スプレー缶の安全な捨て方を伝授!中身が残っているスプレー缶も!

スプレー缶を安全に捨てるには、注意点を正しく学ぶことが必要です。
今回は、中身が残っているスプレー缶の捨て方も同時にご紹介しましょう。

スプレー缶の安全な捨て方を探している人は、ぜひご覧ください。

1.スプレー缶の捨て方にはどんな方法がある?

まずは、スプレー缶の捨て方にはどんな方法があるのかを確認しておきましょう。
安全に捨てるためにも、基本を押さえることが必要です。

1-1.燃えないごみに出す

スプレー缶は、空の状態で燃えないごみとして出すことができます。
ただし、具体的な捨て方については、お住まいの自治体の指示に従ってください。
たとえば、スプレー缶に穴が開いた状態にする必要があるなど自治体によって指示が異なるのです。
また、中身が残っているスプレー缶の処分は、別途指示があることも多いでしょう。
ごみを回収する人が危険な目に遭(あ)わないためにも、きちんと指示に従って出してくださいね。

1-2.不用品回収業者に依頼する

大量のスプレー缶を処分するときは、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。
不用品回収業者にスプレー缶の処分を依頼することは、さまざまなメリットがあるでしょう。
不用品回収業者の場合は、未使用だったり中身が残ってる状態だったりするスプレー缶もそのまま引き取ってもらうことが可能です。
ガス抜きなどの手間を考えると、不用品回収業者に依頼するメリットは大きいと言えるでしょう。

2.ガスの抜き方と注意点を確認しよう!

それでは、実際にスプレー缶のガスの抜き方や注意点について学びましょう。
安全に作業をするためには、まず、注意点を頭に入れることが大切です。
そして、実際の作業手順を確認していきましょう。

2-1.スプレー缶のガス抜きを行うときの注意点

では、スプレー缶のガス抜きを行うときの注意点を確認しましょう。
安全にガス抜きを行うためには、いずれも必要な知識ですよ。

2-1-1. 火気厳禁の点に注意すること

スプレー缶のガスは、近くに火があると引火する危険があります。
まずは、スプレー缶の注意書きをよく読んでみてください。
必ず、「火気厳禁」と表示してあるはずです。
安全に作業をするためにも、近くでタバコを吸ったりガスコンロを使ったりしないようにしてください。

2-1-2.戸外(こがい)で作業すること

ガス抜きを行う場所は、戸外(こがい)にしてください。
家の中でガス抜きをすることは、思わぬ事故につながる可能性があります。
ガス中毒や火事のリスクもありますから、家の中でのガス抜きは厳禁だと覚えておきましょう。

2-1-3.マスクと手袋を着用すること

スプレー缶のガスを直接吸い込まないためには、マスクを着用しましょう。
また、ガス抜きを行ったときに中身があふれることもあります。
中身が手に付着しないように、手袋や軍手をはめると良いでしょう。

2-2.ガスの抜き方の手順や中身の処分方法を確認

では、実際にスプレー缶のガスを抜く手順を確認しましょう。
安全に処分するためにも、必ず確認してくださいね。

2-2-1.ガス抜きの作業を行う環境と必要なものを確認する

まずは、ガス抜きの作業をする環境を確認してください。
スプレー缶の中身は、引火する可能性が高いガスです。
必ず、火の気が無い戸外(こがい)で、マスクや手袋を着用した状態で行いましょう。
次に、大きめのビニール袋・新聞紙・不用になった布を用意してください。
中身を出すために、大きめのビニール袋の中に新聞紙や不用になった布を敷(し)きます。
新聞紙や不用になった布に、残った中身やガスをできるだけ抜くためにスプレーをしましょう。
こうすると、スプレー缶に残った中身を処分することができますよ。

2-2-2.スプレー缶に穴を開ける

スプレー音がしなくなる状態になったら、スプレー缶に穴を開けましょう。
スプレー缶に穴を開ける手順については、製品に記載されている場合もあります。
まずは、確認をしておいてくださいね。
スプレー缶に穴を開けるには、きりのような道具を使って穴を開ける方法が一般的でしょう。
ただし、スプレー缶自体にもガスを抜くための「ガス抜きキャップ」が付いている場合があります。
スプレー缶に「ガス抜きキャップ」が付いている場合は、より簡単にガス抜きを行うことができるでしょう。
中身のガスがすべて出て、音が聞こえない状態になるまで放置してくださいね。

3.スプレー缶を増やさないためのコツを伝授!

スプレー缶は、いつの間にか溜(た)め込んでしまう人も多いことでしょう。
ここでは、スプレー缶を増やさないためのコツを伝授します。

3-1.こまめに処分をすること

スプレー缶を増やさないためには、こまめに処分をすることが基本でしょう。
使い終わったときに、面倒がらずに処分することで不要なスプレー缶を増やさないでいられます。
また、こまめに処分をすることで収納スペースをいつでも広く使うことができるでしょう。

3-2.使いきるまで新製品を買わないこと

使いきるまで新製品を買わないことも、大切です。
不用なスプレー缶を溜(た)める人は、ひとつの製品を使いきる前に新製品を買ってしまうことでしょう。
すると、古いスプレー缶の中身が残ったままになってしまいます。
できるだけ、使いきるまで新製品を買わないように心がけましょう。

3-3.スプレー缶以外の製品を購入すること

スプレー缶を増やさないための究極のコツは、スプレー缶以外の製品を購入することです。
身だしなみにかんする商品については、スプレー缶タイプの製品以外も販売していることもあるでしょう。
たとえば、汗を抑える効果がある商品も、スプレー缶タイプのほかにシートタイプも存在します。
本気でスプレー缶を増やしたくないのならば、積極的に検討してくださいね。

4.まとめ

スプレー缶の捨て方について、さまざまな方法や注意点などをご紹介してきました。
疑問点は、すっきり解決できたでしょうか。

  • スプレー缶の捨て方の種類を確認する
  • ガスの抜き方と注意点を学んで正しく処分する
  • スプレー缶を増やさないコツを学ぶ

スプレー缶の処分は、問題無く行うことができますね。