ファイナンシャルプランナーの上手な活かし方について

人生設計において目標や夢に向かって進むには、たくさんの努力や決断を要します。
無事にゴールに到達するために、準備してきた資金やその運用方法に間違いがあってはなりませんね。
そんな時に役立つ専門家がファイナンシャルプランナーです。
本日は、ファイナンシャルプランナーの具体的な活かし方をご紹介したいと思います。

ファイナンシャルプランナーを活用するメリット

ファイナンシャルプランナーはFPとも呼ばれ、家庭の収支と支出バランス、資産、保険、年金などをふまえて依頼者と同じ立場に立ち、多角的に情報を集め、短期的、長期的なゴールに向かって何が必要かを割り出します。
第三者の意見を強引に押しつけるのではなく、依頼者が取り組める範囲でプランニングするので、安心して家計を任せられるのです。
上手に家計をやりくりしているつもりでも、プロの目から見ると、案外落とし穴が多いかもしれません。

FPが役立つ具体例

子どもの教育費を捻出したいとき

年々増加する教育費は家計を圧迫し、1人の子どもを一人前に育てるためには、およそ2000万円から3000万円に及ぶとも言われています。
家庭に合ったローン計画や無理のない資金捻出を模索したいとき、FPに相談してみましょう。

家計診断したいとき、出費が多く貯金ができないとき

毎日何らかの出費や収入があれば、どの部分が重要か不必要なのか、分からなくなることがありませんか。
FPは客観的な立場から、無駄を省いて効率よく貯金をする方法を提案することができます。

老後に不安を感じるとき

少子化が進み老後に不安を感じる人も多いでしょう。
不安のない老後を迎えるためには、月々どの程度の備えをすれば良いのかをアドバイスできます。

保険の乗り換えを検討しているとき

各々のライフスタイルによって、最適な保険に変えるべきですが、FPはただでさえ難解な保険を、上手に乗り換えるコツを伝授できます。

新居を構えるとき

貯蓄状況や収入によって、設定可能な予算やローンを割り出すのは非常に難しいもの。
FPは、個人の立場に立ってバランスの良い計画表を作成するので安心です。

税のことで相談したいとき

所得税・住民税・相続・遺産・遺言・確定申告・医療費控除など、お金にまつわるあらゆる疑問点の相談役としてFPは便利です。

ファイナンシャルプランナーの上手な活かし方 まとめ

人生のさまざまなシーンで役立つファインナンシャルプランナー。
家計や将来に向けての取り組みを一任するわけですから、まずは信頼できるFPを見つけることが重要です。
自分に合うFPを見つけ、問題解決に活かしてください。