教材を買取してもらうには? 高く売れる教材の特徴とコツを知ろう!

「大量の教材を処分したいけど、捨てるのがもったいない」など、教材の処分でお悩みではありませんか? まだ使える状態なのにゴミとして捨てるのは、とてももったいないことですよね。そんなときこそ、買取してもらいましょう。問題なく使用できる状態の教材なら、買い取ってもらえます。ただし、状態によっては買取不可になるケースもあるので買取のポイントを押さえておかなければなりません。

そこで本記事では、教材を買取に出す方法と高価買取のポイントを解説します。

  1. 教材の買取事情を把握しよう!
  2. 教材を買取に出すには?
  3. 教材を高く買い取ってもらうコツ
  4. 教材の買取に関してよくある質問

この記事を読むことで、教材を買取に出す方法と高価買取のポイントが分かります。処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

1.教材の買取事情を把握しよう!

まずは、教材の中古・買取事情を把握することが大切です。また、買取できるものとできないものの違いもチェックしておきましょう。

1-1.教材の種類と用途をチェック!

教材には、さまざまな種類があります。主な種類は、問題集・資料集などの教科書、単語帳・漢字ドリルなどの教材、地理などの確認用資料とさまざまです。紙の教材だけでなく、コンピューターを利用する学習材や、CD・DVD映像などもあります。本屋で販売されている教材はもちろん、学校で配られたプリント、授業中に使用した資料、メモをしたプリントも教材の1種になるのです。

1-2.教材の中古・買取需要は高い

必要なくなった教材は処分しがちですが、中古・買取需要が高いので売れる可能性があります。特に、資格試験の合格に必要な教材は、積極的に買い取っている業者も多いのです。基本的に、学習教材は全体的に高価なもので、特にDVDやCDがついたものは10万円を超えるものもあります。そのため、「新品は手が出ないけど中古なら購入できる」という人も多いのです。

1-3.人気の種類は学習・英語教材

教材の中でも、子ども向けの学習教材や英語教材は人気があり、中古・買取需要が高めです。子どもの教育のために使おうとする親が多いため、状態のいい中古ほど高く売れる可能性があります。また、中学・高校・大学受験の参考書や赤本といわれるテキストも人気です。保育士資格など人気のある資格試験の教材も人気が高く、さまざまな業者で売れる傾向があります。大人を対象とした教材の中では、英語教材が圧倒的な人気があるのです。特に、CD付きの英語教材は需要が高いといえるでしょう。

1-4.買取できるものは状態がいいもの

買取対象となる教材は、比較的状態がいいものです。業者によっては、破れたり鉛筆の跡がついたりしているものでも買い取ってもらえるところもありますが、ひどく汚れているものは買取不可になるでしょう。特に、最新版の資格試験の教材は、高く売れる可能性があります。買取してもらえるか分からない場合は、1度査定に出してみるといいでしょう。

1-5.買取できない教材もある

中古・買取需要が高いからといって、すべての教材が買い取ってもらえるわけではありません。たとえ、元値が高額な教材でも、法律が改定される前の資格試験の教材は買取不可になりやすい傾向があります。法律の暗記が必要な資格試験は、常に最新の法律を覚えなければなりません。古い法律が記載されている教材は資格試験のためにならないので買取不可になります。また、カセットテープやVHSつきの教材や、ところどころ抜けているテキストも買い取ってもらえない可能性が高いでしょう。

2.教材を買取に出すには?

教材の買取を行っているところは、リサイクルショップ・買取専門店・ネットオークションまたはフリマサイトがあります。それぞれの特徴をチェックしておきましょう。

2-1.教材の買取を強化しているリサイクルショップ

全国各地にあるリサイクルショップは、さまざまな教材の買取を行っています。リサイクルショップの特徴は、教材に限らず、衣類・家電・家具・おもちゃ・趣味のものなど幅広いジャンルを扱っていることです。そのため、適切な買取額で取り引きできないケースもあります。高く買い取ってもらうために、できれば教材の買取を強化しているところを選びましょう。

2-2.買取専門店や古本屋に売る

教材を専門に買い取っている店舗や古本屋を利用するのも選択肢の1つです。特に、ブック形式の教材は、古本屋で買い取ってもらえるケースがあります。特に、買い手がつきやすいCDやDVD・付録つきの教材が高く買い取ってもらえるでしょう。教材買取専門店は、メルマガやネットショップでの直接販売など幅広いネットワークを持っており、豊富な譲渡先を持っています。販売ルートが幅広いからこそ、さまざまな教材を買い取ってもらえる可能性が高いのです。ただし、古本屋の場合は需要に関係なく、古本としての価値を重視します。資格試験の教材などは、古本屋よりも買取専門店のほうが高値がつきやすい傾向があるのです。

2-3.ネットオークション・フリマサイトに出品する

自分で出品額を決めることができるネットオークションやフリマサイトを利用するのも選択肢の1つです。ネットオークションとフリマサイトは、多少古い教材や欠品がある教材でも、欲しがっている人によって落札される可能性があります。どうしても売りたいけど、リサイクルショップや買取専門店で売れなかった教材を、ネットオークション・フリマサイトで出品する方もいるのです。しかし、ネットオークションの場合は、予想より低い値段で落札されることもあるため、必ずしも希望額で売れるとは限りません。

2-4.大量にある場合は出張買取を利用する

少量の教材なら直接持ち運ぶことができますが、大量の場合は重さがあるので困難でしょう。大量の教材を一気に売りたい場合は出張買取がおすすめです。出張買取は、業者が自宅にやってきてその場で査定を行います。わざわざ重い教材を運ぶ必要はありません。買い取ってもらいたい教材の量や状況を踏まえた上で、適切な買取方法を選ぶことが大切です。

2-5.宅配買取の場合は送料の有無を確認しよう

宅配買取を利用する際は、送料の有無に注意が必要です。業者にきちんと確認してから利用しましょう。業者の中には、高額な送料を請求するところがあります。「知らなかった」だけでは済まされません。業者とトラブルにならないためにも、送料など諸手数料の有無を確認してください。

3.教材を高く買い取ってもらうコツ

教材をできるだけ高く買い取ってもらうために、何をすればいいでしょうか。買取時期や高額買取のポイントを解説します。

3-1.教材は早めに売るのがコツ

発売時期が古いものも買取してもらえることはありますが、新しい教材ほど高く売れる可能性があります。そのため、要らなくなった教材はなるべく早めに売ったほうがいいでしょう。特に、資格教材の場合は、定期的に法律が改定されて試験内容が変わることが度々あります。試験が終わった後に新しい教材を購入するケースも少なくないので、早めに売ってください。昨年度の教材なら、需要も高いので高額買取が期待できます。

3-2.高額査定になりやすい教材は教材セット

人気の高いシリーズ教材はもちろんのこと、教材セットは高く売れる傾向があります。中でも、CD・DVD・単語カード・絵本などがセットになっている幼児用教材セットは、ほかの教材セットよりも高額買取が期待できるでしょう。セットになっている教材は、できるだけまとめて買取に出してくださいね。

3-3.高く売るポイントは2つ

教材の高額査定を求めている方は、2つのポイントに注目してください。
1つ目は、できるだけキレイにしておくことです。ホコリをかぶっていたり汚れたりしている教材は、買取額が相場よりも低くなる傾向があります。本棚や収納スペースに長く入れていた教材は、やわらかいタオルなどでホコリを払ってください。テキストに汚れがないか確認し、CDとDVDの映像もチェックしましょう。できたら、CDとDVDも専用のクロスでキレイにしてください。
2つ目は、付属品をそろえることです。雑誌の教材には付録がついていることが多く、それも一緒にすることで高額買取が期待できます。号数が多い雑誌の付録ほど高値で買取ってもらえるため、バックナンバーの抜けはできるだけ少なくしましょう。付録なしでも買い取ってもらえることはありますが、付録つきよりも買取額が下がります。

3-4.買取相場は状態・種類によって異なる

教材の買取相場は、業者・教材の状態・種類などによって大きく異なります。たとえば、有名なベネッセの教材は、セットの場合1万円~売れるでしょう。子ども用教材として人気が高いディズニーのCDビデオ等は、2万円以上の価値がつくこともあります。売りたい教材がたくさんある場合は、まとめて売るのも高価買取のポイントです。特に、セットものは全部そろえたほうがいいでしょう。

4.教材の買取に関してよくある質問

教材の買取に関してよくある質問を5つピックアップしてみました。

Q.押さえておきたい業者選びのポイントは?
A.納得できる値段で売るためには、業者選びも重要なポイントです。なるべく、教材の買取実績がある業者を選ぶといいでしょう。買取実績の有無は、ホームページ等で確認できます。優良業者のホームページでは、どんな教材をいくらで買取ったのか記載されているのです。また、複数の業者に査定を依頼し、最も高値がついたところで売るのも方法の1つでしょう。

Q.人気が高いシリーズ教材は?
A.駿台・河合塾・代ゼミ・東進・Z会・研伸館など大手予備校から出ているテキストや教材は人気が高く、高値で売れる可能性があります。テキストや問題集だけでなく、そこで配られたプリントや資料なども買取対象になるでしょう。ほかにも、鉄緑会・SEG・エデュカ・大数ゼミ・グノーブル・平岡塾・ヴェリタスなど少数精鋭予備校の教材も高価買取の対象です。すでに、発売されていない絶版の参考書も、種類によっては買取対象になる可能性があります。

Q.査定前にチェックしておきたいポイントは?
A.教材の状態を細かくチェックしておきましょう。なぜなら、査定の際は、教材を発行しているスクールや出版社名・教材セットの名称・購入年度などの情報が必要になるからです。事前に、教材の詳細を確認することで、査定もスムーズになり高価買取が期待できるでしょう。また、テキストに書き込みがしてあるか、折り目がついているか、シミや黄ばみがないかどうかも確認してください。もし、そのようなところがある場合は、査定時、素直に伝えることが大切です。嘘をつかないように気をつけてくださいね。

Q.鉛筆などで書き込みがある場合は?
A.鉛筆なら消しゴムで消せるので、丁寧に消してください。ゴシゴシとこすってしまうと、逆に紙を傷つけてしまうため、あくまで丁寧にできる範囲で消すことがポイントです。マーカーやマジックでライン引きをしている場合は、消せる程度なら消し、消せないところはそのまま査定に出しましょう。業者の中には、ライン引きなど書き込みがある場合でも、買い取っているところがあります。

Q.買取されなかった教材の処分方法は?
A.燃えるゴミとして処分するか、不用品回収業者に依頼する方法があります。教材が大量にある場合は、まとめて処分できる不用品回収業者へ依頼するのがおすすめです。その際は、無料見積もりを依頼し、処分費用を必ず確認してください。できるだけお金をかけずに処分したい方は、周囲に欲しがっている人がいないか探してみましょう。また、教材などの寄付を受けつけている施設や団体へ贈るのも方法の1つです。寄付なら処分できると同時に社会貢献ができます。

まとめ

いかがでしたか? 学習教材は中古・買取需要が高く、DVDやCDなどがついているものは高く売れる可能性があります。ほかにも、法律が改定される前の資格試験・英語教材などは高額買取の可能性が高いでしょう。買取額は当時の販売額の約5~10%が相場です。中には、高値がつかないものもありますが、売れれば処分費用の節約につながります。売れるかどうか分からない教材は、一度、査定に出してみてください。買取業者の中には、LINEで査定を行っているところもあります。