色が変わったら黄色信号!? 屋根の劣化確認の方法とは?

屋根の寿命は一般的に10年~15年といわれていますが、条件によってはもっと早く寿命が来る場合もあります。
では、屋根が劣化しているかどうかはどのように確認すればよいのでしょうか?
今回はその方法をご紹介しましょう。
自宅の屋根が気になる、という方はぜひ読んでみてください。

色あせを確認してみよう

屋根は素材と塗料の両方で防水をしています。どちらが劣化しても屋根の寿命は短くなるでしょう。
屋根の劣化を確認する一番簡単な方法は屋根の色あせです。
新築のときと比べて一目で「褪せている」と分かる場合は塗料が劣化していると考えてください。
しかし、家を毎日見ていると、いつのまにか「元からこんな色だったのでは?」と思いがちです。
そこで新築のときに屋根や外壁の色がよくわかるような写真を撮っておきましょう。それと定期的に見比べれば色あせ具合がわかりますね。

屋根の色を確認してみよう

屋根の塗料や素材が劣化するとコケが生える場合があります。屋根が緑色がかってきたら注意が必要です。
コケがはえたからといってすぐに屋根が壊れてしまうというわけではありませんが、できるだけ早く塗料の塗り替えなどの修理が必要です。

屋根の浮きや軒の裏側さび、ひび割れなどを確認してみよう

屋根が劣化してくると瓦などが浮いてくることがあります。また軒の裏側にさびが浮いたりひび割れてくることもあるでしょう。
このような症状が出たら、できるだけ早く業者に見てもらい、対策を考える必要があります。

屋根の劣化の確認の仕方は?

屋根の劣化は下から見上げただけでは分かりにくいです。
ですから、いきなり訪問してきた業者が「道を歩いていたらお宅の屋根がとても劣化しているのを発見した」と言っても信用しないほうが良いでしょう。
屋根の劣化を確認するにはまじかで見るのが一番ですが、屋根の上を不用意に歩くとかえって屋根を傷めてしまうかもしれません。
そこではしごをかけて、上のほうまで登りはしごから屋根を家訓してみましょう。
近くに高い建物があるという方はそこに上って屋根全体を確認するという方法もあります。
また、業者によっては格安で屋根の点検をしてくれる所もありますので、屋根を作ってから10年近くたったら一度点検を依頼してみてもよいですね。
また、台風や豪雨などに合うと一気に屋根が傷むこともあります。災害にあったらできるだけ屋根を確認してみましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回は屋根の劣化確認の方法をご紹介しました。
屋根の劣化は放っておくと家全体の劣化につながります。できるだけ早く修理をしてください。