いい不動産会社とは? 失敗しないためのパートナー選び3箇条

不動産はよく「人生で最も大きな買い物」と例えられます。金額は数千万円、さらに土地を持つとなれば、不動産のプロによるアドバイスが必要になるでしょう。

そんな不動産購入のお手伝いをする不動産会社には、あなたにあった会社とそうでない会社があります。人生で最も大きな買い物なだけに、まずは心強いパートナー探しから始めてみてください。

ここでは、「失敗しないためのパートナー選び3箇条」と題し、いい不動産会社の見分け方やポイントをご紹介したいと思います。いいパートナーと出会い、より満足いく不動産購入ができるといいですね。

不動産会社選びのポイント1 まずは集まる情報量による選定

不動産会社は大きく分けて、「広範囲型」と「地域密着型」の2種類に分けられます。その名の通り、「広範囲型」は全国さまざまな物件情報を持っており、各地に支店をおく会社です。反対に、「地域密着型」は土地ごとに拠点を構え、取り扱う範囲の狭い不動産会社です。

情報量に限って選定するのであれば、「地域密着型」の不動産会社の方がいいと言う事が言えます。理由としては、絞られた地域の不動産を扱っているため、取り扱い地域に限り、より細かく正確な情報が集まりやすい傾向にあるからです。

「広範囲型」の不動産会社でも住みたい地域は絞りますが、全国各地の不動産を扱っているため、地域に限った細かい情報は逃しやすくなります。

「全国どこでもいいから家が欲しい」と言う人はなかなかいないでしょう。いずれにしても地域を絞るのであれば、地域ごとの細かい情報が集まりやすい「地域密着型」の不動産会社の方がいいのです。

不動産会社選びのポイント2 いろいろな可能性を提案してくれる

不動産会社の最大のミッションは、契約を取る事です。契約までにお客様と何度も相談し、契約まで進めていきます。しかし、お客様にとって不動産は、永続的に問題が発生しうる買い物です。その場で契約をして終了と言うわけにはいかないことがほとんどです。

いい不動産会社は、お客様のご希望に合わせたくさんの可能性を提案してくれます。お客様が今後どのような生活をしたいかをしっかり把握し、将来を見据えてさまざまな可能性を探ってくれるのです。不動産会社はいち早く契約を取りたいのですが、将来起こり得る問題までも考えて、さまざまな提案を聞いてみたほうがいいでしょう。不動産のプロから複数のプランを提案してもらえれば、この先付き合っていく上できっと役に立つアドバイスを受けられるでしょう。

不動産会社選びのポイント3 最後はやはり信頼に尽きる

不動産会社の良し悪しは、最終的には人と人との関係値に尽きます。口コミばかりを信用してしまうと、いざ関わってみると「付き合いにくい」「気が合わない」などと言った不満が出てしまいかねません。自分の希望や状況を包み隠さず説明し、長い期間付き合うつもりで不動産会社を選定しましょう。

不動産会社は住宅に関するサポートをしてくれます。ただ、サポートができる範囲は限られているので、どうしても最後はお客様ご自身の判断にゆだねなければなりません。そう考えると、「本当にいい不動産会社」とは、お客様が付き合いやすい不動産会社とも言えるのです。

「いい不動産会社」は、持っているであろう情報の数とアウトプットできる情報の数、そして、お客様それぞれとの信頼関係がポイントとなります。これから不動産の購入を考えている方は、是非上記の3点に注目していい不動産会社を選んでみてください。世の中にたくさんある不動産会社ですが、お客様に合った会社はいくつかに絞られてきます。生涯で最も大きな買い物ですので、焦らずにじっくりと着実に進めて行きましょう。

給湯器の交換工事・修理をお考えの方必見

トップブランドの給湯器が最大81%オフ!