狭小住宅でも大丈夫! 収納を工夫してすっきり暮らすコツ

狭小住宅は収納スペースがないから片付かなくて当然、という考えをもっていませんか? ところが、狭小住宅でも工夫しだいですっきりと片付けることは可能です。そこで、スペースに限りがある住宅に住む人に知っておいてほしい収納のコツをご紹介します。

1.狭小住宅でも上手に収納する工夫

1-1.所有するものはなるべく減らす

狭小住宅でも、工夫すれば収納できるスペースをつくることができます。しかし、あまりにも物が多すぎては、いくら収納スペースがあっても足りません。所有するものは最低限にとどめ、使わないものは処分しましょう。収納を考える前に、まずは物を減らす努力をすることが大切です。

1-2.収納スペースに見合った量を心がける

所有するものの量は、確保できる収納スペースの広さに見合ってなければなりません。狭小住宅に住んでいる人の場合は、特に所有物を少なくするよう常に心がけてください。
物を増やさないためには、新しく買い足さないことが一番です。しかし、買い物をしないわけにはいかないでしょう。ですから、物をひとつ買ったときには代わりに何かを処分すると決めておくのです。物を買う前には、「どこに収納できるか」「代わりに何を処分するのか」まできちんと考えるようにしましょう。

1-3.収納スペースを把握する

現在、あなたの家の中にはどのくらいの収納スペースがあるか即答できますか?ものが片付けられない人の多くは、収納スペースを把握していません。そのため、収納しきれないほどのものを所有しているにもかかわらず、どんどん買い足していってしまうのです。
クローゼットや押し入れ、タンスなど大きな収納スペースだけでなく、机の引き出しや小さな棚なども含めて、家の中にある収納スペースをすべて書き出してみてください。探してみると、活用できていないスペースが見つかることもあります。

2.狭小住宅における収納アイディア

2-1.ベッド下の活用

ベッドを置いていると、部屋の大部分を占めてしまうでしょう。寝るときにしかそのスペースを使わないのは、とてももったいないことです。
そこで、ベッドの下を収納スペースとして活用しましょう。といっても、収納機能が備わったベッドに買い替える必要はありません。ベッドの下に空間がある場合、そのサイズに合わせた収納ケースを組み合わせるだけで十分です。キャスター付きの収納ケースを使えば、出し入れも楽に行えます。また、スーツケースやスキー板などサイズの大きなものを収納しておくにも便利です。

2-2.壁を利用する

床面積が狭ければ、壁を利用しましょう。壁に取り付けられる棚を使って、本や雑貨を飾るように収納することができます。おしゃれな雰囲気もつくれて一石二鳥です。
棚以外にも、つり下げタイプの収納グッズも多く売られています。散乱しがちな書類や、ストックしているビニール袋などをまとめて収納することができるでしょう。
ただし、壁を使った収納法は「見せる収納」です。ごちゃごちゃとしないように、センスよく見せるコツが求められます。雑誌やネットなどで紹介されている方法を参考にするとよいでしょう。

2-3.すき間を見つける

部屋をじっくりと見渡すと、デッドスペースと呼ばれるすき間がいくつか見つかるはずです。特にキッチンや洗面所など小さなものがこまごまと置かれているような場所を注意深く見てください。このすき間を収納スペースとして活用すると、意外とたくさんのものを片付けられるのです。狭小住宅では、無駄なスペースをつくらないための工夫をしなければなりません。

3.収納の失敗例

3-1.散らかって見えてしまう

収納スペースを増やすために壁を利用するケースで多いのが、見た目がごちゃごちゃとしてしまうことです。収納することにこだわりすぎて、インテリアとしての要素を無視してしまうことが原因でしょう。
壁は人目につきやすいところです。普通に収納をするよりも、センスが求められます。実用を重視するのではなく、部屋全体とのバランスも考えて飾るように収納するように心がけましょう。

3-2.詰め込みすぎてしまう

たくさんのものを収納しようとするあまり、ぎゅうぎゅうに詰め込みすぎてしまうケースもあります。収納で大切なことのひとつが、「出し入れのしやすさ」です。たとえ物を詰め込むことができたとしても、取り出す際に苦労しては意味がありません。また、そのようなスペースには収納するのも面倒に感じてしまうでしょう。結果として、収納スペースとしての役割を果たさなくなる可能性もあるので気をつけてください。

3-3.計画性のない収納

どこかに物をしまうことができればよいという理由から、何も考えずに物をしまい込んでしまう人もいます。部屋はきれいに片付くので一見問題がないように思えるでしょう。しかし、この方法は長続きしません。どこに何がしまってあるのか分からなくなるからです。
たとえば、よく使うものを押し入れの奥のほうにしまい込んでしまうとどうなるでしょうか?必要なときにすぐ取り出すことができずに、手前に置いてあるものをすべて外に出さなければなりません。すると、出し入れを面倒に感じてしまい、次からは出しっぱなしにすることが多いのです。

4.収納のコツ

4-1.収納計画を立てる

収納する際には、計画が重要となります。どこに何をしまうのか、物の種類や用途、使用頻度に適した場所を考えましょう。また、サイズも大切です。それぞれの収納スペースの大きさもきちんと把握して、計画を立ててください。
そして、一つひとつのものに「住所」を決めてあげることが大切です。つまり、すべてのものに収納場所を決めてあげるということ。この「住所」が定まっていないと、行き場所を失ったものが部屋に散乱するのです。

4-2.所有物を仕分けする

限られた収納スペースにすべてのものを収めるために、「必要なもの」と「不要なもの」に仕分けをします。本当に必要な物だけを収納するようにすれば、狭小住宅でもきちんと片付けることができるでしょう。
しかし、中には判断に迷うものもあるはずです。そのようなものは、「保留」としてダンボール箱にまとめておきましょう。そして、1年たっても使われることがなかったものを「不要なもの」として処分するなど工夫してください。

4-3.不要な物を処分する

不要なものは思いきって、すぐに処分しましょう。「あとで処分しよう」などと考えて保管しないでください。そのうち、処分する気も失(う)せてしまいかねません。「必要なもの」と「不要なもの」を仕分けた直後に処分することをおすすめします。
処分といっても、方法はさまざまです。ゴミとして捨てる以外にも、リサイクルショップやネットオークション、フリーマーケットなどを利用することもできるでしょう。また、ゴミの回収日まで日が空(あ)くようでしたら、すぐに対応してくれる不用品回収業者に依頼してまとめて引き取ってもらうこともできます。効率よく処分することがポイントです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?狭小住宅でもすっきりと収納するために大切なポイントをまとめておきます。

  • 所有するものはなるべく減らす
  • 収納スペースを把握する
  • ベッドの下を収納スペースとして活用
  • 壁を利用する
  • すき間を収納スペースとして活用
  • 収納計画を立てる
  • 「必要なもの」と「不要なもの」に仕分ける
  • 不要なものはすぐに処分する

このような点を心がければ狭小住宅であっても、収納スペースは十分に確保できるでしょう。