シェアハウスは間取りが命!シェアハウスの選び方を徹底解説!

シェアハウスを選ぶとき、最も重要なのは間取りと言えるでしょう。今回はシェアハウスに興味があって選び方を詳しく知りたい人のために、必要な知識をわかりやすくまとめました。シェアハウス選びに失敗したくない人は、ぜひご覧ください。

理想のシェアハウスをみつけるためには、間取りのチェックポイントを理解していることが大切です。記事を読んだ人は、シェアハウスの選び方が上手(じょうず)になることでしょう。

1.シェアハウスとは

まずは、シェアハウスとはどんなところかなど、基本を学ぶことにしましょう。また、シェアハウスを利用する人にはどんな人が多いのかについてもお話をします。

1-1.シェアハウスとはどんなところ?

シェアハウスとは、ひとつの住居の中で複数人が共同生活を送る形態のことを言います。一般的に、シェアハウスには個人の生活スペースと共有スペースが存在すると考えてください。完全なひとり暮らしではなく、共有スペースをシェアするスタイルを持つ点が大きな特徴となっています。シェアハウスは、特に都心部で若い人たちに人気が高くなっていることを知っておきましょう。

1-2.シェアハウスの魅力と最近の傾向

シェアハウスの魅力は、ひとり暮らしでありながらも共同生活の安心や楽しさを感じることができる点にあるでしょう。個人のライフスタイルを尊重しながらも、仲間との共同生活も楽しむことができる点で、多くの若い人たちからの共感を得ているのです。また、最近の傾向としては個室スペースを重視するスタイルが増えてきている点に注目してください。個人の生活スペースにかんして、より快適な条件を求める傾向が大きくなってきた証拠でしょう。ワンルームタイプの人気が高いのも、納得ですね。

1-3.シェアハウスを利用する人について

シェアハウスを利用する人は、どんな人が多いのでしょうか。シェアハウスは、基本的にひとり暮らしであることに間違いありません。そのため、独身で若い人が主体となっていると言えるでしょう。最近では、都会でひとり暮らしを始めたい女性に特に人気が高くなっています。理由としては、都会でひとり暮らしをしてみたいけど、割安・安心も確保したいというニーズに合っているからだと考えてください。

2.シェアハウスの間取りを学ぼう

シェアハウスは、どんな間取りになっているのでしょうか。シェアハウスの間取りについて、詳しく解説します。

2-1.シェアハウスの間取りについて

シェアハウスの間取りにも、いくつかのタイプがあります。主なタイプを2つご紹介しますから、参考にしてくださいね。

2-1-1.ドミトリータイプ

ドミトリータイプは、個人の生活スペースをほかの人と共有するタイプのシェアハウスです。ひとつの部屋を複数人で共有するため、いつでもほかの人と生活をするスタイルとなるでしょう。ドミトリータイプは、個室タイプと比べて安い家賃であることが多いです。家賃の安さを重視して選ぶときは、ドミトリータイプでの契約を考えてください。

2-1-2.個室タイプ

個室タイプは、個人の生活スペースがひとり部屋となるタイプのシェアハウスです。1部屋に付きひとりが暮らすことになるため、ほぼワンルームを契約したときと同様のスタイルになると考えましょう。ワンルームを契約したときと異なる点は、共有スペースの有無となります。個人の生活やプライバシーを尊重したい人は、個室タイプのシェアハウスを探しましょう。

2-2.シェアハウスの間取りの重要性

シェアハウスの間取りは、生活スタイルを大きく反映していると言えます。間取りタイプを間違えることは、大きなストレスにつながると言っても過言ではありません。個室タイプが向く人もいれば、ドミトリータイプが向く人もいます。シェアハウスの間取りにかんしては、特に重視して選んでください。

2-3.シェアハウスの間取りをチェックするポイント

では、シェアハウスの間取りをチェックするときのポイントについて解説します。具体的にどんな点をチェックするべきか、覚えておきましょう。

2-3-1.何を重視するか

シェアハウスに何を求めるかによって、重視するポイントも違ってきます。個人の荷物が多い場合は、収納スペースの有無や広さが問題となるでしょう。また、プライバシーを守りたい人は、個室重視となるはずです。まずは、自分にとって外すことができないポイントを考えてみてください。シェアハウスを選ぶときには、何を重視するのかを最優先にして選ぶと良いですよ。

2-3-2.共有部分と個室部分について

シェアハウスには、共有部分と個室部分があります。このうち、共有部分にかんしてもしっかりチェックしましょう。共有部分には、キッチン・バス・トイレ・洗濯機など生活を送るために欠かすことができないものが集まっています。個室部分に問題が無くても、共有部分に不満があると生活がしづらくなるもの。共有部分の使い勝手についても、きちんと確認しておいてください。

2-4.シェアハウスの間取り図について

シェアハウスの間取り図についても、チェックしてください。気になるシェアハウスをみつけたときは、間取り図を見せてもらいましょう。まず、チェックしたいのは自分の生活のメインとなる生活スペース部分です。まずは、個別の部屋の広さや形状、共有部分の広さや位置などを見てください。また、間取り図を見ながら自分が暮らしているイメージをしてみることも大切です。動線に問題は無いか、なども間取り図から判断してください。

3.シェアハウスの選び方

それでは、実際にシェアハウスの選び方についてお話をします。良い物件をみつけるためにも、しっかり学んでください。

3-1.シェアハウスの間取りを選ぶポイント

シェアハウスの間取りを選ぶポイントについて、考えてみましょう。

  • 個室タイプかドミトリータイプか
  • 部屋の広さはどうか
  • 部屋の形状に問題は無いか
  • 収納スペースはどの程度あるか
  • 窓の位置や家具の配置はどうか

同じような立地条件のシェハウスでも、部屋の間取りによって住みやすさが大きく違ってきます。快適なシェアハウス生活を送るためには、間取りのチェックに気を抜くことが無いようにしましょう。

3-2.シェアハウスの見学について

気になるシェアハウスがある場合は、見学してみましょう。見学をすることで、文字や画像だけの情報では気付くことができなかった点が見えてくることもあります。また、部屋の清掃具合や広さなども自分の目で見て確認することは、とても有意義なことでしょう。なお、シェアハウスを見学したいときは、管理会社に連絡をして見学日時の打ち合わせをしてください。

4.シェアハウスの入居の流れについて

シェアハウスに入居するまでには、どんな流れになるのでしょうか。入居の流れだけでなく、必要なものや書類・金額や注意点について学ぶことにします。

4-1.シェアハウスの入居の流れを確認しよう

シェアハウスの入居の流れにかんしては、以下を参考にしてください。

  1. 管理会社にシェアハウスの見学を申し込む
  2. シェアハウスを見学する
  3. 気に入った場合は入居のための審査を受ける
  4. 審査で問題無しとなった場合は契約をする
  5. 入居する

シェアハウスの入居には、過去に滞納歴が無いことや、ほかの人との共同生活に問題となる点が無いか、などの簡単な審査があります。しかし、ほとんどの場合で問題無く入居できると考えてください。

4-2.シェアハウスの入居に必要なものと書類

シェアハウスに入居するときに必要なものと書類について、まとめましたのでご覧ください。

  • 顔写真付きの身分証明証
  • 初期費用
  • 印鑑

シェアハウスに入居するときに必要なものは、シンプルです。また、基本的には契約完了後に鍵の受け渡しとなって入居が可能になると考えてくださいね。

4-3.シェアハウスの入居に必要な金額

シェアハウスの入居に必要な金額は、シェアハウスごとに異なります。一般的には、初期費用として、保証金(デポジット)が必要になることが多いでしょう。詳しくは、下記をご覧ください。

  • 保証金(デポジット):数千円程度から
  • 初月分の家賃:月額数万円から
  • 初月分の共益費:月額1万円程度から

管理会社によっては、初月分の家賃や共益費は日割りの計算となることもあります。また、保証金(デポジット)にかんしては、キャンペーンなどで無料となることもあるのでチェックしてみてくださいね。

ソーシャライブ:https://www.socialalive.jp/

4-4.シェアハウスの入居にかんする注意点

シェアハウスで暮らすことは、たくさんの仲間と知り合って仲良くできるというメリットがあります。また、仲間との共同生活という点で安心できるのは事実でしょう。しかし、シェアハウスにもデメリットはあります。シェアハウスは、共有部分をシェアしながら暮らすスタイルのため、ほかの人と気遣いをしながらの生活が苦痛に感じる場合はシェアハウスに向きません。でも、実際に暮らしてみないことには向き不向きがわからないのも事実。まずは、自分がシェアハウスに合うかどうかのテストを兼ねて入居してみることをおすすめします。

5.こんなシェアハウスには注意しよう!

シェアハウスの中にも、注意したい物件が存在します。選んではいけないシェアハウスの特徴について、解説しましょう。

5-1.シェアハウスで注意したい例とは

シェアハウスの人気は、高まるばかりです。しかし、人気の高まりを受けて多くの業者が参入してくる中、注意したいシェアハウスやトラブル例について多くの報告があるのも事実。

5-2.シェアハウスのトラブル例を学ぼう

では、実際にシェアハウスのトラブルとしてどんな例があるのかご紹介しましょう。多くの人との共同生活には、思わぬトラブルが隠れているものです。

5-2-1.共有スペースに置いてあった食べ物をほかの住人が食べてしまった

共有スペースには、ほかの人の所有物が置いてあることもあります。また、自分の所有物を置くこともあるでしょう。しかし、中にはほかの人の所有物を勝手に食べたり使ったりする人もいます。ルールとしてほかの人のものに手を出すことを禁止している場合でも、ルールが通じない人もいることを認識しましょう。しかし、冷蔵庫にかんしては食べ物や飲み物を置くための共有物です。ほかの人が食べ物を食べてしまうことが多発したときは、管理会社から注意してもらったり自分でほかの人に通達を出したりしてください。

5-2-2.共有スペースにほかの人が勝手に友人を招いて騒いでいる

シェアハウスのルールとして、入居者以外の人間はむやみに招くことをしないことを規定しているところが多いです。明らかに規定違反の場合は、管理会社から注意をしてもらってください。共有スペースは、入居者が譲(ゆず)り合うことで快適に暮らすことができるスペースです。自分勝手に使うことは、許すべきことではありません。

5-2-3.お風呂やトイレをキレイに使わない人がいて困る

シェアハウスの共有スペースには、お風呂やトイレなど毎日使うことが前提になる設備があります。トラブルとして多く耳にするのは、お風呂やトイレをキレイに使わない人がいて迷惑しているという問題。衛生観念については、人それぞれなので仕方がありません。しかし、ほかの人と共同生活を送る以上は、キレイに使うことは大前提となるはず。お風呂やトイレをキレイに使うことは、トラブルを防ぐためにも最低限必要なマナーですね。

5-2-4.女性専用だと思っていたら男性の入居者がいた

女性専用と考えていたのに、男性の入居者がいたというパターンです。基本的には、女性専用物件には女性だけが入ることができると考えてください。男性の入居者がいた場合は、明らかに契約違反です。ほかの入居者の友人や恋人が住んでいる可能性もあるでしょう。いずれにしても、女性専用物件に男性の入居者がいた場合は管理会社に通報して対応してもらいましょう。

5-2-5.留守中に誰かが勝手に部屋に入った形跡がある

ドミトリータイプのシェアハウスは、個人の生活スペースもシェアメイトとの共有となります。シェアメイト以外の人が入った形跡があるのは、おかしな話。個室タイプの場合は、鍵を掛けているときにほかの人が入ってくることは無いはずです。まずは、管理会社に連絡をして部屋の鍵を変えてもらってください。また、シェアハウスに住んでいるほかの人たちにも、部屋に勝手に入られた形跡があることを通達しておくと良いでしょう。通達は、再発の防止に効果的ですよ。

6.シェアハウスの間取りと選び方でよくある質問

さて、シェアハウスの間取りと選び方でよくある質問に回答していきます。シェアハウス初心者がつまずきやすいポイントについて確認しておいてください。

6-1.ドミトリータイプが合わなかった場合は個室タイプに移ることができますか?

複数人でひとつの部屋をシェアするのがドミトリータイプですが、個人のプライバシーを守りたい場合は合わないこともあります。ドミトリータイプが合わない場合は、個室タイプへの引っ越しを検討してください。同じ管理会社の物件に移る場合は、手続きも簡単にできることもあります。しかし、個室タイプの空きが無い場合は自分で新たに物件を探す必要が出てくると認識しましょう。いずれにしても、ドミトリータイプか個室タイプかは、初回契約時に慎重に選ぶことが基本ですね。

6-2.使いやすい共有スペースの特徴にはどんな点がありますか?

共有スペースが使いやすいシェアハウスは、長く入居する人が多くなります。使いやすい共有スペースに共通するポイントとしては、下記を参考にしてください。

  • 共有スペースの広さが十分にある
  • キッチンがキレイで使いやすい
  • 冷蔵庫が大きくて余裕がある
  • バス・トイレが新しくてキレイ
  • 定期的に管理会社が丁寧に掃除やチェックをしている

共有スペースは、広さのほかに新しさやキレイさも重要なポイントです。さらには、定期的に管理会社が掃除やチェックを行っていることも、快適さを維持するために重要な点だと覚えておきましょう。

6-3.個室タイプを希望していますが、バス・トイレ付きの物件はありますか?

シェアハウスでは、多くの場合でバス・トイレも共有となります。しかし、最近は、入居者の希望からバス・トイレも個室に備え付けてある物件も増えてきました。ただし、まだ物件の数自体は少ない可能性があると覚えておきましょう。さらに、シェアハウスで住みたい地域がある場合は、人気の物件のためすぐに入居希望が殺到することもあります。こまめに情報をチェックして、素早く契約ができるようにしてください。

6-4.ロフト付きの個室をシェアハウスで探すのは無理でしょうか?

ロフト付きで個室対応をしているシェアハウスは、部屋の狭さをもカバーできるほか、収納スペースとしての活用もできる点でとても人気があります。ただし、人気の物件はすぐに契約となってしまうので気を付けましょう。しかし、ロフト付きで個室対応をしているシェアハウスは人気の高まりを受けて、数も増えているので安心してください。

6-5.女性専用シェアハウスのメリットとデメリットはどんな点ですか?

女性だけが入居できる理由から、女性専用シェアハウスは高い人気があります。女性専用シェアハウスのメリットは、女性だけが同居しているので安心して暮らすことができる点に尽きるでしょう。デメリットは、女性だけが住んでいることでセキュリティーの問題で不安が残る点です。女性専用シェアハウスを選ぶときには、オートロック式や警備会社と提携しているなど、セキュリティーの点を重視しているところを選んでください。

まとめ

今回は、シェアハウスの間取りをポイントにした選び方を解説しました。間取りは、シェアハウスの質や特徴を見るときに大切なチェックポイントとなります。間取りしだいで、快適にもなれば不満を持つ原因にもなるでしょう。シェアハウスを選ぶときには、間取りを中心に選ぶことが基本なのです。また、入居の注意点や選んではいけないシェアハウスの特徴についても頭にいれておくことで失敗を防ぐこともできるでしょう。満足できるシェアハウスを選ぶためにも、記事の内容をよく読んで理解して役立ててくださいね。