残業を減らすために何をすべきか? 具体的な方法も

働きすぎ注意! 残業を減らすために何をすべきか? 具体的な方法も

「社員が不満なく働けるように、残業を減らす方法を知りたい」とお悩みではありませんか? 「日本人は働きすぎ」といわれる今の時代、残業を減らすための方法を検討している企業が増えてきているのが現状です。残業を減らせるように働き方を改革することには、さまざまなメリットがあります。この記事では、残業を減らすメリットや、できる取り組みなどをご紹介しましょう。

  1. 残業を減らすメリット
  2. 残業を減らすためにすべきこと
  3. 残業を減らす方法
  4. 残業を減らす方法に関するよくある質問

この記事を読むことで、残業を減らすべき理由や減らすための具体的な方法が分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.残業を減らすメリット

まずは、残業の問題点や現状などをご紹介しましょう。

1-1.「残業するのが当然」という風潮が問題

働き方の見直しが行われる企業が増えている中、いまだ「残業するのは社会人として当然のこと」という風潮がある会社もたくさん残っています。単に仕事量が多く時間内では終わらないという理由だけでなく、「上司が残業している」「残業しないと気まずい空気になる」などの理由で自主的に残業する人もいるのです。実際に、日本の企業の90%以上に残業があり、「特に問題視していない」という会社も少なくありません。

1-2.残業を減らすメリット

残業を減らすことには、労働者にも会社にもさまざまなメリットがあります。以下のようなメリットを得るためにも、残業を減らす取り組みが必要でしょう。

1-2-1.労働者のメリット

  • プライベートが充実する
  • 1日の疲れを取る時間がある
  • 仕事に対するモチベーションが上がる
  • 資格取得などの時間ができる

1-2-2.会社のメリット

  • 残業代を削減できる
  • 生産性が向上する
  • 離職率が低下する

1-3.残業を減らすことで業績が上がった企業が増加している

最近の傾向としては、働き方を見直すことで残業を減らし、その結果、業績が上がった企業が増えてきています。企業ごとに対策を実施し、生産性を向上させることに成功している例も数多くあるのです。残業を減らすためにするべきことにはどのようなものがあるのか、次項からご紹介していきましょう。

2.残業を減らすためにすべきこと

残業を減らすために必要なことや注意点をまとめました。

2-1.まずは意識改革を

まず、全社員の意識を変えることが必要です。日本の社会における価値観では、残業は「評価されるべきこと」というイメージがあります。この意識の持ち方にこそ問題があり、改善される必要があるのです。残業は「本来してはいけないもの」という意識を持つことで、減らすための取り組みをしやすくなるのではないでしょうか。

2-2.仕事のすすめ方を見直す

社員1人1人の仕事の進め方を見直し、効率化することも必要です。現在のルールやシステムに改善できる点はないかを確認し、自分自身の仕事のやり方についても、さらに効率よくできる方法を考えてみましょう。

2-3.「つきあい残業」の悪循環に注意

自分は残業する必要がなくても、上司や同僚・部下が残業していると「先に帰りにくい」と思う人は多いでしょう。このような「つきあい残業」は、お互いが同じように思うことでムダな残業を発生させている可能性があります。その悪循環を断ち切るためには、まず上司が残業をせずに帰る姿を見せるべきでしょう。

3.残業を減らす方法

実際に行われている取り組みを参考にしてご紹介します。

3-1.朝礼で退社時間を宣言する

毎朝の朝礼で、自分がその日退社する時間を決めて宣言するという方法を取り入れている会社が増えてきています。宣言することで「その時間までに仕事を終えなければならない」と自分にプレッシャーを与えると同時に、やるべきことはやったので帰りやすいのがメリットです。

3-2.終礼を行い、退社しやすい雰囲気を作る

朝礼だけでなく終礼を行うことで、退社するきっかけを作る方法もおすすめです。帰るタイミングを逃してダラダラと残業をしてしまう人が減り、「ほかの人も帰ったので自分も帰りやすい」という雰囲気になります。

3-3.残業をする場合は申告制にする

もちろん残業が本当に必要な場合もあるでしょう。そこで、残業をする際は上司に申告することを義務づけている会社もあります。そうすることで、本当に必要な残業以外で会社に残ることはなくなるでしょう。

3-4.仕事が間に合わない場合は、始業前の時間を利用する

就業時間だけでは仕事が間に合わないときは、残業という形ではなく、始業前の朝の時間を利用して仕事をする方法もあります。「朝8時前に出社すると無料で朝食が出る」という会社も実際にあるということで、画期的なアイデアといえるでしょう。朝の時間帯は仕事後に比べて頭もスッキリしているため、より効率的に仕事ができるはずです。

3-5.残業を減らすことで発生するデメリットもある

残業削減によって発生するデメリットも知っておくことが大切です。たとえば、残業ができないので休憩時間も仕事をしてしまう社員が出てくる、仕事が間に合わず、結局家に仕事を持ち帰ることになるなどの事態も起こり得るでしょう。このような事態を避けるためにも、計画的に取り組みを行わなければなりません。

4.残業を減らす方法に関するよくある質問

「残業を減らす方法を知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.メールの処理に追われて効率的に仕事ができなくなることがあります。どうすればよいでしょうか。
A.まずは自分の仕事に集中し、区切りがついてからメールの処理をしてください。仕事中はメールの受信通知機能をオフにしておくことをおすすめします。

Q.残業した部下を褒めるのはやめたほうがよいでしょうか?
A.残業の削減を目指しているのであれば、過剰に褒めるのはよくありません。次は残業をしなくてもできるように指導するべきです。

Q.残業の削減に失敗しやすいのは、どのような職場でしょうか?
A.社員の中に残業代目的で残業をしている人がいると、残業削減の取り組みには成功しにくくなります。全社員の意識をそろえることが成功の秘けつだということを覚えておきましょう。

Q.「ノー残業デー」を導入している会社も多いと聞きました。どのようなメリットがありますか?
A.早く帰れる曜日があることで社員のモチベーションが上がり、会社が活性化するでしょう。また、「ほかの日も残業しないようにしよう」という意識の向上にもつながります。

Q.会議に時間がかかり、定時までに退社できないことが多いのですが、何かよい案はないでしょうか?
A.ムダな話を大幅に減らすため、立ったまま会議を行う方法がおすすめです。意識的に要点を押さえた内容になり、会議が長引くことが減ります。

まとめ

いかがでしたか? 残業減らすことの重要性や具体的な方法などを詳しくご紹介しました。残業を減らすことには「早く帰れる」ということ以外にも、「仕事の効率をアップできる」「経費削減につながる」など、さまざまなメリットがあります。具体的にどうするべきなのか、ぜひこの記事を参考にして考えてみてください。