シャワーがぬるい原因は? 給湯器の修理や交換が必要な場合も!

シャワーの温度がぬるいときに考えられる原因には、さまざまなものがあります。給湯器に不具合が起きている可能性もあるため、業者に修理を依頼しなければならない場合もあるでしょう。しかし、原因によっては自分で対処できるケースもあるのです。まずは、原因が何なのかを確認してみることをおすすめします。この記事では、シャワーがぬるいときの原因やチェックすべき箇所・修理業者への依頼方法などをまとめてご紹介しましょう。

  1. シャワーがぬるい原因
  2. チェックすべきこと
  3. 修理・交換について
  4. シャワーがぬるい場合のよくある質問

この記事を読むことで、シャワーがぬるいときにどうすべきなのか分かるはずです。ぜひ参考にしてください。

1.シャワーがぬるい原因

まずは、シャワーがぬるいとはどんな状態のことか、主な原因にはどのようなものがあるかをご紹介しましょう。

1-1.どんな状態か?

「シャワーがぬるい」と感じるときの状態には、以下のようなものがあります。まずは、自分の家がどのような状態かを確認しましょう。

  • ぬるくなったり熱くなったりする
  • シャワーのお湯だけがぬるい
  • 浴槽やキッチンのお湯もぬるい

1-2.考えられる原因

原因としてまず考えられるのが、給湯器の不具合です。給湯器の設定温度が低くなっていないか確認し、問題がなかった場合は故障している可能性があると考えましょう。そのほかにも、混合栓やサーモスタットの故障なども原因の一つです。

2.チェックすべきこと

シャワーがぬるいときに確認すべき箇所や、修理か交換かの見極め方・注意点などをまとめました。

2-1.給湯器の操作パネルを確認し、ほかの場所でもお湯を出してみる

修理を検討する前に、まずは給湯器の操作パネルを確認し、適切な設定温度になっているかチェックしてください。給湯器の掃除をした際などに、設定温度を下げてしまっている可能性も考えられます。設定温度に問題がなかった場合は、キッチンや洗面所などほかの場所でもお湯を出してみましょう。お湯がぬるいのがシャワーだけなのかそうでないかで、原因や対処法も変わってきます。

2-2.修理か交換かは使用年数で見極める

原因となっている機器を修理に出すか交換するか見極める際は、使用年数を一つの目安にしてください。10年近く使用している場合はほかの部分も不具合を起こす可能性があるため、修理ではなく交換したほうが安心でしょう。

2-3.自分で交換するのはNG

混合栓や給湯器に不具合が起きたとき、自分で交換しようとする人も少なくありません。しかし、水回りの工事には専門の知識と技術が必要です。失敗すると水もれを引き起こす可能性もあるため、専門業者に依頼することをおすすめします。特に、給湯器は交換するために資格が必要な場合もあるため、注意してください。

2-4.ガスもれの可能性があるときはすぐに業者へ連絡を

すぐに業者への連絡が必要なのは、給湯器のガスもれが起きている可能性があるときです。ガスの臭いがする場合はただちに換気をし、給湯器を触らないようにして業者に連絡してください。

3.修理・交換について

シャワーがぬるい原因が給湯器にある場合の修理や交換についてご紹介しましょう。

3-1.修理や交換の依頼先は?

給湯器の修理や交換は、ガス会社や給湯器メーカー・給湯器販売業者などに依頼することができます。それぞれのメリットとデメリットをご紹介しましょう。

3-1-1.ガス会社のメリットとデメリット

【メリット】

  • 安心感がある
  • 業者を探す手間が省ける

【デメリット】

  • 給湯器本体の割引率が少ない
  • 選択できる給湯器の種類が限られている

3-1-2.給湯器メーカーのメリットとデメリット

【メリット】

  • 安心感がある
  • すぐ部品を調達できるため、素早く対応してもらえる

【デメリット】

  • 修理や交換は専門業者に委託しているため、現地でメーカー担当者と綿密な打ち合わせをするのが難しい
  • 給湯器本体の割引率が少ない

3-1-3.給湯器販売業者のメリットとデメリット

【メリット】

  • 各メーカーの給湯器を扱っているため、選択肢が広い
  • 給湯器本体の割引率が高い

【デメリット】

  • 良心的な業者をしっかりと見極めて選ぶ必要がある

3-2.無料見積もりで費用を比較しよう

給湯器本体の交換が必要な場合、費用相場は15万~40万円程度と幅があります。修理や取り付けにかかる費用も業者によって異なるため、事前に無料見積もりを依頼して比較した上で業者を選ぶのがおすすめです。

3-3.業者選びは慎重に

給湯器の修理や交換を依頼する場合は、以下のポイントを参考にして業者を慎重に選ぶようにしてください。

  • 豊富な実績があるか
  • 無料見積もりを受け付けているか
  • 親切でスピーディーな対応か
  • アフターサービスや保証内容は充実しているか

4.シャワーがぬるい場合のよくある質問

「シャワーがぬるくて困っている」という人が感じる疑問とその回答をまとめました。

Q.給湯器の寿命が近づいている症状にはほかにどのようなものがありますか?
A.給湯器から異音や異臭がする・黒い煙が出る・リモコンにエラーコードが頻繁に出るなどの症状がある場合は、寿命が近づいているサインと考えてください。

Q.冬だけシャワーがぬるくなるのはなぜですか?
A.給湯器本体が屋外に設置されている場合は、外気温の影響を受けてお湯の温度が不安定になることもあるでしょう。念のため、給湯器や混合栓などに問題がないか業者に相談してみることをおすすめします。

Q.給湯器にはどのような種類があるのでしょうか?
A.熱源がガスのものや電気のもの、石油のものなどがあります。そのほかにも、熱交換率を高めたエコ給湯器やハイブリッド給湯器などがあるため、交換する際は慎重に選びましょう。

Q.賃貸物件の場合、シャワーがぬるいときどう対処すればよいですか?
A.大家や管理会社に連絡をし、症状を伝えてください。経年劣化による故障の場合は、貸し主負担で交換するのが一般的です。

Q.給湯器の交換にはどのくらい日数がかかるのでしょうか?
A.同じ熱源の場合は、半日程度で済みます。電気からガスに変更する場合などは配管工事が必要になるため、数日かかることもあるでしょう。事前に業者に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか? シャワーがぬるいときの原因や対処法・業者の選び方などをまとめてご紹介しました。シャワーの温度が上がらなくなると快適なバスタイムを過ごすことができなくなります。できるだけ早く原因を知り、適切に対処してください。