発泡スチロールをただのゴミにしてはいけない! 正しく賢い処分方法は?

さまざまな場面で活躍する発泡スチロールですが「その処分に困っている」という人は多いでしょう。捨て方が分からなくてそのままにしてある発泡スチロールが、ご自宅にありませんか? 発泡スチロールはかさばるため、捨てるのが大変でしょう。しかし、発泡スチロールには決まった捨て方があるのです。ただゴミとして捨てるだけでなく、リサイクルに回すこともできます。「発泡スチロールの処分に困っている」「発泡スチロールは何ゴミなのか?」「発泡スチロールの正しい捨て方を知りたい」そんな人たちのために、発泡スチロールの処分に関する情報をまとめてみたいと思います。

1.発泡スチロールの処分方法

「発泡スチロールをどう処分したらいいのか分からない」という人は意外に多いものです。発泡スチロールの処分方法をいくつかご紹介しましょう。

1-1.自治体に回収してもらう

不要になった発泡スチロールを捨てる場合、自治体が回収するゴミの日に捨てようとする人が多いでしょう。発泡スチロールは、容器包装リサイクル法により捨て方が決まっています。一般的には「その他プラスチック」として捨てることになりますが、一部の地域では「不燃ゴミ」や「粗大ゴミ」として回収しているところも。捨てる前に必ず自治体に確認し、ルールを守って捨てるようにしてください。

自治体によっては「大きな発泡スチロールは細かく切って捨てる」「そのまま捨てるなら粗大ゴミとして出すことができる」というルールが決められている場合もあります。また、汚れ具合によってゴミの区分を分けている自治体もあるため、注意が必要です。

1-2.リサイクルボックスに捨てる

スーパーで売っている食品に使われている容器トレーは、最もリサイクルに回しやすい発泡スチロールの1つです。大型のスーパーでは回収ボックスを設置し、不要になった容器トレーを回収しています。ある程度ためておき、買い物に行ったついでに捨ててきてはいかがでしょうか。

1-3.不用品回収業者に依頼する

「今すぐ発泡スチロールを処分したい」「大量にあって困っている」という場合は、不用品回収業者に回収を依頼するのもおすすめです。不用品回収業者なら自宅まで引き取りに来てくれますし、分別の必要もありません。引っ越しなどで不用品が大量に出た場合でも、すべて回収してもらえるでしょう。ほかにも処分したいものがあれば、まとめて依頼してみてください。

2.買い取ってもらうこともできる

不要になった発泡スチロールを買い取ってもらうことも可能です。お金をかけて捨てるより、お得に処分できる方法を考えてみてはいかがでしょうか?

2-1.買い取りの条件

発泡スチロールは大切な資源です。ゴミとして捨てるより、リサイクル資源として利用すべきでしょう。実は、発泡スチロールの買い取りを行っている業者もあるのです。ただし、買い取ってもらうには条件があり、条件に当てはまらないものは買い取りの対象にはなりません。

たとえば、「家庭から出る少量の発泡スチロールは買い取ってもらえない」「汚れがなく、商品ラベルなどをきれいにはがしているものだけ買い取り対象になる」という業者がほとんどです。発泡スチロールの買い取りを行っている業者は、インターネットで探すことができます。買い取り条件についても、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

2-2.なぜ買い取ってもらえるのか?

使用済みの発泡スチロールは貴重な資源であり、買い取りを希望する業者は少なくありません。では、発泡スチロールはどのようにリサイクルしているのでしょうか。まずは「ものとして」のリサイクルです。「マテリアルリサイクル」とも呼ばれるリサイクル法で、建材や土木工事の材料、文具のプラスチック製品などに生まれ変わります。

また、液体燃料や固形燃料にリサイクルすることも可能です。大量の発泡スチロールを処分する際は、このような方法もあるということを覚えておいてください。

3.処分時の注意点

最後に、発泡スチロールを処分する際の注意点についてです。今回は、処分を依頼する業者の選び方をまとめてみました。

3-1.許可を取得している業者を選ぶ

発泡スチロールのように家庭から生じた不用品を回収する業者は「一般廃棄物収集運搬業」としての許可を取得している必要があります。この許可を持たずに営業することは違法であり、回収品を不法投棄している可能性があるでしょう。全国には複数の不用品回収業者がありますが、中には許可を持たずに営業している悪質な業者も。料金をだまし取られるようなトラブルも、実際に何件も発生しているのです。

そのような業者を選ばないためにも、事前に必ず、この許可の有無を確認してみてください。許可の有無は業者のホームページに記載されている場合がほとんどです。もし記載がない場合は、直接問い合わせて確認しましょう。

3-2.事前に見積もりを出してくれるか

「事前に見積もりを出さずに、いきなり荷物の積み込み作業を始めた」「作業が終わってから高額な追加料金を請求された」という例もあります。必ず事前に見積もりを出してもらい、見積書の内容が明確かどうか確かめるようにしてください。もし不明確な箇所があれば、作業を始める前に確認しておきましょう。追加料金が発生することはないか、念入りに確かめておくことも大切です。

3-3.事務所の所在地は明らかか

トラック1台で不用品の回収に回っている業者は、所在地を明らかにしない例が多くなっています。そのような業者は、トラブルが発生しても居所が分からなくなってしまうのです。事務所の所在地が明確になるような書面の提出を求めてみてください。見積書や領収書の発行をしぶるようなら要注意です。

3-4.複数の業者に見積もりを依頼する

良心的な業者であるかを見分けるためにも、事前に必ず複数の業者に見積もりを依頼し、比較してから決めるようにしましょう。そうすることで、相場を知ることもできます。最初から1社に絞ってしまうと、損をする可能性があるでしょう。

4.まとめ

発泡スチロールの処分についてご紹介しました。

  • 発泡スチロールの処分方法
  • 買い取ってもらうこともできる
  • 処分時の注意点

「発泡スチロールの処分に困っている」「発泡スチロールの処分方法を知りたい」という人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。