シェアハウスを選ぶなら光熱費込みがおすすめ!実費より定額制が便利

新しい住まいの形として、シェアハウスが選ばれるようになりました。一人暮らしはちょっと不安という方でも、家具や家電が用意されており、いろいろ準備する必要がなく、新生活を始めやすいといったメリットがあります。
「一人暮らしとシェアハウスの光熱費はどっちがお得か?」「共益費はどこまで含まれているのか?」といった、シェアハウスの光熱費にかんする疑問は、入居前に出てくることでしょう。
シェアハウスは一人暮らしより負担が少ないといわれています。とはいえ、共益費に含まれる範囲や一人暮らしと比較した場合など、知識を持っておきたいですよね。
今回は、シェアハウスの光熱費についてご紹介します。

シェアハウスの暮らしを安心して始めるためにも、お金にまつわる疑問は解消しておきましょう。この記事を読むことで、シェアハウスがいかにお得で住みやすい環境か、理解していただけるはずです。起こりやすいトラブルについても、知識を身につけることができます。

1.シェアハウスの光熱費について

電気代・ガス代・水道代などをまとめて、光熱費と呼んでいます。光熱費は生活していくために、必ず必要な経費です。賃貸なら個別に支払っていくことになるものの、シェアハウスは仕組みが異なります。

1-1.シェアハウスの光熱費はどう支払う?

シェアハウスによって、光熱費への考え方はさまざまです。

1-1-1.固定制を導入

賃貸は使った分だけ光熱費を払う必要があります。固定制を導入しているシェアハウスでは、利用頻度に応じた変動がなく、毎月決まった金額を納める制度です。「今月は光熱費がいくらかかるのだろう」といった不安がなく、収入から予算組みしやすいシステムだといえるでしょう。

1-1-2.共益費に含まれる場合

多くのシェアハウスで導入している形が、共益費に光熱費が含まれるシステムです。賃貸だと共益費と光熱費は切りわけて考えられます。しかし、共益費にまとめられるのは大変お得です。毎月の出費を想定しやすく、消耗品代なども含まれるため、生活が安定しやすいスタイルだといえるでしょう。

1-1-3.電気代だけ別請求

まれに、電気代だけ別に請求するシェアハウスもあります。少数派ではあるものの、電気メーターを各室に設け、実費を請求する場合があるのです。ほかのシステムより負担が大きく、個人の節電意識が必要になるでしょう。

1-2.共益費とは?

そもそも共益費の定義をご存じですか?賃貸でも共益費はありますよね。共益費は、共有している部分の維持や管理を行うために発生するお金です。マンションやアパートでは、共益費を取るところが多いでしょう。
シェアハウスでも共益費を設け、共有スペースの清掃やメンテナンス費用に充てています。修理が必要になる場合も、共益費から工面することができるのです。

1-3.シェアハウスの光熱費が固定だとどんなメリットがある?

光熱費は、季節によって変動がありますよね。夏と冬はエアコンを頻繁に使い、賃貸だとどうしても支出が増えてしまうでしょう。光熱費は家計を圧迫しますから、光熱費が固定だと支出が読むことができるメリットがあります。
電気を頻繁に使う人、使わない人のどちらも固定制だと一律で、使わない人から見ると使いすぎる人の損失を補う気分になるでしょう。しかし、シェアハウスでは良心的な金額で固定制を導入しているため、デメリットとなる部分は少ないです。

2.シェアハウスの光熱費はお得?

シェアハウスと一人暮らしの違いを見ていきましょう。これから新生活を始める方は、本当にシェアハウスはお得なのかが気になると思います。検討する材料にしてください。

2-1.一人暮らしの光熱費相場

一人暮らしでは、自分が使った分をきちんと納めなければなりません。光熱費は地域差や季節差があり、下記は一般的な相場です。節約意識を持っている方だと、相場より安く済む場合もあるでしょう。

  • 電気代 3,000~5,000円
  • ガス代 3,000~5,000円
  • 水道代 3,000~4,000円

電気代は夏と冬に上がる傾向があり、ガス代は都市ガスよりプロパンガスだと高いです。光熱費のほかに、食費やインターネット使用料なども発生します。収入に応じ、計画的に予算を決めて使用しない限り、支出オーバーという事態にもなりかねません。

2-2.シェアハウスの光熱費や共益費の相場

シェアハウスの光熱費は、賃貸で暮らすよりはるかにお得です。光熱費の相場は、電気・ガス・水道のすべてを含めて7,000~8,000円と、一人暮らしよりとても安いことがわかります。月々負担するものですから、経費節約に大きく貢献してくれることでしょう。共益費に光熱費が含まれるシェアハウスもあります。共益費を別途必要とする場合、共益費の相場は5,000~8,000円です。

2-3.シェアハウスの共益費に含まれるもの

神奈川県にシェアハウスを展開するソーシャライブでは、共益費に光熱費が含まれます。光熱費込みはとてもお得なプランとして、多くの方に選ばれているのです。ソーシャライブの共益費に含まれるものは、下記を参考にしてください。

  • 生活備品
  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • インターネット使用料
  • 消耗品代(トイレットペーパーや洗剤といった日用品)

1つ1つを自分で支払う一人暮らしの場合、シェアハウスの共益費を大きく上回ります。なるべく生活にかかる出費を抑えたいと思う方なら、シェアハウスはとても嬉(うれ)しいシステムですよね。インターネット回線は、一人暮らしを始めるときに手続きや工事なども必要になり、何かとややこしいと感じます。面倒なことが一切いらないため、すぐに新生活がスタートできるでしょう。

2-4.シェアハウスと一人暮らしの比較

光熱費込みもシェアハウスの魅力になっているものの、何より選ばれているのは初期費用が抑えられるメリットがあることです。賃貸だと敷金・礼金・仲介手数料などが発生し、引っ越し費用もかさみます。
しかし、シェアハウスは初期費用がとても安いです。ソーシャライブでは入居時費用0円とお得なプランも用意しており、一人暮らしを始めるにあたって負担が少ないと喜ばれています。
一人暮らしのハードルが高い理由は、引っ越しにかかる出費の多さです。安い初期費用で新生活が始められ、家具や家電もそろえる必要がありません。

2-5.シェアハウスはこんな人におすすめ

シェアハウスにはいろいろな人が入居しています。女性向けシェアハウスも増え始めました。「一人暮らしをしたいけれど、誰もいない家に帰るのが不安」「家具や家電を購入する資金がない」「人とつながりを持って生活したい」といった方に選ばれているのです。
シェアハウスでは個室空間が完備されており、プライベートな時間がしっかり確保されています。ほかの人から干渉を受けず、安心して過ごすことができる自分だけの空間です。
共有スペースでは入居者同士のコミュニティーを築くことができ、寂しさを感じることはないでしょう。誰かと話したい、異業種交流がしたいといった方には、シェアハウスの生活はぴったりです。

3.シェアハウスの光熱費にまつわるトラブル

シェアハウスは、入居者同士が光熱費を共有し、支え合って生活が成り立っています。とはいえ、価値観の相違でトラブルが起こることもあるのです。

3-1.どんなトラブルが多い?

いろいろな人が一緒に生活するスタイルですから、節約する人とそうではない人がいてもおかしくないですよね。お金にまつわるトラブルは、知り合いでももめることでしょう。生活に密着した光熱費なら、余計にトラブルが起こりやすいです。
ほとんどのトラブルは、節約意識を持たずに生活することで発生します。「節約しないなら多く払ってくれ」というトラブルです。光熱費は一律で共益費に含まれますから、多く支払う必要はありません。しかし、気にする人もいるため、共同生活であることを踏まえ、こまめに電気を消す・無駄遣いはしないなど、多少の配慮はするべきでしょう。

3-2.トラブルにならないために事前確認すべきポイント

入居前に確認したいのは、光熱費の値上げがあるかどうかです。夏と冬はエアコンの使用頻度が高く、光熱費はどの家庭でも上がります。シェアハウス全体の光熱費が上がる場合、負担額も上がるのかを確認しておきましょう。
入居者の誰かがエアコンを使い続け、ほかの人が補う形で上がった分を負担するシステムだと、納得できないこともあります。事前に負担額の変動についてはチェックしてください。

3-3.共益費以外に管理費は必要?

シェアハウスでは、共益費以外に管理費は別途発生しません。最近では、賃貸でも共益費と管理費は同じように捉(とら)えられています。共有部分の清掃や維持にかんするお金です。ソーシャライブのシェアハウスでは、共益費として入居者が運営会社に納めるシステムになっています。

3-4.シェアハウスの光熱費における注意点

賃貸とは違い、シェアハウス全体で光熱費を見て、入居者に割り振るところもあるのです。自分だけよければいいという考え方では、ほかの入居者は負担が大きくなります。シェアハウスの一員として、節電・節水は心がけましょう。光熱費が抑えられるなら、自分の貯金も殖やすことができます。一人暮らしよりメリットが大きいですから、貯金するつもりで倹約することが大切です。

3-5.シェアハウス運営会社選びのポイント

シェアハウスを場所で選ぶ場合もあると思います。しかし、大切なのは運営会社です。トラブル対応、設備の不具合にかんする修理、入居中の相談など、柔軟な姿勢を持っている運営会社を選んでください。快適な生活を維持するためには、運営会社の質が問われます。気軽に相談できる環境なら、安心して暮らしていけるはずです。入居前の面談で、運営会社の対応などを確認しておきましょう。

4.シェアハウスの光熱費でよくある質問

シェアハウスの入居にあたり、光熱費といったお金の問題は不安ですよね。よくある質問をまとめました。不安解消に役立ててください。

4-1.実費負担と光熱費込みだとどちらがお得?

実費負担は、自分が使った分を請求されます。電気代がかさむ時期だと、出費が増えて負担が大きいでしょう。光熱費込みと設定している場合、毎月決まった金額を支払えばいいといった計画を立てやすく、貯金をしたい方に向いています。

4-2.インターネットは自由に使える?

ソーシャライブのシェアハウスでは、共益費は固定となっており、インターネットも自由に使えます。無線LAN回線使用料が含まれており、別途費用負担はありません。

4-3.共益費が変動しないか不安

シェアハウスの経営スタイルにより、共益費が変動する物件もあります。ソーシャライブのシェアハウスでは、共益費は定額制です。毎月の出費は決まっており、安定した暮らしを送ることができるでしょう。

4-4.初期費用が無料になるキャンペーンについて知りたい

ソーシャライブでは、6か月以上継続して入居する契約の場合、保証金なしです。1年以上なら1か月分家賃も無料になります。新生活応援キャンペーンの詳細は、ソーシャライブへお問い合わせください。
ソーシャライブ

4-5.生活用品や消耗品は誰が用意する?

共益費に含まれる生活用品や消耗品は、ソーシャライブが用意しています。入居者で買い足す必要はありません。足りないといった事態がないよう、運営会社でもしっかり管理しています。都度出費がなく、常に快適に暮らすことができるでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか? シェアハウスは、若い方を中心に広がっている新しい暮らし方です。初期費用の安さも魅力で、何より共益費の中で光熱費込みとなっているため、安定した暮らしができます。毎月実費負担だと、出費予測ができないですよね。しかし、定額制の共益費なら、貯金もしやすいと喜ばれています。とはいえ、シェアハウスによって設定はいろいろです。入居前に光熱費についてしっかり確認し、負担の少ないところを選ぶようにしましょう。支出の管理がしやすく、計画性も身につきますよ。一人暮らしを始めようと思っている方も、毎月決まった光熱費なら、支出管理を学ぶきっかけになるはずです。