汚部屋の片付け手順を1つずつ紹介! 片付けのコツと不用品の処分は?

不用品やゴミでいっぱいになっている汚部屋(おべや)は、片付けようとするだけでも気が滅入(めい)るものです。しかし、そのまま放置するとさらにひどくなり、害虫やカビが発生する原因にもなってしまいます。最悪なケース、ゴミ屋敷化する恐れもあるのです。そうならないためには、早い段階で汚部屋を片付けなければなりません。本記事では、汚部屋の片付け手順とポイントを詳しく解説していきます。

  1. 汚部屋の片付けは手順が重要
  2. 汚部屋の片付け手順:準備編
  3. 汚部屋の片付け手順1:ゴミを捨て床が見えるようにする
  4. 汚部屋の片付け手順2:不用品・粗大ゴミを仕分ける
  5. 汚部屋の片付け手順3:使うものだけ収納する
  6. 汚部屋の片付け手順4:ゴミの回収
  7. 汚部屋の片付けに関してよくある質問

この記事を読むことで、汚部屋の片付け手順が分かり、スッキリした部屋に生まれ変わらせることができます。悩んでいる方はぜひチェックしてください。

1.汚部屋の片付けは手順が重要

いろいろなものでゴチャゴチャしている部屋を見るたびに、片付けの意欲がなくなると思います。片付けが苦手な方でも、手順を理解しておけばスムーズに整理できるので安心してください。それでは、大まかな手順をチェックしておきましょう。

1-1.大まかな手順を紹介!

これから、片付けの手順を1つずつ紹介していきますが、その前に片付けの大まかな流れを以下にピックアップしてみました。

  1. 片付けに必要な道具を用意し、スケジュールを決める
  2. 大きなゴミから片付け、玄関からベランダまでの通り道を作る
  3. 要らないものと要るものに分ける
  4. 使うものだけ収納する
  5. 不用品や粗大ゴミを処分する

1-2.家全体がゴミ屋敷のときは玄関から始める

すでに、家全体がゴミ屋敷になっている場合は、玄関から片付けを始めてください。室内からゴミを片付けでも、搬出する空間と通り道がないのでスムーズに作業が進めません。まずは、家の出入口である玄関を片付けることで、室内への道を作ることができます。できれば、玄関からベランダまたは庭までの通り道を作ることから始めましょう。

1-3.モチベーションを上げる

汚部屋を片付けるコツは、モチベーションを上げることです。汚部屋はたくさんの不用品とゴミであふれているため、途中で諦めてしまう方がたくさんいます。最後までやり遂げるためには、モチベーションの持続が必要不可欠なのです。モチベーションアップのために、まずキレイな部屋にいる自分を想像してみてください。片付いた状態の部屋をイメージすると、やる気が出てくるはずです。

2.汚部屋の片付け手順:準備編

最初の手順は、汚部屋の片付けに必要な道具を用意し、スケジュールを立てることです。それでは早速説明しましょう。

2-1.自分たちで片付けられる状態・広さか確認する

家が広く不用品が多い場合、自分たちで片付けられる状態ではないでしょう。自分たちでは片付けられない状態や広さにもかかわらず、片付けを始めても途中で諦める様子が目に見えます。精神・体力面に対しても大きな負担となるため、家が広く不用品が多い場合は専門業者へ依頼したほうがいいですよ。まずは、自分たちで片付けられる状態か広さか確認することが大切でしょう。

2-2.必要な人数と時間を決める

狭い部屋なら1人でも片付けられるかもしれませんが、家全体がゴミ屋敷になっている場合は数人で協力しなければいつまで経(た)っても終わりません。自分たちで片付けると決めたら、必要な人数と時間を決めてください。人数が多ければ多いほど、負担が少なく迅速に片付けられます。協力してくれる人が何人いるか、1日何時間片付け作業に充てられるのか考えてスケジュールを立てましょう。

2-3.必要な道具を準備しよう

どんな道具を準備するかによって、汚部屋の片付けや掃除の効率が変わってきます。最低でも、汚部屋の片付けに以下のものを用意してくださいね。

  • ぞうきん数枚
  • 仕分け用のダンボール
  • ゴミ袋
  • 新聞紙
  • マスク・軍手
  • 掃除機
  • 殺虫剤

汚部屋には大量のホコリが溜(た)まり、ネズミやクモ・ゴキブリなどの害虫が出てくることもあります。ホコリを吸い込まないためにマスクは必要不可欠です。害虫を見つけたときにすぐ退治できるよう殺虫剤も用意しておきましょう。

3.汚部屋の片付け手順1:ゴミを捨て床が見えるようにする

片付けの準備が整ったら、次はゴミを捨てて床が見える状態にする段階へと進みます。

3-1.大きなゴミを捨てる

大型家具・家電など、目に見える大きなゴミから処分していきましょう。大きなゴミを片付け捨てるだけでも、室内がスッキリします。視界を遮っている大きなゴミから片付けていけば、自然と動線もできるでしょう。移動しやすい空間を作ることで、作業がしやすくなり、片付けの意欲もアップします。

3-2.床が見えるようにする

床が見えない状態では足場が不安定で、片付け作業がしにくくなります。まずは、廊下に立ち、入り口近くの床が見えるまで片付けてください。明らかなゴミはゴミ袋へ入れていき、要るものは必要なもの入れへと放り込みましょう。入り口あたりの床が見え始めたら、次は部屋の真ん中へ移動し床が見えるまで不用品を片付けていきます。床がちゃんと見えてきたら掃除機をかけてください。

3-3.通り道を作る

床が見えるように片付けながら、玄関から奥の窓までの通り道を作ってください。通り道を作ることで、室内からゴミが搬出しやすくなります。人の出入りもしやすくなるため、大人数でもスムーズに作業しやすくなるというわけです。通り道を意識しながら、床が見えるように不用品を片付けていきましょう。

4.汚部屋の片付け手順2:不用品・粗大ゴミを仕分ける

汚部屋の片付けでは、大量の不用品と粗大ゴミが出てきます。ここから、必要なものと要らないものに分けていかなければなりません。不用品と粗大ゴミの処分方法は後述しますが、ここでは、分別方法とポイントを解説します。

4-1.必要なもの、不用品、保留品を分ける

室内から出てきたものを、要るものと要らないものに分けていきましょう。片付けの際に併せて仕分けをすると、時間が短縮できるのでおすすめです。基本的に、汚部屋にあるものはほとんどが必要のないものなので、思いきって処分してください。処分すべきかどうしても悩む場合は、保留品として一時保管しておきましょう。

4-2.仕分けは迷わない

仕分けで時間をかけてしまうと、片付けがスムーズに進まなくなってしまいます。仕分けは迷わずに5秒で決めるのがポイントです。パッと見て必要ないなと感じたものは、要らないものと判断しましょう。今使っているか否かが、判断の大きなポイントとなります。今現在使っていないもの・1年以上使用していないもの・カビや汚れがひどいものは要らないものに仕分けてください。

5.汚部屋の片付け手順3:使うものだけ収納する

仕分けが終わったら、使うものだけ収納していきましょう。収納方法と場所にもポイントがあるので、ぜひチェックしてください。

5-1.必要なもの、使うものだけ収納する

基本的に、収納するのは必要なものと使うものだけです。たとえば、日ごろから使用している食器類・衣類・靴・パソコンなどがあります。部屋の広さにもよりますが、1人暮らしの場合は収納スペースが限られているため、大型家具は極力少なめにしましょう。使っていないものや要らないと感じるものは、収納せずに処分することが大切なのです。そうしなければ、再び汚部屋に戻ってしまいます。

5-2.収納場所の決め方とポイント

その場所で使うものだけ収納するのがポイントです。たとえば、キッチンの場合、調理器具・調味料・食器などを使用するので、必要なものと数だけ収納します。キッチンに衣類は収納しませんよね。あれこれと収納スペースに詰め込み過ぎてしまうと、ゴチャゴチャになり、そこからものがあふれ出てしまいます。収納スペースは、ある程度のすき間を作ることがポイントなのです。

5-3.保留品は期日を決めて処分する

要らないものか必要なものなのか迷ったときは、保留品として残してもいいですが、いつまで経ってもそのまま放置するのはNGです。保留品は期日を決めて、その日が過ぎたら処分するようにしておきましょう。たとえば、保留ボックスを用意し、その中に入っているものを1週間に1度再確認します。ある程度時間が経過した後に再び考えてみると、「要らないもの」と判断しやすくなるのです。

6.汚部屋の片付け手順4:ゴミの回収

汚部屋の片付けで出てきた不用品や粗大ゴミは、できるだけ早めに処分することが大切です。では、どのような処分方法があるのでしょうか。

6-1.燃えるゴミは自治体回収を利用する

古新聞紙や雑誌・衣類などは燃えるゴミとして自治体回収が利用できます。指定袋に入れてゴミ捨て場に出すだけなので、特別な費用はかかりません。ただし、燃えるゴミが大量にある場合は、近所迷惑になる可能性があるため、事前に自治体と相談したほうがいいでしょう。また、各自治体によって処分方法と処分ルールが異なります。ホームページまたは掲示板等で確認してください。

6-2.粗大ゴミは回収場所・回収日が決まっている

ほとんどの自治体では、1辺30cm以上のものを粗大ゴミとしています。粗大ゴミを処分する場合は、コンビニやスーパーなどで粗大ゴミ処理券を購入しますが、事前の申し込みが必要なところもあるので注意してくださいね。また、回収場所と回収日が決まっています。自分で回収場所まで運搬しなければならないデメリットがあるため、大型家具・大型家電の処分は大変でしょう。

6-3.買取サービスを行っている回収業者へ依頼する

不用品の回収を行っている業者の中には、買取サービスを行っているところがあります。不用品の中には買取対象となるものもあるため、買い取ってもらえるものが多ければ多いほど処分費用が節約できるでしょう。たとえ、買取不可になったとしても、そのまま回収してもらえるので手間と時間がかかりません。ただし、回収業者を利用する際は無料見積もりを依頼し、費用を細部まで確認することが大切です。

7.汚部屋の片付けに関してよくある質問

汚部屋の片付けに関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.プロに頼んだほうがいいケースは?
A.自分で片付けてもすぐに汚部屋になる・不用品の量が多い・部屋や家が広いというケースは、自分で片付けをするには限界があります。その場合は、安心できる業者へ依頼しましょう。また、体力に自信がない方や、片付ける時間がない方もプロに頼んだほうが迅速かつ楽に片付けることができます。片付けや整理整頓のポイントも教えてくれる業者もあるので、力を借りるのも1つの手なのです。

Q.プロの片付けにかかる費用は?
A.不用品の量や部屋の広さなどで大きく異なりますが、数万円~30万円以内で済むケースがほとんどです。買取サービスを利用すれば、費用を安く抑えることができるでしょう。不用品の中でも売れるものは売ったほうがお得なのです。

Q.「いつか使うかもしれないもの」はどうすべきか?
A.なかなか片付けられない人に共通しているのは、「もったいないから」「いつか使うかもしれないから」という理由をつけて不用品を処分しないことです。「いつか使うかもしれない」と思うものは、これから先も使用することがほとんどありません。大切な思い出なら残すのもアリですが、ほかで代用できるものなら思いきって処分してください。

Q.キレイな状態を維持するポイントは?
A.新しいものを増やさないことです。そして、基本的に床へものを置かないようにしましょう。使用したものは置いたままにせず、すぐに収納場所へ片付けます。使ったらすぐに片付けることを意識しておけば、キレイな状態を維持し続けることができるはずです。

Q.そもそも、なぜ汚部屋になってしまうのか?
A.汚部屋になるまでには、さまざまな原因が複雑に絡み合っているケースがほとんどです。病気で体が動けなくなったから・心理状態や大ざっぱな性格・精神障害などが原因になっていることもあります。また、汚部屋にしてしまう人は、部屋が片付いていなくても何も感じません。ものが散らかることに抵抗がないからこそ、片付けるという方向へ意識が向かないのです。

まとめ

いかがでしたか? 汚部屋をスムーズに片付けるためには、手順どおりに進めることが大切です。1つずつクリアしていけば片付けが楽しくなり、スッキリした部屋に生まれ変わらせることができます。ただ、汚部屋の片付けは不用品がたくさん出てくるので、要らないものはすぐに処分することが大切です。不用品をそのままにしておくと汚部屋に逆戻りしてしまうので、その点は注意してくださいね。