スマホはリサイクルがおすすめ! お得な処分方法は?

スマホは、もはや生活必需品のひとつとなりました。お財布をなくすよりも、スマホをなくすほうがショックでダメージが大きいという人もいます。しかし、スマホにも寿命があり、使用頻度が高いために買い替えリサイクルも早くくるものです。すると、古いスマホをどうやって処分するべきか、悩んでしまいますよね。そこで、今回は、スマホの処分に関して、リサイクルできてお得な方法について詳しく解説しましょう。

この記事を読むことで、スマホのリサイクルについて詳しい知識が身につき、お得な方法で処分できます。まずは、記事をじっくり読んでみてください。

1.スマホのリサイクルについて

最初に、スマホの普及率や資源価値・リサイクルの現状を解説します。

1-1.スマホの普及率について

スマホの世帯普及率は、2016年現在で約71.8%です。国民の大体3人に2人は所有している計算になります。1人で複数台を持つ人も少なくありません。もはや、スマホは生活必需品のひとつと言えるでしょう。最近では、連絡手段や防犯目的で小学生から親が持たせるケースも増えています。電話やインターネットのほかにも、SNSを気軽なコミュニケーションや、写真と動画の撮影、各種予約など、使い方は無限です。スマホさえあれば、何とか生きていけると言いきる人までいるほど、私たちの生活に必要な存在となっています。

1-2.スマホの資源価値とは

スマホには、レアメタルを含む希少資源が豊富に使われています。そのため、リサイクル価値がとても高いものと言えるのです。不要になったスマホは、積極的に資源リサイクルに回しましょう。業者によって、再資源化が可能です。また、今は中古スマホの需要も高まっています。スマホのキャリアを乗り換えるため・2台目以降の契約のためなどで、中古のスマホ市場が活発化しているのです。自分には不要なスマホでも、ほかの人から見れば十分に価値がある可能性が高いと言えます。

1-3.スマホのリサイクルの現状

スマホのリサイクルは、有益であることが認められている割には、進んでいません。リサイクルが進まない理由にはいくつかあります。

  • 法律でリサイクルが義務づけられていない
  • 小さいため、自宅に放置したままでも邪魔になりにくい
  • キャリアとの契約が切れた後でも多くの機能が使える

不要になったスマホでも、目覚まし時計の代用にしたり、Wi-Fiを利用してさまざまな機能を楽しんだりできるため、リサイクルに出しにくいのです。

2.スマホをリサイクルする前にすべきことは?

スマホをリサイクルする前にすべきことについて、具体的に解説します。

2-1.スマホの処分前にしておくべきこと

スマホの処分前には、内部データを消去してください。スマホには、個人の氏名や電話番号・メールアドレスだけでなく、プライベートな画像や動画・メール内容・各種登録情報などがたくさん記録されています。万が一消去せずに処分した場合、思わぬところから情報が流出する可能性もあるのです。スマホのデータは、本体を初期化することで消すことができます。詳しい消去方法については、各スマホの使用説明書などをご覧ください。

2-2.大切なデータは移行しておこう

スマホのデータには、大切なものが多いはずです。大切な人の電話帳・写真・動画類は、消去する前に、必要に応じてバックアップを取ったりほかのメディアなどに移動したりしてください。特に、電話帳は消去してしまうと連絡先がわからなくなってしまうケースが多いものです。スマホにだけ情報を登録してある人とは、連絡が途絶えてしまいます。何はなくとも、電話帳は確実にバックアップや移行をしてください。なお、普段からこまめにバックアップを取っておくと安心です。

2-3.スマホをリサイクルする前にすべきそのほかのこと

スマホをリサイクルする前には、各種登録情報を整理しておきましょう。特に使っていないアプリやサービスの会員登録情報は、削除しておくことをおすすめします。また、継続する場合でも、ユーザーIDとパスワードの確認をしておきましょう。不明なものがあるときは放置せず、再設定などをしてから削除してください。また、画面ロック機能を使っている人は、すべての処理が終わった後で設定を「なし」に戻しておきましょう。

3.スマホをリサイクルしてみよう

スマホには、リサイクル価値の高い資源が多く使われています。リサイクルできる主な方法を、方法・費用・注意点を含めてご紹介しましょう。

3-1.自治体に処分を依頼する

スマホは、多くの自治体で「小型家電リサイクル法」の対象品目となっています。区役所などに専用の回収ボックスが設置されているので、不要になったスマホを投入してください。処分費用は無料ですが、専用の回収ボックスの数が少ないことがデメリットです。

3-2.スマホのキャリア会社やメーカー・販売店の引き取りを利用する

スマホを新しくするときなどに、キャリア会社やメーカー・販売店などに引き取ってもらうこともできます。条件やタイミングが合えば、数千~数万円の値引きやキャッシュバックが受けられることもあるのでお得です。壊れている場合でも処分だけ依頼することもできるので問い合わせてみてください。なお、処分費用は無料です。

3-3.自分でリセールする

キレイに使っていたスマホは、リセールも考えてみましょう。リセールの方法としては、スマホのリサイクルショップに売る・インターネットオークションを利用するなどが主になります。

3-3-1.スマホのリサイクルショップに売る

スマホ専門のリサイクルショップでは、不要になったスマホを買い取りしています。メーカー・機種・状態を細かくチェックし、再販できるものを買い取り対象としているのです。新しい機種で状態に自信があるものなら、高額査定も可能でしょう。ただし、古い・状態が悪い・故障しているものなどは対象外です。

3-3-2.インターネットオークションを利用する

インターネットでは、毎日多くの中古スマホの取り引きが行われています。オークションサイトに登録後、出品手続きを取りましょう。状態がいいものは、特に高額落札の可能性が高いため、取り引きに慣れている人におすすめです。手数料が数百円程度かかることがあります。なお、入金トラブル・商品クレームが起きることも多いので注意してください。

3-4.不用品回収業者に依頼をする

不要になったスマホは、不用品回収業者に処分を依頼すると便利です。店頭持ち込みもしくは宅配便などを使って送付することで処分できます。多くの場合、回収費用は無料です。ただし、状態がよく人気機種ならば買い取りになるケースもあるため、よく調べてから依頼しましょう。

4.スマホのリサイクルに関するよくある質問

最後に、スマホのリサイクルに関するよくある質問に回答します。それぞれの内容を確認し、参考にしてください。

Q.自分で改造したスマホでもリサイクルできますか?
A.買い取り対象にはなりません。しかし、回収して資源リサイクルに回すことはできます。改造したものであっても、レアメタルなどの希少資源が含まれていることに違いはありません。ゴミとして処分せず、リサイクルできる方法で処分してください。

Q.データ消去後でもほかの人の手に渡るのが不安なのですが?
A.信頼できる業者に依頼すれば問題ありません。きちんとデータ消去してあれば、データが流出することはないので安心してください。まずは、業者選びをしっかりして信頼できるところであるか確認をしてから依頼しましょう。

Q.電源が入らないのでデータ消去ができないのですが?
A.電源が入らないスマホにかんしては、分解してデータが保存してある部分を物理的に破壊することもできます。もちろん、データは読み取り不可になるので安心してください。なお、大切なデータの読み出しを希望するときは、復旧できることがあるため、処分前にキャリアやメーカーに相談することをおすすめします。

 Q.1回に複数台のスマホを処分するときのいいアイデアは?
A.まとめて処分依頼するときには、不用品回収業者を利用すると楽でしょう。中には、宅配便送付に限り送料無料(処分費用も無料)で受け付けてくれるところもあります。ただし、業者によって宅配便送付の条件が異なるため、注意してください。

Q.画面が割れているスマホでも回収してもらえますか?
A.画面が割れていても回収可能です。ただし、買い取り対象にはならないことが多いでしょう。実際に回収を依頼するときは、割れた画面でケガをしないようにテープなどで保護してから渡してください。なお、画面が割れていても正常に動作する場合は、内部データの消去を忘れずに行いましょう。

まとめ

今回は、スマホのリサイクルについて詳しく解説しました。スマホにも、寿命があります。買い替えなどで不要になったものは、専門の回収御者に依頼して適切に処分してもらいましょう。中古品として価値の高いものは、買い取ってもらえることもあります。何らかの不具合や故障がある場合でも、資源リサイクルに回すことで有効活用できるのです。愛用したスマホの処分で後悔しないためにも、記事を参考に最適な方法を探してみてください。