ルームシェアのトラブルでお悩みの人!シェアハウスで解決できます!

仲の良いルームメイトと暮らすことは、とても楽しいものです。ルームシェアを選んだ人は、大きな期待を抱いて入居したことでしょう。しかし、実際にはルームシェアのトラブルで悩んでいる人も多いのです。今回は、ルームシェアについてメリットやデメリットを考えながら、トラブル解決法を詳しく解説することにしました。

記事では、ルームシェアのほかにも今人気が急上昇しているシェアハウスについても触れています。ルームシェアのトラブルで悩んでいる人には、役に立つ内容なのでぜひ読んでくださいね。

1.ルームシェアについて

まずは、ルームシェアについての基本を確認しましょう。ルームシェアのことを深く理解するためにも、しっかり読んでください。

1-1.ルームシェアとは

ルームシェアとは、ひとつの部屋を複数の人数で借りる賃貸契約のことを言います。同じ部屋に他人と住むため、住人同士の相性も大きなポイントになることは否定できません。最初から仲の良い友人同士でルームシェアをする場合もあれば、最初はひとりで住んでいる部屋にルームメイトを募集することもあります。複数の人と共同生活をしてみたい人にとって、ルームシェアは魅力的な選択と言えるでしょうね。

1-2.ルームシェアの歴史を学ぼう

ルームシェアは、いつごろ誕生したのでしょうか。日本でルームシェアの考え方が始まったのは、1990年代後半以降のことです。バブルが崩壊して、親からの仕送りが減額となった学生のニーズや海外からの旅行者などの受け入れにルームシェアがマッチしました。また、テレビドラマなどでもルームシェアを行いながら都会で暮らす様子が取り上げられた点も、当時のブームを反映していたと言えるでしょうね。

1-3.ルームシェアが最近盛んになった理由

ルームシェアが盛んになった理由については、以下のことを考えることができます。

  • 完全なひとり暮らしでは物騒で不安がある
  • 学生寮が減少したために需要が増えた
  • 節約ブームにより家賃が半分になる点が注目となった
  • 都心の部屋や広めの部屋に住みたい若者が増えた

家主や管理会社も、上記の流れを受けてルームシェアに寛容になったのも事実です。ルームシェアは、お金が無いけど実家から出てひとり立ちしたい人にとって大きな魅力だったことが理由だと考えましょう。

2.ルームシェアのメリットとデメリット

ルームシェアにも、メリットとデメリットがあります。メリットだけに注目するのではなく、デメリットも理解してください。

2-1.ルームシェアのメリット

ルームシェアのメリットは、主に以下の点を考えることができます。

  • ひとり暮らしの不安やさびしさが無い
  • 気の合う人と楽しく暮らすことができる
  • 家賃を折半して安く済ますことができる
  • 光熱費の負担も半分で済む
  • 他人への気遣いが身に付く

ひとり暮らしのデメリットは、孤独感です。ルームシェアは、ひとり暮らしの孤独を感じること無く暮らすことができるのが大きなメリットだと理解しましょう。

2-2.ルームシェアのデメリット

では、ルームシェアのデメリットについてもお話をしましょう。

  • 常に人がいる生活にストレスを感じることもある
  • 生活習慣や考え方の違いでトラブルが起きることがある
  • ルームメイトの友人や恋愛の影響を受けることがある
  • 自由に知人や友人を呼ぶことができない
  • 自分だけの時間を持ちにくい
  • 気まずくなったときに逃げ場所が無い

ルームシェアは、他人との共同生活となります。同じ部屋にいつも他人がいる状況は、人によっては大きなストレスになることを自覚しましょう。

3.ルームシェアの評判を調べよう

気になるルームシェア物件がある場合は、評判を調べてみましょう。ルームシェアの評判を調べることで、経験者の本音が見えてきますよ。

3-1.体験者の意見を調べるには

ルームシェアの体験者の意見は、とても参考になるものです。体験者の意見は、インターネットで検索すると簡単に見つかるので試してみましょう。多くの場合は、口コミという形で意見を書いています。賃貸物件の口コミを多く取り上げているところを参考にするほか、管理会社自体にも自社の物件の評判を掲載していることもあるので調べてみてくださいね。また、知り合いにルームシェア経験者がいる場合は、利用した感想を言ってもらいましょう。

3-2.良い評判も悪い評判も両方見るべき理由とは

たくさんの意見の中でも、良い評判と悪い評判の両方を詳しく書いている人の内容は参考になります。良い評判しか載っていないときは、内容を作っている可能性もあると考えてください。中には、管理会社の都合の良い内容に変えてしまっていることもあります。その点、良い評判も悪い評判もある物件の方が誠実であり、実際の声に近いと判断できるでしょう。評判を見るときは、良いものと悪いものの両方を調べて十分に検討することが大切ですよ。

4.ルームシェアの物件選び

それでは、ルームシェアの物件選びについて解説します。基本を押さえることで、良い物件をみつけてください。

4-1.ルームシェアの物件選びの基本

ルームシェアの物件選びの基本は、以下をご覧ください。

  • 物件の立地はどうか・最寄り駅は徒歩でどのくらいの距離か
  • 物件の築年数や住環境はどうか
  • 部屋の広さや間取りはどうか
  • 相場と比べて家賃が高過ぎないか
  • ルームメイトは自分と合いそうな人物か
  • ルームシェアの条件はどうなっているか

ルームシェアの物件は、他人と暮らすことを考えながら選ぶことが大切です。特に、ルームメイトが自分に合うかどうかは重要なポイントですから軽く見てはいけませんよ。

4-2.ルームシェアのトラブル解決法

ルームシェアのトラブルを解決するには、以下のステップを踏んでください。

  1. ルームメイトと直接話し合いをする
  2. 解決しない場合は管理会社に入ってもらう
  3. 管理会社が入っても改善しない場合は引っ越しも検討する

ルームシェアのトラブルは、当事者の話し合いで解決することが最良の方法です。しかし、どうしても解決に至らない場合は、管理会社に入ってもらってください。もしも、管理会社が入っても問題が解決しないときは、引っ越しも視野に入れるようにしましょう。

5.シェアハウスという選択肢もある!

ルームシェアのトラブルで悩んだことのある人やルームシェアに納得が行かない人は、シェアハウスをおすすめします。ここでは、シェアハウスについていろいろと学んでください。

5-1.シェアハウスについて基本を学ぼう

今、シェアハウスが大きな注目を集めています。シェアハウスについてもご紹介しますから、ルームシェアと比較しながら検討してください。

5-1-1.シェアハウスの主なタイプを紹介

シェアハウスにも、さまざまなタイプがあります。主なタイプについては、以下をご覧ください。

  • ドミトリータイプ
  • 個室タイプ
  • ワンルームタイプ
  • 女性専用タイプ
  • 高級タイプ

ドミトリータイプは、複数のシェアメイトでひとつの部屋を共有するタイプのシェアハウスです。ルームシェアと似ている部分が多いため、理解しやすいでしょう。そのほか、シェアハウスで人気があるのは個人のプライバシーを尊重した個室タイプがあります。そのほかにも、入居希望者のニーズに合わせたタイプがありますから、いろいろと探してみてください。

5-1-2.シェアハウスの安全性について

複数の人間との共同生活を送る場合、安全性が気になるのも当然でしょう。シェアハウスでは、個人が生活する部屋は鍵を掛けることができます。不在時のトラブルが心配な人も、安心してください。また、女性がより安心して暮らすことができる女性専用のシェアハウスもあります。さらに、オートロックや警備会社との連携を強化したタイプのシェアハウスも登場しているので、安全性を重視する人は検討してください。

5-2.シェアハウスの選び方を解説!

シェアハウスを選ぶときは、どんな条件を優先するか決めてからにしましょう。選ぶときの条件については、以下のようなものがあります。

5-2-1.ライフスタイルを優先

シェアハウスでは、自分が好きなライフスタイルを実現することもできます。たとえば、多くのシェアメイトたちとにぎやかに暮らしたい場合は、ドミトリータイプを選んでください。また、シェアメイトたちの仲が良いことも条件に入れると良いでしょう。反対に、プライベートを重視する場合は、個室タイプやワンルームタイプのシェアハウスが向きます。必要以上にシェアメイトとの関係を持ちたくない場合は、プライベートを重視できるタイプを選びましょう。

5-2-2.家賃の安さを優先

とにかく家賃が安い方が良い、という人もいるでしょう。シェアハウスでは、条件しだいで家賃をより安くすることも可能です。たとえば、同じ居住エリアでも個室タイプよりドミトリータイプを選ぶと家賃は安くなることを頭に入れておきましょう。ただし、家賃の安さに比例してほかの点で妥協するべきことが多くなるのは承知してくださいね。

5-2-3.女性専用である点を優先

男女トラブルが心配な場合、女性であれば女性だけが入居資格を持つシェアハウスを選びましょう。女性専用のシェアハウスでも、セキュリティー対策がしっかり行っているところと契約をすると安心です。なお、女性専用のシェアハウスには男性の友人を招待すること自体が禁止となっているところも多いので、注意してください。

5-2-4.居住エリアを優先

シェアハウスは、通常の賃貸物件よりも家賃が安く済むことが特徴です。まずは、家賃を気にすることなく、自分が住んでみたい居住エリアのシェアハウスを探してみましょう。シェアハウスの場合、都心の人気エリアでも案外安い家賃で入居することが可能です。住みたい居住エリアがある人は、優先してみてください。

5-2-5.そのほかの優先事項

そのほかの優先事項としては、共有スペースの使いやすさや管理状態で選ぶ方法もあります。シェアハウスにいる時間が長い人は、共有スペースを使用する頻度(ひんど)も高くなることを覚えておきましょう。共有スペースの快適さは、そのままシェアハウスの快適さを左右することになります。また、新築であることを重視したり、個室に備え付けになっている設備の有無で選んだりして良いでしょう。

6.シェアハウスに住むにはどうする?

では、シェアハウスに住みたいと思ったら具体的にどうすれば良いのでしょうか。ここでは、シェハウスに住むために必要なことを解説します。

6-1.シェアハウスの探し方

シェアハウスの情報は、インターネットでたくさんみつけることができます。まずは、住みたい場所を指定して検索してみましょう。すると、想像以上の検索数が上がってきます。そして、いろいろと情報を探すうちに、同じようなシェアハウスでも家賃や細かな条件が異なることに気付くでしょう。条件が自分の希望と合うなど気になる物件が見つかった場合は、物件の管理会社に問い合わせてください。

6-2.シェアハウスの手続き方法

シェアハウスを契約するためには、まず、管理会社に気になるシェアハウスについての問い合わせをしましょう。問い合わせ以降の流れについては、以下を参考にしてください。

  1. 希望するシェアハウスの管理会社に問い合わせをする
  2. 管理会社に概要を聞いて興味を持ったら現地見学をする
  3. 現地見学で気に入った場合はシェアハウスの契約申し込みをする
  4. 管理会社で簡単な審査を受ける
  5. 審査に問題が無い場合はシェアハウスの契約を行う
  6. 契約後、シェアハウスでの生活がスタートする

シェアハウスは、気軽に入居できることが特徴です。しかし、申し込みをすれば誰でも入れるということではありません。共同生活をするために問題が無いか、滞納などの過去が無いかなど、簡単な審査がありますので承知しておきましょう。

6-3.シェアハウスのお金について

シェアハウスに入居するときに必要なお金について、解説します。シェアハウスの入居時には、以下の初期費用が必要になると考えてください。

  • 保証金:5,000円から1万円程度
  • 初月分の共益費:1万円程度
  • 初月分の家賃:数万円程度

初月分の共益費や家賃については、日割り計算をするところも多いです。シェアハウスに入居するときには、初回キャンペーンを実施しているところを上手(じょうず)に利用して初期費用を安くしましょう。

6-4.シェアハウスに住むときに必要なそのほかのこと

シェアハウスに住むときには、管理会社に以下のものを提示する必要があります。

  • 写真付きの身分証明書
  • 認め印
  • 家賃引き落とし用の銀行口座番号と届け出している印鑑

写真付きの身分証明書は、入居者本人であることの確認に必要です。また、印鑑は契約書の押印に使うので忘れないよういしましょう。そのほかに必要なものは、契約するシェアハウスによって異なりますので管理会社に確認してください。また、シェアハウスでの生活に必要なものを把握するためにも、物件を見学するときのチェックをしっかり行いましょう。

6-4.シェアハウスを探すときの注意点

シェアハウスを探すときは、以下の点に注意しましょう。

  • 立地条件が自分の希望に合っているか
  • 個室タイプかドミトリータイプか
  • 共有スペースや設備が整っているか
  • 女性専用か男女共有か
  • 家賃などの費用はリーズナブルか
  • 入居者に問題がある人がいないか
  • 共有スペースの管理や掃除が行き届いているか
  • 管理会社が信頼できるところか

シェアハウスを探すときにも、チェックしたい点はたくさんあります。中でも、管理会社が信頼できるところかどうかに注目してください。シェアハウスは、管理会社しだいというところも大きいのでしっかりチェックしましょう。シェアハウス選びのときには、以下も参考にしてくださいね。

ソーシャライブ:https://www.socialalive.jp

7.ルームシェアのトラブル・シェアハウスでよくある質問

ルームシェアのトラブルやシェアハウスについて、よくある質問をまとめました。こちらもぜひ、参考にしてくださいね。

7-1.ルームシェアを解約するときに注意するべき点はありますか?

ルームシェアを解約するときは、ルームメイトにきちんと解約する理由を告げた方が良いですね。もしも、ルームメイトとのトラブルが原因であっても最後は誠意を持って接しましょう。また、自分の持ち物は全部持ち出すことを忘れないでください。ルームメイトと共同で購入したものは、今後どちらが所有するのかも確認しておきましょう。ルームメイトは、今まで一緒に暮らした相手です。最後まで、相手のことを気遣う心を忘れないでくださいね。

7-2.ルームシェアよりシェアハウスが増えている理由は?

ルームシェアは、個人のプライバシーが守りにくいという点がありました。しかし、今は個人のプライバシーを尊重したい人が増えています。シェアハウスは、個室タイプを選べば普段の生活でひとりだけの時間を持つことができることが大きなメリットと言えるでしょう。シェアハウスでは、個人のプライバシーを尊重しつつもシェアメイトとの共同生活を楽しむことができる点が、多くの支持を受けるようになった理由と考えてください。

7-3.ルームシェアからシェアハウスに引っ越すときの注意点は何?

ルームシェアでは、ルームメイトと深くかかわることも多かったことでしょう。しかし、シェアハウスは、個人のプライバシーを尊重したい人が多く集まっています。ひとつ屋根の下で暮らす相手でも、必要以上に個人のプライバシーに立ち入ることがないようにしましょう。また、引っ越しの時期についてはルームシェアの解約日とシェアハウスの入居開始日にブランクが開かないように注意してください。万が一ブランクができてしまう場合は、ホテルなどの手配もしておきましょう。

7-4.シェアハウスに住むためには保証人が必要ですか?

シェアハウスに住むための保証人は、原則として不要としているシェアハウスが多いです。その代わり、シェアハウスでは、本人確認として写真付きの身分証明証の提示が必要なことは覚えておきましょう。本人確認で問題が無ければ、保証人を立てなくても入居がしやすいのがシェアハウスのメリットでもあるのです。ただし、一部の高級シェアハウスなどでは家賃などの滞納を防ぐために保証人を要求するところもあるので注意してくださいね。

7-5.シェアハウスで人間関係を上手(じょうず)にこなすコツは?

シェアハウスで人間関係を上手(じょうず)にこなすには、相手を尊重する気持ちを忘れないことです。また、共有スペースの使用マナーを守るなどにも気を付けましょう。シェアハウスでも、シェアメイトと必要以上に深く付き合わないことが防衛策にもなります。ひとつ屋根の下で暮らしている者同士でも、プライバシーを尊重するように努力してください。

まとめ

ルームシェアでは、同じ部屋に他人同士が暮らすことからトラブルが起きやすいのも事実です。ルームシェアで楽しく暮らすためには、相性の良いルームメイトと気遣い合って暮らせるかどうかに掛かっていることを認識しましょう。しかし、ルームシェアのほかにもシェアハウスを選ぶ方法があることも知ってください。ルームシェアのデメリットは、シェアハウスに引っ越すことで解決することもあります。ルームシェアだけでなく、シェアハウス物件も調べてみると自分の理想とする住環境を実現できることでしょう。