値の高いものであれば無料でもおかしくはありません。多少の故障であれば修理してReセールスすれば利益を得られるからです。また、これらの精密機械には金やレアメタルが含まれています。そのため、壊れていてもリサイクルして資源を取り出すことで利益が出すことが可能です。しかし、プリンターは価値が高い品物ではないので、無料で回収していては利益が出ません。無料と言い張る業者は注意しましょう。

5.プリンター処分に関するQ&A

Q.プリンターを粗大ゴミに出した場合の料金はどのぐらいですか?
A.自治体によって異なりますが、1台あたり100~300円程度でしょう。インクジェット式のほうがレーザー式に比べて安い傾向にあります。

Q.プリンターはどのぐらいの値段で売ることができるのですか?
A.最新機種であれば3~5割程度の値段で売れることもありますが、ほとんどの場合は高値では売れません。機種にもよりますが、100~1,000円程度が相場でしょう。

Q.業務用のプリンターも自治体に回収してもらえますか?
A.自治体では家庭用のものしか回収はしていません。業務用プリンターは産業廃棄物業者に依頼してください。

Q.業者見積もりにお金はかかりますか?
A.業者にもよりますが、多くの業者では見積もりは無料です。安心して見積もりを取り、複数社を比較して最適の業者を見つけましょう。

Q.悪徳業者に引っかかったらどうすればいいですか?
A.悪徳業者の被害にあったら、慌てずに国民生活センターに相談してみましょう。国民生活センターは、消費生活に関する相談を無料で行っています。行政が運営している組織なので、安心してご相談ください。

まとめ

いかがでしたか? 今回はプリンターを買い替える際の処分の方法などについてご紹介しました。プリンターの調子が悪くて買い替えを検討している方などは、今回の記事を参考にして、上手に買い替えてくださいね。