汗をかくことの効果は? よい汗・悪い汗の違い、よい汗をかく方法も解説

「汗をかくと健康に効果的」「汗をかく生活は美容にいい」という話を聞いたことがある人は、多くいると思います。その一方で、「なぜ汗をかくと健康によいのか、その理由がよく分からない」という人もいるでしょう。

そこで今回は、汗をかく効果や気持ちよく汗をかく方法を紹介します。

  1. 汗をかく必要性とメカニズム
  2. 汗をかくことのメリット
  3. よい汗と悪い汗の違いは
  4. 汗をかく効果に関するよくある質問

この記事を読めば、よい汗をかくための効果的な方法もよく分かります。汗をかく効果について詳しく知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。

1.汗をかく必要性とメカニズム

はじめに、人が汗をかく理由やメカニズム、ほかの動物との違いを紹介します。

1-1.汗をかくことで体温調節ができる

人間は、全身に汗腺があります。ほかの動物が体毛で紫外線や外気温から体を守るのに対し、人間は汗を流すことで体温を調節することが可能です。体毛よりも発汗のほうが体温調節に優れているため、暑いときは人のほうが動物よりも長期間活動できます。

1-2.汗をかくのは脳が命じるため

外気温が高かったり運動をしたりすると、体温や肌の表面温度が上がります。すると、脳の視床下部が体温上昇を察知して汗を出すように命令するのです。また、汗は血液が変化したものですから、発汗によって血液中の水分や塩分が失われすぎると、発汗が抑制されることもあるでしょう。発汗は脳の視床下部や自律神経によってコントロールされているので、自分で調節することはできません。発汗によって水分や塩分が失われていると自覚し、水分や塩分を補給することが大切です。

1-3.暑いとき以外にも汗をかく

汗は、外気温や体温が高くなったとき以外も、以下のような場合に汗をかきます。

  • 緊張や興奮して交感神経が活発になったとき:主にわきの下や足の裏に汗をかく
  • 辛いものを食べたとき:主に額や鼻に汗をかく、食べ終わったら引く

2.汗をかくことのメリット

この項では、汗をかくことのメリットや効果を紹介します。

2-1.汗をかくことでデトックス効果がある

汗をかくと体の中の余計な水分や老廃物が体外に排出されます。ですから、むくみが解消したり肌が荒れにくくなったりするでしょう。

2-2.新陳代謝が上がり体力や免疫力もアップする

汗をかくことが習慣づくことで、汗腺の機能が鍛えられます。汗腺機能がアップすると、ちょっとした運動でも汗が出るようになるでしょう。発汗作用によって長時間運動できるようになります。適度な運動を継続して行えるようになれば、体力もアップするでしょう。また、汗には皮膚表面についた細菌などを流す役割もあるため、汗をたくさんかくと免疫力も高まります。

2-3.ストレス解消にもなる

汗をかくとすっきりとした気分になります。また、体を動かすことで適度なストレス解消にもなるでしょう。つまり、もやもやした気分になったときは、運動すると発散できます。ダイエットにもなって一石二鳥でしょう。

3.よい汗と悪い汗の違いは

この項では、よい汗と悪い汗の違いを紹介します。

3-1.悪い汗は緊張感と共に現れる

前述したように、汗は緊張しても脇の下足の裏を中心に出てきます。「冷や汗」と言われることもありますが、緊張感と共に出る汗は嫌な記憶とセットになっていることも多く、思い出したくもないと考えている人も珍しくないでしょう。

3-2.臭いが気になる汗は悪い汗?

汗と言えば、「臭いが気になる」という人も多いでしょう。汗はもともとすべて無臭ですが、緊張性発汗は汗の中に水分のほか、タンパク質やミネラルなどを多く含みます。そのため、体温を下げるためにかく汗よりも臭いやすいでしょう。そのため、嫌な記憶と汗の臭いが結びついている場合もあります。

3-3.汗をかきすぎてもよくない?

その一方で、汗をかきすぎてもタンパク質やミネラルといった体の中にある栄養素が汗と共に外に流れでていきます。これは、汗をかきすぎて汗腺のろ過機能が働かなくなったためです。ですから、汗のかきすぎも悪い汗が出ると考えておきましょう。

3-4.運動をしてよい汗をかくことが大切

よい汗とは、運動をして体温調節のためにかく汗のことです。デトックス効果や健康効果を狙う場合は、ぜひ、適度な運動をして汗をかきましょう。特に、運動不足の人は、運動することで汗腺の状態を改善することが大切です。

4.汗をかく効果に関するよくある質問

この項では、汗をかく効果に関する質問を紹介します。

Q.運動して汗をかくことが大切なんですね。
A.はい。緊張して汗をかいても意味がありません。

Q.リラックスできれば汗をかきにくくなりますか?
A.はい。緊張性発汗は起こりにくくなるでしょう。

Q.辛いものを食べて汗をかく効果はありますか?
A.はい。体感温度を下げ、デトックス効果がありますが、無理をしてはいけません。

Q.汗をかくには運動が一番ですか?
A.はい。サウナよりも運動が一番でしょう。

Q.年を取ると汗をかきにくくなるのですか?
A.そのとおりですが、運動をすることにより、発汗する量を保てます。

まとめ

今回は、汗をかく効果と汗の種類、よい汗のかき方などを紹介しました。運動によって流れる汗が一番のおすすめです。ぜひ、定期的に運動する習慣を身につけましょう。