シェアハウスと賃貸を徹底比較! 自分に合った物件を選ぶポイント

ひとり暮らしをする場所、というと以前はワンルームが一般的でした。
しかし、今はシェアハウスを選ぶ方も増えています。
中には「どちらにしようか迷っている」という方もいるでしょう。
そこで、今回はシェアハウスと一般的な賃貸物件を比較してみます。
どちらが上、ということはありません。
どちらにもメリット・デメリットがあります。
この記事を読んでぜひ選択の参考にしてくださいね。

1.シェアハウスと一般的な賃貸住宅の違いとは?

一般的な賃貸住宅はひとり、もしくはひと家族と賃貸契約を結びます。
今はルームシェアをする方もいますが、その場合も賃貸契約を結べるのはどちらかひとりだけ。
何かあった場合の責任は、契約者が負います。
一方、シェアハウスの場合はファミリー向けの物件を専用スペースと共有スペースに分けて、複数の人間がひとつの家に住むのです。
形態としては寮生活が最も近いかもしれません。
しかし、門限もなく管理人が常駐しているわけではないのです。
居住者ひとりひとりが、皆のことを考えて生活していけば気持ちよく暮らせるでしょう。
また、シェアハウスの場合は管理会社が入居者を募ります。
ですから、管理は基本的に会社が行い、トラブルがあった場合は仲裁に入ることもあるでしょう。
そのため、第3者とトラブルなく共同生活を送りたい場合は、ルームシェアをするよりシェアハウスに住んだ方がリスクは少ないのです。

2.シェアハウスと賃貸物件を比較してみると?

この項では、シェアハウスと賃貸物件にかかる費用などを比較してみました。
メリット・デメリットも見えてきますよ。

2-1.初期費用

賃貸物件を借りる場合、家賃以外にも敷金や礼金が必要です。
今は、敷金や礼金がいらない物件も増えてきましたが、そのような物件は駅から遠かったり築年数がたっていたりするいわゆる「難あり物件」のことも少なくありません。
また、退去するときに清掃料や修繕費などを徴収されることもあります。
シェアハウスは敷金や礼金が不要の物件が多く、賃貸物件よりも初期費用が安いところが多いです。

2-2.家賃

シェアハウスというと家賃が安いというイメージがあります。
しかし、賃貸物件でも家賃が安い物件はいくらでもあるのです。
たとえば、4畳半、浴室なし、トイレ和式のような物件ならば大阪や東京のような都市部でも、格安で借りられるでしょう。
ですから、シェアハウスと賃貸物件を比較したい場合は条件をそろえてください。
専用スペースの広さや設備、駅からの距離が同じくらいの物件同士を比べてみましょう。
実は、専用スペースの広さだけを見ると賃貸の方が同じ家賃では、条件がよいところが多いです。
シェアハウスの場合、専用スペースは4畳半~5畳程度のところが多いでしょう。
これは、家の構造が原因です。
今のシェアハウスは、ほとんどがファミリー向け物件を利用したもの。
ですから、部屋を区切るとどうしてもそのくらいの広さになってしまいがちなのです。
そのため、広い専用スペースが欲しいという方は、賃貸物件の方がお勧めでしょう。

2-3.設備

ひとり暮らし用のワンルームの場合、バス、トイレ、ミニキッチンがついている物件が一般的です。
中にはミニ冷蔵庫などが備えつけられている物件もあるでしょう。
しかし、冷蔵庫、洗濯機などの大型家電は一通り必要です。
すべてそろえれば、十万円以上の出費になるでしょう。
シェアハウスの場合はこのような大型家電は基本的に共有です。
ですから、初期費用をできるだけ抑えたいという方には、シェアハウスがお勧めでしょう。
場所によっては、キャリーケース一個で入居できたりもします。
しかし、「家族以外の他人と家電の共有はしたくない」という方は、賃貸物件の方がお勧めです。

2-4.ご近所づきあい

ワンルームマンションでは、ご近所づきあいはほとんどありません。
ですから、隣人の顔さえ知らないということも珍しくないでしょう。
気楽といえば気楽ですが、何かあったときに誰も頼りになりません。
不測な事態に備えて日頃からいろいろと対策を考えておきましょう。
特に、病気になったりけがをしたりしたときは、家族のありがたみが分かります。
また、近所で何か事件が起きた場合は不安になるという方も多いでしょう。
一方、シェアハウスの場合は専用スペースがあっても、基本的には集団生活を送ります。
共有スペースに誰かいれば、自然としゃべるようになるでしょう。
また、料理のおすそわけもよく行われますし、ホームパーティーなども開かれることがあります。
また、男女一緒のシェアハウスの場合は恋愛関係になる住人同士もいるのです。
地方から出てきて知り合いが誰もいないという場合は、大変心強いでしょう。
また、シェアハウスは外国人が住んでいる場合もあり、国際交流ができるケースもあります。
ただし、ルールが守れなかったりマナーの悪い人が住んでいたりする場合は、一気に暮らしにくくなるでしょう。
ですから、シェアハウスを見学に行ったら、共有スペースの様子をよく見ておいてください。
極端に散らかっている場合は、住人の質がよくない場合もあります。

3.シェアハウス独特のシステム、ドミトリーって何?

ドミトリーとは、いわゆる大部屋のことです。
専用スペースなどいらないという方が利用する場所で、不特定多数の方と常に一緒に生活します。
部屋の広さによって2人~5人以上と定員はさまざま。
そのかわり、家賃はぐっとお得になっています。
ただし、プライベートが全くないという生活は、案外ストレスがたまるでしょう。
貴重品の管理も大変です。
ですから、ドミトリーはよく考えて借りてください。

4.シェアハウスを借りたい場合はどうすればいいの?

シェアハウスは、不動産屋でも紹介してくれます。
また、今は他業種からシェアハウス運営に乗り出す業者も少なくありません。
賃貸物件の場合は、不動産業者はあくまでも仲介業者で、管理会社もお世話になることが少ないでしょう。
しかし、シェアハウスは管理会社が住人のトラブルの仲裁に入ったり、ハウスのルールを決めたりします。
ですから、シェアハウスを多くあつかっていて、評判のよい会社を利用しましょう。
単に家賃が安いというだけで決めてはいけません。
また、可能ならばシェアハウスの見学にいきましょう。
シェアハウスは共同生活ですから、ほかの住人との相性が大切になります。

5.おわりに

いかがでしたでしょうか?
今回は、賃貸物件とシェアハウスを比較してみました。
最近は、シェアハウスのメリットを紹介するテレビ番組やサイトも増えています。
ですから、「お金もかからずに、楽しく共同生活ができる物件」というイメージを持っている方も多いでしょう。
しかし、シェアハウスで一緒に暮らすのは、家族や友人ではありません。
見ず知らずの第三者です。
ですから、ルールやマナーを守れない住人がいると暮らしにくいでしょう。
さらに、外国と日本では家の使い方や常識も違います。
外国人と暮らせるなんてすてきと思いがちですが、常識の違いからトラブルも起こりやすいでしょう。で
すから、家に帰ったらひとりでのんびりゴロゴロしたい。
好きなときに好きなことをしたいという方は、シェアハウスに向いていません。
自分がどのような生活を送りたいのかよく考えてから物件を選びましょう。