耐震診断とは? 調査方法や費用などを徹底解説!

東日本大震災以来、地震に対する関心が高まっています。
人々の関心を集めているものの一つが「耐震診断」です。

言葉では聞いたことはあっても、詳しい内容などは知らない方が多いのではないでしょうか。

この記事では、耐震診断の種類や方法についてご紹介します。
家の耐震構造が気になっている方はぜひ参考になさってください。

耐震診断とは?

耐震診断とは、既存の建築物の中で古い耐震基準で設計されたものを、今の耐震基準で耐震性を確認することを指します。

耐震基準は何年かごとに改定されており、もっとも最近では2000年に改訂されています。
その基準で耐震性があるかどうかを測るわけです。

また、古い既存の建物だけでなく、新耐震基準で建てられた建物でも、劣化が心配される場合は耐震診断を受けたほうがよい場合もあります。

新しい建物だからと言って安心、というわけではないということです。

耐震診断の詳しい内容

耐震診断には診断レベルがあり、その診断レベルは予備調査によって決まります。
予備調査は建物の概要・仕様履歴、設計書の有無、増改築の履歴、経年劣化の状態などを調べます。

この予備調査によって、耐震診断のレベルを判断します。

耐震診断のレベルは以下の通りです。

・一次診断

柱・壁の断面積から構造体新指標を評価します。
主に壁の多い壁式RC造の建物などが対象になります。
診断のレベルとしては簡易レベルです。

・二次診断

柱・壁の断面積に加え、鉄筋の影響を考慮して構造耐震性能を評価します。
主に柱や壁の破壊で耐震性能が決まる建物に対して行います。
診断のレベルとしては高レベルです。

・三次診断

柱・壁の断面積と鉄筋の影響に加え、梁の影響を考慮し、建物の保有水平耐力を評価します。
主に壁の回転や梁の破壊によって耐震性が決まる建物に対して行います。
診断のレベルとしては非常に高レベルです。

耐震診断の費用って?

耐震診断は、一般的に延べ床面積の大きさによって決まります。
一般的な木造住宅の耐震診断の料金は、家の大きさによって差はありますが15万円~20万円程度です。

少しお金がかかりますが、これからの家族の安全を考えると、これぐらいの費用は必要と考えておいた方がいいかもしれませんね。
住宅の大きさや住んでいる地域・建築図面のありなしで費用は変わってきますので、気になる方は一度見積もりをお願いするとよいでしょう。

現在、人が住んでいる住宅に対しては壁や柱をはがしたりすることなく、天井裏や床下を目視調査して耐震計算をします。

耐震診断で不具合が確認された場合、耐震補強工事が必要になることもあります。
築年数の経っている住宅にお住まいの方は、一度は耐震診断をしてみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
耐震診断についてご紹介しました。
日本ではいつ大きな地震が来るとも限りません。
自分の住んでいる家や家族の安全を考え、一度は耐震診断を受けておくのがおすすめです。