相場はどれくらい? 知っておきたい内装リフォームのポイントとは?

子供の落書きで汚れた壁紙、ペットのおしっこが染みついた床……などなど、お家のトラブルで困っている方は非常に多いといわれています。汚れている家や臭う家は、家族の衛生的に良くないだけではなく、他人を招いたときなどに恥をかく原因となるでしょう。できることなら、良い状態に修復しておきたいところです。

そこで、今回は内装リフォームにまつわる記事をご紹介していきたいと思います。

1.リフォームについての基礎知識

リフォームには大きく分けて2つの種類があります。すなわち、リフォームとリノベーションです。両方とも既存の建物を改装することには違いがないのですが、それぞれの特徴があります。

では、リフォームとリノベーションの違いについてご紹介していきましょう。

1-1.リフォームとは?

リフォームとは、老朽化した建物を新築に近い状態へ戻すような小規模工事のことをいいます。これは、reformという言葉を調べればわかりやすいでしょう。リフォーム(reform)は、再び・~し直す・原状に復すといった意味を持つ『RE』と、形状・外観の意味を持つ『form』のくっついた言葉です。つまり、直訳すれば『形状を原状に復す』となります。

また、reformという言葉自体は『悪い状態からの復元』という意味も持っているため、家をリフォームするということは、壊れていたり汚れていたりするものを新しくすることを指すのです。

簡単にいえば、マイナスの状態をゼロに戻すことがリフォームといえるでしょう。

1-2.リノベーションとは?

一方、リノベーションとは一般的には大規模なリフォームのことです。しかし、マイナスからゼロに戻すだけのリフォームとは違い、ゼロからプラスにする工事も含まれます。つまり、現在の性能よりも良くしたり、価値を高める工事のことを指すのです。

これも、リフォーム同様にリノベーションという言葉について調べればわかりやすいでしょう。リノベーション(renovation)とは、直訳すると『改装・刷新・修復』となります。

つまり、リノベーションとは、家のを改装したりデザインをより良いものへ刷新したり、あるいは老朽化した部分を大規模に修復することなのです。

1-3.どこからどこまでがリフォームなの?

リフォームは小規模で、リノベーションは大規模な工事というのは1番わかりやすい違いです。では、どこからどこまでが小規模で、どこからどこまでが大規模なのでしょうか。

キッチンやトイレ、お風呂のリフォーム。あるいは、壁紙の張り替えなどといったものは小規模な工事に含まれます。つまり、リフォームということですね。

一方、部屋の壁を取り除いて部屋を大きくするような間取りを変える工事、基礎工事などが大規模工事に含まれます。つまり、リノベーションということですね。

また、リノベーションは新築以上の価値を作る工事も含まれます。たとえば、増築、床下暖房の設置、太陽光パネルの設置、耐震補強などはリノベーションです。

2.内装リフォームのポイント

2-1.部分的リフォームよりは全体リフォームの方が良し!

内装のリフォームといえば、真っ先に上がるのは壁の張り替えや床の張り替えでしょう。壁や床の張り替えに関しては、部分的に張り替えるよりも全体を張り替えるようにした方が無難。

なぜかというと、部分的に変えると見栄えが悪くなるからです。たとえば、おしゃれな洋服につぎはぎしてあっては、みすぼらしくなってしまいますよね。お部屋の壁や床も同じなのです。

ならば、同じ素材のものに張り替えればいいと思われるかもしれません。しかし、同じ木材でも長年の使用による汚れや傷は想像以上に大きいものです。同じ材質のものに張り替えても、やはりその部分だけくっきりと目立ってしまうでしょう。また、床のフローリングに関しては、木目の違いでより一層目立つことも珍しくありません。

ですから、床や壁をリフォームする際には、全体を改修した方良いのです。

2-2.材質選びはライフスタイルから選ぼう!

壁や床を張り替え、新しい材質のものに変えるときには、自分のライフスタイルにあったものを選ぶのがポイントです。

たとえば、小さなお子さんがいる家庭。小さな子供のやってしまいがちないたずらとして、壁に落書きというものがあります。最近の壁材には落書きをしても水拭きできれいにとれるような新素材のものもありますので、落書きのできる壁にする選択肢もあるでしょう。

また、やんちゃざかりの小中学生の住む家では、兄弟げんかや遊びなどで壁が壊されてしまうことも珍しくありません。ですから、より壊れにくい壁材などに張り替えると、後々困ることがないでしょう。

ほかにも、ペットを飼っている家庭の場合も考えることはあります。ペットを飼っていると、やはり気になるのが『臭い』です。特に犬や猫は自分の縄張りにおしっこをかけてマーキングする習性がありますよね。家の中は当然彼らの縄張りですから、おしっこをかけてしまうことも少なくないでしょう。何の対策もしていないと、人を呼んだときに悪臭から恥をかいてしまいます。

また、猫などは壁で爪を研ぐことも考えられるでしょう。何も考えずに壁を選ぶと、ぼろぼろになってしまうかもしれません。

このようなことから、ペット対策として床は畳などからフローリングへ。壁材は、臭いがつきにくく傷に強いものを選ぶようにする必要があるでしょう。

2-3.部屋の用途によって素材を変えよう!

たとえば、寝室や書斎などはなるべく騒音を感じない方が使いやすいはず。壁材や床材、天井材などは音を吸収する素材を使用すれば騒音を押さえられます。同時に窓も防音のものに変えるなどすれば完璧ですね。

また、冷暖房設備を取り入れている部屋ならば、熱線を遮へいする効果のあるビニル系壁紙が効果的。節電につながり、冷房効果もアップするでしょう。

2-4.リノベーション(大規模改修)は春や秋に!

リノベーションの場合、工期に1週間以上かかることもあります。冬や夏に依頼すると気象の関係でつらい思いをする可能性があるでしょう。

また、冬は受験シーズンなので、受験生を抱えている家庭では工事の騒音が邪魔になってしまいます。ほかにも、お盆や年末年始は何かと忙しいので避けた方が良いでしょう。

3.内装リフォームの相場はどのくらい?

3-1.壁紙の張り替え費用は20万円!

家の壁紙を張り替える費用の相場は20万円前後が1番多いようです。ただし、この値段は量産型の壁紙を使用した際の相場。防臭や防汚などの特殊な壁紙を取り入れる場合は、20万円以上になることもあるでしょう。

ちなみに、量産型壁紙の場合、1m2あたりの価格は『650円〜1,200円』程度といわれています。ご自身の家の規模から逆算して、値段を出してみてください。

3-2.床の張り替え費用は20~80万円!

床の張り替え費用で1番多いのは20万円台です。しかし、この値段は安い集成材を使ったものの場合。天然木の一枚板である『無垢(むく)材』の場合、同じ広さを張り替えても倍近い値段になります。

ちなみに、集成材の場合、1畳あたりの価格は『9000円~15,000円』程度。無垢(むく)材の場合は『20,000円~40,000円』程度といわれています。

3-3.家全体の大規模リフォーム(リノベーション)には500~700万円!

家の間取りを変えるような、大規模な全体リフォーム(リノベーション)の場合、相場は500~700万円程度といわれています。家が老朽化してきたなどの理由で、耐震補強などの大規模な工事を平行して行う場合は上記程度の予算は組んでおきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は内装をリフォームする際のポイントについて中心にご紹介しました。

  1. リフォームについての基礎知識
  2. 内装リフォームのポイント
  3. 内装リフォームの相場はどのくらい?

内装のリフォームは暮らしを快適にするためにうってつけです。子供が生まれた家庭やペットを飼うことになった家庭、あるいは年数がたって汚れや傷が目立っているご家庭の皆さん。これを機にリフォームをしてみてくださいね!