ぬいぐるみの処分方法ならコレ! 最も簡単でお得な方法を教えます!

不要になったぬいぐるみの処分でお困りではありませんか? 「愛着があるぬいぐるみなので、ゴミに出すのは気が引ける」「ゴミに出したらバチが当たりそうで怖いが、数がどんどん増えてしまう」など、何かと悩みますよね。それに、大切にしていたぬいぐるみほど、粗末に処分できないことでしょう。実は、ぬいぐるみの種類や状態によっては、リサイクルや買取してもらえることもあるのです。

そこで今回は、ぬいぐるみの処分について詳しく解説しましょう。

  1. ぬいぐるみはなぜ処分しにくい?
  2. ぬいぐるみを処分する方法
  3. ぬいぐるみをリサイクルする方法
  4. ぬいぐるみの処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、ぬいぐるみを簡単に処分する方法がよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.ぬいぐるみはなぜ処分しにくい?

最初に、ぬいぐるみを処分できない心理とはどんな状態か見ていきましょう。

1-1.思い出がある

ぬいぐるみには、さまざまな思い出がつまっているものです。子どものころから大切にしていたり、大好きな人からもらったりしたものは、特に思い入れが強いことでしょう。大人になって不要になっても、思い出があるものは捨てにくいものです。そのため、汚れや傷みが激しくなっても持ち続けている人も多くいます。

1-2.もったいない

まだ比較的新しい・キレイな状態のぬいぐるみは、処分するのが「もったいない」と感じることがあります。傷みも汚れもひどくないのに捨てるのは、気が引けるという人も多いものです。また、限定品だったりノベルティーで入手したりしたものなどは、希少価値があることからも捨てにくいことでしょう。

1-3.処分方法が分からない

ぬいぐるみには、「魂が入っている」と言われているため、正しい処分方法が分からず捨てにくいと考える人もいます。親から、ぬいぐるみや人形を普通のゴミとして捨てるとバチが当たると教えられた人もいることでしょう。そのため、処分したくてもずっと持ち続けることになるのです。

2.ぬいぐるみを処分する方法

ぬいぐるみを処分する主な方法を詳しく解説します。

2-1.自治体でゴミとして処分してもらう

ぬいぐるみは、自治体にゴミとして処分してもらうことができます。多くの自治体では、可燃ゴミ扱いとなりますが、60cm以上など大きさによっては粗大ゴミとなるケースもあるでしょう。実際のゴミの区分や回収ルールは、自治体ごとに異なるため、事前に確認してから出してください。

メリット

  • 処分費用が無料もしくは格安

デメリット

  • まだキレイなものでも廃棄処分となる
  • 回収日時・場所が指定されている
  • 回収場所まで運ぶ手間がかかる
  • 粗大ゴミ扱いになると手続きが面倒

2-2.神社の人形供養に出す

神社に依頼して、人形供養をしてもらう方法もあります。神社では規定の供養後、きちんと処分してもらえるので安心です。神社によっては、宅配便で送付できるところもあるので探してみるといいでしょう。なお、多くの場合「供養料」がかかります。

メリット

  • 心理的に安心できる
  • 供養後は神社で処分してもらえる

デメリット

  • 人形供養している神社を探す必要がある
  • 供養可能な日時が決まっていることがある
  • 1個数千円~の供養料がかかることがある

3.ぬいぐるみをリサイクルする方法

不要になったぬいぐるみは、リサイクルして活用することも可能です。

3-1.知人にあげる

不要になったぬいぐるみでも、知人に引き取ってもらえることがあります。特に小さな子どもがいる家庭では、喜ばれるものです。ただし、どんなぬいぐるみでももらってもらえるわけではありません。まずは、知人にぬいぐるみの内容と状態を知らせ、欲しいか確認してください。

メリット

  • 喜んで使ってもらえる
  • 知人に譲るので安心

デメリット

  • 欲しい人が見つかるまで処分できない

3-2.施設や病院に寄付する

福祉施設や病院にぬいぐるみを寄付する方法もあります。まずは、ぬいぐるみを寄付できるところがないか探してみましょう。自治体が寄付の窓口となっていることもあるので、問い合わせてみることをおすすめします。なお、寄付先への配送費用は自己負担となり、配送も手配するのが原則です。

メリット

  • 喜んで使ってもらえる

デメリット

  • 汚れや傷みがひどいものは不可
  • 寄付先を自分で探す必要がある
  • 配送費用は自己負担
  • 配送手段を手配する必要がある

3-3.リサイクルショップに売る

ほぼ新品に近い・希少価値の高いぬいぐるみは、リサイクルショップで買取してもらえることがあります。人気キャラクターものや海外の人気ブランドもの・企業のノベルティーなどは、買取可能なことも多いでしょう。業者の査定後、提示金額に納得した場合は、ぬいぐるみを引き渡して代金を受け取ってください。

メリット

  • 買取に出したその場で代金を受け取れる
  • ほかの不用品も同時に買取してもらえる

デメリット

  • 査定金額が安いことが多い
  • 買取不可の場合は引き取り処分も依頼できない

3-4.フリマサイトやネットオークションで売る

不要になったぬいぐるみは、フリマサイトやネットオークションで売ることも考えましょう。人気や状態によっては、高く売れることもあります。特に、海外の人気ブランドものや企業のノベルティーなど、希少価値が高いものやマニアからの人気があるものは、高額落札が期待できるでしょう。

メリット

  • 贈答用やコレクション用は需要により落札率が高い
  • 売りたい価格で出品できる
  • 業者で買取不可となったものでも売れることがある
  • 完全在宅で取り引きが完了する
  • ネットオークションでは思わぬ高額落札もある

デメリット

  • 状態やタイミングによってはなかなか落札されない
  • フリマサイトでは値切られることが多い
  • 出品中はこまめなやり取りとチェックが必要

3-5.不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に依頼し、ぬいぐるみを処分することもできます。なお、有名ブランドのぬいぐるみで状態のいいものは、買取してもらえることもあるので業者に確認してみましょう。

メリット

  • 都合のいい日時・場所で回収してもらえる
  • ほかの不用品も同時に処分できる

デメリット

  • ぬいぐるみ1個だけだと回収費用が高くつく

4.ぬいぐるみの処分に関するよくある質問

最後に、ぬいぐるみの処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.ぬいぐるみをゴミとして捨てる場合にやるべきことは?
A.ほかのゴミとは別の袋に入れ、塩を振って清めてから出すといいでしょう。ゴミとして処分する場合でも、気持ちに区切りがつきます。

Q.ぬいぐるみを処分するタイミングは?
A.たとえば、以下のようなタイミングで処分するといいでしょう。

  • 子どもが成長して使わなくなった
  • 特に思い入れがなくなった
  • 引っ越し
  • 遺品整理

なお、強い思い入れがあるもの・形見などは、無理に処分する必要はありません。後悔する可能性があるものは、処分を見送りましょう。

Q.高価買取が期待できるぬいぐるみの特徴は?
A.以下のようなぬいぐるみは、中古需要が高く高価買取してもらえることがあります。

  • 海外の人気ブランド品(シュタイフなど)
  • 人気キャラクターもの
  • 目立つ汚れや傷みがない
  • メーカーの保証書がある
  • 限定生産品
  • 人気企業のノベルティーや景品

Q.ネットオークションでぬいぐるみを出品する際の注意点は?
A.ネットオークションは個人との取り引きになるため、以下の点に注意してください。

  • ぬいぐるみの状態が分かる写真を数枚添付する
  • ぬいぐるみの傷・汚れなどを正確に伝える
  • こん包方法・送付方法・送料を明記しておく
  • 落札者制限をかけ、いたずら入札や悪い評価がある人からの入札を避ける

また、落札者からの質問やアクションに迅速に対応するためにも、取り引き状況をこまめにチェックすることをおすすめします。

Q.不用品回収業者の費用を抑えるコツは?
A.ぬいぐるみだけでなく、ほかにも処分する不用品があれば同時に依頼しましょう。それぞれ依頼するよりも、割安になります。また、家電や家具・パソコンなど買取対象になるものがあれば、ぬいぐるみの処分費用と相殺できるのでおすすめです。

まとめ

今回は、ぬいぐるみの処分について詳しく解説しました。不要になったぬいぐるみを処分する際は、ゴミに出す以外に、神社の人形供養に出すこともできます。また、まだ使える状態のものは、なるべくリサイクルできる方法を考えましょう。比較的キレイなものは、寄付や買取に出すことができます。まずは、買取してもらえるかどうか考えてみるといいでしょう。