こんなにすごいの!? 断熱効果の高い外壁塗装の秘密

昔の家はいたるところにわずかな隙間があり、冬になるとそこから寒い空気が入り込んでしまうため、なかなか暖まらないものでした。
しかし、最近は気密性が高い家が多くなり外気が入りにくいので、断熱・防音に優れていると言われています。
確かに隙間風が入ってくるような家は少なく暖房や冷房がききやすい構造になっているため、冬は暖かく夏は涼しい快適な暮らしを手に入れる事ができるようになったのです。
しかし、気密性が良いのはありがたい反面、結露という問題が生じるようになったので、冬は多くの家庭で結露対策のシートやまめに拭くなどの対策が必要。
そんな問題点を解決するために、最近注目されているのが外壁塗装による断熱効果で、リフォームの際に取り入れる家庭が増えているようなのです。
それでは、最近注目を浴びている外壁塗装による断熱効果とはどのようなものなのか、簡単に説明しましょう。

・外壁塗装による断熱とは?

外壁自体を断熱効果がある物に変えることで、太陽の熱や雨や風、雪から家を守り夏は涼しく、冬は暖かく快適な家になるのです。
今までの家は壁に断熱材が入っていることがほとんどで、外と家の中の温度がが大きくなってしまうのが問題でしたが、外壁に断熱効果があるとそこで温暖を受け建物内に温度差が生まれにくくなります。

・断熱効果が高い外壁塗装の利点

なぜ内側からの断熱よりも外側の断熱の方が家が快適になるのでしょう?
これは、どちらとも家の中と外の温度差を少なくする点では同じなのですが、外壁塗装による断熱効果を利用すると結露が発生しにくいということと、大がかりなリフォームが必要ない点を考えるとはるかに利点が大きいのです。
冬場の一番の悩みである結露は、カビの原因にもなりアレルギーの発生にも関係があると言われており多くの人を悩ますもの。結露を防ぐことができれば、家の老朽化を防ぎ長持ちさせることができます。

・断熱効果が高い塗装方法

一般的な家庭では、10年から15年ほどで外壁塗装の塗り替えが必要です。
その際に、このような断熱効果が高い塗装に変えるという方法が一般的で、さまざまな種類があり自分の家に合った色や質感の物を選ぶことができるので、安心して依頼することができます。
また、実際にこのような断熱効果が高い外壁塗装に変えると、暖房や冷房を使う時間や期間が短くなり経済的にも節約につながる家庭も多いようで、エコなリフォームとしても注目を集めているのです。

まとめ

いかがでしょう?
良いことばかりの断熱効果が高い外壁塗装。
こんなに効果があるとは知らなかった人が多いと思いますが、そろそろ外壁の塗り替えを考えている人は、これを参考にエコな家を目指してはいかがでしょうか?