住宅を建てる際、土地の方角に関して注意点はあるの?

家を建てるときは、方角も大切になってきます。
日本で住宅を建てる場合、多くの方が「南向き」を希望されるでしょう。
実際、南向きの土地はそれ以外の土地よりも価格が高くなっています。
そこで、今回は住宅を建てる際の方角についてご説明しましょう。
なぜ、日本では南向きの土地は人気が高いのかもご説明します。
また、方角の重要性についてもご説明しましょう。
これから家を建てる方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

なぜ、南向きの土地は人気があるの?

家を建てるときは、方角も大切になります。
ですから、土地の向きが重要になってくるのです。
日本で最も人気のある土地は、南向き。
マンションなども南向きにより多くの部屋を建てるように作ります。
また、風水でも「南向きの玄関が最も運気が上がる」と言われているのです。
その理由は、日当たり。
南は1日中日が当たる方角になります。
また、日本の伝統的な家屋は、夏が過ごしやすいことを第一に考えられているのです。
ですから、天井が高く、間口を広く作られて風が通りやすくなっています。
しかし、その反面冬はふきっさらしになるわけですから、寒いです。
そこで、重要なのが日当たり。
1日中日が差す場所でしたら、冬でも暖かいです。
家を建てるときに南を正面に持ってくると、リビングなど家族で過ごす部屋が南を向きます。
建売住宅を見学に行くと、その多くが南向きに玄関を建てた場合、リビングや主寝室も南を向くような設計になっているでしょう。

東向きや西向きの家はデメリットしかないの?

では、東向きや西向きの家はデメリットしかないのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
東向きや西向きの家にもメリットはあります。
この項では、東向きと西向きの家のメリットをご紹介しましょう。

2-1.東向きの家のメリットとは

東向きにリビングなどの生活する部屋を作ると、朝日がさんさんと降りそそぎます。
ですから、朝方の生活の人はさわやかに目覚められるでしょう。
また、冬場は一番に朝日が当たりますから、暖房費の節約になります。
さらに、子どもがある程度大きく、自室で過ごす時間が長い場合は、北向き以外の場所に部屋を作りやすくなるでしょう。

2-2.西向きの家のメリットとは?

一般的に西向きの家は、「西日が入って畳や家具が焼ける」と嫌がられます。
また、日当たりが悪いというイメージも強いでしょう。
しかし、西向きの家は夕方になるとたっぷりと日が入ります。
ですから、日中家を留守にする人はちょうど家に帰るころ日当たりがよくなるでしょう。
また、東向きの家と同じように、間取りが自由に選べます。
南向きのように「ここはこの部屋を作らなければならない」ということはありません。
ただし、洗濯物を干す場所だけは、南や東向きに作りましょう。
そうしないと、日中は日当たりが悪くなります。

2-3.庭は、西や北以外の場所に作ろう

さて、このように西や東向きの家にもメリットはあります。
高層マンションならば北向きの部屋でも十分に日が入るでしょう。
ただし、一戸建ての場合、庭だけは西と北以外の場所に作った方がいいですね。
西や北は日の当たる時間が短い分、湿気がたまりがちになります。
ですから、せっかく植物を植えても育ちにくいでしょう。
また、サンルームなどを作っても効果は期待しにくいです。

南向きの土地にもデメリットはある

では、南向きの土地が手に入れば問題はないのでしょうか?それは違います。
この項では、南向きの土地を購入した場合に発生しがちな問題点をご紹介しましょう。

3-1.値段が高くなりがち

南向きの土地は、それだけで値段が高くなります。
ほかに難点があっても「南向き」と言うだけで、すべてが帳消しになってしまうことも多いでしょう。
また、土地を購入する人も「南向き」ということだけに気を取られがちです。
せっかく南向きの土地を高いお金を出して購入したのに、ふと気づいたら欠点が目に入ってきたということになれば悲しいでしょう。
ほかの条件が悪い南向きの土地よりも、ほかの条件がよい東向きの土地の方がよい場合も少なくありません。

3-2.目の前にもっと大きな建物ができる場合がある

南向きには、誰もが建物を建てたがります。
ですから、南向きの土地を買ってやれやれと思ったら、用途地域によっては目の前にマンションが建ってしまうこともあり得るでしょう。
そうなれば日当たりが一気に悪くなることもあります。
もちろん、日照権の問題もありますから、一気に家が日陰になることはないでしょう。
しかし、景観が悪くなることは十分にあり得ます。
南向きに開けた土地を買う場合ほど、このようなことにならないように気をつけましょう。

3-3.目隠しや塀が必須な土地もある

南向きの土地だけれど、家の前に大きな幹線道路や人通りの多い道路が通っているという場合は、目隠しや塀が必須です。
南向きの土地ならば、オープン外構も素敵ですが人通りの多さによっては断念しなくてはならないでしょう。
特に、狭い土地の場合は目隠しや塀が圧迫感を与えることも少なくありません。

方角だけにとらわれないことも大切

注文住宅を建てる場合、土地探しから始めなくてはなりません。
しかし、理想の土地というのは、中々巡り合えないものです。
条件を絞った結果、「南向きだけは譲れない」という方も多いでしょう。
しかし、多くの方がこの条件で土地を探しています。
ですから、どうしても土地の値段がアップしがちなのです。
北向きで近所に大きなマンションがあるため、1日中日が当たらないといった極端な土地でない限り、家の建て方しだいでデメリットを克服することは可能でしょう。
むしろ、南向きの土地にこだわりすぎて地盤が弱かったり治安が悪かったりする土地を選んでしまったほうが、デメリットは大きくなります。
家を建てる土地を選ぶ際は、向き以外にも考えなくてはならない問題がたくさんあるのです。
南向きということだけがメリットという土地と、南向きでないことだけがデメリットという土地では、どちらがよいのかすぐわかるでしょう。
南向きに家を建てるのに越したことはありませんが、南向き以外のことにも目を向けてください。
そうすれば、土地の選択肢も広がるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?
今回は、住宅を建てる場合にポイントとなる土地の方角についてご説明しました。
まとめると

  • 南向きの土地は1日中日が当たるというメリットがある。
  • 東向き、西向きにもメリットがある。
  • 庭だけは東向きか南向きに作ろう。
  • 南向きばかりにこだわる必要はない。

ということです。確かに日当たりは大事でしょう。
しかし、南向きでも家のデザインしだいでは、部屋の中まで日が入ってこないこともあります。
また、東向きや西向きの家でも天窓を作るだけでも、日当たりがぐっとよくなるのです。
ですから、注文住宅を作る場合は、窓もいろいろなところに作れるのだということを覚えておきましょう。
また、マンションの場合は西向きや東向きの家の方が間取りは自由になることが多いです。
さらに、前述したように、高層マンションであれば北向きでもそこそこ日は入ってくるでしょう。
そのようなことを考えて、土地を選ぶことが大切です。
南向きばかりに目を奪われてはいけません。