水耕栽培肥料の安全性とは?

水耕栽培は土を使用しない農作物の生産方法として注目を集めている新しい農業スタイルです。水耕栽培では土の変わりに“水耕栽培肥料”が使用されています。
水耕栽培に使用する肥料の安全性について紹介します。

水耕栽培肥料の安全性1~農薬は含まれていない~

路地栽培では雑草や害虫などに農薬を使用して対策を行ないます。農作物の一部では無農薬や減農薬などの栽培も行なわれていますが、作物の管理方法が難しく安定的な供給には至っていません。
水耕栽培では土を使わずビニールハウスや工場で作物を栽培しているので土と作物が接することがありません。そのため水耕栽培では害虫や雑草の対策を行なう必要が無く比較的に簡単に無農薬作物を育てることができます。
水耕栽培肥料には農薬は含まれておらず安全性の高い肥料といえるでしょう。

水耕栽培肥料の安全性2~作物汚染の心配が無い~

土壌には様々な菌が生息しています。土壌菌は通常作物の生育に良い影響を与えるのですが、土壌菌の中には大腸菌やサルモネラ菌など食中毒の原因となる菌も含まれています。
このような大腸菌やサルモネラ菌などの体に悪影響を及ぼす菌が土壌で繁殖し土壌を汚染することで作物が汚染されてしまう可能性があります。
水耕栽培では、土を使用せず水耕栽培肥料を使用しており菌を原因とした土壌汚染の作物汚染の心配がありません。水耕栽培肥料は細菌に接することがないように管理されており、菌による作物汚染の心配がありません。
水耕栽培肥料には悪影響を及ぼす菌類は含まれていないので安心して使用することができます。

露地栽培では外部からの影響によって土壌が汚染されるということがあります。例えば近隣の農地からの飛散した農薬や大気汚染などの影響から土壌が汚染など土壌汚染の可能性というものは排除が難しいものです。
水耕栽培肥料は外部からの影響を受け難く、安全性の高い作物を安定的に生産することができます。

水耕栽培肥料の安全性3~水質汚染のリスクが少ない~

農業では土壌汚染に加えて水質汚染も農作物の安全性を低下させる要因になります。露地栽培の作物は多くの場合、川から水源を得て作物を育てます。川は上流から残留農薬が流入してしまった場合対処することが難しく水質汚染は露地栽培の問題点の一つです。
水耕栽培は肥料と水源の管理さえ徹底して行なえば水質に悪影響を与えることはありません。多くの水耕栽培プラントでは安全性の高い井戸水と水耕栽培肥料を使用しているので水質汚染の影響は最小限に抑えられています。

水耕栽培肥料の安全性は更に向上している

水耕栽培の技術は日々向上しており露地栽培と同様、又は露地栽培よりも栄養価の高い作物を生産することができます。水耕栽培の安全性に関しても日々研究が進められており今後、水耕栽培の安全性は更に向上することが期待されています。
水耕栽培は在来農業に変わる新たな農業として安全性の高い作物を高効率で食糧生産するための方法として注目を集めています。