高く売れる家電はどれ? 家電を高額買取に結びつけるコツをご紹介

家にいらなくなった家電は眠っていませんか? 使わないけれど、まだ使えるなら、高く売れる場合があります。家電を売ることはリサイクルに貢献でき、ゴミの削減にもつながると推進されているのです。高額買取を希望する方も多いと思います。
「どんな家電が高く売れるのか?」「高額査定のポイントは?」など、家電を売るときにはさまざまな疑問が生じるものです。
今回は、高く売れる家電についてご紹介します。お手持ちの家電で不用なものがあるのであれば、この記事を参考にしてみてください。

 家電はブランドや状態が大きく査定に影響します。売る前は、市場での傾向などを把握しておきましょう。思わぬ高額買取になることもありますよ。

1.家電のリサイクルについて

リサイクルできる家電はいろいろあります。家電をリサイクルするメリットやリサイクルの仕組みを理解しておきましょう。

1-1.家電にはいろいろある

我々の周りには、いろいろな種類の家電があります。大きく分けて、特定品目に該当する家電と一般家電に分類されるのです。特定品目にあたるのは、家電リサイクル法が定めるテレビ・エアコン・冷蔵庫・洗濯機となっています。特定品目の処分は、捨てずにリサイクル回収することが義務で、ゴミとして処分することは認められていません。

1-2.家電の処分について

家電を処分する際は、前述したとおり、家電リサイクル法対象品目であれば、メーカーによるリサイクル回収となります。一般家電の処分は、粗大ゴミ・燃えないゴミ・買い替え時に引き取りを依頼する・リサイクルするなどの方法となるでしょう。

1-3.家電をリサイクルするメリットとは?

家電にかかわらず、ものを循環してゴミの量を削減できるとし、リサイクルが推進されています。特に、家電にはたくさんのレアメタルが含まれており、リサイクルして再利用することは、環境保護にも貢献できるのです。資源の有効活用となるのに加え、リサイクルで少しでもお金を得られるのもメリットでしょう。

1-4.リサイクルの仕組み・方法について

特定品目は、メーカーがリサイクル回収し、独自に再利用する仕組みを構築しています。一般家電については、リサイクルショップやインターネットオークションなどを活用し、自分でリサイクルすることができるのです。自治体での回収を行っている場合もありますが、収益を得たいなら、自分でリサイクルする方がいいでしょう。

2.家電の買取について

家電にはいろいろな種類があるため、買取できるものやできないものについて知っておくことが大切です。買取相場なども見ていきましょう。

2-1.どんなものを買取しているのか?

買取できる家電は、カメラ(デジタルカメラ・一眼レフ)・パソコン・テレビ(液晶・プラズマ)・電子レンジなどの電化製品です。掃除機や洗濯機も、状態がいいものは買取できます。ただし、買取には基準があり、汚れや故障がなく、正常に使えるものとされているのです。動かないものはジャンク品として引き取りができません。有名ブランドや年式が浅いものの方が好まれます。

2-2.買取できないものとは?

前述したとおり、買取には基準があります。買取できないものは、古くて故障やトラブルが多い・動作に問題がある・傷や汚れが目立つものです。同じ製品でも、メーカーや年式によって買取対象外となることもあります。

2-3.家電の買取相場

家電の買取相場は、製品ごとに差があるのが現状です。数百円というものもあれば、数千円で買取となる場合もあります。いくつかのショップや業者に査定してもらい、比較することで相場が見えてくるでしょう。

3.高く売れる家電について

家電はリサイクルするなら、少しでも高く売りたいですよね。需要の高いものや高く売るコツなどをご紹介します。

3-1.どんなものが高く売れるのか?

3-1-1.需要が多いもの

家電の中でも、テレビは中古での需要が高いとされています。買取は、中古市場の売れ行きを見て決めるため、需要が見込めないものは買取価格も低くなるものです。

3-1-2.希少価値のあるもの

高く売れるのは、高機能なものや希少価値のあるものです。廃盤になった人気製品などは、コレクターや愛好家に好まれます。レコードプレーヤーなど、今では入手困難なものほど、高く売れる傾向にあるでしょう。

3-1-3.ブランド品

有名ブランドは高額買取となるでしょう。メーカーで買う基準を決める方が多いため、ブランドは重要視されます。同じ製品でも、ブランド名が査定のポイントです。

3-1-4.新製品

未使用品や新製品も、高く売ることができます。人の手に渡っていても、通電していない製品はトラブルが少ないため、中古で安く購入できないかと探す方がいるのです。

3-1-5.もともと高いもの

新製品では高くて購入できないが、新製品登場をきっかけに中古で探そうという方がいるものです。高機能を求め、買い替えをきっかけに手放すケースもあり、中古市場でも人気があるのはもともと高額で販売されている商品でしょう。

3-1-6.付属品がそろっている

付属品の有無は、査定に大きく影響します。取り扱い説明書以外にも、オプションで付属していたものはすべて用意しておきましょう。メーカーの保証書も重要です。

3-2.高く売るコツとは?

家電全般においていえるのは、売るときはメンテナンスや清掃をしっかりしておくことです。高く売れるものは、きれいに使っているかどうかで決まります。カメラ・テレビ・パソコンは季節を問わず、ニーズがあるため、売り時は購入から3年以内と新しいうちに売却する方が高く売れるでしょう。しかし、暖房器具など季節が関連するものは、寒くなる時期に合わせて売る方が査定額もアップします。
買取価格は、業者ごとに得意分野があるため、差が出るものです。なるべく複数の業者を比較し、納得できる査定額の業者を探すのも、高く売るコツでしょう。

4.家電の買取方法について

家電の買取を依頼する業者や、査定と回収の流れなどをご紹介します。

4-1.家電はどこで買取してもらえるのか?

一般的な買取先として挙げられるのは、最寄りのリサイクルショップです。ほかには、不用品回収業者の利用が増えてきており、使えるものは買取、買取できるもの以外は処分と、買取と処分が同時にできる利便性があります。

4-2.買取業者の選び方

買取業者の選び方は、査定額で選ぶのも1つの基準となりますが、運搬などの手間を考えなければなりません。家電の中には重量があるものもあり、自家用車がなければ運搬が難しい場合もあるでしょう。回収方法にも注目し、利便性で選ぶ方がベストです。

4-3.査定について

リサイクルショップは、持ち込んで査定してもらうスタイルとなっています。そのため、運搬は必ず起こる問題です。仮に持ち込んだとしても、買取できない場合があることも想定しておかなければなりません。
前述したとおり、買取価格は業者ごとに差があるため、納得できない場合は契約せずに、キャンセルすることも可能です。査定は複数の業者に依頼してください。

4-4.回収方法・流れ

リサイクルショップの場合、持ち込んで査定してもらい、納得できる金額なら、そのまま売却という形になります。回収業者の場合、電話やインターネットで申し込む形式が一般的です。査定日時を決め、自宅まで訪問してもらいます。査定をしてもらい、契約が成立すれば、家電を引き取りとなるでしょう。

4-5.家電の買取にかんする相談・申込窓口

家電の買取にかんする相談は、お住まいの地域にあるリサイクルショップや不用品回収業者を探しましょう。不用品回収業者は対応エリアなどがあり、出張範囲が決まっていることもあります。あらかじめ確認しておきましょう。

4-6.家電の買取における注意点

家電の買取を依頼する場合は、悪質な業者かどうかの見極めも重要なポイントとなります。もののリサイクルには、古物商の許可番号が付与されていることが必要です。無許可営業の業者は、適切にリサイクルせず、依頼者とのトラブルも多くあります。依頼する側(がわ)も知識を持ち、良質な業者を探すようにしましょう。

5.家電の買取でよくある質問

家電は捨てずにリサイクルが求められる製品です。買取を上手に利用し、少しでも収益を得られたら嬉(うれ)しいことでしょう。よくある質問をまとめました。家電のリサイクル時に役立ててください。

5-1.家電の買取査定は無料で受けられる?

ほとんどのリサイクルショップと不用品回収業者では、無料で査定を実施しています。ただし、業者ごとに規定があるため、申込時に確認しておきましょう。

5-2.家電の一掃処分を考えている

家電をたくさん処分したいという場合は、まとめて買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか? リサイクルショップは持ち込みが必要で、たくさんの家電を運搬するのは難しいものです。不用品回収業者など、出張対応してくれる業者を探しましょう。

5-3.オークションやフリマアプリで自分なりに売却する方法は、高値で売れる?

オークションやフリマアプリのよさは、自分が売りたい商品をいつでもアップロードでき、値段設定も自由であることです。しかし、家電はほしい人が現れない限り、確実に売ることができません。詳しく商品情報や写真を載せ、分かりやすくすることが、高値で売却するコツです。とはいえ、必ずしも、高額で売れるわけではないため、過度な期待は持たない方がいいでしょう。

5-4.一眼レフカメラは中古需要が高いもの?

一眼レフカメラは、画素数の高いものや付加価値がついたものほど、新品は高額で販売されています。1つ前の機種で、高機能なものがほしいなど、カメラ愛好家の間では中古市場での人気は衰えません。

5-5.業者の古物商許可番号はどこで確認できる?

業者のホームページに会社概要がある場合、登録番号欄に記載があるはずです。インターネットの古物商許可番号データベースでも、登録状況を確認できます。

6.まとめ

いかがでしたか? 家電は資源としてリサイクルが推進されているもので、ゴミとして出すことができません。内部にあるレアメタルなどを有効活用する目的で、リサイクル回収を実施しています。自分なりにオークションやフリマアプリを活用し、再販することもできますが、思うように売れない場合もあるでしょう。一般的な方法として、リサイクルショップか不用品回収業者が挙げられます。高く売れる家電は、状態がよく、故障や汚れがないもので、有名ブランドなら高額買取になることもあるものです。希少価値のある家電も、中古ニーズが高いとされています。カメラも愛好家がいて、中古でも根強い人気があり、買取しやすいものです。リサイクルする方法として、業者の買取を利用してみてください。査定は複数を比べ、納得できる買取金額であることも大切です。しかし、古物商の許可番号を付与された良質な業者であるかどうも、しっかり確認しておきましょう。依頼者側(がわ)も知識を持ち、トラブルを未然に防いで、安心して依頼できる業者を探してください。