一人暮らしの夢はシェアハウスで実現を!初期費用など詳細を解説!

最近、シェアハウスで一人暮らしをしたい人が急増しています。多くの人と楽しく過ごすイメージがあるため、シェアハウスへの関心はますます高まっているのです。今回は、一人暮らしをシェアハウスで始めたい人のために、さまざまな知識を解説することにしましょう。一人暮らしのためにシェアハウスを選ぶことにはどんなメリットがあるのか、初期費用はどうなっているのかなど、有益な情報をお届けします。

シェアハウスでの一人暮らしを快適にするためには、基本を押さえてシェアハウス選びをすることが大切です。そのためには、記事を読んでシェアハウスの選び方についてもしっかり学びましょう。記事を読んだ人は、自分にとって最高の条件のシェアハウスをみつけることができます。あこがれの一人暮らしをシェアハウスで実現するためにも、早速ご覧ください。

1.一人暮らしとシェアハウスについて

一人暮らしには、何かと不安が付きものです。しかし、シェアハウスでの一人暮らしならシェアメイトとの共同生活も味わえるなどさまざまなメリットがありますよ。

1-1.シェアハウスでの一人暮らしにはメリットがたくさん

シェアハウスでの一人暮らしには、メリットがたくさんあります。ここでは、どんなメリットがあるかについて具体的に解説をしましょう。

1-1-1.お金が掛からない

シェアハウスには、入居のときに敷金や礼金が必要ありません。また、個室部分の家賃と共有スペース費を合わせても、通常物件で一人暮らしをするよりも安く済みます。お金が掛からない点は、シェアハウスの大きなメリットと考えてください。特に、一人暮らしの生活費に不安がある人には、シェアハウスがおすすめです。

1-1-2.楽しい人間関係を作ることができる

シェアハウスでは、多くのシェアメイトと共同生活を送ることになります。もちろん、24時間ずっと一緒ということはありません。しかし、キッチンやお風呂などは共有で使うことになります。シェアメイトとは、何かと会話をする機会も多くなるでしょう。気の合うシェアメイトがいれば、シェアハウス生活もとても楽しいものになります。毎日をにぎやかに楽しく暮らしたい人は、シェアハウスを選ぶと良いでしょう。

1-1-3.部屋の広さ・設備・立地条件が良いところを選べる

シェアハウスは、通常物件と比べて同じ予算でも広い部屋に住むことができたり、設備が充実していたり立地が良かったりします。条件の良い部屋に住むことができる点は、シェアハウスのメリットです。たとえば、都心の駅チカなど人気の物件でも割安で済むことができるので住んでみたい地域があったらぜひ調べてみてください。

1-1-4.そのほかのメリットも知っておこう

そのほかにも、シェアハウスでの一人暮らしではセキュリティー面が優れていることがメリットと言えます。シェアハウスは、一人暮らしであってもシェアメイトとの共同生活も味わうことが可能です。シェアメイトがいることによって、一人きりではないという安心感を得ることができるでしょう。また、数か月単位で気楽に住むことが可能なのもシェアハウスならではのメリットと言えます。

1-2.シェアハウスに向いている性格やタイプについて

シェアハウスに向いている性格やタイプについては、以下のような特徴があります。

  • 協調性のある人
  • 社交的なタイプの人
  • 前向きな考えができる人
  • ほかの人との共同生活が苦にならない人
  • 共同生活のルールを守ることができる人
  • 一人暮らしをしてみたいけど寂(さみ)しがり屋の人

シェアハウスは、シェアメイトとの共同生活をうまくやっていくことが大切です。協調性があることはもちろん、社交的な性格であったり共同生活が苦にならなかったりする人がシェアハウスでうまくやっていける条件となります。

1-3.シェアハウスに向いていない性格やタイプについて

残念ながら、シェアハウスに向いていない性格やタイプの人もいます。たとえば、以下のような性格やタイプの人にはシェアハウスをおすすめできません。

  • 神経質な性格の人
  • 社交的ではない人
  • ほかの人との共同生活が苦手な人
  • ほかの人とキッチンやお風呂などをシェアするのが嫌な人
  • 共同生活のルールを守ることができない人

また、シェアハウスには、さまざまな人がいます。最低限のルールを守ることは、シェアハウスでの共同生活を送るために必要不可欠なことです。門限を守ることができないなど、共同生活のルールを守ることができない人はシェアハウスには向きません。

2.シェアハウスの種類について詳しく解説

ここでは、シェアハウスの種類について詳しく解説をします。それぞれのタイプで特徴・メリット・デメリットを紹介しますから、自分に合ったシェアハウスのタイプをみつけてください。

2-1.マンションタイプ

一見して、通常のマンションのような外観を持つのがマンションタイプの特徴です。マンションタイプのシェアハウスは、共有スペースを通過しなくても個々の部屋に入ることができるところもあります。マンションタイプのメリットは、一人暮らしのメリットを生かしながらも共有スペースを活用することで、多くのシェアメイトたちとの共同生活の楽しさを味わうことができる点です。デメリットとしては、大勢のシェアメイトたちとの共同生活になじむことができない場合は孤独感を覚えやすい点と言えます。

2-2.一戸建てタイプ

一戸建てタイプは、一般の一戸建て住宅をシェアハウスに活用したタイプになります。一人暮らしであっても、まるで自分の家で暮らしているかのような感覚で済むことができるのが特徴です。一軒屋タイプのシェアハウスは少人数で運営していることが多いため、大勢のシェアメイトと暮らすのに抵抗がある人にはメリットが大きいと言えます。デメリットは、やや家賃が高くなりやすいという点と、少人数ゆえに気の合わないシェアメイトがいる場合は人間関係に苦労しやすい点と言えるでしょう。

2-3.個室重視タイプ

シェアハウスでも、個室重視タイプが増えてきています。個室重視タイプは、生活エリアが個室であることに加え、トイレや風呂・キッチンがすべて付いたタイプも増えてきていて、共有スペースに出向かなくても生活には困りにくいタイプであることが特徴です。メリットは、個人のプライバシーを守りやすい点と言えます。ほかの人の生活ペースに合わせなくても、自分のペースを守りやすい点もメリットだと覚えておきましょう。デメリットは、シェアハウスの本来の意味が無くなる点です。共有スペースをシェアメイトと譲(ゆず)り合って使うことで生まれる人間関係が築きにくいのも、人によってはデメリットとなるでしょう。

2-4.ドミトリータイプ

ドミトリータイプは、個室を複数のシェアメイトと共有するタイプのシェアハウスです。ドミトリータイプのメリットは、ひとつの部屋に複数の人間がいるため寂(さみ)しくないことと言えます。また、ほかのタイプのシェアハウスと比べて家賃も安い点もメリットです。しかし、常にほかの人間が同じ部屋にいることで完全なプライバシーを保ちにくい点はデメリットとなるでしょう。シェアハウスでの一人暮らしでも、完全なプライバシーを重視する人にはドミトリータイプは向きません。

2-5.女性専用タイプ

女性専用タイプは、入居条件が女性限定であることが特徴です。女性だけで安心して暮らしたい人には、シェアハウスも女性専用タイプを選んでください。基本的に、シェアハウスは男女の入居者が混じることが多いため、中には不安を感じる人がいるのも事実です。シェアメイト同士の恋愛トラブルを避けたい人にも、女性専用タイプのメリットが大きいでしょう。デメリットは、女性だけのためセキュリティーに不安が残る点です。しかし、防犯体制が充実したシェアハウスを選ぶことで解決できますよ。

2-6.そのほかのタイプ

そのほかにも、学生寮や社員寮のように食事付きのシェアハウスも存在します。一人暮らしでも料理が苦手などで食生活が不安な人には、大きなメリットと言えるでしょう。また、帰宅したときに食事が用意できているのはほっとするものです。ただし、食事付きのシェアハウスでは当然ながら食費が毎月の費用に上乗せになります。また、自分で好きなメニューを選んで食べることができない点もデメリットですね。

3.シェアハウスの選び方を具体的に解説

それでは、シェアハウスの選び方について具体的に解説します。一人暮らしで満足するためにもシェアハウス選びが肝心ですから、しっかり学んでくださいね。

3-1.シェアハウスを選ぶポイントやチェックリスト

シェアハウスを選ぶためのポイントは、チェックリストを作って確認すると便利です。一例として、以下を参考にしてください。

  • 毎月の入居費用が予算内か
  • 立地条件は希望に合っているか
  • 部屋の広さに問題は無いか
  • 部屋に備え付けになっている家具や設備はどうか
  • 収納スペースはどのくらいあるか
  • 共有スペースの設備や管理状況はどうか
  • プライバシーやセキュリティーにかんして問題は無いか
  • ほかのシェアメイトたちとうまくやっていけそうか
  • シェアハウスの管理会社は信頼できるところか

ほかにも、自転車置き場が必要だったり日当たりにこだわったりなど独自のチェックポイントもあるはずです。上記のポイント以外にも、自分が外すことができない点だと思ったことをチェックリストに入れてください。

3-2.通常物件の部屋探しとの違いを理解しよう

シェアハウスと通常物件の違いについてきちんと理解することで、入居してからの不満を防ぐことができます。まず、シェアハウスには通常敷金や礼金が存在しません。つまり、通常物件の部屋探しよりも初期費用を安く抑えることが可能です。また、シェアハウスでは、キッチンや風呂・トイレを共有して使うことが基本と考えてください。通常物件の部屋探しと違い、シェアハウスに住む場合はお風呂やトイレのタイミングをほかのシェアメイトと譲(ゆず)り合うことになる点を理解しておきましょう。

3-3.シェアハウスの見学・内見について

シェアハウスを見学・内見にかんしては、業者によって入居前の条件となることもあります。入居前の条件ではなくても、シェアハウスを選ぶときは必ず現地を見学・内見してください。業者から入手した文字や画像だけの情報では、物件の細かなメリット・デメリットが見えないことも多いです。入居してから不満を抱えないためにも、細かい点をチェックするために見学や内見を積極的に活用してください。

4.シェアハウスに入居するときの流れを理解しよう

では、実際にシェアハウスに入居するときの流れを確認しましょう。事前にどんなものが必要か知ったり手続きの流れを理解したりすることは、スムーズな入居につながります。

4-1.シェアハウスの入居の流れ

シェアハウスの入居の流れについては、大体以下のとおりとなります。

  1. 気に入ったシェアハウスの見学・内見を申し込む
  2. シェアハウスの見学・内見で問題が無ければ契約を申し込む
  3. 業者で簡単な入居審査を受ける
  4. 入居審査で問題が無ければ正式に契約が成立する
  5. 入居可能日以降に引っ越しをして完了する

シェアハウスの入居には、簡単な入居審査が必要になります。主に確認する点は、共同生活を送ることに問題が無さそうか、大きな借金を抱えていないかなどです。審査で問題が無ければ、晴れて入居可能となりますよ。

4-2.シェアハウスの入居に必要なものや書類

シェアハウスの入居に必要なものや書類にかんしては、以下をご覧ください。

  • 身分証明証(自動車免許証など写真付きのもの)
  • 印鑑(契約書押印用)
  • 預金通帳と銀行印(家賃引き落とし用)
  • 初回入居費用(現金支払いの場合)

また、業者によってはほかにも書類を要求することがあります。必要な書類が揃(そろ)って初めて契約ができるので注意してください。

4-3.シェアハウスの入居に必要な金額について

シェアハウスの入居に必要な金額は、シェアハウスのタイプや条件によって異なります。必要な金額については、大体以下のとおりとなるでしょう。

  • 初期費用:無料から2万円程度
  • 家賃:日割り計算分から1か月分程度
  • 共益費:日割り計算分から1か月分程度

シェアハウスに敷金や礼金は存在しません。しかし、初期費用の名目で2万円程度までの費用が掛かることもあります。中には、キャンペーンで初期費用が無料の業者もありますので積極的に活用してください。

4-4.シェアハウスに入居するときの注意点

シェアハウスに入居するときには、必要な荷物だけを持っていくようにしましょう。シェアハウスは、通常物件と比べて収納スペースに限りがあることが多いです。シェアハウス選びのときには、収納スペースの容量もしっかりチェックしておきましょう。最初から備え付けになっている家具や設備は、持ち込む必要がありません。共有スペースには、生活に必要な家電が揃(そろ)っているはずです、必要最低限の荷物を持っていくことで、収納に悩むことも無く快適な生活を送ることができますよ。

5.こんなシェアハウスには要注意!

シェアハウスの中には、要注意と言わざるを得ない物件も存在します。思わぬトラブルに巻き込まれないためにも、チェックしておきましょう。

5-1.シェアハウス選びで注意したいこと

シェアハウスも、たくさんの物件から選ぶことになります。選ぶときには、自分が譲(ゆず)ることのできない条件は外さないようにしましょう。たとえば、家賃の安さを重視する場合は、ほかの条件でどこまで妥協できるかを決めておくことをおすすめします。また、家賃の安さよりも快適さを重視する場合は、予算に余裕を持ちましょう。また、気になる物件があったら疑問点を残さないように業者に質問をすることが大切です。業者からの回答に納得ができない場合は、契約を見送ってください。不安や疑問を残したまま契約をすることはやめましょう。なお、シェアハウス選びには口コミや評判をチェックすることも大切です。以前の入居者が悪い評判を残している物件は、避けましょう。

5-2.シェアハウスで起こりがちなトラブル例

シェアハウスにはさまざまなタイプの人間がいるため、思わぬトラブルが起きることもあります。ここでは、シェアハウスで起こりがちなトラブル例について学びましょう。

5-2-1.シェアメイトの共有スペースの使い方に不満がある

シェアハウスでは、共有スペースはほかのシェアメイトと譲(ゆず)り合って使用することが大切です。自分だけが独占して使ったり勝手に友人を招き入れたりすることは、ルール違反となります。しかし、中には独自のルールで共有スペースを使ったり、汚したまま放置したりする人もいるのが事実です。共有スペースの使い方にかんしては、ほかの人とトラブルになりやすいので注意しましょう。

5-2-2.共有スペースに保管した私物が無くなる

たとえば、冷蔵庫に保管しておいた食品が無くなるなどのトラブルは意外と多く発生します。共有スペースであっても、冷蔵庫の中の私物を勝手に食べることはいけません。誰のものかわからないものであっても、手を付けないようにしてください。なお、マジックで所有者をアピールすることも有効です。どんな対策をしても私物が無くなることが続くような場合は、管理会社から通達を出してもらうようにしましょう。

5-2-3.シェアメイト同士の人間関係に疲れる

さまざまな性格の人間が共同生活を送るシェアハウスでは、人間関係に疲れることもあります。単純に性格が合わない場合や、相手の考え方に理解できない場合などですね。また、男女関係のトラブルもあります。シェアハウスでは、シェアメイト同士が適度な距離感を保つことができないと人間関係のトラブルに巻き込まれやすいと考えておきましょう。

5-2-4.シェアメイトの騒音に耐えることができない

たとえば、音楽鑑賞が趣味だったりバンドを組んでいたりするシェアメイトがいると騒音が気になることもあります。しかし、中には騒音を出している本人は気づいていないこともあるため、やんわりと忠告することで改善できる場合もあるでしょう。いずれにしても、共同生活において騒音を出すことはマナー違反です。改善が無い場合は、管理会社からの通達で解決することが最良と言えます。

5-2-5.シェアメイトがプライバシーに干渉してくる

シェアメイトの中には、個人のプライバシーに必要以上に干渉してくるタイプもいます。中には、話したくないと言ってもしつこく聞いてくるタイプがいるのも事実です。プライバシーに干渉してくるシェアメイトには、毅然(きぜん)とした態度を取ってください。もしも、相手が希望した内容を話さなかったことで中傷を受けても気にしないことです。しかし、プライバシーを干渉してくるシェアメイトがいること自体が大きなストレスとなるのも事実ですから、耐えられない場合はシェアハウスの引っ越しも考えましょう。

5-3.シェアハウスに強い不動産業者選びのポイント

下記に、シェアハウスに強い不動産業者選びのポイントをご紹介します。

  • シェアハウス物件を豊富に抱えている
  • シェアハウスにかんして詳しい知識を持っている
  • 質問に対する答えが的確でわかりやすい
  • 家賃や共有費が良心的な設定になっている
  • シェアハウスの利用者からの評判が良い

通常物件に強い不動産業者でも、シェアハウスは弱いところもあるので注意しましょう。なお、シェアハウスに強い不動産業者として以下も参考にしてくださいね。

ソーシャライブ:http://www.socialalive.jp

6.シェアハウスでの一人暮らしにかんするよくある質問

それでは、シェアハウスでの一人暮らしにかんするよくある質問に回答します。問題無く一人暮らしを始めるためにも、しっかり確認しておきましょう。

6-1.シェアハウスとルームシェアの違いは何ですか?

シェアハウスとルームシェアは、よく混同されがちです。シェアハウスは、不動産会社と1対1で契約します。しかし、ルームシェアは1物件を複数の人数で契約することに違いがあると考えてください。ルームシェアの場合は、2人や3人などごく少人数となることも多いです。ルームシェアは、知人や友人同士などで契約することが多い点もシェアハウスとの違いとなります。

6-2.シェアハウスでの一人暮らしで成功するコツは何ですか?

シェアハウスの一人暮らしでは、シェアメイトたちのプライバシーに干渉しないことが最も大切です。もちろん、シェアメイトとして仲良くやっていくことは大切でしょう。しかし、必要以上に相手のことを知りたがったり干渉をしたりすることは、人間関係のトラブルを招きやすくなります。また、共有スペースの使い方など基本的なルールやマナーを守ることが必要です。シェアハウスでの一人暮らしを快適にしたいのなら、ほかの人への気配りも欠かさないようにしましょう。

6-3.シェアハウス入居前にシェアメイトの情報を入手できますか?

一人暮らしとはいえ、共同生活を送ることにもなるシェアハウスの生活では、シェアメイトと気が合うかどうかも重要なポイントとなります。入居をする前に、どんな人がいるか気になるのも当然です。シェアハウスの入居前には、大体の情報を入手することはできますので安心してください。ただし、性別や年齢・学生か社会人かなどの情報だけのことも多いです。個人のプライバシーの問題もあるため、完全な情報は入手しにくい点は理解してくださいね。

6-4.ほかのシェアハウスに移りたいときはすぐに退去できますか?

シェアハウスが何らかの理由で気に入らないときは、退去を検討することになります。しかし、退去のタイミングにかんしては契約したときの規定に従ってください。なお、豊富な物件を抱えている業者と契約している場合は、次に入居するシェアハウスの候補を素早くみつけることも可能です。業者の入居許可が出た場合は、現在の物件を退去してからすぐに新物件に移ることもできるでしょう。

6-5.シェアハウスを気に入った場合は最長どの程度契約することが可能ですか?

幸いにも入居したシェアハウスを気に入った場合は、契約更新が可能な限り住み続けることができます。シェアハウスの建て替えなどが無い限りは、安心して長期間暮らすことができるでしょう。ただし、最長でどの程度契約ができるかという点については物件によって異なるのが現状です。たとえば、1年後に建て替えが決定している場合など、条件によっては長期契約が不可の場合もあるので注意しましょう。

まとめ

今回は、一人暮らしをシェアハウスで始めたいと考えている人のために、シェアハウスについての基本的なことから初期費用などの知識・実際の選び方など、さまざまに解説をしてきました。記事を読んだ人は、シェアハウスについての不安が無くなったことでしょう。とにかく、シェアハウスは良い物件を探すことが大切です。シェアハウスに強い業者を利用することで、自分にとって最高の条件で一人暮らしを始めましょう。そのためにも、記事を繰り返し読んで学んでくださいね。