冷蔵庫の整理でお悩みの方は注目! 簡単&スッキリ片付く方法を伝授!

「ゴチャゴチャした冷蔵庫を整理したいが、何かいい方法はないか」「冷蔵庫をスッキリと使いやすくさせるコツを知りたい」とお考えではないでしょうか。整理ができていないと、いつの間にか食材が傷んでしまったり何がどこにあるのか分かりづらくなったりして困りますよね。まずは、冷蔵庫を整理するためのポイントや、効率よく片付ける方法を知ることが大切です。

そこで今回は、冷蔵庫の整理について詳しく解説します。

  1. 冷蔵庫を整理するポイント
  2. 冷蔵庫の整理に便利なアイテム
  3. 冷蔵庫をスッキリ整理するアイデア集
  4. 冷蔵庫の整理に関するよくある質問

この記事を読むことで、冷蔵庫をスッキリ整理するポイントがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.冷蔵庫を整理するポイント

最初に、冷蔵庫を整理するポイントを見ていきましょう。

1-1.余分な食材を処分する

冷蔵庫を整理する前に、余分な食材を処分して物量を減らしましょう。余分な食材を処分すれば、収納スペースが広くなります。具体的には、以下のようなものを処分してください。

  • 消費期限切れ
  • 傷み・臭いがあるもの
  • 今後食べる予定がないもの
  • いつ購入したか不明のもの

1-2.何がどこにあるか分かるようにする

冷蔵庫の整理では、何がどこにあるか分かりやすいようにするのがポイントです。奥に何が入っているか分からない状態では、すぐにゴチャゴチャしてしまいます。まずは、食材を種類ごとにまとめて収納するといいでしょう。たとえば、野菜は野菜室に、卵や調味料は専用スペースに入れるのです。お総菜など、消費期限が短い食材は冷蔵庫の開き部分・中段手前に入れるといいでしょう。また、食品を購入したり使ったりした後、とりあえず入れておくことをやめるのも効果があります。

1-3.つめ込み過ぎない

食材をつめ込み過ぎないことも大切です。食材をつめ込み過ぎると、取り出しにくくなるだけでなく、冷却効果が下がって食材が傷みやすくなります。冷蔵庫には、最大容量の8割程度を限度に収納しましょう。特に食べる世買いがないのに安いからという理由で食材を買い込むと、あっと言う間に容量オーバーになります。また、もったいないという理由で食材を処分せず残しておくのもやめましょう。

2.冷蔵庫の整理に便利なアイテム

冷蔵庫を整理するときにあると便利なアイテムをご紹介します。

2-1.食品用コンテナ・タッパー

食品用コンテナやタッパーがあれば、食品を状態よくスッキリ整理することが可能です。縦に重ねることができるので、縦の空間を活用しやすくなります。水分の多い食材も保存でき、取り出しやすく収納しやすいのもメリットです。電子レンジで加熱可能なタイプなら、冷蔵庫から出してすぐ調理でき、なお使い勝手が増すことでしょう。また、ラベリングしておけば、何が入っているか分かりやすくなるのでおすすめです。

2-2.マジックと食品用密閉袋

食品用密閉袋も冷蔵庫の整理に便利なアイテムです。野菜類を切ったり下ごしらえしたりしたものを状態よく保存できます。限られたスペースを有効活用しやすく、冷凍保存にも向くので重宝することでしょう。マジックで表書きをしておけば、いつから保管しているか分かり、消費期限切れによる無駄を防ぐことができます。サイズ違いで用意しておくとさらに便利です。

2-3.スマホの記録アプリ

冷蔵庫の食材管理に、スマホの記録アプリを使うのもおすすめです。アプリをインストール後、冷蔵庫に保管中の食材名・購入日・消費期限などを記録しておきましょう。消費期限が近くなるとアラームなどで知らせてくれるので、食材を無駄にすることなく管理できます。ただし、すべての食材を入力するのは大変なので、生鮮食品や調理済み食品だけに限定するなど、無理をしない範囲で利用するといいでしょう。

3.冷蔵庫をスッキリ整理するアイデア集

冷蔵庫をスッキリ整理するためのアイデアをご紹介します。

3-1.食材を立てて収納する

食事は、なるべく立てて収納するようにしましょう。横に倒して収納するよりたくさん収納でき、取り出しやすくなっておすすめです。たとえば、使いかけの調味料は、小さなボックスにまとめて立てて入れ、冷蔵庫に収納するとスッキリします。冷凍庫が引き出し式の場合、ファスナー袋に食材を入れると立てて収納しやすくなるでしょう。

3-2.野菜室は仕切りやトレイを活用する

野菜室をスッキリ整理するには、仕切りやトレイを活用しましょう。現在発売されている冷蔵庫は、大容量の野菜室が独立し、引き出し式になっているものが多く見られます。ただし、何も考えずに収納すると、下に入れた野菜が圧迫されて傷みやすくなったり見えづらくなったりするのがデメリットです。しかし、仕切りやトレイを使えば、上下の空間を生かして野菜が傷むことなくスッキリと整理できます。

3-3.収納グッズの大きさや色をそろえる

収納グッズの大きさや色をそろえると、冷蔵庫を開けたときにスッキリ見えます。たとえば、収納グッズの白で統一すると清潔感が出るなどです。また、同じシリーズのグッズを色違いで用意し、食材の種類ごとに分けて整理するのもいいでしょう。さらに大きさや色の並べ方をそろえれば、よりスッキリします。

4.冷蔵庫の整理に関するよくある質問

最後に、冷蔵庫の整理に関する質問に回答します。それぞれ役立ててください。

Q.大きな冷蔵庫に買い替えたほうが整理しやすい?
A.確かに、大きな冷蔵庫のほうが容量が大きくなるため、余裕を持って収納しやすくなります。しかし、大きな冷蔵庫は広い設置場所が必要になりキッチンを圧迫するだけでなく電気代も余分にかかるものです。まずは、現在使用中の冷蔵庫を整理して活用してみてください。

Q.冷蔵庫の整理はどのくらいのタイミングで行えばいい?
A.特に決まりはありません。中身がゴチャゴチャしてきたと感じたら整理するといいでしょう。また、大掃除の際、普段より時間をかけて整理するのもおすすめです。

Q.冷蔵庫を整理してもうまく冷えないのですが?
A.冷蔵庫の冷却機能が故障している可能性があります。販売店やメーカーに連絡して修理を依頼してください。購入後10年以上経過している冷蔵庫は、寿命と考えて買い替えるのもおすすめです。

Q.冷蔵庫を整理すると電気代を節約できる?
A.はい。冷蔵庫を整理すると冷却効率が高まるため、電気代の節約につながります。食材を収納する際はつめ込み過ぎず、適度に冷気が行き渡るようにするのがコツです。

Q.冷蔵庫を常にスッキリ保つコツは?
A.以下のポイントに気をつけてください。

  • 使ったら元の位置に戻す
  • 余分な食材を買い込まない
  • 食材を早めに消費する
  • 期限切れのものはすぐに処分する

まとめ

今回は、冷蔵庫の整理について詳しく解説しました。冷蔵庫は、油断するとすぐにゴチャゴチャしてしまうものです。まずは、すべての食材を出して消費期限切れのものなどを処分し、物量を減らすことから始めましょう。必要な食材だけを、何がどこにあるか分かりやすく収納するのがコツです。食品用コンテナやタッパー・ファスナー袋などのグッズを活用すれば、取り出しやすく、見た目もスッキリすることでしょう。なお、冷蔵庫を常にスッキリした状態にするには、余分な食材を購入しないことも大切です。セールで安くなっていても、家族が食べきれない量の食材を買い込むのはやめましょう。