使わなくなったスマホを安全に処分するために絶対知っておくべきこと

新しい機種に買い替えたとき、使わなくなったスマホはどう処分していますか? スマホには非常にたくさんの情報が詰まっています。 個人的なものだけでなく、家族や友人から仕事関係まで、ありとあらゆる個人情報が小さなスマホに入っていることを決して忘れてはなりません。 また、そのデータを狙っている人も多くいることを覚えておきましょう。 ここでは、特に個人情報に注目して、スマホを安心して処分する方法をご紹介します。

1.スマホの処分で注意すべきは「個人情報」

スマホの処分を考えるときに一番気をつけなければならないのが、個人情報の漏えいです。 ちょっとした不注意で個人情報を漏らしてしまうと、取り返しのつかない事態にもなりかねません。 特にスマホにはGPSによる位置情報も記録されているため、自宅の確定も容易に行えます。 また、IDやパスワードが漏れてしまえば金銭的な被害にあう可能性も高まるでしょう。 最後の最後までスマホの取り扱いには細心の注意を払うようにしましょう。

1-1.初期化だけではデータは復元されてしまう

スマホは初期化すれば情報は全て消えたかのように見えます。ここが落とし穴です。初期化をして工場出荷状態に戻すだけでは、情報の復元は可能なのです。 そのような復元ソフトは誰でも簡単に入手することができます。 そこで、全てのデータは暗号化することをおすすめします。 暗号化してしまえば、ツールを使って復元を試みても解析ができない状態にすることができます。暗号化したうえで初期化する処理を行うとよいでしょう。 このようにデータを確実に消去する方法は端末によって異なります。 購入した店舗や利用しているキャリアのサイトなどで調べてみましょう。 また、このような処理を行う前には必ずデータのバックアップを残しておくことも忘れずに行ってください。 残しておきたいデータを誤って消してしまうことのないように注意が必要です。

2.不要なスマホを廃棄する場合

スマホを廃棄処分したいときには、ゴミとして捨てるほか、リサイクルに出す方法もあります。

2-1.ゴミとして捨てる

そのままゴミとして捨てることだけは絶対に避けましょう。捨てたはずのスマホを盗まれて、データを悪用される恐れがあります。ゴミとして廃棄するのであれば、ドリルなどを使用してスマホを完全に壊すようにしてください。メモリ部分を物理的に破壊しておけば安心です。

2-2.リサイクルに出す

しかし、スマホに使われている金属には希少なものも含まれています。ゴミとしてそのまま廃棄してしまうのは非常にもったいないと言えるでしょう。捨ててしまうのであれば、環境の点からもリサイクルに出すことをおすすめします。 携帯ショップではリサイクル回収を受け付けており、各キャリアも積極的に再利用に取り組んでいるようです。キャリアの販売店舗に持って行けばデータもきちんと削除してくれるので安心です。

3.不要なスマホを売却したい場合

スマホは入れ替わりが激しいため、比較的新しい端末も中古で売られていることも多くあります。このような仕組みを利用して処分すればお金を得られることができます。しかし、やり方によっては大きなリスクを伴う可能性が高まりますから注意が必要です。

3-1.買取店を利用する方法

中古のスマホを取り扱っている店舗では、買い取りも行っているところがほとんどでしょう。 気軽にスマホを売ることができるうえ、データも完全に消去できる専用のソフトを使用していることが多いのが特徴です。 買い取りをお願いする前に、データの消去についてどのように扱っているのか確認をしてみるとよいでしょう。 信用できる店舗を選ぶことがポイントです。 また、IDやパスワードが他人の手に渡らないようにアプリも含めて可能な限り自分で削除をしてから持ち込むとよいでしょう。 買い取りをしてもらう際には、購入時の箱やケーブルなどの付属品も揃っていると買取価格が上がります。本体もキレイな状態にしておくことが大切です。 自分の機種がどのくらいの価格で売買されているのか確認をしてみてもよいかもしれません。

3-2.オークションなどを利用した個人売買

こちらは自己責任で全てを行わなければならないため、あまりおすすめできません。個人情報のデータを確実に削除できるスキルが最低条件です。 ネットオークションなどで個人売買されているスマホもたくさんありますが、その多くが個人情報を正しく消去できていないと問題にもなっています。 先ほどもお伝えしたように、初期化はされているのですがデータが復元できる状態で残っているのです。 また、ネットを介して出品するスマホの正しい状態を伝えるだけの知識も必要となります。 それを怠ったり、軽く考えたりすると後に大きなクレームにつながることもあるでしょう。 このように手間がかかるだけでなく、リスクを伴うことも十分に考慮して個人売買をするか判断するようにしましょう。 さらに、犯罪に使用するためにこうした個人売買でスマホを入手しようとしている悪質なユーザーもいることも覚えておいてください。

4.古いスマホを自宅に置いておく場合

あるアンケート調査では、8割もの方がそのまま不要になったスマートフォンを自宅に置いたままにしていることが分かりました。 これは大切に保管しているというよりも、処分方法が分からずそのまま放置しているといった理由が多く見受けられます。 また、活用できる方法を見出して使い続けている方もいます。 主に次のような使い方をされている場合が多いようです。

4-1.デジカメや音楽プレイヤーとして

スマホはディスプレイも大きめで、画質も優れているため写真を撮ったり保存したりするために利用している方もいます。 また、音楽プレイヤーとしても活躍することができます。なかには子供に与えて自由に使わせている方もいるほどです。

4-2.目覚ましアラームやタイマー、電卓として

スマホには日常生活に便利なちょっとした機能がたくさんついています。 目覚まし時計の代わりに使えるほか、キッチンタイマーや電卓も汚れや防水を気にせず使えるというメリットあります。 このように古くなったスマホをいつまでも使い続けることもできますが、この小さな機器の中には重要な個人情報などがたくさん入っていることを忘れないでください。 その情報を管理できるかどうかを考えた場合、あまりこのような使い方はおすすめできません。 また、台数が多くなるほどいつの間にか紛失してしまう可能性も高まります。

まとめ

最後にもう一度それぞれの処分方法について注意点などをまとめておきます。

  • ゴミとして捨てる……最も手軽だが、個人情報漏えいのリスクが高い
  • リサイクルに出す……個人情報の削除もしてもらえるうえ環境にもやさしい
  • 買取店を利用して売却する……信頼できる店を探すことが重要
  • ネットなどで個人売買する……それなりのスキルが必要で手間とリスクも伴う
  • 自宅で保管・もしくは活用……管理をきちんと行えるかが問題、いつの間にか紛失することも

スマホの処分でポイントとなるのは、「個人情報」です。 これさえきちんと守ることができるのであれば、どのような処分の仕方でも問題ないと言ってもよいかもしれません。 しかし、そのためには正しい知識が必要となります。 確実にデータを消去する自信のない方は、信頼のできる専門のお店にお任せをするのが一番でしょう。