シェアハウスに興味がある方必見!個室で自分の時間も楽しめる新生活

近年増え続けているシェアハウス。首都圏を中心に、全国へ広がり始めています。一人暮らしは少し寂しいから、誰かと暮らしたい。確かに、その気持ちはよく理解できます。
しかし、同じ部屋で他人と暮らすのは息苦しいと感じる方もいて、適度な距離感で共同生活が送れるシェアハウスのニーズが高まっているのです。今回は、独身の社会人や大学生に人気があるシェアハウスの必要性・設備・費用などをご紹介します。

シェアハウスに関心はあるけれど、どんなところか不安で踏み出すことができないという方は、この記事で選ぶ参考にしてみてください。

1.シェアハウスとは?

シェアハウスとは、1つの住宅を複数の人で暮らすスタイルのこと。新しい居住スタイルとして注目が集まっています。短期居住タイプをゲストハウスと呼ぶケースもあり、一般の賃貸住宅における大家さんではなく、さまざま企業や団体によって運営されているものです。

1-1.定義

1つの家で複数の人が暮らし、空間を共有しながら助け合って生活するのが、シェアハウスの定義です。共同スペースと個人スペースがあり、適度な距離感で人間関係を保(たも)つことができます。入居者同士で生活を維持し、運営者は入居者の安全と快適な暮らしを提供することで成り立っているのです。

1-2.メリット

シェアハウスが持つ最大のメリットは、費用負担が少ないことです。一般的な賃貸住宅は初期費用がかかり、引っ越しの出費に悩むことも多いでしょう。一人暮らしを始めようと思う方は、家具・家電製品・食器など何かと購入しなければならないものがありますよね。新規購入品が少なく、気軽に入居できるのが、シェアハウスのメリットです。
シェアハウスでは入居者同士のコミュニティーが存在し、異業種や異文化間の交流が持てるので、自分の知識や興味を広げられる場所でもあります。

1-3.デメリット

入居者が複数いるシェアハウスでは、風呂・トイレ・キッチンなど生活に必要な場所も他人と共有しなければなりません。汚れが気になる・衛生面で心配・臭いが嫌だという方には向かないでしょう。
他人の生活音が気になることもありますが、自分が出す生活音にも配慮しなければなりません。入居者同士のコミュニティーがあるため、人間関係が悪化すると暮らしにくくなるデメリットもあります。

2.どんなシェアハウスがあるのか?

シェアハウス選びでポイントになるのは、タイプや種類だと思います。大きくわけて3つ。ご自身に合うタイプを見つけてみてください。

2-1.マンションタイプ

マンションタイプは、少人数向けの小規模シェアハウスです。2LDK以上の部屋をわけるルームシェアに似たタイプで、リビングを共有スペースとして使います。条件のいい部屋に安い家賃で住みたいという方や、親しい人と一緒に暮らしたいと思う人に向いているシェアハウスです。
中古マンションを改装したものと、新築マンションをシェアハウスとして購入したものがあります。

2-2.戸建て住宅タイプ

比較的大人数に向いているのは、戸建て住宅タイプです。マンションタイプでは味わえない庭や屋上が利用でき、設備も充実しています。戸建て住宅だからこそできる独自の改装や改築で、大人数が居住できるように設計されているのが特徴です。
戸建て住宅タイプでは、中古物件をリノベーションしているものと、空(あ)き地の有効活用を目的に新築されたものがあります。

2-3.自宅兼用タイプ

自宅の一部を改装し、シェアハウスとして提供する動きも出始めています。イメージとしては、下宿に近いものでしょう。敷地内にシェアハウス用の物件を新築するケースもあります。
もともと家主が住んでいた家をシェアハウスとして使う場合もあり、改装にかかる費用と収入のバランスを見て家賃が決まるため、ほかのシェアハウスとは家賃設定が異なることもあるでしょう。

3.シェアハウスの設備について

シェアハウスの入居を考えるとき、どのような設備が充実しているのか気になりますよね。基本的なものは用意されていますので、自分で揃(そろ)えるものは意外と少なくて済むでしょう。

3-1.キッチンスペース

キッチンには電子レンジ・鍋などの調理器具・冷蔵庫・調味料・炊飯器が備えられています。食材は支給されるシェアハウスもありますが、個別に取り決めを行っているところもありますので、入居前に確認しましょう。

3-2.風呂

風呂では、水道代の無駄を省くため、湯張りが禁止されていることがほとんど。シャワーは無料で使えます。洗濯機も設置されていますので自由に使える反面、ほかの入居者と1つの洗濯機を使わなければなりません。

3-3.トイレ

トイレも共同で使います。トイレットペーパー・掃除用品・洗剤類は支給される場合がほとんどです。

3-4.個室

エアコン・収納・机・椅子・カーテンなど、最低限の生活に必要なものは揃(そろ)っています。しかし、寝具は衛生面や臭いが気になるという人もいるため、ほかの入居者と共有せずに自分で用意することがほとんどです。買い取りとして設置しているケースもあります。

3-5.通信設備

自由にインターネットを使えるように、Wi-Fiを導入しています。パソコンを設置しているところもありますが、セキュリティーなどの問題から避けている場合も。個人情報漏洩(ろうえい)が心配な方は、自分で用意する方が安全です。

4.入居費用・家賃について

一般的な賃貸住宅に比べ、初期費用が抑えられるメリットがあります。しかし、シェアハウス独自のシステムを導入しているところもあり、入居を考える際には知識を持っておくようにしましょう。

4-1.初期費用とは?

シェアハウスには敷金・礼金・仲介手数料が不要というイメージが強いのですが、それぞれ違いがありますので確認してから契約しましょう。礼金だけ・敷金だけ・どちらも必要というケースもあります。
8〜9割のシェアハウスでは、すべて必要ないとされていますので、わずかな初期費用で入居可能です。

4-2.デポジット制

デポジット制を導入しているのも、シェアハウス特有の試みでしょう。デポジットつまり保証金を入居時に納入しておきます。デポジットとして用意する金額は、家賃の1か月分が目安です。退去時は返金されますが、クリーニング代を差し引かれるケースもあります。

4-3.細かな費用の内訳は?

入居の契約にかかわる事務手数料・火災保険料・鍵交換代金は、初期費用として納めなければなりません。契約書を確認し、不明な点は聞いておきましょう。

4-4.家賃の相場

シェアハウスの相場は、広さ・立地・設備の充実度などによって変わります。3万円〜10万円以上と幅広いので、一概に相場を決めることはできません。家賃より、一緒に暮らす入居者との相性や住んでみたい街で選ぶ傾向があります。
ただし、格安と謳(うた)っている中には、狭く息苦しい個室しか与えられないケースもあるので、事前見学は重要です。

5.トラブルについて

他人と暮らすということは、やはりトラブルが起こる可能性も念頭に置くべきです。お互いを尊重し合う暮らし方が求められており、集団生活のルールは守る必要があります。

5-1.友人を呼びにくい

シェアハウスに友人を招き、入居者トラブルに発展する事例が増えています。マナーが悪い友人には注意が必要です。深夜の笑い声やごみをきちんと処理していないなど、ほかの入居者へ配慮が求められます。シェアハウスでは、友人を招き入れることを禁止しているところがほとんどです。

5-2.価値観の違い

きれい好きな人もいれば、掃除の仕方がいい加減な人もいます。人の価値観はまったく異なり、掃除1つでも言い合いになることも少なくありません。トイレの後に掃除を怠り、不快な思いを抱く人もいます。風呂の使い方でもめるケースも増えているので、自分一人ではないことを常に自覚しなくてはいけません。

5-3.注意点

入居前によく考えていただきたいのは、シェアハウスには男女が同居する可能性があるということ。男性と女性では考え方や生活習慣などが大きく違い、中には異性と一緒の空間では安らげないという方もいます。特に、女性は異性と同じ洗濯機を使うのは嫌だと感じることがあるでしょう。最近では、女性専用シェアハウスも登場しています。シェアハウス選びの際に注意してください。

6.入居者の声

シェアハウスが人気を集め、話題となっているのは万全のサポート体制でフォローを受けられるからです。他人と同じ屋根の下で暮らすのは不安と感じている方は、入居者の声を参考にしてみてください。

6-1.故障にもすぐ対応してくれる

暮らしの中では、さまざまなトラブルや故障に見舞われることがありますよね。水漏(も)れ・雨漏(も)り・電気トラブルなど、日常生活で発生しやすい急な故障は心配ですよね。故障が起こった場合も、運営会社へ連絡すればすぐに対応してもらえます。人間関係で住みにくくなったという事例でも、同じ運営会社が管理するシェアハウスなら転居も可能です。
日常生活で何気ない不安を抱くことがあるなら、すぐに相談してみてください。

6-2.水周りの清掃はプロの手で!

キッチン・風呂・トイレは、入居者すべてが毎日使う場所です。他人が使った後は気になりますし、人によって掃除の仕上がり具合が違い、納得がいかないこともあります。掃除を自分たちの手でやらなくてならないのは、心身ともに負担も大きいですよね。
しかし、シェアハウスでは水周りの清掃はプロが行うケースもあり、いつも快適な環境を維持してもらえます。一人暮らしでは実現できないことでも、シェアハウスならできることもあるのです。

6-3.想像以上にプライバシーが守られている

入居者の多くが持つ感想は、想像していたよりプライバシーが守られている安心感です。集団生活のイメージが持たれがちなシェアハウスですが、自分だけの空間もきちんと持つことができます。鍵付きの個室で、安全やプライバシーにも配慮。入居前は不安を感じる方がほとんどです。自分だけの空間もあり、自由な時間と共有する時間を満喫しているという声が多く聞こえてきます。

7.よくある質問

賃貸住宅とは違うシェアハウスは、わからないことが多いですよね。よくある質問をまとめてみました。

7-1.入居前に見学はできる?

運営会社へ連絡し、事前に見学したい旨を伝えてください。賃貸住宅同様、共同スペースや個室の紹介をしてもらえます。気になるポイントをまとめておき、見学時にチェックすると安心です。担当者への質問事項も用意しておきましょう。

7-2.保証人がいない場合は?

シェアハウスの入居にあたり、保証人がいなくても問題ありません。とはいえ、誰にでも簡単に部屋を提供できないので、事前に顔合わせで運営会社と会う必要があります。

7-3.ペットや楽器は問題ないの?

ペットについては相談により、飼育可能です。
音の出る楽器は原則として不可とされています。ほかの入居者への配慮からです。ヘッドフォン対応できるものなら、使える楽器もあります。事前に運営会社へ相談してみてください。

7-4.喫煙者について

シェアハウスでは、指定喫煙所を設けています。共有スペース・個室では禁煙となるので注意してください。喫煙ルールを徹底することで、快適な居住空間を維持することができます。

8.まとめ

いかがでしたか?就職や進学で一人暮らしを始めようと思っている方にとって、引っ越しや賃貸契約にかかる初期費用は負担が大きいものです。シェアハウスの多くは敷金・礼金・仲介手数料を支払う必要がなく、家具や家電製品も新しく購入しなくて済みます。入居にかかる負担が少なくスタートできる、プライバシーの保(たも)たれた空間で新生活を楽しみましょう。