シェアハウスの個室の実態!他の住人との関わり合い・門限などのルールは?

ここ最近、TV番組や海外ドラマの影響でシェアハウスに住みたい人が急増中です。あなたは、シェアハウスの個室がどのようになっているか興味ありませんか?みんなでワイワイと楽しい生活をしているイメージのシェアハウスですが、実際はどのような生活なのでしょうか?

この記事では、シェアハウスの基本的な情報と個室の実態についてご紹介していきます。

シェアハウスを選ぶ上で重視したい条件もご案内しています。この記事を読むことで、自分の条件に合ったシェアハウスの選び方を知ることができるでしょう。シェアハウスが気になっている方はぜひ読んでみてください。

1.流行(はや)りのシェアハウスについて知ろう

1-1.シェアハウスってどんなところ?

シェアハウスとは、1つの住居を、たくさんの人で共有し生活する場所のことを言います。海外では1つの住居を2人や3人でシェアして暮らすスタイルも珍しくありません。シェアハウスはルームシェアとは違い、物件の管理を事業者が行っています。また、シェアハウスは、短期の契約が可能です。初期費用も安いため、気軽に入居できます。

自分のスペースが確保されており、お風呂・キッチン・リビング・トイレなどが共有です。昔で言う下宿のような感覚で、女性や若い人に好まれる内装に改装されている物件が目立ちます。最近では、専門の清掃業者を雇い、ホテルのような生活をする高級タイプのシェアハウスも話題です。

1-2.シェアハウスの魅力とは?

初期費用・家賃が安い

シェアハウスの家賃は、場所やハウスにより異なりますが、45,000円~110,000円くらいが主流です。シェアハウスによっては、ワンルームの狭い部屋に暮らす家賃で、広くてオシャレなリビングルームを備えた家に住めるためお得感があります。

また、シェアハウスがブームとなり、横浜や鎌倉・代官山・湘南・沖縄など、通常では引っ越せないような憧れの場所や家に格安で済めるところも魅力です。初期費用が安く、家電製品なども共有で使えるため、鞄(かばん)1つで入居できる点もメリットでしょう。通常、賃貸契約で必要になる仲介手数料もかかりません。

住人同士の交流がある

1人暮らしがつまらない・寂しいと思っている方には、住人同士が交流のあるシェアハウスが向いています。都会での一人暮らしでは、不安な人もシェアハウスにいるメリットは大きいでしょう。家に帰れば誰かいる、”おかえり”と声をかけてくれる人がいるだけで安心できるという人も多いのです。

出会いやイベントが多い

1人で暮らしていれば出会わなかった人たちに出会えます。人種や国籍・趣味や仕事もさまざまで、たくさんの人とつながるきっかけになるでしょう。住人同士のパーティーやイベントも多く、休日や日常が充実します。住人の友達と出会うことも増え、価値観も広がるでしょう。会社と自宅の往復だけで、出会いがないという人にはもってこいの場所です。

通勤・通学に便利

都心のシェアハウスは、交通の便がいい場所にあることが多いため、通勤通学が便利です。通常、交通の便がいい場所にある住宅は家賃が高く狭い部屋が多いでしょう。シェアハウスは、通常の賃貸住宅とは違います。複数の人で1つの建物や家をシェアするため、1人では住めないような家賃の高い住宅・立地のいい場所でも、安い価格で住むことができるのです。

1-3.最近のシェアハウスの傾向

最近では、TV番組の影響で、日本でも若者を中心にシェアハウスの需要が増えており、多くの事業者がシェアハウスの市場に参入しています。需要が高まるにつれ、シェアハウスの形態も多様化してきました。住む人のライフスタイルや趣味などをテーマにしたシェアハウスが急増しています。

  • 田舎暮らしをしたい人向け田舎の一軒家をリノベーションしたシェアハウス
  • 超都心にファミリーで暮らせる
  • 同じ趣味を持つ人が集まるハウス
  • 外国人も入居OKなシェアハウス
  • シングルマザーの助け合いをテーマにした家
  • 女性専用
  • カップルOKのシェアハウス
  • ペット可物件

シェアハウスでしか味わえない空間を演出し、住人同士の交流をシェアハウスの業者がサポートすることも多くなりました。シェアハウスに求める条件は人によってさまざまです。女性専用のシェアハウスでは、毎晩、女子会のようなトークが繰り広げられています。

また、シングルマザーのシェアハウスでは、子を持つ母同士が助け合いながら生活できるという利点も多いです。男女混みのシェアハウスでは恋が生まれることもあります。シェアハウスは、希薄な人間関係が問題視される現代で、人と人との関わり合いを楽しみ、交流する場でもあるのです。

1-4.シェアハウスにはどんな人がいるの?

シェアハウスに住む住人にはさまざまなタイプがいます。

  • 普通の社会人
  • アーティスト(絵・音楽・デザイナーの卵など)
  • 海外に出た経験がある人
  • SOHOで仕事をしている人
  • シェアハウスの近くに通う大学生
  • 外国人・留学生
  • 短期間その場所にとどまる人(観光・仕事など)
  • 異文化交流を目的としている人

圧倒的に多い人種は、社会人です。業種は関係なく、20代~30代の男女が半数以上を占めています。絵や音楽など夢を持つ人が、芽が出るまで生活費を節約するため住んでいることも多いです。パソコン1台で仕事しているSOHOの個人事業主も、固定費節約のため住んでいます。初期費用が安く、保証人が必要ないことから、外国人留学生にとっても好条件です。

1-5.シェアハウスに個室はある?

シェアハウスの個室には3つのタイプがあります。

  • プライバシーを守る個室タイプ
  • 1部屋を2人でシェアする相部屋
  • 1部屋にベッドが並ぶドミトリータイプ

女性に人気があるのは、個室タイプです。女性専用のシェアハウスでは、ドラマに出てくるようなかわいらしい設備が整っています。空室が出るとすぐに埋まってしまうほど人気です。

1-6.ドミトリーとシェアハウスの違い

ドミトリーは、1部屋に2段・3段ベッドが並ぶ相部屋スタイルのシェアハウスです。個室とは違い、自分のスペースはベッドの上だけになります。ロビーや廊下に、荷物を入れるロッカーが設置されていることも多いでしょう。

ドミトリータイプの家賃は、個室タイプに比べ格安です。しかし、快適に過ごせるかと言えばそうではありません。観光地のドミトリーでは、短期労働者や長期の旅行者などがホテル代わりに利用するケースが目立ちます。キッチンの調理器具も最低限のものしか設置されておらず、設備面が寂しく感じることもあるでしょう。

ある程度の長期滞在を望む人は、ドミトリータイプを選ばず、個室のあるシェアハウスを選びましょう。

2.気になる!シェアハウスの個室について

2-1.シェアハウスの個室について

個室とは、1人1部屋のことです。シェアハウスの個室にはさまざまなタイプがあります。

  • ベッドやデスクがあらかじめついているタイプ
  • 小さな洗面がついている部屋
  • トイレや洗面付き
  • ユニットバスが付いているタイプ

などです。シングルマザー用のシェアハウスでは、子供と暮らすために2段ベッドや個室が少し広めになっているタイプもあります。女性専用物件では、壁の色や設置家具がかわいらしく、バルコニーが付いているタイプもあるでしょう。

ファミリー歓迎タイプのシェアハウスでは、1棟を丸ごとリノベーションした物件が多いです。ファミリー用シェアハウスでは、お風呂トイレなどは各部屋に設置、屋上のバルコニーや庭・バーベキュースペースを共有部分にするスタイルが増えています。

2-2.共有部分と個室部分について

一般的に、シェアハウスの共有部分と言えば、庭・お風呂・キッチン・トイレ・洗面所・ベランダなどです。冷蔵庫や家電も共有します。常識の範囲内であれば、 個室内は、どのように使おうとも自由です。

しかし、共有部分は、シェアハウスのルールに従い使用する必要があります。共有部分の清掃は、住人同士でやることが多いです。専門の清掃業者を付けているシェアハウスでは、共有部分の清掃を住人がする必要はありません。

2-3.個室の重要性

シェアハウスに暮らす上で重要視したいのは、やはり個室の有無でしょう。ほんの数日、観光で訪れるならまだしも、長期で暮らそうと思うなら個室のシェアハウスを選ぶべきです。もちろん、鍵付きは絶対条件! 誰かと過ごす時間も楽しいですが、常に人がいる状態が毎日続くと、疲れてしまうでしょう。

長期で生活の拠点として暮らす場合は、1人で過ごす時間も大切にできる個室付きのシェアハウスをオススメします。

2-4.シェアハウスの注意点

シェアハウスに住む際に気を付けたい注意点をご案内します。シェアハウスはさまざまな人と共同生活する場です。各シェアハウスが定めているルールは守り、共有スペースは清潔に使いましょう。

夜中に騒ぐ・音楽を大音量で流すなど、ほかの住人に迷惑をかけることにもなります。住人だけではなく、ご近所さんにも迷惑です。シェアハウスといえども通常の賃貸住宅と変わりません。住民もご近所も気持ちよく生活できる配慮は忘れずに生活してください。

3.シェアハウスを選ぶポイントとは?

この項では、シェアハウスを選ぶ上で重要なポイントをご紹介します。シェアハウスを探している方はぜひ参考にしてください。

3-1.シェアハウスで重視したいこと

シェアハウスを選ぶ理由を明確にしよう

シェアハウスを選ぶ前に自分がシェアハウスに求める理由をきちんと確認しておきましょう。

  • 家賃や初期費用が安いから
  • ほかの人と暮らすライフスタイルに憧れる
  • オシャレな空間で生活したい
  • ペット可物件高級シェアハウス

上記のように、シェアハウスを選ぶ条件や理由を整理して、自分に合うシェアハウスを見つけましょう。

仕事や学校に通いやすい場所か?

自分の理想的なシェアハウスに出会えても、日々の暮らしを送る上で支障がないかも重要です。家賃が安いのに、通勤通学に時間がかかれば体力を消耗します。終電を逃せば、ホテル代などがかかり、家賃が安いシェアハウスを借りる意味が無くなるでしょう。

プライバシーが守れるか

1か月以上など長期で暮らすなら個室は絶対条件です。個室の壁の厚さや、玄関から個室までの設計、部屋の窓の安全性・鍵の形状などを中心に確認しましょう。

シェアハウスの中には、個室と言いながら、つい立のような壁を設置しただけの場所もあります。入居後のトラブルを防ぐため、快適な空間を確保するためにも、プライバシーがきちんと守られているシェアハウスを選んでください。

共有部分の清掃

複数の人と暮らすシェアハウスでは、お風呂やトイレなどの水回りの清掃は非常に気になるところです。住人同士が掃除を交代で行うシェアハウスでは、清潔感に欠けることも多いでしょう。最近では、共有部分の掃除を管理業者や清掃業者が行うシェアハウスも増えてきました。

プロが掃除している部屋は、いつも清潔に保たれているため、安心して使えます。また、自身も交代で清掃する負担がなく、手間もかかりません。共有部分の清掃がどのように行われるか、チェックしておきましょう。

万が一のサポートは?

シェアハウスでは、入居者同士のトラブルが起こることも考えられます。シェアハウスでトラブルが起きたときや、家の中で不具合が起こったときのサポート体制が整っている業者を選びましょう。

3-2.入居前に確認すること

シェアハウス入居前にチェックしたいことをまとめました!以下を確認してみましょう。

  • 家賃・初期費用
  • トイレや共有部分の清潔感
  • 入居者の人数とシャワー・トイレの数が合っているか
  • 保証人が必要かどうか
  • 入居制限(男性不可・外国人不可・年齢制限など)
  • 周辺環境・交通の便
  • 車がある人は駐車場の場所
  • 入居・退去時の清掃費や手数料
  • オートロックかどうか
  • 個室の広さ
  • 建物のデザインや広さ
  • 共有スペースの充実
  • シェアハウスのコンセプト(ペット可・ファミリー用・シングルマザー用など)
  • 家賃に含まれるもの(電気代・水道代・インターネットなど)
  • 中途契約はできる?
  • シャワーやお風呂が使える時間

仕事が遅く、帰宅が深夜になる人は、シェアハウスの住人に迷惑をかけてしまうことがあります。事前にルールを確認しておきましょう。シェアハウスを決める際には、必ず部屋を見学してください。

ホームページや写真では判断できないことも多く、思った感じと違う・・となりがちです。”短期だから大丈夫だ”と安易に決めないようにしましょう。充実したシェアハウスの生活を送るためにも、事前の見学と確認をきちんと行ってください。

4.こんなシェアハウスには注意しよう

4-1.こんなシェアハウスには気を付けよう

入居時の契約書を作成しない

賃貸契約では必ず作成する賃貸契約書。きちんとしたシェアハウスなら契約書を作成するのは当たり前です。しかし、シェアハウスの中には、保証金と口頭だけで入居できるところもあります。このようなシェアハウスは、入居者とのトラブルも多く、盗難などの被害に遭う可能性が高いでしょう。保証金が戻ってくるかどうかも確認しておく必要があります。

ドミトリースタイルで入居者の出入りが激しい

ドミトリーは基本的に、短期労働者や外国人旅行者、バックパッカーなどが多いため、入れ替わりが激しい場所です。盗難やトラブルに巻き込まれる恐れもあります。トラブルを解決しようにも住人がすぐにいなくなることも多いです。シェアハウスを生活の拠点として考える場合は、個室のあるきちんとしたシェアハウスを選びましょう。

消防法や安全条例などが守られていない

近年、シェアハウスの需要が高まる一方で、安全性に欠ける法令違反のシェアハウスも急増しています。いわゆる脱法ハウスと言われるシェアハウスは、火災や地震の際に大きな被害が出る可能性があるため、大変危険です。

レンタルオフィスという名目で運営している悪質なシェアハウスもあります。違法シェアハウスは料金が安い分、トラブルも多く、突然追い出されることもあるのです。そもそも、このような法令違反のシェアハウスは、家としての設備が整っていないため、借りないようにしましょう。

4-2.シェアハウスでよくあるトラブルは?

シェアハウスで起こるトラブルを見てみましょう。

ものが盗まれる

貴重品だけではなく靴や、日用品、共有の冷蔵庫に入れていた食品が無くなるなどのトラブルがあります。

金銭の貸し借り

長く一緒に暮らしていると家族のように仲が良くなり金銭の貸し借りをしてしまったという方も少なくありません。トラブルを避けるためにも、 お金の貸し借りはしないようにしましょう。

騒音(深夜のパーティーや音楽など)

週末や連休には、シェアハウス仲間でパーティーをすることが多いです。参加している人は楽しいのですが参加していない人にとっては騒音になります。

連れ込み(友人や恋人を連れ込むなど)

シェアハウス内に住人の友人が繁栄に出入りすることで、トラブルが起こることもあります。家に帰って、住人じゃない人がいると落ち着いて過ごせない人も多いのです。シェアハウスによりルールが異なりますので、事前に確認しておきましょう。女子専用シェアハウスの場合、男性の入居や訪問を制限していることが多いです。

人間関係のトラブル

他人と暮らしていると、小さなことからトラブルに発展することもあるでしょう。できるだけ気持ちよく過ごせるよう最低限の配慮は必要です。

男女関係

男女混合のシェアハウスでは、恋愛に発展することもあります。男女関係のトラブルが問題になることもあるでしょう。

臭い

同じ空間に暮らしているため、臭いのトラブルは多いです。臭いの強いお香や、香水は控えるようにしましょう。また、臭いの強烈な料理なども気を付けてください。

1つの家をたくさんの人と共有するシェアハウスでは、上記のようなトラブルに見舞われることもあります。 人間関係のトラブルは、人と暮らす以上、避けられません。 個室や、住民同士のルールが守られているようなシェアハウスではトラブルに巻き込まれる可能性も低いでしょう。

人と時間を共有し、自らも成長できるシェアハウスに魅力を感じ、楽しんで暮らす人が非常に多いです。万が一のトラブルに備え、サポート体制が万全な業者が運営するシェアハウスを選ぶと間違いないでしょう。

5.シェアハウスに関するよくある質問

5-1.ペットと一緒に暮らせますか?

ペット可の物件であれば、可能です。シェアハウスの運営会社へご相談ください。

5-2.シェアハウスの入居に必要な書類を教えてください。

シェアハウスの入居で必要なものは、写真付きの身分証明書(保険証でも可)です。緊急連絡先と前家賃・保証金なども必要になります。外国の方は、パスポートやビザが必要です。

5-3.退去時の手続きを教えてください。

退去したい場合は、退去日の1か月前には連絡をしましょう。

5-4.家賃の安さには惹(ひ)かれますが、他人と暮らせるか不安です。

住人同士のコミュニケーションは自由です。個室には鍵がありプライバシーは守られています。シェアハウスは、共同生活ですが、ルールが設けられているため、規律が守られていることの方が多いです。コミュニケーションも無理する必要はなく、基本的な挨拶や会話ができれば問題ありません。

シェアハウスは、1人暮らしでは体験できない、さまざまな情報収集ができる場でもあります。シェアハウスに入居する機会があれば、ぜひみんなで過ごす時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

5-5.家賃以外にかかるものはありますか?

シェアハウスにより異なります。共益費が定額で、光熱費や水道代・ネット回線費用が含まれていると生活費の計算がしやすいですよね。共有部分の備品や消耗品は、基本的にシェアハウスの運営会社が補充します。

まとめ

この記事では、シェアハウスの魅力についてご紹介しました。シェアハウスを選ぶポイントや個室の重要性は、ご理解いただけたと思います。シェアハウスの生活は、家賃が安く、1人暮らしでは得られない情報や経験ができるところがメリットです。

最近では、シングルマザー専用・女性専用など、さまざまなコンセプトのシェアハウスが続々と登場しています。共有部分を業者が清掃してくれる物件を選べば煩わしい掃除当番を行う必要もありません。短期間の入居もOKで気軽に住めますので、条件の合うシェアハウスがあればぜひ入居を検討してみてはいかがでしょうか?