リラックスできる部屋の作り方をご紹介!部屋作りのポイントとは?

部屋でリラックスできるかどうかはとても大切なことです。
リラックスできない部屋は、生活しづらくなってしまいます。
自分にとってリラックスできる部屋にするためにも、ポイントを把握しておきましょう。
これから、リラックスできる部屋の作り方や押さえておきたいポイント、要らない家具の処分方法について詳しく説明します。
リラックスできる部屋作りを知りたい人は、ぜひ参考にしてください。

1.リラックスできる部屋の作り方

インテリアの配置や照明、家具によってリラックスできる部屋を作ることができます。人がリラックスできる部屋の特徴を把握して、模様替えに取りいれていきましょう。

1-1.リラックスできる部屋の特徴とは

部屋の作り方を知る前に、「リラックスできる部屋の特徴」をチェックしてください。基本的に、リラックスできる部屋は「整理整頓している」特徴があります。
ものをしっかり配置して、置き場所が決まっている部屋はすっきりしているものです。読み終わった本が散らかっている、洋服があちこちに置いてあるような部屋では、リラックスできないでしょう。
そして、「リラックススペース」があることもリラックスできる部屋の特徴です。
自分にとって心から安らぐスペースはあるでしょうか。
たとえば、くつろげるイスやソファーなど、リラックススペースを作ってくださいね。
さらに、「自分の好きな香りやインテリアを取りいれることができるかどうか」も大きなポイントになります。

1-2.最も大切なインテリアの配置・色

リラックスできる部屋の作り方において、「インテリアの配置」や「部屋の色」はとても大切なポイントになります。
インテリアがたくさん配置すればするほど、部屋が狭くなるでしょう。
自分にとって狭いと感じる部屋はリラックスできません。
きちんと“リラックススペース”ができるインテリアの配置が好ましいです。
1人暮らしの部屋でも広く見せる部屋の作り方を説明します。
まず、ソファーやテーブルなど大型家具類は部屋のすみにまとめてください。
ドアの近くや真ん中に置いてしまうと一気に狭く感じてしまいます。
また、自分の好みに合ったインテリアやグッズを目の届く場所に置くのがポイントです。
自分にとってリラックスできる空間になります。
そして、色はできるだけ統一してください。色がごちゃごちゃしているとリラックスできません。
オフホワイトや茶系などやわらかい色のほうがリラックスできると言われています。

1-3.照明器具や観葉植物を活用する

「照明器具」の使い方によって、リラックスできる部屋作りができます。
照明器具の中でも、特に「間接照明」は効果的です。
間接照明にはリラックス効果があると言われています。
さまざまな明るさがあるので、できるだけやわらかい、自分にとって心地の良い明るさを選んでください。
間接照明はテレビやソファーの横、テレビ台の下や床の近くなど、さまざまなところに設置できます。
また、おしゃれなデザインも多いので、自分の好みに合ったタイプを選んでください。そして、間接照明と同じくリラックス空間を演出できるのが「観葉植物」です。
観葉植物を置くと、人間はリラックスできると言われています。
緑は人間にとって癒やしの色、空気を新鮮にしてくれるアイテムになるでしょう。

2.押さえておきたいポイント

2-1.風水から見たリラックスできる部屋

模様替えに風水を取りいれる人は多いです。
風水から見たリラックスできる部屋をチェックしてみましょう。
風水を取りいれた部屋作りと言えば、「家具のレイアウト」がポイントです。
今、部屋の中にある家具の“高さ”をチェックしてください。家具の高さがばらばらになっていませんか?
家具の高さがばらばらになっている部屋は、違和感を持ちやすくなります。
よって、家具の高さを均等にそろえてください。
そして、風水では「暗い場所=悪い気がたまりやすい」と言われています。
部屋の中にはできるだけ太陽の光をいれましょう。太陽の光や間接照明を利用して、暗くなりがちなすみのほうも明るくしてください。
さらに、風水は“気の流れ”を大切にしています。
家電製品の量が多いほど気が乱れるとみなしているため、家電製品の量にも気をつけてくださいね。

2‐2.リラックスできる“香り”を取りいれる

人間はニオイに敏感です。人それぞれ“リラックスできる香り”が違うでしょう。
自分にとってリラックスできる香りを見つけて、部屋作りに取りいれてみてください。たとえば、香りつきのキャンドルやアロマオイル、香りつきの加湿器など活用すると良いでしょう。
リラックスできる香りはラベンダー・ゼラニウムなどハーブ系やフローラル系、樹木系が多いです。
ただし、人によって好き嫌いがあるため、自分の好みを見つけてください。
毎日、夜はリラックススペースで好きな香りを楽しみたいですね。

3.要らない家具の処分方法

3‐1.整理整頓の基本は「捨てること」

現在、ものであふれている部屋で生活している人は「ものを減らす」努力をしてください。
リラックスできない部屋に共通しているのは、“ものがたくさんあること”です。たくさんものがあるほど、どこに何を置いているのか把握できません。
置き場所を決めて整理整頓するためにも要らないものを捨ててください。
1度、部屋の中にあるものを1か所に集めましょう。
そして、「要らないもの」と「要るもの」に分類してください。
「要らないもの」はできるだけすぐに処分しなければなりません。
あふれているものを処分してすっきりとした部屋作りをしていきましょう。

3‐2.不用品回収業者に依頼する

リラックスできる部屋作りをしていく中、要らないものがたくさん出てくるでしょう。
要らないものの処分は自治体で捨てる、ほしがっている人に譲るなどさまざまな方法があります。
しかし、不用品が大量にあるほど処分に時間と手間がかかってしまうものです。
そこで、おすすめしたいのが“不用品回収業者”の利用になります。
不用品回収業者は連絡すればすぐに自宅まで回収しにきてくれるでしょう。
スピーディーな対応をしてくれる業者なら、処分したいときに処分できます。
さらに、一気に大量の不用品を処分できるのです。手間と時間がかからないので非常に効率的でしょう。
また、不用品回収業者の中には買い取りをしているところもあります。
まだ、使えるものや壊れていないものは回収ではなく買い取ってもらえるので一石二鳥です。
もし、不用品回収業者に処分依頼をする場合は「見積もり」や「サービス内容」をしっかりチェックしてくださいね。

4.まとめ

リラックスできる部屋の作り方や押さえておきたいポイント、要らない家具の処分方法について説明しました。いかがでしたでしょうか。
リラックスできる部屋作りで大切なのは“自分がリラックスできるかどうか”です。
たとえ、人から教えてもらった部屋作りとしても自分がリラックスできるかどうかを念頭に置いて模様替えをしてください。
主に、家具のレイアウトや色、間接照明の使い方によってがらりと部屋が変わるものです。
そして、できるだけ部屋を大きく見せるよう、ものを減らしていきましょう。
整理整頓している部屋こそ、リラックススペースが作りやすくなります。
整理整頓で出た不用品は、不用品回収業者に依頼して上手に処分してくださいね。