マイホームを買うならまずはお金の問題をクリアすべき!資金計画の立て方

マイホームの購入を検討している人がまずやるべきことは、資金計画を立てることです。
家探しをする前に、まずは資金計画の立て方について勉強しておきましょう。
理想の家を手に入れることができても、住宅ローンを支払うのに精いっぱいで生活もままならない…ということになっては困ります。
最悪の場合、せっかく手に入れた家を手放さなければならなくなるのです。

そんな人たちのために、マイホーム購入時に必要な資金計画の立て方についてまとめてみたいと思います。

1.資金計画の立て方

1-1.毎月の返済額を決める

資金計画を立てる上で最も大切なことは「無理なく返済できるか」という点です。
住宅ローンの返済は長く続きます。
「今は返していける」と思っていても、将来はどうなるでしょう。
完済するまで問題なく支払っていくことができるのか、よく考えてください。
重要なのは、家計に合った毎月返済額を決めること。
現在の住居にかかっている費用と、マイホーム購入後にかかる「ローン返済以外の住居費」をもとに考えていきましょう。
同時に、ボーナス月の返済額についても検討が必要です。
ボーナスの支給額は景気や会社の業績によって左右する場合もあるため、余裕を持って返済できる金額に設定することをおすすめします。

1-2.金利について知る

住宅ローンを組む際には、金利についてもしっかり勉強しておく必要があります。
「金利が低い方がお得」と思う人も多いでしょうが、そういうわけではないのです。
金利が低いローンの場合、その多くが「変動型」「固定期間選択型」など、返済中に金利が変わるタイプ。
将来金利が上がれば当然返済額も増えてしまうのです。
一方「全期間固定型」のように、返済終了まで金利が変わらないタイプのものもあります。
ただし、金利は高め。
金融機関の中には、変動型と全期間固定型を組み合わせることができるところもあるのでチェックしておきましょう。

1-3.住宅資金はいくら必要か計算する

マイホームを購入する際には、ローンの返済額以外にも、住宅資金にいくらかかるかを計算しておく必要があります。
住宅資金とは、家を買うのに必要な「購入諸費用」と「頭金」のこと。
家の購入にすべての貯蓄を使ってしまうのは危険です。
新居への引っ越しにかかる費用や家具の購入代金、生活予備費のほかにも、将来のための貯蓄や万が一の病気やケガに備えたお金は手元に残しておきましょう。
購入諸費用の金額は家の種類によって異なります。
一般的に、新築の一戸建てで物件価格の6~10%、新築マンションだと2.5~5%はかかると思ってください。

2.資金計画に失敗しないための注意点

2-1.返済期間の基準は定年までの年数

住宅ローンを組む際は「何年で返済するか」が重要なポイントになります。
たとえば、現在35歳で35年ローンを組むと、70歳で返済が終了することになるでしょう。
現在勤めている会社の定年が65歳までだとしたら、70歳になるまでの残り5年間、問題なく支払い続けることができるか考えてみてください。
退職金の金額や年金制度が不透明な今の時代、定年退職後も住宅ローンの返済が続くとどうなるでしょうか。
老後の生活に不安を残すことになるはずです。
そのため、返済期間は定年までの年数を基準にするようにしてください。
もちろん、毎月の返済額を増やせば返済期間は短くなります。
将来収入が増える見込みがあるなら、最初は返済期間を長くして、返済途中で繰り上げ返済を行う方法もあるでしょう。

2-2.頭金は価格の2割以上が理想

頭金が多ければ借入額が少なくなり、返済の負担は減るでしょう。
一般的に、頭金は価格の2割以上が理想と言われています。
しかし、十分な貯蓄がない場合、入居費用や生活予備費を差し引くと「頭金が払えない」という人もいるはずです。
では、頭金が貯(た)まるまで、家賃を支払いながら今の住居に住み続けるしかないのでしょうか。
場合によっては、頭金が少なくても今買う方が、長い目で見てお得なこともあるのです。
将来家を売却する可能性がない人、早い時期からの繰り上げ返済を検討している人は、頭金が少なくても購入を検討した方がよいでしょう。

3.住宅ローンの借入額を増やすための方法

3-1.家計を見直す

「気に入った家が見つかったけれど、予算より高い…」という場合、諦める前に借入額を増やすことができないか考えてみましょう。
その方法の1つが、家計の見直しです。
普段何気なく支払っているお金が本当に必要なものなのか、じっくり考えてみましょう。
家計の中でも節約効果の高いものには、生命保険料や通信費などがあります。
住宅ローンを組む際には、契約者の死亡や高度障害時にローン返済が免除になる「団体信用生命保険」に入る場合が多いのです。
住居費用の分はこの保険でカバーできるでしょう。
生命保険の保険金額を住居費用も考えて決めているなら、その分減額できる可能性があります。
また、携帯電話の料金プランやインターネットのプロバイダー契約などを改めてチェックし、節約できる部分がないか確認してみてください。
そのほかにも、外食費を減らすなどして、返済に充てるお金を増やすことができないか考えてみましょう。

3-2.ボーナス月の返済額を増やす

住宅ローンは年に2回、ボーナス月に返済額を増やすことができます。
一般的に「ボーナス時加算」「ボーナス返済」と呼ばれる方法です。
もちろんボーナス返済をしないという選択も可能ですが、ここでの返済額を増やすことができないかよく考えてみましょう。

4.まとめ

マイホーム購入時の資金計画の立て方をご紹介しました。

  • 資金計画の立て方
  • 資金計画に失敗しないための注意点
  • 住宅ローンの借入額を増やすための方法

「マイホームの購入を検討している」「資金計画の立て方について知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。