身辺整理・生前整理について知りたい!上手に整理するポイントとは?

近年、中高年層で生きている間に身のまわりのものを整理する「身辺整理」「生前整理」が注目を浴びています。生きている間に整理することを生前整理といいますが、身辺整理・生前整理はとても大切な作業です。そこで、これから身辺整理の基礎知識や意味・方法、生前整理の断捨離など詳しく説明しましょう。整理をしたい、生前整理が気になる人は必見です。自分のため、家族のためにも、正しいやり方で身辺整理・生前整理をすすめていきましょう。

この記事を読むことで、効率的な身辺整理・生前整理のやり方を身につけることができます。

1.身辺整理とは

身のまわりにあるものを効率的に整理するため、身辺整理の定義を把握しておきましょう。身辺整理とは何なのか、詳しく把握しておけばより上手にものを片づけることができます。

1‐1.身辺整理と生前整理

身辺整理とは、仕事関係や人間関係、自分の近くにあるものを整理することです。そして、生前整理も生きている間に財産を含め、自分の所有物を整理する作業になります。身辺整理・生前整理両方とも死ぬ前の準備だと思ってください。ある程度ものを減らすことで、自分がいなくなった後でも家族の負担が少なくなります。

1‐2.身辺整理を始めるきっかけ

身辺整理・生前整理を始めるきっかけは人によってさまざまです。定年退職をきっかけに身辺整理を始める人が多いでしょう。老後について考える余裕ができるため、身のまわりにあるものを整理しようとする意欲がわいてきます。また、結婚や心機一転のときにも身辺整理を始めるきっかけです。基本、自分がしたいときに始めるといいでしょう。

1‐3.身辺整理の目的

身辺整理の目的は、自分自身と向き合うこと、ものを捨てること、そして、家族に迷惑をかけないことです。人はいつ死ぬかわかりません。だからこそ、できるときに身辺整理をすることで、迷惑をかけない死に方ができます。身辺整理をきちんとしないままいなくなってしまうと、家族が遺品整理で手一杯になるでしょう。

1‐4.身辺整理の必要性

迷惑のかからない死に方をするためにも身辺整理は必要不可欠です。身辺整理は断捨離をする立派な機会になります。また、結婚前に身辺整理をすれば夫婦生活がうまくいくものです。共同生活にやっかいごとを持ち込まずに済みます。

2.身辺整理すべきものとは

若い世代から40代の中高年まで普及するようになった身辺整理は、よりよい生活ができる第一歩になります。では、身辺整理とは一体何から始めればいいのでしょうか。

2‐1.財産整理・遺品整理

身辺整理の基本は「掃除」と「断捨離」です。極限まで物を持たないように心がければ、財産整理・遺品整理もしやすくなるでしょう。身辺整理ですべきものには財産整理・遺品整理があります。財産整理・遺品整理は自分がいなくなったときのための準備です。きちんと財産・遺品を整理しておけば、相続トラブルを防ぐことができます。

2‐2.人間関係の整理

身辺整理ですべきものには「人間関係の整理」があります。人間関係はどうしてもごちゃごちゃしがちです。混乱しやすい人間関係だからこそ、身辺整理で見つめ直す必要があります。実は、定期的に身辺整理をする人も多いです。また、人間関係でうつ病になる、精神的に不安定な人が身辺整理をすると気持ちが整理され落ち着く効果があります。

2‐3.思い出の品

身辺整理には「死後残してほしいものが処分されるのを防ぐ」という目的があります。特に、本人にとって大切な思い出の品は死後も残しておいてほしいものです。家族写真やアルバム、記念の品、子どもからもらったものなど、思い出の品々は大切に保管しておきましょう。

2‐4.不用品処理

要らないもの、他人に見られたくないものを処分することも身辺整理の大切な作業になります。不身辺整理・生前整理をする際は、要らないものと要るものに区別してください。そして、要らないものはすぐに処分することが大切です。さらに、不用品処理は家族の負担も軽減できます。

3.身辺整理・生前整理ノートのすすめ

ものがありすぎて整理しにくい人は、身辺整理・生前整理専用のノートを作成するといいでしょう。身辺整理・生前整理ノートとは一体何なのか、書き方や目的・メリットを紹介します。

3‐1.整理用ノートとは

身辺整理や生前整理のためのノートとても大切な役割を担っています。整理用ノートは、今までの自分を振り返ると同時に、これからの自分と向き合うためのものです。人は口に出すよりも何かに書いたほうが気持ちの整理がしやすいといわれています。自分の気持ちを整理するためにも、ぜひ整理用ノートを準備してください。

3‐2.身辺整理・生前整理ノートの書き方

身辺整理・生前整理ノートの書き方はとてもシンプルです。名前や生年月日といった基本的な個人情報や自分のこれまで歩んできた人生・記録、財産や保険。そして、大切な人へのメッセージなどを書きこむだけです。できるだけ具体的に、わかりやすく書くことがポイントになります。実際、ノートに書きこんだ人の話によると、書きこむたびに自分がしようとしている身辺整理が見えてきたとおっしゃっていました。

3‐3.目的とメリット

身辺整理・生前整理ノートを作成するメリットは、身辺整理の目的を見つけることができる点です。今までの自分と向き合い、これからどうやって生活するべきか自分のあり方が見えてくるでしょう。また、迷惑をかけずに死ぬ方法の1つでもあります。家族に迷惑をかけたくないと強く思っている人にはおすすめの作業です。また、生前整理にかんする本やエンディングノートは本屋などで発売しています。ぜひ手にとって見てみてはいかがでしょうか。

4.不用品の片づけ方いろいろ

不用品の片づけ方はさまざまです。いろいろな方法を把握して自分のやりやすい方法で実践していきましょう。無理してやろうとはせず、楽しく片づけをすることが大切です。

4‐1.不用品・粗大ごみの仕わけ

不用品片づけの基礎になるのが「不用品・粗大ごみの仕わけ」です。身のまわりにあるものから要らないもの・要るものにわけていきましょう。大型家具や家電類は粗大ごみになりますが、自治体によって条件が決まっています。粗大ごみの対象外は不用品として業者に処分を依頼してください。

4‐2.仕わけの注意点

不用品・粗大ごみの仕わけで注意してほしいのが、「大きさ」です。自治体によって○○cm以上は粗大ごみ、○○cm以内は燃えるごみなど大きさによってごみの種類が異なります。収集運搬が難しいものは粗大ごみとして回収してもらえません。細かく分解するか、または業者に依頼する方法で処分することになるでしょう。

4‐3.不用品回収のやり方

不用品回収のやり方は自治体のごみとして捨てるか、または業者に依頼する方法になります。自治体で処分できない場合は業者に依頼したほうが効率的です。また、壊れていないもの、使えるものは買取できる可能性が高いでしょう。買取できるものは売ったほうが処分費用も節約できます。

5.デジタル身辺整理とは

身辺整理すべきものの中には「デジタル関連」も含まれています。デジタル関連のものとは、パソコンやスマートフォン・携帯電話の中にある情報です。情報社会の現代だからこそ、デジタル身辺整理は重要な作業になるでしょう。

5‐1.新たなデジタル世界の身辺整理について

従来の身辺整理は、デジタル関連のものはありませんでした。しかし、ネットワークが広がって情報社会となった現代はデジタル世界の身辺整理も必要になります。使用しているパソコンやスマートフォン・携帯電話に入っている情報ともきちんと向き合っていかなければなりません。いざというときのためにも、家族へきちんと伝えておいたほうが安心できるでしょう。

5‐2.フェイスブックなどSNSの整理

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどSNSの利用者が増えてきました。SNSの整理も身辺整理の1つになります。たとえば、友達になっている人の中にはすでに交流していない相手がいるでしょう。友達が増えすぎると関係がわからなくなるため、SNSの友達を整理してください。また、定年退職や結婚をきっかけに今までの投稿を削除する人もいます。

5‐3.パソコン・スマートフォンなどのデータ処理

使用しているパソコンやスマートフォンには、写真・動画、ファイル、ゲームのIDやパスワード、クレジットカード情報などさまざまなデータが入っています。もし、急にあなたがいなくなればデータ処理をしてくれる人がいません。インターネットに存在したままになるため、データ処理はできるときにしておきましょう。エンディングノートにも家族へメッセージを残しておくと安心ですね。できれば、データ処理は定期的にしてください。

5‐4.デジタル身辺整理の方法と注意点

デジタル身辺整理の方法は簡単です。パソコン・スマートフォン・携帯電話に入っているデータを削除する、1つのフォルダーにまとめる、利用していないサイトから退会処理をするなどやり方はたくさんあります。また、思い出の品々をデジタル化して1枚のDVDにまとめている人もいるのです。デジタルの身辺整理を活用した方法になりますね。特に、生前整理では遺品整理が必要不可欠です。生前整理で残しておきたい写真をデジタル化すると量を減らすことができるでしょう。誤って削除しないよう、ほかのところにバックアップをとっておいたほうが安心して作業できます。

6.身辺整理・生前整理の業者選び

生前整理マルカなど身辺整理・生前整理をおこなっている業者はたくさんあります。自分に合った信用できる業者を選ぶためにも、あらかじめ知識を身につけておきましょう。

6‐1.業者に頼んだほうがいいこと

掃除や不用品処分に悩みはつきものです。1人でするのが大変な場合、あなたの手助けをしてくれるのが不用品回収業者になります。業者に依頼すれば要らなくなったものが一気に処分できるでしょう。自分1人では大変…と思ったら業者に1度相談してみてください。

6‐2.粗大ごみなどの処理

業者では粗大ごみ・不用品の処理も受けつけています。粗大ごみなどの処理は自分たちですると時間と手間がかかるものです。時間と手間をかけたくない人は業者に依頼してください。わざわざ自分で行動せずとも、搬出から処分まですべて業者が請け負ってくれるでしょう。素早い対応をしてくれる業者を選ぶのがポイントです。

6‐3.業者選びのポイント

身辺整理・生前整理を業者に助けてもらう場合、丁寧にものを扱ってくれるかどうかが大きなポイントになります。雑に扱われてしまうと、気持ちよく整理することもできないでしょう。落ち着いて自分自身と向き合うためにも、依頼主の意志を尊重してくれる業者が好ましいです。また、生前整理の資格を取得している人だとより安心して任せられるでしょう。生前整理普及協会の生前整理アドバイザーになっている人ならプロの目線でスムーズに整理ができます。

7.身辺整理・生前整理のよくある質問

身辺整理や生前整理にかんして疑問に思っている人はいるでしょう。そこで、よくある質問を5つピックアップしていきます。わからない点があれば業者やプロの方に尋ねてみてください。

7‐1.身辺整理で気をつけるべきこととは?

身のまわりのものを整理する際、家族に残しておきたいものが出てきます。遺品になるものですが、遺品は誰に何を渡すのかできるだけ明確にしておかなければなりません。生前整理において遺品の分別はとても大切な作業です。遺言書の作成と同時に、遺品を誰に渡すのかハッキリしておけば親族間でのトラブルが回避できるでしょう。

7‐2.整理ノートに記入できない場合はどうしたらいい?

整理ノートに記入できない場合は無理にしなくても大丈夫です。目的は無理に自分自身と向き合うことではありません。自分でできることから徐々に慣れていきましょう。慣れていけば自然と書けるようになります。

7‐3.生前整理にかかる費用はどのくらい?

業者に生前整理を依頼する場合、費用は部屋の大きさによって異なります。目安としては1ルームでおよそ4万~5万でしょう。部屋が広ければ広いほど、ものの量が多ければ多いほど費用は高額になります。事前に無料見積もりで費用を確認しておくといいでしょう。

7‐4.生前整理は何歳から始めるべきか?

生前整理は早ければ早いほどいいといわれています。実際、実践するのは60代~70代がほとんどです。定年退職をきっかけに老後について考え始めるのでしょう。生前整理を始める時期よりも始めようとする「意志」が大切です。

7‐5.生前整理とエンディングの違いとは?

生前整理とエンディングには大きな違いがあります。エンディングノートという言葉がありますが、エンディングは死を意識したときにするものです。一方、生前整理はこれから自分がどう生きるのか、将来の自分に向けてする作業になります。意味や考え方がまったく異なるのです。

まとめ

いかがでしたか?身辺整理や生前整理について詳しく知れば知るほど、自分のペースで整理をすすめることができます。効率的に整理ができれば、とても気持ちが楽になるでしょう。今までの自分を振り返ると同時に、これからの自分について考えることができます。自分のため、家族のためにもできるときに身辺整理・生前整理を始めてください。