シニアの断捨離とは? 方法・メリット・注意点を詳しく教えます!

シニア世代になり、断捨離に興味を持っている方も多いのではないでしょうか。終活のひとつとして身の回りを断捨離すれば、老後を安心して暮らし続けることができます。しかし、シニアの断捨離では、何をすればいいのか・不用品の処分はどうすればいいのかなど、悩みは尽きないものです。そこで、今回はシニアの断捨離について具体的な方法やメリットなど、詳しく解説します。

  1. シニアの断捨離とは?
  2. シニアの断捨離の方法
  3. シニアの断捨離で出た不用品はどうする?
  4. シニアの断捨離に関するよくある質問

この記事を読むことで、シニアの断捨離が詳しく分かり、スムーズに進めることができます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.シニアの断捨離とは?

最初に、シニアの断捨離の基本を見ていきましょう。

1-1.シニアならではの特徴

シニアの断捨離には、以下のような特徴があります。

  • 物量が多い(ゴミや不用品を多く含む)
  • 思い出の品が多い
  • なかなか捨てられない
  • 遺産問題がある

1-2.断捨離のメリット

シニアが断捨離をする主なメリットは、以下のとおりです。

  • 不用品が減って部屋や収納を広く使える
  • 掃除が楽になる
  • 気持ちがスッキリする
  • 亡くなった後の遺族の負担を少なくできる

1-3.いつから始めるべきか

シニアの断捨離は、思い立った時点から始めることをおすすめします。まずは、断捨離の計画を立てましょう。物量が多い・家が広いなどの場合でも、計画をきちんと立てて進めていけば挫折しにくいものです。できるだけ早くから手をつけることで、時間も気持ちも余裕を持って取り組むことができます。

1-4.無理をせずにコツコツ進めよう

シニアの断捨離は、想像以上に多くのものを仕分けたり処分したりすることになります。早く終わらせたい気持ちも分かりますが、無理をせずにコツコツ進めていきましょう。一気に作業を進めようすると、挫折しやすくなります。自分たちの能力を過信せず、できる範囲で進めていくことが近道なのです。

2.シニアの断捨離の方法

シニアの断捨離の方法について詳しく解説します。

2-1.断捨離すべきものは?

シニアが断捨離すべき主なものには、以下のようなものがあります。

  • 着なくなった洋服・着物
  • 使わなくなった家電や家具
  • 趣味の合わない食器類
  • 思い出の品で不要になったもの
  • 読まなくなった書籍類

2-2.断捨離の方法や計画の立て方

断捨離をスムーズに進めるために、具体的な方法やスケジュールを決めておきましょう。

2-2-1.断捨離の方法

断捨離で出た不用品の処分方法を決めておきましょう。仕分けた後で決めるよりも、効率よく進めることができます。また、自分で処分するのか・業者に依頼するのかも考えてください。作業量が多くて自分たちだけでは無理と感じるのなら、業者に依頼すると楽です。

2-2-2. 計画の立て方

断捨離には、多くの時間と労力が必要です。効率よく作業を進めるためには、無理のない計画を立てましょう。まずは、必要な作業をリストアップしてください。十分な時間を割り当てながら、作業の順番を決めましょう。短期間で作業を進めようとすると、必ず挫折します。途中で急用が入っても対応できるよう、予備日を設定しておくこともおすすめです。

2-3.思い出にひたり過ぎないこと

断捨離途中で手をとめないようにしましょう。思い出の品などを懐かしがって見ているうちに、どんどん時間が経過してしまいます。たくさんのものを仕分けるためには、スピードも大切です。不用品を仕分ける基準を決めておき、淡々と作してください。処分に迷うものは一時保留とし、後日改めて考えましょう。

3.シニアの断捨離で出た不用品はどうする?

シニアの断捨離で出た不用品の処分方法や注意点などを詳しく解説します。

3-1.自治体に処分を依頼する

不用品は、自治体にゴミとして処分を依頼できます。自治体の回収ルールに従って処分しましょう。ただし、以下のような家電リサイクル法やPCリサイクル法の指定品目は、ゴミとして出すことができません。メーカーに回収を依頼するなど、そのほかの方法で処分してください。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • パソコン
  • パソコン用モニター

<メリット>

  • 回収費用が無料もしくは格安
  • 依頼先が自治体なので信頼できる

<デメリット>

  • 自分で集荷場所に運ぶ必要がある
  • 集荷場所・日時の指定がある
  • 自治体で処分できないものもある

3-2.知人や友人に譲る

断捨離で出たものは、知人や友人に譲ることも考えましょう。使ってくれそうな人に連絡し、引き取ってもらえるか確認してください。

<メリット>

  • ものを大切にできる
  • 知り合いに譲るので安心感がある

<デメリット>

  • 必ずしも引き取り先があるとは限らない
  • 自分で持っていくか送付する手間がかかる

3-3.リサイクルショップに売る

中古品として価値が高いものは、リサイクルショップに売ることも考えましょう。使用感の少ない家電や家具などは、売れる可能性が高くなります。まずは、業者の店頭に持ち込んで査定を受けてください。買取可能なら、その場で引き渡して代金を受け取ることができます。

<メリット>

  • 持ち込んだその場でお金になる
  • 中古品として再利用してもらえる

<デメリット>

  • 必ずしも売れるとは限らない
  • 自分で店頭まで運ぶ手間がかかる
  • 買取不可でも処分を依頼できない

3-4.遺品整理業者に処分を依頼する

遺品整理業者に不用品の処分を依頼することもできます。業者選びのポイントは、以下を参考にしてください。

  • 遺品整理・生前整理の実績が豊富
  • 再販可能なものは買取している
  • 再販不可なものでも回収し資源リサイクルしている
  • 希望の日時・場所で回収してくれる
  • 見積もりは無料
  • 回収費用がリーズナブル
  • スタッフの感じがいい
  • 顧客からの評判がいい
  • 古物商許可を取得している

遺品整理業者に不用品の処分を依頼しする場合、最低でも1回数千円程度が必要です。物量によっては、1回数万円以上かかることもあります。詳しくは、見積もりをもらって確認してください。

<メリット>

  • 日時・場所指定で回収してもらえる
  • 自分で運ぶ手間がかからない
  • 状態のいいものは買取してもらえる場合がある

<デメリット>

  • 回収費用がかかる

3-5.施設などに寄付する

不用品の中でも、家電や家具などまだ十分に使用価値があるものは、施設に寄付することも可能です。まずは、福祉施設や学校など寄付できるところがあるか探してみるといいでしょう。自治体が不用品の寄付を募集していることもあるので確認してください。

<メリット>

  • 不用品でも喜んで使ってもらえる
  • ものを大切にできる

<デメリット>

  • 必ずしも寄付先が見つかるとは限らない
  • 自分で寄付先に運ぶ必要がある
  • 送料なども自己負担

3-6.できるだけリサイクルできる方法がベスト

不用品はゴミとして廃棄するより、リサイクルできる方法で処分しましょう。不用品の中には、リサイクル価値があるものが多く含まれています。ゴミとして廃棄すれば、有効活用できずに終わってしまうのです。再販可能なものは業者に買取してもらうこともできます。故障や汚れ・破損などで再販できないものも、資源リサイクルに回しましょう。

4.シニアの断捨離に関するよくある質問

最後に、シニアの断捨離に関するよくある質問に回答します。それぞれ目をとおし、役立ててください。

Q.ものを処分するのに抵抗があるのですが?
A.シニア世代は、ものを大切に生きてきた人が多くいるため、ものを捨てることに罪悪感を覚えやすいことでしょう。しかし、役目を終えたものはきちんと処分することが必要です。役目を果たしてくれたことに感謝をして処分しましょう。

Q.断捨離後、再び断捨離してもいい?
A.断捨離に制限回数はありません。1回目の断捨離で不十分と感じる場合は、再度行ってください。1回断捨離し必要と思って残したものでも、不用品と判明することもあります。断捨離を繰り返すことで、より理想的な状態になるはずです。

Q.断捨離後にものを増やさないためのアイデアは?
A.バーゲンなどで安くなっても、無駄なものを購入しないようにしましょう。必要なものだけを購入し、寿命を迎えるまで使い続けるのがコツです。また、不用品はこまめに処分することも心がけてください。

Q.断捨離したら住居が広過ぎると感じるのですが?
A.現在の住居が広過ぎるなら、住み替えを検討するといいでしょう。夫婦2人もしくは単身の場合は、コンパクトな住居のほうが適していることもあります。

Q.人形やぬいぐるみなどの処分はどうすればいい?
A.処分するときに供養をしてもらうといいでしょう。供養は、寺社や遺品整理業者などで受けつけています。ゴミとして処分する場合は、塩をふって清めてから、ほかのゴミとは別の袋に入れて出すといいでしょう。

まとめ

今回は、シニアの断捨離について詳しく解説しました。シニア世代は、そろそろ終活を考えることになります。今のうちに身の回りのものを整理しておけば安心して暮らすことができるでしょう。まずは、必要なものを残し、不用品を処分することから始めてください。不用品がなくなれば、生活スペースが広くなり生活しやすくなるなど、メリットがたくさんあります。また、自分が亡くなった後の遺品整理も楽になるでしょう。まずは、計画を立ててひとつずつ進めてください。途中で挫折した場合は、遺品整理業者などの手を借りることもできるので心配する必要はありません。