水耕栽培に植物活力剤が必要な理由は?

水耕栽培、というと大規模な工場な場所で行っているイメージがありますが、今は一般家庭でも手軽に行うことができます。
そんな水耕栽培になくてはならないのが植物活力剤(液肥)です。
今回は植物活力剤の種類や与え方をご紹介します。
土を使わない分、植物活力剤の使い方で、植物が元気になったり枯れたりしてしまうこともありますよ。
水耕栽培を行っているという方や、水耕栽培を始めてみたいという方はぜひ読んでみてくださいね。

 1 水耕栽培に植物活力剤が必要な理由とは?

この項では。水耕栽培に植物活力剤(液肥)が必要な理由をご紹介します。
水耕栽培は土壌栽培よりこまめに植物の面倒を見てあげる必要があるのです。

水だけでは植物は育たない

水耕栽培は土の代わりに水で植物を育てる方法、と思っている方は多いでしょう。
しかしそれは間違いです。水耕栽培で植物の根が浸かっているのは、正確には「植物活力剤(液肥)を溶かした水」なのです。
土壌栽培の場合は、土の中に含まれている栄養素を根が自然に吸収していきます。
しかし。水耕栽培の場合はそれをすべて人の手で与えてやらなければなりません。

おいしい野菜は栄養が必要

私たちが普段食べている野菜も、育成にはたっぷりと肥料が使われています。
肥料を与えない野菜は貧弱で味も良くありません。現代は有機栽培に人気があります。
「化学肥料は使っていません」といううたい文句のお蔭で、肥料も与えないのかと思われがちですが、有機栽培も牛ふんや鶏ふんなどの肥料は使っているのです

液肥を溶かして使う

水耕栽培で使う植物活力剤は専用のものです。
水耕栽培に必要な栄養素はすべてブレンドされていますので、パッケージに書かれている液肥の与え方をよく読んでしてください。
土壌栽培用の液肥を利用してもうまくいきません。最悪根腐れが起こる場合もあります。
また、たくさん使えば植物が大きくなるというわけでもありません。
肥料の使い過ぎはカビの原因にもなるので気をつけましょう。

2 植物活力剤の効果とは?

では、植物活力剤を与えると植物にどのようなメリットがあるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介していきます。

おいしくなったり、美しい花がさいたりする

現在の野菜や花は肥料を与えることを前提に作られています。
ですから、適切に肥料を与えるとおいしくなったり、より美しい花が咲いたりします。
肥料の与え方が上手なら、植物を育てるのも上手になるでしょう。

病気に強くなる

人間も基礎体力があれば免疫力がアップして病気になりにくいです。
植物にも同じことがいえるでしょう。液肥を与えて丈夫になれば病気や害虫にも強くなるのです。
特に水耕栽培では、土から栄養素を吸収できない分、液肥を与えないとあっという間に枯れてしまうかもしれません。

大きくなる

植物も人間と同じように成長するには栄養素が欠かせません。
成長期の必要なときに必要な量の栄養素を与えると、大きくて立派に育つでしょう。
ただし、与える時期を間違えたり与えすぎたりしても植物にとっては良くないので注意しましょう。

3 水耕栽培の植物活力剤の特徴とは?

水耕栽培の植物活力剤には以下のような特徴があります。
土壌栽培の液肥で代用することはできませんので注意が必要です。

栄養素がたくさん入っている

水耕栽培で使う植物活力剤は土に含まれている栄養素の代わりです。
ですから、土壌栽培で使う肥料の成分と比べると栄養素が豊富で、たくさんの種類が含まれているのです。
水耕栽培の植物活力剤を土壌栽培の植物にあげても、栄養過多になり枯れてしまいます。

水に溶けやすい

水耕栽培では根の大部分が水に浸かっています。ですから、水に溶けやすいように工夫されているのです。ま
た、薬剤によっては水に溶かすものと、水を加えるものがあります。
あげ方はパッケージに書いてありますので、必ず守ってください。いい加減にあげると水に溶けきらずに植物に栄養が届きません。

使う時期に気を付ける

栄養豊富な植物活力剤は、あげる時期を間違えるとかえって植物にダメージを与えてしまいます。
必ず用法と用量を守りましょう。また、薬剤の種類を変える場合は、必ず少しずつ加えて様子を見てください。
薬剤同士がまじりあっても良くありませんので、場合によっては植え替えも必要になるでしょう。

4 植物活力剤を購入するには?

では、植物活力剤を購入する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
この項ではそれをご紹介します。水耕栽培の規模や育てる植物によって必要とするものが違います。
色々な販売ルートを知っていると便利ですよ。

キットの一部として購入する

家庭で植物栽培を行う際、便利なのが容器や種、肥料などがセットになったキット商品です。
インターネット通販やホームセンターで購入することができます。
その中には植物活力剤も入っているでしょう。容器にちょうどよいの量が入っていますので、計量をする必要もありません。
初心者にはぴったりですが、追肥が必要になる場合は別の方法で調達しなくてはなりません。

ホームセンターで購入する

園芸用品が充実しているホームセンターならば、水耕栽培用の植物活力剤も扱っているでしょう。
お店によっては迷うほどたくさんの種類の肥料が置かれているところもあります。
追加で肥料を購入する際は、同じものを購入してください。また、新しく購入をする際は、育てる植物によって薬剤を選びましょう。
植物活力剤は長く持つものですが、開封後あまり長い間放っておくと品質が変化します。
小さな容器で植物を育てているのなら、あまり大きなサイズは必要ありません。

インターネット通販を利用する

インターネット通販では、国内外の様々なメーカーの植物活力剤や栄養剤が売られています。しかし、インターネット通販は、実物を見ることができません。ですから、商品の説明をよく読んで購入しましょう。
一定額以上の買い物をすると送料が無料になる場合も多いですが、初めてのものを大量に買ってしまうと、万が一育てている植物に合わなかった場合、残りが無駄になってしまいます。
一度目は少量買って様子を見ましょう。

おわりに

今回は水耕栽培での植物活力剤の与え方をご紹介しました。
まとめると

  • 水耕栽培は液肥や植物活力剤が必須
  • 成長期に必要な量を与えると植物が大きくなる
  • 適切な液肥を与えることでおいしい野菜できたり、美しい花が咲いたりする
  • インターネット通販を使用すれば、色々な液肥や植物活力剤が手に入る

ということです。水耕栽培は土を使わないので、マンションのベランダでも行うことができます。
しかしその分土から植物が吸収していたものを、人の手で与えてあげなければなりません。
それを面倒くさいと思ってはいけません。植物を育てるためには、種を植えて放っておくだけではダメなのです。
手をかけた分だけ植物はおいしくなったりきれいな花を咲かせたりして応えてくれるでしょう。
何回か水耕栽培をおこなえば薬剤を与えるタイミングや寮もわかってきます。
一度失敗しても諦めてはいけません。
また、与える時期や量を独自に工夫してよりおいしい野菜を収穫したり、美しい花を咲かせたりするのも楽しいですよ。