網戸の掃除は意外に簡単! 専用グッズいらずの掃除方法とコツご紹介

網戸は汚れがたまりやすい上に掃除が大変なものです。外からも中からも汚れが付くため、どのように掃除したらきれいになるのか分からないという方も多いでしょう。しかし、コツと方法さえ知っていれば、専用のグッズがなくても網戸掃除は意外と簡単にできます。今回は、網戸掃除の方法についてそれぞれご紹介しましょう。

  1. 網戸掃除の基礎知識
  2. 網戸の掃除方法
  3. 網戸をきれいに保つ方法
  4. よくある質問

網戸の掃除方法やコツを知りたい方、道具の使い方を知りたいという方はぜひ最後まで読んでみてください。

1.網戸掃除の基礎知識

1-1.網戸に付く汚れの正体とは?

網戸には、部屋の外側と内側から汚れが付きます。主な汚れの種類は以下のとおりです。

  • 排気ガス
  • 土ぼこり
  • 花粉・黄砂
  • 油汚れ
  • ヤニ汚れ
  • 綿ぼこり

1-2.網戸の汚れる場所

網戸は、主に以下の場所が汚れや吸いやすいでしょう。

  • 網戸の面
  • サッシレール
  • サン・枠

網戸の面は面積も広く、汚れがたまると目立ちやすい箇所であると言えます。

1-3.網戸掃除で困ること

網戸掃除をせずに放置すると、汚れの付着した空気が部屋の中に入ってきます。また、放置する時間が長いと汚れがこびりついてしまい、網戸をはずしたり薬剤を使ったりして掃除する必要があるのです。

1-4.掃除の頻度・タイミング

網戸掃除は月に1度は行いましょう。窓掃除のついでに、網戸の面を軽く拭き掃除するだけでも効果があります網戸掃除は、雨の日か湿度の高い日がおすすめです。雨が降ったら、窓・網戸・ベランダの掃除のスイッチと考えてもよいでしょう。

2.網戸の掃除方法

2-1.網戸掃除に必要な道具・洗剤

網戸掃除に必要な道具などをご紹介します。具体的な使用方法は次項を参照してください。

  • 新聞紙
  • 掃除機
  • メラミンスポンジ
  • 重曹水(水200ccに対して小さじ1)
  • クイックルワイパーなどの吸着シート類
  • 雑巾・古布
  • 割りばし

掃除する箇所によっては、使用する道具が異なります。メラミンスポンジは、100均に売っているもので十分ですが、サイコロ状の小さいものではなく手のひらサイズの大きいもののほうが網戸掃除に向いているでしょう。

2-2.網戸の面の掃除方法

網戸の面の掃除方法について、それぞれご紹介します。

2-2-1.吸い取る

掃除機でほこりなどを吸い取る方法です。

【必要なもの】
掃除機・新聞紙

  1. 網戸の外側に新聞紙を貼(は)る(掃除機の吸引力を高めるため)
  2. 内側(部屋)から掃除機で吸い取る
  3. 網戸の内側に新聞紙を貼(は)る
  4. 外側(ベランダ)から掃除機で吸い取る

掃除機のヘッドが汚れた場合は拭き取っておきましょう。

2-2-2.拭き取る(メラミンスポンジもしくはフロアワイパーの吸着シート)

【必要なもの】
重曹水・メラミンスポンジ(もしくは吸着シート)・雑巾(古布)

  1. 重曹水をメラミンスポンジに吸い込ませて、水が垂れないくらいにしぼる
  2. 内側からスポンジで網戸をこする
    ※メラミンスポンジが汚れたら、つど交換する
  3. 外側からスポンジで網戸をこする
  4. 下に落ちたほこりなどを古布などで取る

2-2-3.拭き取る(雑巾とメラミンスポンジを組み合わせて)

※二人で行う掃除です

【必要なもの】
メラミンスポンジ・重曹水・雑巾(古布)

  1. 重曹水をメラミンスポンジに吸い込ませて、水が垂れないくらいにしぼる
  2. ひとりは外側から雑巾をあて、雑巾とスポンジで網戸を挟むようにして拭く
  3. 今度は、ひとりが内側から雑巾をあて、外側からスポンジで拭く
  4. 落ちたほこりをふき取る

網戸の面の汚れは、反対側へ逃げてしまうため、片側から拭くよりも両側を挟んで掃除した方が効果的です。

2-3.サッシレール・サンの掃除

サッシレールやサンの掃除は、基本的には水拭きだけOKです。雑巾はこまめに取り替えて、汚れた面で掃除しないようにしましょう。

レールの細かい部分は、割りばしに古布を巻きつけたお掃除棒が便利です。先にたくさん(10本ほど)作っておくと効率があがります。巻きつけずにサンに布を置き布の上から割りばしでこすってもよいでしょう。

2-4.汚れがひどい場合は?

汚れがひどい場合は、重曹水の代わりに家庭用中性洗剤を使いましょう。スポンジに直接吹きかけて使用します。最後に水拭きで洗剤分を拭き取りましょう。

3.網戸をきれいに保つ方法

3-1.網戸をきれいにキープする方法

網戸は、こまめに簡単な掃除をすればきれいな状態をキープすることができます。たとえば、部屋に掃除機をかけたついでに網戸にも掃除機をかけるとよいでしょう。新聞紙を貼(は)るのが面倒な場合は、そのままかけてもOKです。きちんと掃除する日を設けつつ、何かのついでに手軽に掃除する日があるとよいでしょう。

3-2.網戸の汚れを予防する方法

網戸の汚れは、以下の方法でも予防することができます。

3-2-1.柔軟剤を使う

掃除の仕上げに、柔軟剤液で網戸を拭けば、静電気を防いでほこりが付きにくくなります。柔軟剤の希釈倍率は200ccの水に柔軟剤を小さじ1程度です。

3-2-2.結露防止スプレーを使う

結露防止スプレーにも、網戸に汚れが付くのを防ぐ効果があると言われています。ただし、ワックス入りのものは、網戸の目がつまってしまうので使用しないでください。網戸にスプレー後、古布にもスプレーしてから網戸全体にいきわたるように伸ばしましょう。

3-3.網戸以外の掃除も忘れずに

網戸だけをきれいにしても、ベランダや窓が汚れたままでは、またすぐに汚れてしまいます。特に、ベランダに土ぼこりがたまっている場合は、風などでほこりが舞い散って網戸にも付きやすくなってしまうでしょう。また、カーテンも3か月~半年に1回は掃除しましょう。汚れの原因になるものを除去すれば、網戸の汚れ防止につながります。

4.よくある質問

Q.窓と網戸の掃除の順番は?
A.網戸の内側→外側、窓の外側→内側で行うと、最も効率的です。汚れているほうから掃除するのが基本になります。「それなら、網戸も外側からではないの?」と思われるかもしれませんが、網戸は外側の汚れが内側に入るおそれがあるため、先に内側からざっと拭いたほうがおすすめです。そこまで汚れていなければ、外から掃除してもよいでしょう。

Q.網戸掃除は重曹とセスキ炭酸ソーダのどちらがいいの?
A.いずれもアルカリ性なので、汚れに対するアプローチは同じです。セスキ炭酸ソーダのほうが水に溶けやすく、アルカリ性が強い(重層:ph8.2/セスキ:ph9.8)という特徴があります。洗浄力は、重曹よりもセスキ炭酸ソーダのほうがやや強力です。一方、重曹は、におい取りや研磨・焦げ落としなど、日々の掃除での汎用性があります。どちらもそれぞれメリットがあるので、持っていないほうをわざわざ買い足す必要はありません。

Q.網戸掃除の注意点は?
A.網戸は強い力でこするとやぶけたり外れたりしてしまいます。スポンジや掃除機は、優しくあてるようにしましょう。また、ほこりが舞うので、マスクやメガネをしておくと安心です。

Q.網戸掃除の裏ワザは?
A.網戸掃除の前に、しめらせた新聞紙を周りに敷いておくと、掃除後の片付けが楽になります。落ちたほこりなどをまるごと包んで捨てればOKです。

Q.網戸の手が届かない部分の掃除はどうしたらいい?
A.柄の長いハンディーモップを使いましょう。掃除機のブラシではたき落としながら吸ってもOKです。マンションの構造などによっては危険な場合もあるので、無理はせず掃除業者などに依頼する方法もあります。

まとめ

網戸掃除方法やコツについてご紹介しました。専用のグッズ・洗剤を使わなくても100均や家にある道具だけで十分掃除できます。網戸掃除というと、気合を入れて行わなければいけないイメージを持っている方が多いかもしれませんが、こまめに気楽に掃除することが網戸をきれいに保つポイントとなるでしょう。