シェアハウスに引っ越しをしよう! 快適な新生活を始めるためのコツ

シェアハウスへの引っ越しを検討している人、必見です。テレビ番組などの影響もあり、ここ数年でブームになっていることはご存じだと思います。新生活を始めるにあたって、どんなところに引っ越そうか迷っているなら、シェアハウスについて詳しく知ってみてはいかがでしょうか。シェアハウスとは、ルームシェアやソーシャルアパートメント同様、複数の入居者が共同生活を送る居住スタイルのことです。その暮らしは特徴的なものであり、快適に生活を送るための方法を知っておく必要があります。この記事では、シェアハウスのメリットはもちろんのこと、一人暮らし用の物件との違いや引っ越しのコツなどを解説しましょう。

この記事を読むことで、シェアハウスがどのようなところなのかを把握することができます。引っ越しのコツを参考にして、スムーズに新生活を始めてください。

1.シェアハウスを知る

まずは、シェアハウスについて解説します。特徴やメリットをまとめてみました。

1-1.シェアハウスとは?

シェアハウスとは、複数の入居者が共同生活を送る居住スタイルのことです。キッチンや浴室、トイレのほかに、入居者同士が交流できる共有スペースがあります。寝室は個人の占有スペースになっているのが一般的で、必要最低限の家具や家電は整備されているケースがほとんどです。最近は、共通の趣味を持つ入居者を集めたシェアハウスや、シングルマザーを支援するシェアハウスなども増えてきており、注目を集めています。

1-2.シェアハウスの特徴

以前は「外国人のためのゲストハウス」というイメージがありました。しかし、最近は若者層を中心に利用者が増え、新生活の場としての選択肢に含まれるようになったのです。一般的な一人暮らし向け物件に比べて初期費用や家賃が安いため、節約のためにシェアハウスを選択する人も多いでしょう。ルームシェアと違って管理会社が運営しているため、共有スペースの清掃を管理会社が行う場合もあります。最近は女性専用の物件やデザイナーズ物件など、コンセプトを持ったシェアハウスが増えてきているのが特徴です。

1-3.どんな人に向いているのか?

シェアハウスでは他人と一緒に生活を送ることになるため、向いている人とそうでない人がいます。シェアハウス生活に向いているのは、以下のような人です。

  • 他人とコミュニケーションをとるのが得意
  • 他人の生活音が気にならない
  • 他人との価値観の違いを楽しめる
  • 自己管理ができる
  • ルールを守ることができる

1-4.メリットとデメリット

シェアハウスには多くのメリットがあります。しかし、その反面デメリットもあるということを覚えておきましょう。

1-4-1.メリット

最大のメリットは「節約できる」という点でしょう。生活にかかわるものはほとんどが折半になるため、一人暮らしに比べてお得です。敷金や礼金などの初期費用も不要な場合が多いため、少ない資金でも新生活を始めることができます。「お金がない」「お金をためたい」という人にもおすすめの居住スタイルと言えるでしょう。また、「家に帰っても一人じゃない」「相談相手がいる」というメリットもあります。実家を出ることに心細さを感じている人も、シェアハウスなら孤独を感じることがないため安心ですよね。そのほかにも、以下のようなメリットがあります。

  • 友達が増える
  • 貴重な体験ができる
  • 引っ越しが楽にできる

1-4-2.デメリット

シェアハウスにもデメリットはあります。「人に気を使わなければならない」「プライベートが確保しにくい」という点はもちろんのこと、トラブルが発生するケースも少なくないでしょう。入居者が全員、気が合う相手とは限りません。他人の生活音や生活スタイル、掃除の仕方などに不満を感じ、イライラをためこんだりケンカになったりしてしまう可能性もあるのです。そういったデメリットも把握した上で、うまく生活できるか考えてみてください。

2.シェアハウスへの引っ越し前に

シェアハウスに引っ越す前に、物件探しのコツや初期費用について把握しておきましょう。

2-1.物件探しのコツ

シェアハウスにはさまざまなタイプがあるため、物件探しをする際には注意が必要です。どのタイプが自分に合っているのかよく考えてみましょう。まず、規模による違いです。入居者数が20人を超える大規模シェアハウスから、10人以下の小規模シェアハウスがあります。プライベートスペースは不要なのでにぎやかに暮らしたいのか、一人の空間も大切にしたいのかによって、規模を選ぶ必要があるでしょう。また、物件の雰囲気やシェアハウス内でのルール、運営事業者が信頼できるかなども、物件を選ぶ上でのポイントになります。すべてが自分にマッチしている内容であるか、慎重に考えてから物件探しをしてください。

2-2.引っ越し前に必要な準備

気になる物件が見つかったら運営会社に問い合わせをしてみましょう。ここで大切なのは、担当者の対応をチェックすることです。丁寧に対応してくれるか、相談しやすいかどうかをしっかり確認してください。そして、契約する前に必ず物件を見学しておきましょう。広さや日当たり、防音対策なども細かくチェックして、自分の希望に合っているか確認してください。その際には、掃除や門限など、シェアハウスのルールなども聞いておきましょう。

2-3.初期費用について

通常、物件を借りる際には初期費用がかかります。その内容は、敷金や礼金、仲介手数料、家賃、管理費などが一般的です。合計で30万円近い初期費用が必要になる場合も多いでしょう。しかし、シェアハウスでは初期費用を安く抑えることができます。まず、シェアハウスでは物件の紹介から運営まですべて同じ会社が行っているため、仲介手数料が不要です。敷金と礼金が不要な会社も多く、初期費用をほとんどかけることなくシェアハウスに入居することができる場合もあります。もちろん運営会社によって異なるため、物件を決める前に必ず確認しておいてください。

2-4.注意点

契約前に確認しておくべきなのが、中途解約が可能かという点です。シェアハウスでの生活がうまくいくとは限りません。そんなとき、すぐに契約を解除することができるのか確認しておきましょう。また、契約が満了したとき、本人が望んでいなくても退居しなければならないケースもあります。契約後の更新が確約されているかどうかも、しっかり確認しておいてください。

3.シェアハウスへの引っ越しについて

シェアハウスへの引っ越しは通常の引っ越しとどう違うのでしょうか。必要なものや不要なものについてもご紹介します。

3-1.通常の引っ越しとの違い

通常の引っ越しとの大きな違いは、荷物が少ないという点でしょう。ある程度生活に必要な家具や家電がもともと設置してあるシェアハウスがほとんどです。そのため、引っ越しの際に運ぶ荷物は少なくて済みます。一人暮らしの物件からシェアハウスに引っ越す場合は、不要になってしまう家具家電がたくさん生じることになるでしょう。そういったものをどう処分するかも検討する必要があります。また、入居者が複数いるため、引っ越しの挨拶なども考えておきましょう。どのくらいの年齢層の入居者が何人いるのか、事前に確認しておいてください。

3-2.シェアハウスに必要なものと不要なもの

多くのシェアハウスで、入居の際に必要なものと不要なものをまとめてみました。

必要なもの

  • 布団
  • 衣類
  • 収納用具
  • 入浴セット

不要なもの

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 掃除機
  • 食器や調理器具
  • 炊飯器
  • テレビ
  • パソコン

個室にはテレビが設置されていないシェアハウスが多いため、必要であれば用意しておきましょう。布団については、レンタルできる場合とそうでない場合があります。必ず事前に確認しておいてください。

4.シェアハウスへの引っ越し方法とコツ

シェアハウスへの引っ越しにはどのような方法があるのでしょうか。費用の相場やコツなどをご紹介します。

4-1.どんな引っ越し方法があるのか?

シェアハウスへの引っ越しは荷物が少ないため、自分で運ぶことができるならその方法が一番です。たいていの場合は大型の家具や家電を持って行く必要がないため、車で運ぶことが可能でしょう。車を用意できない場合や一人で運ぶのが難しい場合は、引っ越し業者の単身パックを利用するのがおすすめです。荷物の量が少なければ少ないほど料金が安くなります。単身パックを利用できるかどうか、あらかじめ見積もりサービスを利用して、荷物の量をチェックしてもらいましょう。

4-2.引っ越し費用の相場

自分で車を用意できる場合は、費用を一切かけずに引っ越しすることが可能です。では、引っ越し業者の単身パックを利用する場合はどうでしょうか。一般的な相場は15,000~20,000円程度です。ただし、業者や引っ越しの時期によって変動するため、事前に複数の業者に見積もりを依頼してみることをおすすめします。そして、比較して決めるようにしましょう。

4-3.一人暮らしの引っ越しとの違い

一人暮らしの物件に引っ越す場合、引っ越し費用は40,000~60,000円ほどかかるのが一般的です。もちろん、荷物の量や距離によっても変わってきますのでしっかり調べることをおすすめします。シェアハウスへの引っ越しには単身パックを利用した方がよいでしょう。単身パックの場合は、半額程度で利用できます。また、シェアハウスに持って行かない家具や家電については、実家に送る、廃棄するなどの方法を検討しておきましょう。

4-4.引っ越し費用を抑えるためのコツ

シェアハウスへの引っ越しは荷物が少ないため、引っ越し業者を利用しても安く済ませることができます。しかし、コツを知っていればさらに安くすることは可能です。たとえば、自分で運べる荷物は運んで荷物を少なくする、引っ越し業者の安い時期を狙うなどの方法があるでしょう。2月や3月、8月は引っ越し業者の繁忙期であり、料金も高めに設定されていることをご存じでしたか? 逆に、そのほかの閑散期は料金を安く設定している業者がほとんどです。そういった時期を狙って引っ越しを予定することをおすすめします。さらに、夕方に近い時間帯だと料金が安くなるということも知っておきましょう。

4-5.注意点

引っ越しにおけるシェアハウスのルールというものも存在しています。引っ越しがNGな曜日や時間帯はないか、どのルートをとおって部屋の中に荷物を搬入すべきかなど、管理人に確認しておきましょう。また、引っ越しの日時が決まったら、シェアハウスの入居者にもその旨を知らせておくことが大切です。引っ越し作業で迷惑をかけることを伝えておくと、その後の生活がスムーズになるでしょう。

5.シェアハウスへの引っ越しにかんするよくある質問

シェアハウスへの引っ越しを検討している人が感じるであろう疑問とその回答をまとめてみました。

5-1.現在、日本にはシェアハウスがどのくらいあるのですか?

A.約20,000~30,000室の物件が存在しています。利用者の多くは単身の社会人であり、20代後半から30代前半が過半数を占めているのが現状です。

5-2.100人規模のシェアハウスに住むメリットにはどのようなものがありますか?

A.100人以上の大規模なシェアハウスでは、学生気分を味わえるというメリットがあります。また、パーティーやイベントごとも多いため、基本的ににぎやかに暮らすことができるでしょう。

5-3.シェアハウスの家賃相場はどのくらいですか?

A.シングルルームだと45,000円~100,000円、ドミトリーだと30,000~50,000円程度が相場です。

5-4.シェアハウスにはどのような歴史があるのですか?

A.もともとは外国人が中長期にわたって日本で生活をする際に賃貸する宿泊施設でした。海外で言うゲストハウスの文化が日本に伝わり、不動産会社や個人事業主が事業として運営するようになったのです。現在は日本人が生活しやすいように進化してきています。

5-5.シェアハウスの利用者は男性と女性どちらが多いですか?

A.男女比は4:6で女性の方が多くなっています。特に女性はセキュリティー面で安心な物件を探すことが多く、大勢で暮らすシェアハウスにメリットを感じやすいのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。シェアハウスへの引っ越しについて、知っておくべき情報をまとめてご紹介しました。シェアハウスにはメリットもデメリットもありますが問題は「自分に合っているか」ということです。自分はシェアハウスでの生活に合っているかを知り、スムーズに新生活を始めるためにはどうしたらよいのか考えてみてください。引っ越しに最適な方法やコツについてもまとめています。ぜひこの記事を参考にして、シェアハウスへの引っ越しを検討してみてください。