シェアハウス利用者の年齢層は? 世代別におすすめのタイプを一挙公開

「シェアハウスにはどのくらいの世代に向いているのか?」「年齢制限は?」とお悩みの人は多いでしょう。ルームシェアやソーシャルアパートメント同様、複数で共同生活を送るシェアハウスは、近年人気を高めてきています。「寂しくない」「家賃を節約できる」などメリットもたくさんありますが、その反面、心配ごともいろいろあるでしょう。快適にシェアハウスでの生活を過ごすためには、共同生活に向いている年齢や性格についても調べておく必要があります。この記事では、シェアハウスに適した年齢や年代別のおすすめタイプ、シェアハウスを選ぶときのポイントなどをまとめてご紹介しましょう。

この記事を読むことで、年齢にかんするシェアハウスの悩みを解決できるはずです。自分に適しているシェアハウスがどのようなものなのかを知り、快適な共同生活をスタートしてください。

1.シェアハウスと年齢について

シェアハウスに向いている年代や性格、年齢制限などについてご紹介します。

1-1.シェアハウスの中心世代とは?

ここ数年で急増したシェアハウスの利用者。その年齢層は、多くが20代から30代前半の若者です。そもそも、独身の社会人や学生をターゲットにしている会社が多いことからも、若者層にとって魅力的な物件が多いことが予想されます。若者層がシェアハウスを選択する理由は「相談相手が身近にいてほしい」「家賃を安くしたい」「一人では寂しい」などです。若いうちに家賃を節約してお金を貯(た)めたいという気持ちはわかります。また、初めて親元を離れて一人暮らしをする人にとっても、共同生活ができるシェアハウスなら寂しさを紛らわすことができるでしょう。若者ならではの理由でシェアハウスの需要が高まっているというわけです。

1-2.学生向きなのか?

「シェアハウスと言えば学生が利用するイメージがある」という人も多いのではないでしょうか。学生向きのシェアハウスもありますが、もちろんそのような制限はないところがほとんどです。ただ、学生にとってメリットが多いことは確かでしょう。まず、何でも折半が可能なため節約できるという点です。必然的にお金のやりくりも上手になります。そのほかにも「一人じゃない」という安心感を得られるのも大きなメリットです。落ち込んだときや悩みごとがあるときに話し相手になってくれる人がいるということは、まだ若い学生にとって魅力でしょう。

1-3.年齢制限はあるのか?

最近は年齢制限を設けているシェアハウスも増えてきています。幅広い年齢層の人が共同生活を送ると、価値観の違いなどでトラブルが発生する可能性があるためです。また、「シングルマザー専用」や「高齢者専用」というように、条件を定めたシェアハウスも人気を集めています。年齢制限がなくても「高齢者歓迎」と宣伝しているシェアハウスもあるため、自分にとってどのような環境が暮らしやすいのか、よく考えてから選ぶようにしましょう。

1-4.向いている性格やタイプについて

他人と共同生活を送るシェアハウスには、向いている性格やタイプというものがあります。以下のような人は、シェアハウスに向いていると言えるでしょう。

  • 自分のことは自分でできる人
  • 人とコミュニケーションがとれる人
  • 他人の言動が気にならない人
  • 自分と違う価値観を受け入れられる人
  • 潔癖症すぎない人

特に、神経質すぎる性格の人はシェアハウスに向いていません。一緒に暮らす人の生活音や生活スタイルが気になりイライラしてしまうようなら、共同生活はうまくいかないでしょう。

2.年代別のおすすめシェアハウス

「シェアハウスに住んでみたいけれど、年齢が気になる」という人のために、年代別のおすすめシェアハウスをご紹介しましょう。

2-1.シェアハウスのタイプについて

シェアハウスと言ってもさまざまなタイプがあるため、それぞれの特徴を知っておきましょう。たとえば、マンションタイプや一戸建てタイプ、アパートタイプなど、入居する人数によって設備内容も異なります。部屋のタイプは、一人で使用する個室タイプと二人以上で使用するドミトリータイプがあり、自分だけの空間を確保したいか、一人になりたくないかで選ぶことになるでしょう。中には100人規模で入居するタイプのシェアハウスもあり、入居者同士でパーティーやイベントを開催することも多いため「学生気分を味わえる」と人気です。

2-2.年代別のおすすめタイプとは?

年代別におすすめしたいシェアハウスのタイプをまとめてみました。

2-2-1.10代後半~20代

学生や社会人になりたての若者層には、大勢で住むタイプのシェアハウスがおすすめです。話題も合いやすいことから「にぎやかに楽しく暮らしたい」という人が多いでしょう。初めて実家を出て暮らし始めた人でも寂しさを感じることはありません。「他人と暮らす難しさを知りたい」「きちんとした生活を送りたいのであえて共同生活を選択したい」という人もいるでしょう。その場合は、5~7人程度で入居するマンションタイプや一戸建てタイプがおすすめです。

2-2-2.30代~

30代になると一人で過ごす時間も貴重に感じるようになるため、個室があるタイプのシェアハウスがおすすめです。「人と過ごす時間」と「一人になる時間」をきっちり分けて住みたいという人は、3~4人程度の少人数タイプが適しています。程よく独立した空間を設けることは絶対条件です。

2-2-3.40代~

40歳をすぎてからシェアハウスに住み始める人は「寂しさ」や「他人とのコミュニケーション不足」を理由にする場合がほとんどです。ただし、このくらいの年齢になると他人との価値観の違いや生活音などが気になるようになるため、シェアハウス選びは慎重に行わなければなりません。コミュニケーション能力の向上を目指して大人数タイプのシェアハウスを選ぶか、自分の時間も大切にすることを考えて少人数タイプのシェアハウスを選ぶか、よく考えてみる必要があるでしょう。

2-3.大人のためのシェアハウス

ここ数年は、40代後半から50代になってからシェアハウスに移り住む人も増えています。そこで、おすすめしたいのが「大人のためのシェアハウス」です。「節約のため」「寂しさを紛らわすため」に住むのではなく「高級感を求めて」シェアハウスを選択する人が多くなっています。まるでホテルのような高級物件も、シェアハウスであればコストを抑えて借りることが可能です。設備も充実しており、立地条件もよい。そんなシェアハウスで贅沢(ぜいたく)な生活を過ごしてみませんか?

3.快適なシェアハウスの選び方

では、快適なシェアハウスを選ぶためのポイントや業者の見極め方などをご紹介しましょう。

3-1.チェックポイントは?

シェアハウスにはさまざまなタイプのものがあるため、自分が生活しやすいかどうかをよく考えて選ぶ必要があります。チェックポイントをいくつかご紹介しましょう。

3-1-1.間取り

まずは、間取りをチェックしましょう。広さは十分か、個室はあるか、共有スペースの使いやすさはどうかなど、細かく確認する必要があります。特に、共有スペースのチェックは重要です。ホームページの写真や図面だけでは、実際の様子がよくわからないでしょう。実際に訪れて自分の目で確認することをおすすめします。また、個室にカギがついているかどうかもチェックしておきましょう。共同生活は楽しいものですが、ときには自分一人の時間を大切にしたいときもあるはずです。カギつきの個室があれば、自分だけのスペースを手に入れることができて安心でしょう。そのほかにも、特に女性はキッチンやお風呂もチェックしておくべきです。水回りが汚れていると住み心地の悪さを感じてしまうため、清潔感があるかどうかしっかりと確認しておいてください。

3-1-2.規模

少人数で住むタイプなのか、大人数で住むタイプなのかも確認してください。「たくさんの仲間がほしい」「パーティーなどをしてにぎやかに暮らしたい」という人には、大規模なシェアハウスの方が合っているでしょう。人数が多い方が、意外とトラブルなども発生しにくいものです。「少人数で家族のように暮らしたい」「アットホームな感じに憧れる」という人は、少人数制のシェアハウスを探しましょう。

3-1-3.入居者の年齢

シェアハウスを選ぶときは、必ずほかの入居者の年齢を確認しましょう。自分だけ年齢層がまったく異なるようだと、暮らしにくさを感じる可能性があります。「話が合わない」「価値観が違いすぎる」などの問題が、トラブルに発展するケースも少なくないのです。もちろん「あえて違う年齢層の人たちと住んでみたい」という考えもあるでしょう。いずれにしても、自分にとって住みやすいかどうかを重視して検討するべきです。

3-2.探すときのポイントとコツ

シェアハウス探しのポイントは、譲れない条件を先に決めておくことです。規模や間取り、個室の有無、共有スペースの広さ、立地条件など「ここだけは譲れない」という条件を決めておくとスムーズにいきます。すべての条件を満たす物件にはなかなか巡り合えないと思いますが、優先したい条件が合っていれば妥協できる場合もあるでしょう。物件探しでは、ある程度の妥協が必要なこともあります。住んでみなければわからない部分もあるため、譲れる部分は譲っていくようにしましょう。

3-3.業者の見極め方

よい物件を探す前に、シェアハウスを運営する業者もしっかりと選びましょう。中には悪徳な業者も存在しているため、慎重に選ぶ必要があります。

  • しっかりとした賃貸契約書があるか
  • 問い合わせの対応が早いか
  • 定期的に巡回してくれるか

以上が、良心的な業者の特徴です。あとはインターネットでその業者の口コミをチェックするなどして、よい業者であるかを見極めましょう。

3-4.トラブルについて

シェアハウスではトラブルが発生しがちです。今までまったく違う生活をしてきた人たちが共同生活を送るわけですから、当然のことでしょう。よくあるトラブルには、以下のようなものがあります。

  • 掃除を当番制にしたのにやらない人がいる
  • 共有スペースに置いていたものを盗まれた
  • 女性専用のシェアハウスに男性を連れ込んだ
  • 生活音がうるさくてもめごとになった

こういったトラブルが発生したときは、管理会社に相談することも一つの手です。しかし、管理会社がすべてのトラブルを解決できるわけではありません。生活を共にするということは、何かしらのトラブルがつきものです。ある程度は容認できる広い心を持ってシェアハウスを選択することをおすすめします。

4.シェアハウスの年齢にかんするよくある質問

「シェアハウスを利用する人の年齢について知りたい」という人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

4-1.シェアハウスの利用者で最も多い職業は何ですか?

A.最も多いのが会社員です。次に学生、職探しをしている人というように、家賃を節約するためにシェアハウスを選ぶ人が多くなっています。

4-2.シェアハウスに住みたいと思っていますが、女性でも心配ありませんか?

A.最近は女性専用のシェアハウスや女性専用のフロアーを設けたシェアハウスも増えてきています。女性が暮らしやすいよう配慮されている物件を選べば心配ないでしょう。

4-3.30代のシェアハウス利用者が増えている理由は何ですか?

A.シェアハウスを題材にしたテレビ番組の影響や、結婚を意識して出会いを求めて利用する人も多くなっています。「一人暮らしはもう経験したので、新しい環境で新鮮な暮らしをしたい」と考える30代も多いでしょう。

4-4.なぜ年齢制限を設けている物件があるのですか?

A.現在の入居者に合わせて、近い年齢に設定している可能性が高いでしょう。やはり同じ年齢層だとトラブルが少ないと考えられるためです。

4-5.若い世代に人気のシェアハウスにはどのようなものがありますか?

A.ヨガができるスペースや健康食作りを楽しめるシェアハウスなどは、女性に人気です。また、週に何日か管理会社や清掃業者が家事をしに来てくれるシェアハウスも、若者層から注目を集めています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。シェアハウスを利用する人の年齢について詳しくご紹介しました。今はさまざまな年齢の人たちが、シェアハウスで充実した生活を送っています。「若い人が利用するもの」と思って諦める必要はないのです。年代別のおすすめタイプやシェアハウスの選び方などを参考にして、快適な暮らしができる物件を見つけてください。この記事を読むことで、シェアハウスでの暮らしに対する夢がふくらむはずですよ。