畳を処分したい人は注目! 一番簡単でお得な方法を詳しく教えます!

不要になった畳の処分方法でお困りではありませんか? 畳は大きいので、どんな方法で処分すればいいのか悩みますよね。どこに依頼できるのか、解体する必要があるのかなど、分かりにくいものです。それに、なるべく簡単でお金がかからない方法があれば越したことはないでしょう。

そこで今回は、畳の処分方法について詳しく解説します。

  1. 畳にはどんな種類がある?
  2. 畳の寿命や交換の目安は?
  3. 畳を処分する方法
  4. 畳を処分する際の注意点
  5. 畳の処分に関するよくある質問

この記事を読むことで、畳を処分するコツがよく分かります。まずは、記事を読んでみてください。

1.畳にはどんな種類がある?

最初に、畳の主な種類について見ていきましょう。

1-1.縁あり畳

縁あり畳は、昔からあるタイプでい草を使用した畳表に畳縁(べり)を組み合わせたオーソドックスなものです。伝統を重んじる場や、純和室に向きます。畳縁の柄や色で遊び心を表現することも可能です。ごくシンプルなタイプですが、並べ方によっても異なる表情を見せることができます。

1-2.縁なし畳

の畳から、畳縁をなくしたタイプの畳です。半畳タイプの大きさで、スッキリとした外観から和モダンスタイル用のアイテムとしても人気が高く、リビングの一角に和風コーナーを作るときなどにも使われます。畳縁がないことで部屋が広く、明るい雰囲気を出せるのも特徴です。

1-3.和紙畳

和紙畳は、畳表に和紙素材を使用した畳です。自然の素材を採用しながら、従来の畳と比べてダニが発生しづらく、小さな子どもがいる家庭にも支持されています。ペットの爪・家具によるひっかき傷にも強く、カラーバリエーションも豊富で、次世代畳のひとつとして人気上昇中です。

1-4.樹脂加工畳

樹脂加工畳は、畳表が樹脂素材でできた畳です。従来の畳よりも安価でダニやカビが発生しにくい・カラーバリエーションが豊富などの特徴があります。洋室にもマッチしやすいことでも人気です。畳の良さを味わいたいけど、衛生面やお手入れの難しさで二の足を踏んでいるという人にもおすすめします。

2.畳の寿命や交換の目安は?

畳の寿命や交換するべき症状・目安について解説します。

2-1.約10年で寿命を迎える

畳の寿命は、約10年です。畳は、畳表・畳縁・畳床の3つのパーツでできています。最初に、畳表が4~5年ほどで汚れや傷みが目立ってくるため、裏返すことになるでしょう。畳縁の汚れが気になるときは、同時に交換するのもおすすめです。その後、さらに4~5年ほどで裏返した側の畳表も寿命を迎えます。畳表の両面が寿命を迎えたころには、畳床の傷みも激しくなるため、全体としても10年程度が畳の寿命となるのです。

2-2.取り替え時期の目安

畳に以下のような状態が見られるときは、取り替え時期です。

  • 畳表のささくれが目立つようになった
  • 汚れや日焼けが激しい
  • ダニの繁殖が疑われる

畳が傷んだまま使用すると、ささくれ部分でケガをしたり服を傷めたりすることがあります。また、ダニが繁殖しやすい状態になり、人によってはアレルギー発症の原因になるため、早めに交換してください。

3.畳を処分する方法

畳を処分する主な方法を、費用相場やおすすめのケースを併せてご紹介します。

3-1.ゴミとして処分する

不要になった畳は、自治体回収でゴミとして出すことができます。畳は大きさ・重さともにあるため、多くの自治体で粗大ゴミの扱いになるでしょう。粗大ゴミの場合は事前予約が必要で、1枚700~1,000円程度で回収可能なケースが多く見られます。回収日時と場所を、自治体の指定を受けることがほとんどです。なるべく安く処分したい場合におすすめですが、回収場所まで運ぶ手間がかかる・手続きが面倒などの点がデメリットとなります。

3-2.販売店に引き取ってもらう

不要になった畳は、販売店に引き取ってもらうことも可能です。新しい畳に買い替える場合は同時に処分できる・自分で運ぶ必要がないなどが主なメリットでしょう。なお、販売店によっては、買い替えの場合でも回収費用が別途1枚1,000~2,000円程度かかることがあります。また、処分だけを依頼することができない場合もあるので、確認が必要です。

3-3.不用品回収業者に処分を依頼する

不用品回収業者に依頼して、畳を処分してもらうこともできます。不用品回収業者では、都合のいい日時と場所を指定して回収してもらえるのが大きなメリットです。また、畳以外の不用品の処分も依頼できるのも見逃せません。なお、畳の処分費用は1枚2,000円程度が相場ですが、別途回収費用が数千円程度かかることがあります。たとえば、家電や家具・ブランド品などの不用品で買取になるものがあれば、畳の処分費用と相殺できて安くなるのでおすすめです。

4.畳を処分する際の注意点

畳を処分する際の主な注意点を詳しく解説します。

4-1.店舗など業務で使用した畳は産業廃棄物として処分する

店舗や企業などで業務用として使用した畳は産業廃棄物扱いとなり、自治体のゴミ回収に出すことができません。また、不用品回収業者などに処分を依頼するときも、産業廃棄物のマニフェストに沿う必要があります。産業廃棄物収集運搬許可を取得済みで、信頼できる業者に相談して処分してください。

4-2.悪質業者に注意する

畳を処分する際、悪質業者に依頼しないようにしましょう。たとえば、以下のような業者は悪質業者の可能性が高くなります。

  • 訪問・電話勧誘が主な営業手段
  • 平日の昼間、高齢者や女性がひとりになる家を狙う
  • 「キャンペーンで安く畳替えができる」と言い、無理やり家に上がろうとする
  • 強い口調や大きな声を出して契約を迫る
  • 契約するまで居座ろうとする
  • 身分証・社員証を提示したがらない
  • きちんとした契約書がない

5.畳の処分に関するよくある質問

最後に、畳の処分に関する質問に回答します。それぞれ参考にしてください。

Q.畳を自分で小さく解体すれば可燃ゴミに出せる?
A.はい。自治体ごとに指定されたサイズ以下に解体し、指定のゴミ袋に入れたりひもで縛ったりすれば、可燃ゴミとして無料回収してもらうことも可能です。ただし、畳の解体は手間と時間がかかり大変なので、無理しないでください。

Q.高齢などにより粗大ゴミの回収指定場所まで運ぶのが難しい場合は?
A.自治体によっては、高齢者向けに自宅前で回収したり回収場所まで運ぶのをサポートしたりしてもらえます。詳しくは、自治体に確認してみてください。自治体のサポートを受けられない場合は、不用品回収業者を利用するのもおすすめです。

Q.古い畳を廃棄せずに活用する方法はある?
A.天然素材の畳なら、畳表を細かく裁断して畑に肥料として使用することも可能です。また、そのままの状態で庭に置き、上に敷物をしけば子どもが靴を脱いで遊ぶことができます。

Q.大量の畳を処分するときに注意することは?
A.自治体のゴミ回収で出す場合、1回で回収してもらえない可能性があります。複数に分けて処分するのが難しい・面倒に感じるときは、自治体の指定取引場所に持ち込んだり販売店や不用品回収業者に処分を依頼したりするといいでしょう。

Q.自然素材の畳なら庭などに放置すればそのうち土に戻るのでは?
A.確かに、長い年月をかければ土に戻ることでしょう。しかし、現実的な方法ではありません。また、一部ナイロンなどの化学物質を使っていることもあります。そのほかの処分方法を考えてください。

まとめ

今回は、畳の処分について詳しく解説しました。貼り替えやリフォームなどで不要になった畳は、自治体に粗大ゴミなどとして出す・販売店に引き取ってもらう・不要品回収業者に処分したもらうなどの方法で処分しましょう。畳は大きさや重さがあるため、枚数が多いと処分が大変です。たとえば、不用品回収業者に依頼すると、自分で運ぶ手間や労力、時間を節約できるのは大きいでしょう。なお、そのほかの不用品で買取してもらえるものがあれば、畳の処分費用と相殺できてお得です。