年末大掃除を効率よくすすめるコツを紹介!必要な準備や掃除の手順も

「年末大掃除の準備はいつからすればよいのか?」「効率的に大掃除を済ませる方法を知りたい」という人は多いでしょう。年末が近づくといろいろやらなければならないことがありますが、大掃除もその一つだと思います。できるだけ計画的に大掃除を終え、気持ちよく新年を迎えたいものですよね。

この記事では、年末大掃除に必要な準備やスケジュールの立て方・場所別の掃除方法などを詳しくご紹介しましょう。

  1. 年末大掃除に必要な準備は?
  2. 大掃除のスケジュールを立てるポイント
  3. 年末大掃除で掃除すべき場所
  4. 場所別の掃除方法を紹介
  5. 大掃除で出た不用品の処分方法
  6. 年末大掃除に関するよくある質問

この記事を読むことで、年末大掃除を効率的にすすめるコツや掃除の順番などが分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.年末大掃除に必要な準備は?

まずは、大掃除をするにあたって準備すべきことについてまとめました。

1-1.不用品を処分して掃除しやすくする

大掃除を始める前に、まずは不用品を処分してものを減らしましょう。ものが多いと掃除するのが大変になります。1年をとおして着なかった洋服や、持っていることも忘れていた雑貨・賞味期限が切れている食材など、この機会に処分するとよいでしょう。ポイントは、「自分にとって必要なものだけを残す」ことです。自分にとって不要なものを処分することで、すっきりした気持ちで新年を迎えることができるのではないでしょうか。

1-2.掃除箇所をリストアップする

次に、掃除したい場所をリストアップしましょう。掃除箇所を事前に決めず、目についたところから掃除していくと、中途半端に終わってしまう可能性があります。大掃除なので普段なかなか掃除できない箇所や、大がかりな掃除が必要な箇所などもリストアップするとよいでしょう。掃除が終わった箇所から一つ一つチェックしていくことで、達成感を得ることにもつながります。

1-3.掃除道具をそろえる

掃除に必要な道具をそろえておきましょう。洗剤やスポンジ・ぞうきんなど、あらゆる箇所の掃除に使うものは多めに用意しておくのがおすすめです。掃除を始めてから「道具がない」ということになると、途中で買いにいかなければならずモチベーションも下がってしまいます。

2.大掃除のスケジュールを立てるポイント

大掃除のスケジュールを立てるにあたって、知っておきたいポイントをご紹介しましょう。

2-1.余裕のあるスケジュールを

時間に余裕のあるスケジュールを立てるよう心がけましょう。年末が近づくと年賀状の準備やお歳暮・おせち料理の手配など、やらなければならないことがたくさんあります。そのとおりにできなかったとき、「年越しまでに間に合わないのでは」と気持ちが焦ってしまいがちです。予備日を設けるなどして自分のペースですすめられるようにしましょう。

2-2.ゴミの収集日も考慮して決める

ゴミの収集日がいつなのかもチェックした上で、スケジュールを立てましょう。特に、粗大ゴミの回収は年末時に混雑しやすいため、申し込みから回収まで時間がかかってしまう可能性があります。収集日がまだまだ先だと、ずっと家の中にゴミを置いたままにしなければならないため、邪魔になってしまうでしょう。

2-3.簡単にできて成果が見えやすい箇所から取りかかる

掃除する順番を決める際は、簡単に取りかかることができて掃除の成果が見えやすい箇所から始めましょう。最初に大変な掃除からやってしまうと、時間もかかって掃除するのが面倒になってしまいがちです。成果が見えやすい箇所を先に掃除すれば、「掃除すればこんなにきれいになる」ということが分かり、モチベーションも上がりやすくなります。

3.年末大掃除で掃除すべき場所

年末大掃除では、以下のような場所を掃除しましょう。

3-1.押し入れやクローゼット

押し入れやクローゼットには普段ものが収納されているため、なかなか掃除することができません。ホコリがたまっていないか・カビが発生していないかをチェックするためにも、中のものをいったんすべて出してみるとよいでしょう。その際、不用品は処分し、一気にものを減らすのがおすすめです。

3-2.水回り

キッチンや浴室・洗面所・トイレなどの水回りは、大掃除ですみずみまできれいにしましょう。水アカやカビ・黒ずみなど、頑固な汚れが蓄積している可能性があります。普段はなかなかできない換気扇やトイレのタンク内・排水口なども掃除するのがおすすめです。

3-3.玄関

玄関はよい運気が入ってくる場所ともいわれているため、新年を迎えるにあたってきれいに掃除しておくことをおすすめします。特に、靴箱の中は臭いが発生しやすいため、いったん中身を出してすみずみまで掃除するとよいでしょう。

3-4.ドアノブや手すり

ドアノブや手すりには、手アカなどの皮脂が付着しています。見た目はきれいでも汚れが蓄積している可能性があるため、拭き掃除をして清潔な状態にしておきましょう。

3-5.各部屋の壁や床・照明器具

リビングや寝室・子供部屋・書斎など、すべての部屋の壁や床・照明器具も掃除が必要です。普段なかなか掃除する機会がないため、汚れやホコリがたまっている可能性があります。特に壁や床は、掃除することで家のこもった臭いを取り除くことにもつながるでしょう。

3-6.ベランダや窓ガラス・サッシ

ベランダや窓ガラス・サッシ部分も、年末大掃除の機会にきれいにするのが望ましいでしょう。せっかく家の中がきれいになっても、ベランダや窓ガラスが汚れていては台無しです。ただし、地域によっては雪や低温が原因で掃除するのが難しいため、暖かくなってから取りかかるのもよいでしょう。

4.場所別の掃除方法を紹介

年末大掃除の具体的な方法を、場所別にご紹介しましょう。

4-1.キッチン

キッチンは特に掃除すべき箇所が多いため、余裕を持ったスケジュールで取りかかりましょう。掃除の手順を箇所別にご紹介します。

換気扇

換気扇の主な汚れは、油とホコリです。こびりついた頑固な汚れを落とすには、重曹やセスキ炭酸ソーダを使うとよいでしょう。説明書を参考にして外せる部品をすべて外し、重曹かセスキ炭酸ソーダを溶かしたお湯につけ置きしてください。つけ置き後、使い古した歯ブラシなどでこすると汚れがきれいに落ちます。

シンク

水アカや石けんカスがたまりやすいシンクには、重曹やクエン酸を使った掃除がおすすめです。クエン酸を水に溶かしてスプレーを作り、シンク内に吹きかけて1時間ほど放置しましょう。その後、スポンジでこすれば簡単に水アカが落ちます。石けんカスの汚れには、重曹を粉のままふりかけ、30分ほど放置してください。最後にスポンジでこすって水で洗い流しましょう。

ガスコンロ

ガスコンロには油の焦げ付きが蓄積しているため、重曹が有効です。重曹を溶かしたお湯に五徳をつけ置きしている間に、重曹水でトッププレートを掃除しておくとよいでしょう。

食器棚

普段なかなか掃除する機会がない食器棚もきれいにしましょう。収納してある食器類をいったんすべて取り出し、ホコリや汚れを取り除いてから元に戻します。長い間使っていない食器や欠けてしまっている食器などは、思いきって処分するのがおすすめです。

4-2.浴室・洗面所

浴室の大掃除では、普段気になっている黒カビもしっかり退治しましょう。頑固な黒カビには、カビ取り剤を吹きかけた上からキッチンペーパーとラップで密閉し、半日ほど放置してから洗い流してください。仕上げに煙剤タイプの防カビ剤を使って、浴室全体を除菌するとよいでしょう。洗面所も、水アカにはクエン酸、化粧品による油汚れには重曹を使った掃除がおすすめです。

4-3.トイレ

トイレは普段からこまめに掃除している場所だと思うので、汚れの蓄積は少ないでしょう。メラニンスポンジを使って細かい部分の汚れも取り除くなど、いつもより少し丁寧に掃除することをおすすめします。壁や床・扉などもしっかりと水拭きし、換気扇に付着したホコリも掃除機で取り除いてください。

4-4.壁

壁に付着した手アカやヤニ汚れには、重曹が効果的です。重曹を溶かしたお湯にぞうきんを浸し、固く絞ってから壁全体を拭き掃除しましょう。汚れがひどいときは塩素系漂白剤を使うときれいになりますが、壁紙の素材によっては変色やはがれを引き起こす場合があるため、注意してください。

4-5.玄関

玄関は掃除機やほうきでゴミを取り除いてから、セスキ炭酸ソーダを使って拭き掃除しましょう。履かない靴や壊れた傘など、不用品は処分することをおすすめします。

5.大掃除で出た不用品の処分方法

大掃除で出た不用品を処分する方法についてまとめました。

5-1.自治体の回収を利用して捨てる

まず思いつくのが、自治体のゴミ回収を利用する方法でしょう。ゴミの分類や捨て方については自治体ごとに異なるため、事前に確認してください。粗大ゴミとして捨てる場合は事前の申し込みや処理券の購入が必要になるため、早めに行動することをおすすめします。自治体を利用するメリットは、やはり安さです。また、相手が自治体ということで安心感も大きいでしょう。

5-2.不用品回収業者に依頼する

処分したい不用品が大量にある場合は、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめです。日時を指定すれば自宅まで回収に来てもらえるため、自分で運ぶ必要はありません。中には回収と同時に買取を行っている業者もあるため、お得に不用品を処分できる可能性もあるでしょう。ただし、業者選びには注意が必要です。必要な許可を持たずに営業している違法業者も存在するため、慎重に業者選びをしてください。

5-3.買取に出す

状態のよいものは、買取に出してお得に処分しましょう。基本的に、使用感が少ないものや目立つ汚れ・傷がないもの・正常に動作するものであれば、買取対象になる可能性があります。買取先にはリサイクルショップや買取業者などがあるため、比較して選ぶとよいでしょう。

6.年末大掃除に関するよくある質問

「年末大掃除について知りたい」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.年末大掃除は何のために行うのですか?
A.1年のすすを払い、新年の神様をお迎えするために行われます。

Q.大掃除に取りかかる時間帯は何時ごろがおすすめですか?
A.できれば午前中の早い時間から取りかかりましょう。体力が十分にあり、気持ち的にもやる気になりやすいためです。また、掃除後、部屋に風をとおしてカビの発生を予防する上でも、早い時間から取りかかったほうがよいでしょう。

Q.なかなか大掃除をする気になれません。モチベーションを上げる方法はないでしょうか?
A.好きな音楽をかけながら掃除する・掃除が終わったときのご褒美を用意する・きれいな部屋をイメージするなどの方法がおすすめです。

Q.不用品を買取に出すときのポイントを教えてください。
A.きれいに掃除をし、付属品をそろえておきましょう。家電などは正常に動作するか確認しておくことも大切です。

Q.  悪質な不用品回収業者にはどのような特徴がありますか?
A.ホームページがない業者や所在地を明らかにしない業者・無料見積もりを受け付けていない業者などは利用しないようにしましょう。無料回収業者の場合は、なぜ無料で回収が可能なのか、きちんと説明できない業者は要注意です。

まとめ

年末大掃除のスケジュールを立てるポイントや場所別の掃除方法・不用品の処分方法などをまとめてご紹介しました。年末大掃除は、普段なかなか掃除できない場所まできれいにする絶好の機会です。早めにスケジュールを立て、家族にも協力してもらいながら、効率よく掃除しましょう。ぜひこの記事を参考に、年末の大イベントである大掃除をスムーズに終えてください。